共通テスト生物(2023)の勉強法とおすすめな参考書や問題集は?

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト生物のおすすめ勉強法を知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「共通テスト生物(2023)の勉強法とおすすめな参考書や問題集は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「共通テスト生物(2023)のおすすめ勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

共通テスト生物で安定した点数を取りたい高校生や浪人生

 

✓結論 

「共通テスト生物(2023)の勉強法は?」→リードLightノート生物で基礎を固めた後に、共通テスト対策問題集を解いていこう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

共通テスト教科別勉強法

①英語リーディング②英語リスニング③数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦物理基礎⑧化学基礎
⑨生物基礎⑩地学基礎⑪物理⑫化学
⑬生物⑭世界史B⑮日本史B⑯地理
⑰現代社会⑱倫理⑲政治・経済⑳倫理・政経

 

 

共通テスト生物(2023)の問題形式と難易度は?

 

 

たま吉
共通テスト生物はどのような問題が出るのかニャー?

 

モモ先生
遺伝、生殖と発生、生物の環境応答などの単元から出ますよ。

 

 

下の表は2022年度の共通テスト生物の問題傾向についてです。

 

難易度難化
問題形式実験考察問題が中心
出題分野(1)霊長類の系統、ヒトの進化(12点)
(2)植物と病原菌の相互作用、遺伝子導入(22点)
(3)脊椎動物の肢芽の分化(19点)
(4)アリの道標フェロモン(12点)
(5)植物と動物の環境応答植物の生殖(16点)
(6)イネの種子発芽、花粉形成、低温適応(19点)
平均点48.81点

 

昨年度に比べ大幅に難易度が上がりました。

それは文章からデータを読み取る問題の増加、選択肢の数の増加といったことが挙げられます。

そのため、早い時期からしっかりと対策することが必要です。

 

モモ先生
暗記しただけでは通用しなくなってきていて、試験の難易度が高くなっていますよ。

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

共通テスト生物(2023)で9割取るための勉強法は?<高1・2編>

 

 

たま吉
高1・2のときの共通テスト生物(2023)の勉強法について知りたいニャー

 

モモ先生
まずは定期テストの勉強をしっかりとやるようにしましょう。

 

 

高1・2の間は、生物基礎の共通テスト対策は特にやる必要はありません。

ただ、学校で「生物」の授業がある場合は、定期テストで高得点が取れるようにしっかりと勉強をしていきましょう。

定期テストで結果を出すことができれば生物の基礎を固めることができますので、それがそのまま共通テスト生物の対策にもつながります。

 

また、高1・2の時期の受験勉強は英語数学を中心に進めるようにしましょう。

それは、この2教科は範囲が広いため仕上がるのに時間がかかるからです。

そのため、生物の共通テスト対策は高3になってから始めるようにしましょう。

 

たま吉
まずは定期テストでいい点数が取れるように頑張るニャー

 

 

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

共通テスト生物(2023)で9割取るための勉強法は?<基礎固め>

 

 

たま吉
共通テスト生物(2023)の勉強は何から始めたらいいのかニャー?

 

モモ先生
まずは「リードLight生物」を完璧にしていきましょう。

 

 

ア 共通テスト生物基礎の基礎固めの勉強法①(「リードLightノート生物基礎」がおすすめ)

→基本的な問題が中心にまとまっている問題集

 

 

たま吉
基礎を固める時期にはどんな参考書や問題集を使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
今まで習った内容を一通り復習できる問題集を使っていきましょう。

 

 

ア 共通テスト生物の基礎固めの勉強法①(基本的な問題ができるようにする)

→基本的な問題が中心にまとまっている問題集

 

共通テスト生物の基礎固め期に最初にやるべき問題集は、「リードLightノート生物」です。

 

 

「リードLightノート生物」は、数研出版から出版している物理の問題集で、共通テスト対策の基礎固めとしても使える問題集です。

問題の量が多いため、様々なパターンの問題に取り組むことができるのが特徴です。

また、問題の難易度は教科書レベルのものが中心です。(ただ、Let`s Tryは難易度にばらつきがあり、時々難しい問題も出てきます。)

そのため、「生物(発展)」を受験で使う生徒が、生物の復習をする上で最初の1冊として使うべき問題集ともいえます。(なお、学校でセミナーやアクセスを使っている場合はそちらを使っても構いません。)

 

そして、解き方ですが、

①全ての章の基礎CHECKを解く
②全ての章の例題を解く
③全ての章のLet‘sTryを解く

です。

こう解くことによって何周も初めから解くことができるためおすすめです。

 

たま吉
まずは基礎をしっかりと固めることが大切なんだニャー

 

 

イ 共通テスト生物の基礎固めの勉強法②(分からない問題は参考書を読んで理解する)

→理解度を深めることで得点力がアップする

 

共通テスト生物の基礎固めの勉強法の二つ目は、「分からない問題は参考書を読んで理解する」ことです。

そして生物の参考書としておすすめなのが、「山川喜輝の生物が面白いほどわかる本」です。

 

 

この本は、

①受験生が理解に苦しむ部分を手厚く丁寧に説明
②現行の全ての教科書を比較し、教科書会社によって異なる知識の大部分が載っている
③理解を確認するための問題と解説がある

といった特徴があり、非常にわかりやすい参考書です。

ただ、この本は非常にページ数が多いですので、最初から全てを読むのではなく、問題集や過去問などを解いていて分からないところが出てきたときなどに調べるための教材として使うようにしましょう。

 

モモ先生
参考書があると生物の内容が理解しやすくなりますよ。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

共通テスト生物(2023)で9割取るための勉強法は?<過去問演習>

 

 

ちゃちゃ丸
共通テストの生物ができるようになるには、どんな参考書や問題集を使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
いきなり過去問レベルの問題集からやるのではなく、段階的に問題のレベルを上げていくようにしましょう。

 

 

ア 共通テスト生物の勉強法①(共通テスト対策問題集を解く)

→共通テストの問題形式に慣れよう

 

共通テストで生物を選択する人は理系の人が中心で、かつ私大や二次試験でも物理を使う人が多いでしょう。

そのため、基本的には「生物基礎問題精講」・「大森徹の最強問題集」・「生物重要問題集」などの問題集を使って、二次試験対策をやっていれば生物の力はついていきます。

しかし、共通テストと二次試験では問題の問われ方が違いますので、きちんと共通テスト対策をやることも必要になってきます。

 

その中でおすすめの問題集は、「共通テストスマート対策生物」です。

 

 

この本は、共通テストやプレテスト、センター試験の問題を抜粋してできた問題集で、よく出る問題が単元ごとにまとまっているため、苦手な単元から解くことができます。

 

また、「共通テストスマート対策生物」の使い方としては、

①問題を解く(グラフや図の読み取り問題が多いので、しっかりと取り組みましょう)
②できなかった問題は解説を読む
③場合によっては参考書や教科書に戻って復習をする

となります。

 

たま吉
まずは対策問題集から解くようにするニャー

 

 

イ 共通テスト生物の勉強法②(赤本や予想問題集を解く)

→最初はセンター試験の過去問から解いていこう

 

共通テスト生物過去問演習期では、

①センター試験の過去問
②2021・2022年の共通テスト(第1日程・第2日程)
③今まで受験した共通テスト模試の復習
④河合塾の共通テスト予想問題集
⑤代ゼミ、東進、駿台、Z会の共通テスト予想問題集

の順で解いていくとよいでしょう。

まずは上の①~③までを解いていき、時間に余裕があれば、④や⑤を解いていくとよいでしょう。(特にZ会や駿台は難易度がが高めですので、高得点を取りたい人以外は無理してやる必要はありません。)

また、過去問や対策問題集を解く際には、時間を計って解くようにしましょう。

そして間違えた問題は解説をしっかりと読み、内容を理解するようにして下さい。(場合によっては参考書に戻ってしっかりと復習しましょう。)

 

モモ先生
たくさん問題を解くことで実践力がついてきますよ。

 

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

効率的に大学入試の勉強や共通テスト対策をしたい方へ

 

 

 

大学入試は高校入試に比べて科目数が増え、一科目あたりの勉強量も増加します。

また、「勉強の内容が分からない」「どんな勉強をしたらいいかが分からない」「家にいるときも予備校の先生の授業を見たい」と思う人もいるでしょう。

そんな皆さんにおすすめする動画授業サービスがあります。

それが「スタディサプリ」です。

スタディサプリは「大学入試対策」及び「共通テスト対策」に関する授業を数多く見ることができます。

また、東大や京大などの旧帝大や早稲田や慶応などの難関大学に特化した対策授業もあります。

そして月額料金も月額2,178円~とお得です。

そのためスタディサプリは、

・近くに塾がない
・独学で勉強をしているが勉強に不安がある
・塾に通っているが分からないところがある
・共通テストや大学入試対策をしたい

といった方におすすめの動画サービスとなっています。

 

関連記事

 ちゃちゃ丸スタディサプリの使い方とおすすめ講座について知りたいニャー と思っている高校生のみなさん!今回は「【スタディサプリ】塾講師おすすめの高校講座や大学受験講座や[…]

 

 

<まとめ>共通テスト生物(2023)の勉強法とおすすめな参考書や問題集は?

 

 

 

今回の記事の「共通テスト生物(2023)の勉強法とおすすめな参考書や問題集は?」の内容のまとめです。

 

①最初は「リードLightノート生物」で今まで習った内容を思い出そう
②次に「共通テストスマート対策」で共通テストの問題に慣れよう
③最後に過去問や予想問題集を解いて得点力を上げていこう

 

 

共通テストの生物は表やグラフなどを読み取る問題が中心ですので、できるだけ多くの問題にあたって慣れるようにしていこう!

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

この記事が役に立ったと思った方は、下の「タイトル名」と「URL」をコピーしてブログやSNSに貼り付けて紹介して頂くと幸いです。

愛知県豊橋市の個別指導塾「とよはし練成塾」
・タイトル名 「共通テスト生物(2023)の勉強法とおすすめな参考書や問題集は?」
・記事URL https://toyohashi-rensei.com/seibutsu2/

 

ちゃちゃ丸
よろしくお願いするんだニャ~