【物理】大学受験の勉強はいつから?短時間で成績を上げる勉強法は?

 

 

たま吉
物理の大学受験に向けた勉強法を知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「【物理】大学受験の勉強はいつから?短時間で成績を上げる勉強法は?」についてみていきますよ。

 

 

大学入試物理おすすめ勉強法

 

 

✓内容

「大学受験に向けた物理の勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

共通テスト及び二次試験や私大の入試で物理を受験する高校生及び浪人生

 

✓結論 

「大学受験に向けた物理の勉強法は?」→まずは「リードLightノート物理」の内容を完璧にしよう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

大学入試のおすすめ勉強法を知りたい人は

大学入試の教科別勉強法、独学で進める学習スケジュールは?

 

 

大学入試教科別勉強法

①英語②文系数学③理系数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦物理⑧化
⑨生物⑩日本史⑪世界史

 

 

スポンサーリンク

【大学受験】物理のおすすめ勉強法は?<高1・2>

【動画】「とよはし練成塾」塾長が話す!大学入試物理のおすすめ勉強法は?

 

 

たま吉
物理の勉強をするにはどのような勉強から始めればいいのかニャー?
モモ先生
まずは「リードLightノート物理」の内容をマスターするようにしましょう。

 

 

大学受験に向けた物理の勉強は、

①教科書や参考書を読んで物理現象についての理解を深める
②公式や定義を暗記する
③基本問題集を解く
④共通テスト対策をする
⑤応用問題集を解く
⑥過去問を解く

というのが基本的な流れになります。

 

ただ、高1・2のうちは英語数学の勉強を優先したいので、物理の本格的な受験勉強は高3になってからになります。

ですが、高3になるまで物理の勉強を何もしないのでは、受験生になったときに膨大な量を暗記しないといけなくなり、大変になってきます。

そのため、高1・2のうちは物理基礎や物理(発展)の定期テストの勉強をメインに行うようにしましょう。

そこで、

・教科書や参考書を読み、物理現象を理解する
・公式や定義を暗記する
・学校で使っている問題集を完璧にする

といったことを行うことで、物理の基本的な内容をマスターすることができ、受験生になったときに短い時間で合格レベルまで到達することができます。

 

また、夏休みや冬休みといった長期休暇中や、進研模試や全統模試などの模試前に今まで習った内容を復習しておくとさらに効果的です。

ただし、難関大学を志望する場合は、高2が終わるまでに「リードLightノート物理」の問題はマスターするようにしましょう。

 

たま吉
高3になったときにスムーズに受験勉強ができるようにしたいニャー

 

 

 

 

【大学受験】物理のおすすめ勉強法は?<高3の1学期~秋>

 

 

たま吉
高3の1学期の間はどんな勉強をすればいいのかニャー?
モモ先生
「リードLightノート物理」などの基本的な問題集をマスターするようにしましょう。

 

 

ア 物理の勉強法(全体編)

→自分のレベルに合った問題集を使うようにしよう

 

物理の場合は、志望する大学によって学習スケジュールが大きく変わっていきます。

以下、志望大学別の時期ごとに取り組む問題集についての一覧になります。

難関大学準難関大学中堅大学
1学期物理のエッセンスリードLightノート物理リードLightノート物理
夏休み良問の風物理のエッセンスリードLightノート物理
2学期名問の森良問の風物理のエッセンス

 

また、現役生の場合は、1学期のうちはまだ習っていない内容もあります。

そのため、1学期の間は、

・受験勉強で今まで習った所までの復習(力学・熱・波動)
・定期テストの勉強を兼ねて電磁気・原子の内容をマスターする

といったことをやっていくようにして下さい。

 

モモ先生
定期テストの勉強と両立できるようにしましょう。

 

 

イ 参考書を読んで内容を理解する

→しっかりと理解してから問題集に取り組むこと

 

「物理のエッセンス」などの問題集を解く前に、参考書を必ず読むようにしましょう。

そうすることでその単元の内容が理解できるようになり、スムーズに問題に取り組むことができます。

また、参考書を読む際に特に意識すべきことは、

・なぜその公式になるのか?
・用語の意味(加速度・等速円運動・ドップラー効果など)

といったことです。

これらに注意してしっかりと参考書を読むようにしましょう。

 

また、問題集の解説を見ても解き方が分からないときも参考書を見るといいでしょう。

ただし、参考書を読んだだけでは解決できないこともあります。

その場合は、

・学校の先生や塾の先生に解き方を聞く
・YouTubeの授業動画を見る

といったことをして、分からない問題の解き方を理解するようにしましょう。

 

なお、おすすめの参考書は「宇宙一わかりやすい高校物理(学研)」「大学入試坂田アキラの物理基礎・物理の解法が面白いほどわかる本(KADOKAWA)」になります。

これらはどちらも読みやすく物理の内容が分かりやすく書かれているため、非常に使いやすい参考書です。

 
 

 

 

 

 

モモ先生
分からない問題はそのままにしないようにしましょう。

 

 

【大学入試】物理のおすすめの参考書を知りたい人は

物理のわかりやすい参考書は「宇宙一」か「秘伝の物理」がおすすめ!

 

 

 

 

ウ 問題集を解く

→ただ解いて終わりではなく、瞬時に答えが言えるようになるまで繰り返し解き直そう

 

物理の参考書を読んで内容を理解した後は、「リードLightノート物理」などの問題集を使って問題を解いていきます。

 

 

A 物理が得意な人向けの解き方

 

物理が得意な人であれば、問題をいきなり解いてもある程度はできるはずです。

そのため、物理が得意な人向けのおすすめな解き方としては、

①まずは問題を一通り解く
②できなかった問題に〇をつける
③解説を読んで理解する
④後日できなかった問題を解き直す(できた問題は〇を消す)

がいいでしょう。

①~④を繰り返し、最終的に全ての問題ができるようになればOKです。

 

 

B 物理が苦手な人向けの解き方

 

一方で物理が苦手な人が、いきなり例題を解いてもほとんどの問題ができないはずです。

そういう人におすすめの解き方は、

①問題の答えや解説を見て解き方を理解する
②答えを隠して自力で解けるかどうかを確認する
③引き続き例題の下にある練習問題を解く
④後日改めて解けるかどうかを確認する

がいいでしょう。

ここでのポイントは、最初から答えを見て解き方を覚えることです。

これをやることで、考える時間を短縮することができます。

ただし、答えを丸暗記していたのでは実力がつきません。

そのため、解法暗記をする際には問題文を見て、解く上で必要なキーワードを見つけられるようにしましょう。

例えば、問題文に、

・物体が等速円運動を続けるのに必要な向心力を求めよ

とあれば、「等速円運動の向心力→F=mrω2」が瞬間的に思いつくようにしてください。

これを問題ごとにやることで、スムーズに問題が解けるようになります。

 

そして、解法暗記をした後には必ず自力で解けるかどうかを確認してください。

そこでスラスラと解けるようになれば解き方をマスターしたことになります。

 

たま吉
繰り返し解くことが大切なんだニャー

 

 

 

 

C 物理のおすすめ問題集は?

 

物理のおすすめ問題集は難易度ごとに、

となっています。

物理の受験勉強というと、上の②の「物理のエッセンス」から始める人がいますが、エッセンスはある程度の力がないと使いこなすことができません。

そのため、物理が苦手な人や模試などで点数が伸びない人は、①の「リードLightノート物理基礎・物理」からやることをおすすめします。

また、エッセンスと良問の風、名問の森は同じ先生が書いたものですので、続けて勉強すると解きやすくなります。

 

モモ先生
自分のレベルに合った問題集を解くようにしましょう。

 

 

 

 

【大学受験】物理のおすすめ勉強法は?<高3の夏休み~入試>

 

 

たま吉
高3の夏休みからはどんな勉強をすればいいのかニャー?
モモ先生
共通テストの対策や二次試験の対策をやっていくようにしましょう。

 

 

ア 共通テスト対策をやる

→難化傾向の共通テストに向けてしっかりと対策をしておきたい

 

共通テストを受験する人は夏に一度共通テスト対策をやるようにしましょう。

夏から共通テスト対策をやるべき理由としては、

①夏休み~秋に全統共通テスト模試や駿台ベネッセ共通テスト模試といったような共通テストの模試が立て続けにあり、そこで結果を出したいため
②共通テストの物理が難化する可能性があるため、ある程度の時間をかけて対策したいため

からです。

ですので、時間のあるこの時期に共通テスト対策をしていくことをおすすめします。

 

そして、「共通テスト物理の過去問」や予想問題集を解く際には、

①センター試験(2015~2020年)の過去問を解く
②共通テストの過去問(2021年~)を解く
③予備校が出している予想問題集を解く

の順番で解くことをおすすめします。

 

 

 

 

共通テストの問題に比べると、センター試験の問題は取り組みやすいものが多いため、まずはセンターの過去問からやるようにしましょう。

そして、そこで知識をつけたら共通テストの過去問にあたっていきます。

また、河合塾の模試(全統共通テスト模試)を受ける場合は河合塾の問題集を、駿台の模試(駿台ベネッセ大学入学共通テスト模試など)を受験する場合には駿台のマーク式問題集もやっておくと、模試の対策にもなります。

 

モモ先生
秋に一度共通テスト対策をするといいでしょう。

 

 

【共通テスト】物理の勉強法のやり方を知りたい人は

共通テスト物理の対策と勉強法、過去問題解説、おすすめ参考書と問題集は?

 

 

イ 過去問を解く

→過去問を解いて実践力をつけよう

 

そして、エッセンスや良問の風、名問の森が終わったら仕上げに過去問や「●●大の物理」などを解くようにしましょう。

また過去問が終わって、まだ時間に余裕がある場合は、「全国大学入試問題正解物理(旺文社)」を解きいろいろな大学の問題を解くようにしましょう。

 

 

 

 

この問題集は、東大や京大などの旧帝大や早慶上智、MARCH、関関同立などの入試問題が載っている問題集です。

そのため、赤本などが全て終わった人で、さらに別の大学の入試問題を解きたい人におすすめの問題集と言えます。

 

たま吉
最後は過去問をバリバリ解くようににしたいニャー

 

 

 

スポンサーリンク