共通テスト生物基礎(2023)の勉強法とおすすめな参考書や対策問題集は?

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト生物基礎のおすすめ勉強法を知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「共通テスト生物基礎(2023)の勉強法とおすすめな参考書や対策問題集は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「共通テスト生物基礎(2023)のおすすめ勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

共通テスト生物基礎で安定した点数を取りたい高校生や浪人生

 

✓結論 

「共通テスト生物基礎(2023)の勉強法は?」→リードLightノート生物基礎で基礎を固めた後に、共通テスト対策問題集を解いていこう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

共通テスト教科別勉強法

①英語リーディング②英語リスニング③数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦物理基礎⑧化学基礎
⑨生物基礎⑩地学基礎⑪物理⑫化学
⑬生物⑭世界史B⑮日本史B⑯地理
⑰現代社会⑱倫理⑲政治・経済⑳倫理・政経

 

 

共通テスト生物基礎の平均点と問題傾向、難易度は?

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト生物基礎はどのような問題が出るのかニャー?

 

モモ先生
細胞、遺伝、ホルモン、免疫、バイオーム、生態系などの単元から出ますよ。

 

 

下の表は2022年度の共通テスト生物基礎の問題傾向についてです。

 

難易度難化
問題形式空所補充、用語の組合せ、正誤判断が中心
出題分野(1)生物の特徴および遺伝子とそのはたらき(19点)
(2)生物の体内環境の維持(16点)
(3)生物の多様性と生態系(15点)
平均点23.90点

 

生物基礎は文系の多くの受験生が選択する科目です。

そのため、物理基礎や地学基礎に比べると、生物基礎の参考書や問題集は多くあります。

一方で、共通テストになってから生物基礎の難易度は大幅に上がっています。

そのため、早い時期からしっかりと対策することが必要です。

 

モモ先生
暗記しただけでは通用しなくなってきていて、試験の難易度が高くなっていますよ。

 

 

【共通テスト生物基礎問題分析・過去問解説】

<予備校別共通テスト問題分析>

①東進②河合塾③駿台④代ゼミ

 

<共通テスト過去3年分問題>

共通テスト過去3年間分問題

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

共通テスト生物基礎(2023)で9割取るためのおすすめ参考書・問題集は?<基礎固め>

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト生物基礎(2023)の勉強は何から始めたらいいのかニャー?

 

モモ先生
まずは「リードLight生物基礎」を完璧にしていきましょう。

 

 

ア 共通テスト生物基礎の基礎固めの勉強法①(「リードLightノート生物基礎」がおすすめ)

→基本的な問題が中心にまとまっている問題集

 

高3の春からは生物基礎の共通テスト対策を始めていきます。

そして、生物基礎の基礎固めとして使う教材は、「リードLightノート生物基礎」です。

 

 

 

この問題集は基本的な問題が中心に載っている問題集で、共通テスト対策の最初の一冊目として使うべき教材です。

 

「リードLightノート生物基礎」は、

①リードA 穴埋め問題
②リードB 養護CHECK(一問一答)
③リードC 例題、基本問題

の構成となっています。

 

また、問題を解く順番は、「第1章リードA→第1章リードB→第1章リードC→第2章リードA・・・」と順番に解くのではなく、「第1章リードA→第2章リードA→第3章リードA・・・」がおすすめです。

それは、このように解くことで最初から最後まで何周も回せるため、頭の中に知識が残りやすくなるからです。

 

モモ先生
解き方を工夫することで、基礎の定着度が大きく変わってきますよ。

 

 

イ「リードLightノート生物基礎」の使い方は?①(用語を完璧に覚える)

→用語から意味が言えるようになることで理解度が増す

 

「リードLightノート生物基礎」の使い方は、まずは各章の「リードA(まとめ)」部分を読んで、今まで習った内容を思い出すところから始めましょう

ただ、まとめを読んでも分からない内容がある場合は、「きめる!共通テスト生物基礎」のような参考書を使い、理解をするようにしましょう。

 

 

 

次に、「リードB(基礎CHECK)」の一問一答問題を解いていきます。

ここでは、まずは「単純な物質から複雑な物質を合成し、エネルギーを蓄える反応は?」という問題から、「同化」という語句が言えるようにしましょう。

そして、これができるようになったら、今度は、問題の部分を隠し、答えだけを見てそれがどんな意味かを答える練習をしていきます。

つまり、先ほどの例で見ていくと、「同化」という言葉から、それがどのような意味かを答えられるようにするということです。

 

ちゃちゃ丸
言葉から意味を答えるの?大変そうだニャー

 

確かにこのやり方は時間がかかるかもしれませんが、意味がスラスラと言えるようになると理解度は格段に上がります。

重要な言葉を中心に意味までしっかりと覚えるようにしましょう。

 

 

 

 

ウ「リードLightノート生物基礎」の使い方は?②(基本問題をマスターする)

→リードLightノートに出てくる問題は全てマスターしよう

 

リードBで一問一答問題ができるようになったら、最後に「リードC(基本問題)」を解いていきます。

基本問題は、

・用語の穴埋め問題
・計算問題
・表やグラフの読み取り問題

など、様々なタイプの問題があります。

 

その中で、計算問題や表・グラフの読み取り問題は、「何となく」できるのはなく、「なぜそのような式になるのか?」「グラフのどこに注目して読み取るべきなのか?」といったことを人に説明できるレベルにまで理解度を高めましょう。

共通テストの問題は思考力が必要な問題が多いので、丸暗記では通用しません。

「なぜそうなるのか?」を意識しながら一つ一つの問題を解くようにしましょう。

 

モモ先生
自分で問題の解き方を説明してみると、本当にやり方が分かっているかどうかを確かめることができますよ。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

共通テスト生物基礎(2023)で9割取るためのおすすめ参考書・問題集は?<過去問演習期>

 

 

ちゃちゃ丸
共通テスト生物基礎(2023)の基礎固めを終えたら何をしたらいいのかニャー?

 

モモ先生
まずは2015~2020年のセンター試験から解いていきましょう。

 

 

ア 共通テスト生物基礎の勉強法①(センター試験の過去問を解く)

→センター試験の問題を解いて定着度を確認しよう

 

「リードLightノート生物基礎」の内容を完璧にしたら、ここからは過去問演習に入っていきます。

最初は、センター試験の過去問(2015年~2020年の本試験と追試験)から解くようにして下さい。

それは、共通テストに比べると、センター試験の問題は知識があれば解ける問題が多いからです。

まずは過去問を解き、できなかった問題は解説を読んで復習をします。

また、間違えた問題や復習が必要な問題は、ノートにまとめるようにしてしましょう。

例えば、問題の中に「バソプレシン」という用語があったとします。

そして、この用語の意味があやふやであった場合は、ノートに、

・バソプレシン:(脳下垂体後葉で生成されるホルモンで、腎臓での水分の再吸収を促進し血圧を上げる働きをする

と書きましょう。

こうすることで、後で赤シートで隠して、バソプレシンの意味を覚えることができます。

これを問題を解くたびごとに繰り返すと知識が増え、だんだんとできる問題が増えてきます。

 

モモ先生
できなかった問題は放置をしないようにしましょう。

 

 

イ 共通テスト生物基礎の勉強法②(共通テストの過去問及び予想問題集を解く)

→共通テストタイプの問題を解いて、問題形式に慣れよう

 

センター試験の問題を10回分解いたら、次は共通テスト形式の問題に取り掛かっていきます。

共通テストの問題は、

①2021・2022年の共通テスト本試験
②今まで受けてきた模試
③各予備校が出している予想問題集(河合・駿台がおすすめ)

などがあります。

これらを解いていき、できなかった問題は先ほどと同様ノートにまとめるようにしましょう。

最後はノートを見直し、そこに書かれている内容をマスターすれば高得点が取れるようになります。

 

なお、予想問題集は河合・駿台・Z会・代ゼミ・東進から出版されていますが、難易度を比較すると、

Z会>駿台>河合・東進・代ゼミ

となっています。(Z会が一番難易度が高い)

Z会や駿台の予想問題集はかなり難易度が高いので、最初は、センター試験や共通テストの過去問や河合・東進などの予想問題集から取り組むようにしましょう。

また、間違えた問題はそのままにせず、何度も解き直しをしてできるようにしていきましょう。

 

ちゃちゃ丸
過去問をたくさん解きたいから、夏休みまでには基礎を終わらせていきたいニャー

 

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

効率的に大学入試の勉強や共通テスト対策をしたい方へ

 

 

 

大学入試は高校入試に比べて科目数が増え、一科目あたりの勉強量も増加します。

また、「勉強の内容が分からない」「どんな勉強をしたらいいかが分からない」「家にいるときも予備校の先生の授業を見たい」と思う人もいるでしょう。

そんな皆さんにおすすめする動画授業サービスがあります。

それが「スタディサプリ」です。

スタディサプリは「大学入試対策」及び「共通テスト対策」に関する授業を数多く見ることができます。

また、東大や京大などの旧帝大や早稲田や慶応などの難関大学に特化した対策授業もあります。

そして月額料金も月額2,178円~とお得です。

そのためスタディサプリは、

・近くに塾がない
・独学で勉強をしているが勉強に不安がある
・塾に通っているが分からないところがある
・共通テストや大学入試対策をしたい

といった方におすすめの動画サービスとなっています。

 

関連記事

 ちゃちゃ丸スタディサプリの使い方とおすすめ講座について知りたいニャー と思っている高校生のみなさん!今回は「【スタディサプリ】塾講師おすすめの高校講座や大学受験講座や[…]

 

 

<まとめ>共通テスト生物基礎(2023)の勉強法とおすすめな参考書や問題集は?

 

 

 

今回の記事の「共通テスト生物基礎(2023)の勉強法とおすすめな参考書や問題集は?」の内容のまとめです。

 

①最初は「きめる!共通テスト生物基礎」で今まで習った内容を思い出そう
②次に「リードLightノート生物基礎」で基本的な内容をマスターしよう
③最後に過去問や予想問題集を解いて得点力を上げていこう

 

共通テストの生物基礎は表やグラフなどを読み取る問題が中心ですので、できるだけ多くの問題にあたって慣れるようにしていこう!

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

この記事が役に立ったと思った方は、下の「タイトル名」と「URL」をコピーしてブログやSNSに貼り付けて紹介して頂くと幸いです。

愛知県豊橋市の個別指導塾「とよはし練成塾」
・タイトル名 「共通テスト生物基礎(2023)の勉強法とおすすめな参考書や問題集は?」
・記事URL https://toyohashi-rensei.com/seibutsukiso2/

 

ちゃちゃ丸
よろしくお願いするんだニャ~