共通テスト地理B(2023)の勉強法と独学におすすめな参考書や問題集は?

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト地理Bのおすすめ勉強法を知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「共通テスト地理B(2023)の勉強法と独学におすすめな参考書や問題集は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「共通テスト地理B(2023)の勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

共通テスト地理Bで安定した点数を取りたい高校生や浪人生

 

✓結論 

「共通テスト地理B(2023)の勉強法は?」→一問一答で用語を覚えてから共通テスト対策問題集を解いていこう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

共通テスト教科別勉強法

①英語リーディング②英語リスニング③数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦物理基礎⑧化学基礎
⑨生物基礎⑩地学基礎⑪物理⑫化学
⑬生物⑭世界史B⑮日本史B⑯地理
⑰現代社会⑱倫理⑲政治・経済⑳倫理・政経

 

 

スポンサーリンク

共通テスト地理Bの問題形式と難易度は?

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト地理Bはどのような問題が出るのかニャー?

 

モモ先生
大きく系統地理と地誌の単元に分かれていますよ。

 

 

下の表は2022年度の共通テスト地理Bの問題傾向についてです。

 

難易度昨年並み
特徴図表を読み取る問題が多い
出題分野(1)世界の自然環境や自然災害(20点)
(2)資源と産業(20点)
(3)村落・都市と人口(20点)
(4)ラテンアメリカ(20点)
(5)地域調査(北海道苫小牧市とその周辺地域)(20点)
平均点58.97点

 

このように地理Bは社会の中で範囲が狭く、割と点数が取りやすい科目です。

また、地理Bを選択する生徒は理系の人が多いので、しっかりと時間をかけて勉強する文系受験生が多く受験する科目(日本史・世界史など)に比べると、短時間の勉強で点が取れる教科と言えます。

 

モモ先生
理系の人は地理の勉強を疎かにしないようにしましょう。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

共通テスト地理B(2023)で9割取るための勉強法は?<高1・2編>

 

 

ちゃちゃ丸
高1・2のときの共通テスト地理B(2023)の勉強法について知りたいニャー

 

モモ先生
まずは定期テストの勉強をしっかりとやるようにしましょう。

 

 

高1・2の間は、地理Bの共通テスト対策は特にやる必要はありません。

定期テストで結果を出すことができれば地理Bの基礎を固めることができますので、それがそのまま共通テスト地理Bの対策にもつながります。

 

そして、高1・2の時期の受験勉強は英語数学を中心に進めるようにしましょう。

それは、この2教科は範囲が広いため仕上がるのに時間がかかるからです。

そのため、地理Bの共通テスト対策は高3になってから始めるようにしましょう。

 

ちゃちゃ丸
まずは定期テストでいい点数が取れるように頑張るニャー

 

 

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

スポンサーリンク

共通テスト地理B(2023)で9割取るための勉強法は?<基礎固め>

 

 

ちゃちゃ丸
基礎を固める時期にはどんな参考書や問題集を使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
今まで習った内容を一通り復習できる問題集を使っていきましょう。

 

 

ア 共通テスト地理Bの基礎固めの勉強法①(「きめる!共通テスト地理」がおすすめ)

→地理Bの内容が分かりやすくまとめられている参考書

 

高3の春からは地理Bの共通テスト対策を始めていきます。

そして、地理Bの基礎固めとして使う教材は、「きめる!共通テスト地理」です。

 

 

 

「きめる!共通テスト地理」は、学研から出版している地理Bの参考書で、共通テスト対策の基礎固めとして使える教材です。

この本は、

・全ページフルカラー
・他の地理Bの参考書よりもコンパクトに内容がまとまっている
・別冊に「重要キーワードチェック」があり、一問一答の問題が載っている

といった特徴があり、非常にわかりやすい参考書となっています。

そのため、まずは「きめる!共通テスト地理」を一通り読み、その後は別冊の「重要キーワードチェック」で一問一等問題に取り組むようにしましょう。

 

 

ちゃちゃ丸
最初は地理Bの内容を思い出すところから始めていきたいニャー

 

 

地理Bを受験する生徒は理系の人が中心です。

そうなると社会にあまり勉強時間を割くことができないほとんどなはずです。

ただ、市販の一問一答集だと問題数が多く、これで全ての用語を覚えようとするとそれだけで時間がかなりかかってしまいます。

一方で、「きめる!共通テスト地理」別冊の「重要キーワードチェック」は全部で36ページしかなく、重要な語句だけが載っています。

そのため、短い時間で基礎固めを終わらせたい人は、こちらを使って用語を覚えていくといいでしょう。

 

ちゃちゃ丸
一問一答で用語を覚えていきたいニャー

 

 

イ 共通テスト地理Bの基礎固めの勉強法②(大学入学共通テスト地理B集中講義)

→単元ごとに問題を解いていこう

 

「きめる!共通テスト地理」で基礎固めをしたら、ここからは問題演習に入っていきます。

地理の場合はいきなり過去問から入ってしまうと、図や表の読み取り方が分からないためあまり点数を取ることができません。

そのため、過去問をやる前に共通テスト対策問題集をやっていくことをおすすめします。

そして、おすすめの教材が「大学入学共通テスト地理B集中講義」です。

 

 

 

「大学入学共通テスト地理B集中講義」は旺文社から出版している現代社会の共通テスト対策問題集で、共通テストレベルの選択問題が豊富に載っている教材です。

この本は、コンパクトにまとめられている「まとめ」部分と、共通テストの問題形式(4択)の問題が分野ごとに並んでいるのが特徴です。

また、試行調査の問題を集めた「チャレンジテスト」や時事問題のコラムも載っており、この本をマスターすることで共通テストで高得点が取ることができます。

 

そして、この問題集の解き方としては、

①別冊の「一問一答問題集」を完璧にする
②問題を解く
③解説を読む(全ての選択肢の正誤判定ができるようにする)
④分からない内容は参考書や教科書に戻って復習をする

がおすすめです。

 

一度「きめる!共通テスト地理B」で一問一答をやっていますが、違う問題集でもう一度一問一答の問題を解くと力がつきます。

ここで再度基礎固めをしてから問題演習に入るようにしましょう。

 

また、問題を解く際には各章の「まとめ」を先に読まないようにして下さい。

それは、最初に「まとめ」を読んでしまうと知識が直前に入った状態で問題を解くことになるため、定着度の確認ができません。

そのため、いきなり問題を解き、できなかった内容は、「まとめ」に戻って復習するようにしましょう。

そうすることで時間短縮にもつながります。

 

モモ先生
知識があやふやな内容はしっかりと復習をするようにしましょう。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

共通テスト地理B(2023)で9割取るための勉強法は?<過去問演習>

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト地理Bの基礎固めを終えたら何をしたらいいのかニャー?

 

モモ先生
まずは2015~2020年のセンター試験から解いていきましょう。

 

 

共通テスト地理Bの過去問演習期では、

①センター試験の過去問
②2021・2022年の共通テスト過去問
③今まで受験した共通テスト模試の復習
④河合塾の共通テスト予想問題集
⑤代ゼミ、東進、駿台、Z会の共通テスト予想問題集

の順で解くようにして下さい。

 

まずは上の①~③までを解いていき、時間に余裕があれば、④や⑤を解いていくとよいでしょう。(特にZ会や駿台は難易度がが高めですので、高得点を取りたい人以外は無理してやる必要はありません。)

また、過去問や対策問題集を解く際には、時間を計って解くようにしましょう。

そして間違えた問題は解説をしっかりと読み、内容を理解するようにして下さい。(場合によっては参考書に戻ってしっかりと復習しましょう。)

なお、地理Bの過去問を解く際の注意点は、年度が古すぎる問題の場合、最新の社会情勢に対応していない場合がありますので気を付けましょう。

地理Bは範囲が狭いため、解けば解くほどできるようになってきます。

目安としては20回分の問題を解くようにしましょう。

 

ちゃちゃ丸
他の教科とバランスよく勉強をするようにしたいニャー

 

 

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

効率的に大学入試の勉強や共通テスト対策をしたい方へ

 

 

 

大学入試は高校入試に比べて科目数が増え、一科目あたりの勉強量も増加します。

また、「勉強の内容が分からない」「どんな勉強をしたらいいかが分からない」「家にいるときも予備校の先生の授業を見たい」と思う人もいるでしょう。

そんな皆さんにおすすめする動画授業サービスがあります。

それが「スタディサプリ」です。

スタディサプリは「大学入試対策」及び「共通テスト対策」に関する授業を数多く見ることができます。

また、東大や京大などの旧帝大や早稲田や慶応などの難関大学に特化した対策授業もあります。

そして月額料金も月額2,178円~とお得です。

そのためスタディサプリは、

・近くに塾がない
・独学で勉強をしているが勉強に不安がある
・塾に通っているが分からないところがある
・共通テストや大学入試対策をしたい

といった方におすすめの動画サービスとなっています。

 

関連記事

 ちゃちゃ丸スタディサプリの使い方とおすすめ講座について知りたいニャー と思っている高校生のみなさん!今回は「【スタディサプリ】塾講師おすすめの高校講座や大学受験講座や[…]

 

 

<まとめ>共通テスト地理B(2023)の勉強法と独学におすすめな参考書や問題集は?

 

 

 

 

 

今回の記事の「共通テスト地理B(2023)の勉強法と独学におすすめな参考書や問題集は?」の内容のまとめです。

 

①地理Bは覚える内容は少なめだが、グラフや表を読み取る力が必要な科目
②まずは「きめる!共通テスト地理」で基礎固めをしよう
③一問一答で用語を覚えたら、共通テスト対策問題集を解いて得点力を上げていこう

 

用語を暗記をするなど、基礎をしっかりと固めてから共通テスト対策問題集をガンガン解いていこう!

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

この記事が役に立ったと思った方は、下の「タイトル名」と「URL」をコピーしてブログやSNSに貼り付けて紹介して頂くと幸いです。

愛知県豊橋市の個別指導塾「とよはし練成塾」
・タイトル名 「共通テスト地理B(2023)の勉強法と独学におすすめな参考書や問題集は?」
・記事URL https://toyohashi-rensei.com/chiri2/

 

ちゃちゃ丸
よろしくお願いするんだニャ~