第1・2・3回河合塾全統記述模試(2022)の結果・日程・過去問・偏差値は?

 

 

たま吉
全統記述模試(2022)について知りたいニャー

 

と思っている高校生・浪人生のみなさん!

今回は「第1・2・3回河合塾全統記述模試(2022)の結果・日程・過去問・偏差値は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「全統記述模試」について知りたい高校生・浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

近く全統記述模試を受験予定の高校生・浪人生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

2022年第1・2・3回全統記述模試に向けた勉強法は?

 

 

たま吉
全統記述模試に向けた勉強法を知りたいニャー
モモ先生
自分の課題を見つけるための模試としていきましょう。

 

 

ア 第1・2回全統記述模試(5~8月)に向けた勉強法

→各教科の基礎固めを優先しよう

 

第1回全統記述模試は5月の中旬、第2回全統記述模試は8月の下旬にあります。

そのため、この2回の模試は高3の1学期~夏休みの時期に行われることになります。

この時期の勉強は基礎固めを中心に行うようにしましょう。

 

また、教科ごとにやってほしい内容を見ていくと、

 

A 英語

 

英語英単語の暗記

英熟語の暗記

英文法の復習

英文解釈の勉強

長文読解の練習(速読・精読・多読)

 

 

B 数学

 

文系数学白チャートおよび黄チャートによる解法暗記
理系数学黄チャートおよび青チャートによる解法暗記

・数学Ⅲの勉強(二次試験で使う人)

 

 

C 国語

 

現代文語彙力のアップ、背景知識の理解

ゼロから覚醒はじめよう現代文で現代文の解き方をつかむ

入試現代文へのアクセス基本編を解く

古文古文単語の暗記

古典文法の復習

古文常識の勉強

古文読解の勉強

漢文漢文句法の暗記

・共通テストの問題を解く

 

 

D 理科

 

物理物理のエッセンスを解く

・電磁気の勉強(定期テスト対策)

化学・理論化学の復習

・無機化学の勉強(定期テスト対策)

生物 

 

 

E 地理歴史

 

日本史B ・今まで習ったところの復習
世界史B ・今まで習ったところの復習

 

となります。

特定の教科ばかり勉強するのではなく、どの教科も満遍なく勉強するようにしましょう。

 

モモ先生
どの科目もバランスよく勉強をするようにしましょう。

 

 

 

 

イ 第3回全統記述模試(10月)に向けた勉強法

→共通テストの対策をしていこう

 

第3回全統共通テスト模試は10月の中旬にあります。

この模試が最後の記述模試になりますので、ここである程度の結果を残しておきたいものです。

得意な科目は応用問題集を解き、一方で苦手な科目は引き続き基礎固めを中心に勉強していきましょう。

 

また、教科ごとにやってほしい内容を見ていくと、

 

A 英語

 

英語英単語の暗記、英熟語の暗記(入試本番まで繰り返す)

長文読解の練習(速読・精読・多読)

・英作文の勉強(和文英訳自由英作文

リスニングの対策

 

 

B 数学

 

文系数学白チャートおよび黄チャートによる解法暗記

プラチカで応用問題に慣れる

理系数学黄チャートおよび青チャートによる解法暗記

プラチカ一対一対応の演習で応用問題に慣れる

 

 

C 国語

 

現代文・(私大)共通テストの過去問、志望校の過去問を解く

・(国公立大)上級現代文を解く

古文岡本梨奈の古文ポラリス1・2を解く

・(私大)中堅私大古文演習、有名私大古文演習を解く

・(国公立大)得点奪取古文記述対策を解く

漢文・(私大)共通テストの問題を解く

・(国公立大)得点奪取漢文記述対策を解く

 

 

D 理科

 

物理良問の風を解く

物理重要問題集名問の森物理を解く

・電磁気、原子の勉強(定期テスト対策)

化学・理論化学、無機化学の復習

・有機化学の勉強(定期テスト対策)

生物 

 

 

E 地理歴史

 

日本史B ・今まで習ったところの復習
世界史B ・今まで習ったところの復習

 

となります。

 

 

たま吉
まずは共通テストを突破できるようにしっかりと対策していきたいニャー

 

 

2022年全統記述模試(第1・2・3回)の日程・範囲・時間割は?

 

 

たま吉
2022年の第1・2・3回全統記述模試について知りたいニャー
モモ先生
河合塾が主催する記述模試で年3回行われますよ。

 

 

ア 2022年全統記述模試の日程は?

→例年5月、8月、10月に実施

 

多くの高校では、ベネッセが主催する進研模試と河合塾が主催する「全統模試」を受験します。

そして、全統模試は大きく、

①共通テスト式の「全統共通テスト模試」
②記述式の「全統記述模試」
③大学別の「●●大オープン」

の3種類に分かれており、その中で全統記述模試は全3回(5月・8月・10月)あります。

 

そして、2022年度の日程(愛知県・公開会場の場合)は、

①第1回全統記述模試 5月15日(日)→1学期中間テスト直前(直後)の模試
②第2回全統記述模試 8月28日(日)→夏休み後半にある模試
③第3回全統記述模試 10月16日(日)→2学期中間テストが直後の模試

となっています。

 

たま吉
現時点での自分の実力を模試で確かめていきたいニャー

 

 

 

イ 2022年第1・2・3回全統記述模試の時間割は?

→試験時間が長いため、かなりの体力と集中力を使う

 

次に2022年第1・2・3回全統記述模試の時間割についてです。

ここでは大学などで行われる公開受験を例に全統記述模試の時間割を見ていきます。

 

A 文系

 

数学

Ⅰ型 9:30~10:50(80分)

Ⅱ型 9:30~11:10(100分)

Ⅲ型 9:30~11:30(120分)

英語11:40~13:20(100分)
受験票記入13:20~13:50(30分)
昼休み13:50~14:30(40分)
国語14:30~15:50(80分)<現代文型>
14:30~16:10(100分)<現古(漢)型>
社会(1科目目)16:20~17:20(60分)
社会(2科目目)17:25~18:25(60分)

 

 

B 理系

 

数学

Ⅰ型 9:30~10:50(80分)

Ⅱ型 9:30~11:10(100分)

Ⅲ型 9:30~11:30(120分)

英語11:40~13:20(100分)
受験票記入13:20~13:50(30分)
昼休み13:50~14:30(40分)
理科(1科目目)14:30~15:30(60分)
理科(2科目目)15:35~16:35(60分)
国語16:45~18:05(80分)<現代文型>
16:45~18:25(100分)<現古(漢)型>

 

上の表のように、全統記述模試は1科目の試験時間が長く、かつ1日で受験科目を全て行うため非常に体力と精神力が求められる試験となっています。

そのため集中力を切らさないように、休憩中などは体をしっかりと休めるようにしましょう。

 

モモ先生
途中で集中力を切らさないように集中して取り組んでいきましょう。

 

 

 

 

ウ 2022年第1・2・3回全統記述模試の出題範囲は?

→英語・数学・国語・理科基礎などは全範囲

 

全統記述模試の範囲は、英語・国語・理科基礎・公民(現社・政経・倫理・倫政)は全範囲となります。

また、数学Ⅲと地歴、理科(発展)は、回によって範囲が異なります。

 

第1回第2回第3回
数学Ⅲ微分法まで積分法の面積まで全範囲
物理力学・波動まで力学・熱・波動・電気まで原子分野を除く
化学電気分解まで有機化学まで全範囲
生物生命活動と物質まで動物の環境応答まで生物の進化と系統を除く
日本史B室町時代まで江戸時代の天保の改革まで全範囲
世界史Bヨーロッパ(15世紀末まで)

中国(元朝末まで)

ヨーロッパ(19世紀末まで)

アジア(18世紀末まで)

全範囲
地理系統地理系統地理・地誌など全範囲

 

となっています。

全統共通テスト模試と範囲は似ていますが、やや進学校の進度に寄せている感じがします。

そのため、学校によっては習っていない内容が範囲になることもあるため気を付けてください。

 

たま吉
範囲が広いから苦手な内容を中心に対策をしていきたいニャー

 

 

2022年第1・2・3回全統記述模試の平均点・偏差値は?

 

 

たま吉
全統記述模試の平均点を知りたいニャー
モモ先生
参考までに前年度の模試結果を紹介しますよ。

 

 

ア 2022年第1・2・3回全統記述模試の平均点は?

→全体的に低めの点数

 

2022年全統記述模試の平均点は結果が出ないと公表されることはありません。

ですが、例年同じような難易度で配点の40%程度が全国平均となります。

2022年度の平均点は公開され次第、更新していきます。

なお、データは河合塾HPにある「第1回全統記述模試教科科目別成績順位表」を引用しています。

 

教科平均点教科平均点
英語63点化学37点
数学Ⅰ型38点生物41点
数学Ⅱ型83点日本史B36点
数学Ⅲ型89点世界史B38点
現代文・古文73点地理B47点
現代文・古文・漢文82点政治・経済34点
物理34点

 

上の表のように、平均点を見るとかなり低めです。

これは、

①模試の難易度が高めであること
②現役生が模試に慣れていない、そもそも合格できる学力に到達していない

ことが挙げられます。(ただし現役生は後半の模試になるにつれて点数が上がってきます。)

 

たま吉
難しそうな模試になりそうだニャー

 

 

イ 2022年第1・2・3回全統記述模試の偏差値は?

→浪人生や中高一貫に通う生徒は偏差値が高めに出る

 

高2までの模試は同級生しか受験していませんでした。

それが、高3の5月以降に行われる模試では浪人生も参加します。

浪人生は既に学習内容が終わっているため、偏差値が高めに出ます。

また、全統模試では中高一貫の生徒も多く受験します。

そのため、一般的な公立高校の生徒は高2の時よりも偏差値が低くなりがちです。

ですが、1年間しっかりと勉強をすることで、入試直前の11月や12月の模試では彼らに追いつくことができますので、不安にならずにしっかりと勉強するようにしましょう。

 

モモ先生
最初判定が低くても落ち込まないようにしましょう。

 

 

 

 

ウ 2022年第1・2・3回全統記述模試の過去問は?

→学校で配布されることもある

 

「全統記述模試を受ける前に過去問を解いてみたい。」と思う人がいるかもしれません。

全統共通テスト模試の場合は、「共通テスト総合問題集」で前年度の模試の問題(過去問)を解くことができました。

ですが、全統記述模試の場合は過去問がありません。

そのため、模試の対策としては苦手な単元や教科の復習を中心にやるようにしましょう。

ただ、学校によっては模試直前に前年度の模試を解く機会があることもあります。

 

たま吉
復習をしっかりとやって本番に臨んでいきたいニャー

 

 

エ 2022年第1・2・3回全統記述模試の結果は?

→模試受験後、約一か月後に返却される

 

全統記述模試の結果は、模試受験後およそ一か月後に返却されます。

ただ、その少し前に「模試ナビ」で自分の結果をネットで確認することができます。(結果を確認するには登録が必要になってきます。)

結果を見て一喜一憂するのではなく、できなかった問題を必ず復習するようにしましょう。

 

モモ先生
模試が終わったら必ず復習をするようにしましょう。