共通テスト英語リーディング(2023)の勉強法と独学におすすめの参考書や問題集は?

 

 

たま吉
共通テスト英語リーディングにおすすめの参考書や問題集を知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「共通テスト英語リーディング(2023)の勉強法と独学におすすめの参考書や問題集は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「共通テスト英語リーディング(2023)の勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

共通テスト英語で長文を読む力をつけたい高校生や浪人生

 

✓結論 

「共通テスト英語リーディング(2023)の勉強法は?」→単語・熟語・文法をマスターしたら長文を速く読む練習をしよう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

スポンサーリンク

共通テスト英語リーディング(2023)の問題形式と難易度は?

 

 

たま吉
共通テスト英語リーディングはどのような問題が出るのかニャー?

 

モモ先生
英語の長文問題が様々なパターンで出題されますよ。

 

 

下の表は2022年度の共通テスト英語リーディングの問題傾向についてです。

 

難易度昨年並み
特徴時間の割に文章量は多い
出題分野(1)書籍情報・ウェブサイトの読み取り(10点)
(2)施設案内文・記事の読み取り(20点)
(3)ブログ記事・雑誌記事の読み取り(15点)
(4)複数のブログ記事の読み取り(16点)
(5)伝記文の読み取り(15点)
(6)論理的な文章の読みとり(24点)
平均点61.80点

 

2022年の共通テストは数学・化学・生物・日本史など軒並み平均点が下がった一方で、英語Rは平均点が上がりました。

しかし、今後は難しくなる可能性がありますので、気を抜かずにしっかりと勉強をするようにしましょう。

 

モモ先生
素早く読めるように速読力をつけていきましょう。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

共通テスト英語リーディング(2023)で9割取るための勉強法は?<高1・2編>

 

 

 

たま吉
高1・2のときの共通テスト英語リーディング(2023)の勉強法について知りたいニャー

 

モモ先生
まずは定期テストの勉強をしっかりとやるようにしましょう。

 

 

大学受験において英語と数学は範囲が非常に広い科目です。

そのため、共通テストの英語で高得点を取りたい場合は、高1・高2のうちから受験勉強を始めるようにして下さい。

 

そして、高1・高2のうちにやっておきたいこととしては、

定期テストの勉強をしっかりとやる
②夏休みや冬休みなどの長期休暇期間を使って今まで習った内容の復習をする
③高2の終わりまでに英単語・英熟語・英文法までは最低限終わらせる

といったことがあります。

高2までに英語の基礎を固め、高3からは共通テストや志望校の過去問演習を進めるようにしましょう。

 

たま吉
まずは定期テストでいい点数が取れるように頑張るニャー

 

 

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

スポンサーリンク

共通テスト英語リーディング(2023)で9割取るための勉強法は?<基礎固め>

 

 

たま吉
共通テスト英語リーディングで高得点を取るには、どんな勉強をすればいいのかニャー?
モモ先生
英単語・英熟語帳、英文法問題集、音読用教材、長文読解用の問題集を使っていきましょう。

 

 

ア 共通テスト英語リーディングの基礎固めの勉強法①(英単語の暗記)

→「システム英単語」で一気に英単語の意味を覚えよう

 

共通テスト英語リーディングの基礎固めの勉強法の一つ目は、「英単語の暗記」です。

英単語の意味を覚えないことには長文が読めませんので、最初に「システム英単語」のような英単語帳で意味を一気に覚えるようにしましょう。

 

 

また、英単語を覚えるペースは、1日50~100語ペースが望ましいです。

これより多いと覚えきれないですし、少なすぎても仕上がるまでに時間がかかりすぎてしまいます。

その日のうちに一度完璧に意味が言えるようにしましょう。

ただ、1回覚えただけではすぐに忘れてしまいます。

最低3回以上繰り返し、瞬時に英単語の意味が言える状態までもっていきましょう。

 

たま吉
おいら英単語をあまり覚えていないから、今日からコツコツ覚えていきたいニャー

 

 

 

 

イ 共通テスト英語リーディングの基礎固めの勉強法②(英熟語の暗記)

→「英熟語ターゲット1000」で英単語のときと同じように覚えよう

 

共通テスト英語リーディングの基礎固めの勉強法の二つ目は、「英熟語の暗記」です。

英熟語の暗記をやらない人がいますが、熟語の意味を覚えないと文章の意味が理解しづらいです。

そのため、英単語のときと同じように、「英熟語ターゲット1000」のような英熟語帳で意味を一気に覚えるようにしましょう。

 

 

また、英熟語を覚えるペースは、1日50~100語ペースが望ましいです。

なお、英熟語を覚えるときは、それぞれの単語の持つイメージを把握しながら覚えると覚えやすくなります。

例えば、「get up」は「起きる」という意味ですが、

・get 手に入れる
・up (体が)上方向へ
という風に考えていくと、「get up=起きる」という意味が分かりやすくなります。
モモ先生
元の単語の意味をイメージしながら覚えるようにしましょう。

ウ 共通テスト英語リーディングの基礎固めの勉強法③(英文法の復習)

→「ポラリス英文法」で英文法の復習をしよう

 

共通テスト英語リーディングの基礎固めの勉強法の三つ目は、「英文法の復習」です。

共通テストではセンター試験とは違い、英文法の問題は出ませんが、それでも最低限の文のルールを知らないと文章の意味が分からなかったり、間違えた選択肢を選んでしまう可能性があります。
そこで、最小限の時間で英文法の内容を復習していくようにしましょう。
その中でおすすめの問題集は、「関正生の英文法ポラリス1~3」です。
この本は、全部で3冊ありますが、1冊あたりの問題数は少なく、かつ解説が詳しいのが特徴です。
共通テストの問題ができるようになるには、最初の「レベル1」だけやれば十分です。(二次や私大でも英語がある場合はレベル2・3もやるといいでしょう。)
最初に一通り解き、できなかった問題は解説を読み理解をするようにしましょう。
たま吉
英文法の勉強もしっかりとやりたいニャー

 

 

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

共通テスト英語リーディング(2023)で9割取るための勉強法は?<問題演習編>

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト英語リーディングの基礎固めを終えたら何をしたらいいのかニャー?

 

モモ先生
速読の練習をするようにしましょう。

 

 

ア 共通テスト英語リーディング問題演習期のおすすめ勉強法①(速読の練習をする)

→速く読む力をつけないと時間内に解き切れない

 

共通テストでは80分の試験時間で6000語近くの英語(問題文・選択肢を含む)を読まないといけません。

そのため、英文を速く読む力をつけないと、制限時間内に問題を解き切ることができません。

 

そして速読力をつけるためのおすすめ問題集は、「大学入試英語長文ハイパートレーニング」です。

 

 

この本はレベルが3つに分かれており、レベル2の「標準編」(共通テスト~中堅大学入試)の文章がスラスラと読めるようになるのが目標となります。

 

最初に一度日本語訳を読み、内容を理解するようにします。

その後英語を読み、同時に日本語訳をイメージします。

前から順番に英語を読むことを意識して読むようにしましょう。

何度も音読をすることで、速読力は確実についてきます。

 

たま吉
模試の時はいつも時間が足りなくなるから、これからは音読もしてみようかニャー

 

 

 

 

 

イ 共通テスト英語リーディング問題演習期のおすすめ勉強法②(共通テスト対策問題集を解く)

→選択肢の切り方や文章の読み方などを学ぼう

 

単語や熟語を覚え、速読力が身についたら、ここからは実践演習に入っていきます。

ただ、いきなり共通テストの過去問を解くのではなく、共通テスト対策問題集で選択肢の切り方や問題の読み方などを学ぶようにしましょう。

そうすることで、より速く問題を解くことができるようになります。

 

おすすめの問題集は、「共通テストスマート対策英語リーディング」です。

 

 

この本は、共通テストやプレテスト、センター試験の問題を抜粋してできた問題集です。

そのため、文章の難易度は本試験に近いため、実践演習ができます。

まずは一通り問題を解き、できなかった問題はなぜできなかったのかをよく分析しましょう。

 

たま吉
ただ解いて終わりにしないように気を付けるニャー

 

 

 

 

ウ 共通テスト英語リーディング問題演習期のおすすめ勉強法③(過去問を解く)

→時間を計って解くようにしよう

 

ここまで終わったら仕上げとして過去問や予想問題集を解いていきます。

過去問や予想問題を解く順番としては、

①2021・2022年の共通テスト
②センター試験の過去問
③今まで受験した共通テスト模試の復習
④河合塾の共通テスト予想問題集
⑤代ゼミ、東進、駿台、Z会の共通テスト予想問題集

がおすすめです。

まずは上の①~③までを解いていき、時間に余裕があれば、④や⑤を解いていくとよいでしょう。(特にZ会や駿台は難易度が高めですので、高得点を取りたい人以外は無理してやる必要はありません。)

また、過去問や対策問題集を解く際には、時間を計って解くようにしましょう。

そして間違えた問題は解説をしっかりと読み、内容を理解するようにして下さい。(場合によっては参考書に戻ってしっかりと復習しましょう。)

 

モモ先生
文章を読めば読むほど力はつくので、できるだけ多くの問題にあたっていきましょう。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

効率的に大学入試の勉強や共通テスト対策をしたい方へ

 

 

 

大学入試は高校入試に比べて科目数が増え、一科目あたりの勉強量も増加します。

また、「勉強の内容が分からない」「どんな勉強をしたらいいかが分からない」「家にいるときも予備校の先生の授業を見たい」と思う人もいるでしょう。

そんな皆さんにおすすめする動画授業サービスがあります。

それが「スタディサプリ」です。

スタディサプリは「大学入試対策」及び「共通テスト対策」に関する授業を数多く見ることができます。

また、東大や京大などの旧帝大や早稲田や慶応などの難関大学に特化した対策授業もあります。

そして月額料金も月額2,178円~とお得です。

そのためスタディサプリは、

・近くに塾がない
・独学で勉強をしているが勉強に不安がある
・塾に通っているが分からないところがある
・共通テストや大学入試対策をしたい

といった方におすすめの動画サービスとなっています。

 

関連記事

 ちゃちゃ丸スタディサプリの使い方とおすすめ講座について知りたいニャー と思っている高校生のみなさん!今回は「【スタディサプリ】塾講師おすすめの高校講座や大学受験講座や[…]

 

 

【まとめ】共通テスト英語リーディング(2023)の勉強法と独学におすすめの参考書や問題集は?

 

 

 

今回の記事の「共通テスト英語リーディング(2023)の勉強法と独学におすすめの参考書や問題集は?」の内容のまとめです。

 

①最初は英単語英熟語の暗記から始めよう
②次に英文法の復習と速読の練習をしよう
③最後に過去問や予想問題集を解いて速く読む練習をしていこう

 

共通テストの英語の問題は量が多いので、素早く読めるように日々練習をしていこう!

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

この記事が役に立ったと思った方は、下の「タイトル名」と「URL」をコピーしてブログやSNSに貼り付けて紹介して頂くと幸いです。

愛知県豊橋市の個別指導塾「とよはし練成塾」
・タイトル名 「共通テスト英語リーディング(2023)の勉強法と独学におすすめの参考書や問題集は?」
・記事URL https://toyohashi-rensei.com/reading/

 

ちゃちゃ丸
よろしくお願いするんだニャ~