【共テ】物理基礎(2025)の傾向と対策、おすすめ問題集や参考書は?

 

 

たま吉
共通テスト物理基礎のおすすめ勉強法を知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「【共テ】物理基礎(2025)の傾向と対策、おすすめ問題集や参考書は?」についてみていきますよ。

 

 

共通テスト物理基礎おすすめ勉強法

 

 

✓内容

「共通テスト物理基礎(2025)のおすすめ勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

共通テスト物理基礎で安定した点数を取りたい高校生や浪人生

 

✓結論 

「共通テスト物理基礎(2025)の勉強法は?」→リードLightノート物理基礎で基礎を固めた後に、共通テスト対策問題集を解いていこう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

共通テストに向けたおすすめの勉強方法を知りたい人は

共通テスト対策の勉強法とおすすめ学習スケジュールは?

 

 

教科別おすすめ勉強法

①英語リーディング②英語リスニング③数学ⅠA④数学ⅡBC
⑤現代文⑥古文⑦漢文⑧物理基礎
⑨化学基礎⑩生物基礎⑪地学基礎⑫物理
⑬化学⑭生物⑮世界史探究⑯日本史探究
⑰地理探究⑱公共、政治・経済⑲公共、倫理⑳情報Ⅰ

 

 

スポンサーリンク

共通テスト物理基礎(2024)の平均点と問題傾向、難易度は?

 

 

たま吉
共通テスト物理基礎はどのような問題が出るのかニャー?

 

モモ先生
小問集合や総合問題が出題されますよ。

 

 

ア 共通テスト物理基礎(2024)の平均点、難易度や出題範囲は?

→昨年度とほぼ同じ平均点

 

下の表は2024年の共通テスト物理基礎の問題傾向や難易度についてです。

 

難易度昨年並み
出題分野(1) 小問集合(16点)
(2) 力学(18点)
(3)波動(16点)
平均点28.72点↑

 

共通テストの物理基礎の問題は難しめの問題が多いです。

それは定期テストのような単純に知識を問う問題があまりなく、今まで見たことがないようなタイプの問題が出題されるため思考力が求められる試験だからです。

そのため、共通テストの物理基礎で高得点を取るには、

・物理現象の根本的な内容を理解する
・基礎固めを早めに終え、共通テストの過去問や予想問題集をたくさん解く

といったことが必要になってきます。

 

モモ先生
共通テストで高得点を取るには早い時期から入試対策をすることが大切ですよ。

 

 

共通テストで理科基礎のおすすめ科目を知りたい人は

【共通テスト】理科基礎の科目選択、組み合わせ科目のおすすめは?

 

 

イ 前年度2024年の共通テスト物理基礎の過去問題の分析や解説は?

→思考力を問う問題の攻略がポイント

 

 

A 第1問(小問集合・16点)

 

問1 熱量保存則に関する問題です。公式を知っていれば解ける問題です。

問2 力学的エネルギーの変化=仕事の式を使って求めていきます。

問3 電気量=電流×時間の式を使って求めていきます。

問4 消費電力×時間×効率の式を使って求めていきます。

 

 

B 第2問(力学・18点)

 

問1 浮力の公式に代入して求めていきます。また、体積=質量÷密度です。

問2 浮力+張力=重力です。また、ばねばかりの値の差が浮力となります。

問3 水、ジャガイモ、計量カップを一体としてみなすと内力である浮力を無視することができ、重力=糸の張力+垂直抗力の関係になります。

問4 ばねばかりの値の減り具合が一定なので横の長さが同じ立体となります。

問5 計量カップの底に沈んでいるときはN+F=W、水がないときはW=Nの関係となります。

 

 

C 第3問(波動・16点)

 

問1 音の速さは気温が増えるにつれて速くなります。

問2 距離÷時間=速さです。

問3 問2の式より、時間が長いと速さは遅くなります。

問4 周期=時間÷回数です。

問5 はじめて共鳴したときの水面の位置と2回目に共鳴したときの水面の位置が34cm離れており、これが半波長分の長さとなります。

問6 V=fλの式に代入して求めていきます。

 

たま吉
過去問をたくさん解いて共通テストの問題に慣れるようにしたいニャー

 

 

共通テスト物理基礎(2025)で9割取るための勉強法、おすすめ参考書・問題集は?

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト物理基礎(2025)の勉強法について知りたいニャー

 

モモ先生
まずはリードLightノート物理基礎をマスターするようにしましょう。

 

 

ア 高1・2~高3の1学期

→定期テストや模試を通じて基礎固めをしていきたい

 

 

A おすすめ勉強法

 

高1・2の間は、物理基礎の共通テスト対策は特にやる必要はありません。

ですが、学校の定期テストの勉強はしっかりとやるようにしましょう。

定期テストの勉強を通じて、物理基礎の基本的な内容を身につくことができれば、高3になってからの受験勉強が非常に楽になってきます。

また、共通テスト向けの模試は高2の冬から始まります。

そのため、普段から定期テストの勉強をコツコツとやっておけば、その模試でもいい点数を取ることができるようになります。

そういったことからも定期テストの勉強を疎かにせず、今まで習った内容をしっかりと復習するようにしましょう。

なお、教科書の内容がよく分からない場合は、「きめる!共通テスト物理基礎」のような参考書を使うことをおすすめします。

 

たま吉
まずは定期テストでいい点数が取れるように頑張るニャー

 

 

 

 

B 参考書を読み、今まで習った内容を思い出す

 

高3の春からは本格的に物理基礎の共通テスト対策を始めていきます。

そして最初にやってほしいことは、物理基礎の参考書を読むことです。

物理は根本的な内容が分かっていないと、全く点数を取ることができません。

そのため、一つ一つの内容をよく理解することを必ずやるようにして下さい。

そして、「きめる!共通テスト物理基礎(学研)」は、共通テストの内容に特化している参考書ですので、この本をざっと読むことから始めましょう。

 

 

 

 

みなさんの中にはいきなり物理の問題集を解くことから始める人がいるかもしれません。

しかし、高1・2で習った物理基礎の内容を全て覚えている人はなかなかいません。

そのため、問題集を解く前に参考書に目を通しておくことで、今まで習った内容を思い出すことができ、スムーズに問題に取り組むことができます。

ただし、隅々までをじっくりと読むのではなく、今まで習った内容を思い出すために読むので、最初はサラッと読めば十分です。

そして、問題を解くときに分からないところが出てくれば、その部分を参考書で調べるという感じで使うようにしましょう。

 

また、「大学入試 坂田アキラの 物理基礎・物理の解法が面白いほどわかる本(KADOKAWA)」もおすすめです。

 

 

 

 

イラストが多く、話し言葉で書かれているため初学者にも使いやすい1冊です。

ただし、この本は理系が習う物理(発展)の内容も書かれているため、その点は注意して使うようにしましょう。

 

モモ先生
最初に参考書を読んで内容を思い出していくといいですよ。

 

 

 

 

 

 

イ 高3の夏休み~秋

→少しずつ実践的な問題を解くようにしよう

 

参考書を読み終えたら、ここからは問題集を解いていきます。

そして、物理基礎の基礎固めができるおすすめ問題集は、「リードLightノート物理基礎(数研出版)」となります。

 

 

 

この問題集は基本的な問題が中心に載っている問題集で、共通テスト対策の最初の一冊目として使うべき教材です。

そして、「リードLightノート物理基礎」を解く際の注意点としては、

①最初に答えや解説を見て解き方を理解する
②定義や公式をしっかりと覚える
③計算問題の場合はなぜその解き方になるのかを理解する
④自力で解けるかどうかを確認する

といったことがあります。

ここでのポイントは、最初から答えを見てしまうことです。

答えを見て解き方をインプットし、その上で問題を解いていくとスムーズに勉強を進めることができます。

また、一回やっただけでは完全には定着しませんので、少なくとも3周は取り組むようにしましょう。

 

 

【大学入試】リードLightノート物理基礎の使い方を知りたい人は

物理の基礎固め用のおすすめ問題集は「リードLightノート物理」で決まり!

 

 

 

 

ウ 高3の秋~共通テスト直前

→数多くの問題にあたって得点力をつけていこう

 

 

A どの問題集から始めるべきか?

 

共通テストに比べるとセンター試験は問題の難易度が若干易しめです。

それは、

・センター試験:知識があればできる問題が多い
・共通テスト:知識があることを前提に読解力や思考力が問われる

といったことがあるからです。

そのため、最初は「赤本(教学社)」や黒本などを使ってセンター試験の過去問を解いていきましょう。

そこである程度の点数が取れれば順調に勉強が進んでいるといえます。

一方であまり点数が取れない場合は、再度参考書や問題集に戻って復習をするようにしましょう。

 

 

 

 

そこである程度の点数が取れれば順調に勉強が進んでいるといえます。

 

一方であまり点数が取れない場合は、再度参考書や問題集に戻って復習をするようにしましょう。

一般的に、点数が伸び悩む人にありがちなこととしては、

・用語の定義を覚えていない
・なぜその計算になるのかを理解していない

といったことがあります。

そのため、よく分かっていない内容はしっかりと理解をするようにし、あまり覚えていない内容はきちんと暗記をするようにしましょう。

 

そして2020年までのセンター試験の過去問(本試験・追試験)を解き終えたら、仕上げに2021~2024年の共通テストの問題を解くようにして下さい。

共通テストの問題は、物理現象の根本的な内容を知っているかどうかを問う問題などが多く出ます。

そのため、最初は時間をかけてじっくりと解くようにしましょう。

 

たま吉
まずはセンター試験の問題から解くようにするニャー

 

 

B いつから過去問演習を始めるべきか?

 

なお、赤本や黒本でセンター試験の過去問を解き始める時期は、夏休み~秋くらいがおすすめです。

それは、この時期には全統共通テスト模試駿台ベネッセ共通テスト模試などの共通テスト模試があるからです。

これらの模試に向けて勉強を進めることで計画的に勉強をすることができます。

ですので、模試がある直前にある程度センター試験や共通テストの過去問を解き終わっている状態に仕上げるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

C 予備校の予想問題集を解く

 

次に各予備校が出している共通テストの予想問題集を解いていきます。

各予備校が出している予想問題集の特徴としては、

①河合塾 現役生でも解ける問題構成になっている。
②代ゼミ 難易度は教科によってバラツキがある。大きな書店でないと売っていない。
③駿台 難易度は難しめ。
④Z会 難易度はかなり難しい。大きな書店でないと売っていない。

となっています。

 

そのなかでおすすめは、河合塾です。

河合塾の「共通テスト総合問題集 物理基礎」は前年度の全統共通テスト模試(全3回)が載っており、全統共通テスト模試対策にもなります。

まずは河合塾の問題集から解き、時間に余裕のある人や難しめの問題を解きたい人は駿台の問題を解いていけばいいでしょう。(駿台の問題集はややレベルが上がります。)

 

 

 

 

*上記2冊はまだ新課程版は出ていませんのでご注意ください。

また、共通テスト本番直前には「予想問題パック」も出ますので、力試しにこちらの問題集も解いてみてください。

共通テストが始まってまだ日が浅いため、過去問があまりありません。

そのため、予想問題集を積極的に解くようにしましょう。

 

モモ先生
たくさん問題を解くことで実践力がついてきますよ。

 

 

 

スポンサーリンク