【大学受験】世界史の勉強法と独学者向けのおすすめ参考書・問題集は?

 

 

たま吉
世界史の大学受験に向けた勉強法を知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「【大学受験】世界史の勉強法と独学者向けのおすすめ参考書・問題集は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「大学受験世界史の勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

共通テスト及び二次試験や私大の入試で世界史の勉強が必要な高校生及び浪人生

 

✓結論 

「大学受験世界史の勉強法は?」→「通史の理解→一問一答→基礎問題集→共通テスト対策→応用問題集→論述対策」が基本的なルート

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

大学入試のおすすめ勉強法を知りたい人は

大学入試の教科別勉強法、独学で進める学習スケジュールは?

 

 

大学入試教科別勉強法

①英語②文系数学③理系数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦物理⑧化学
⑨生物⑩日本史⑪世界史

 

 

スポンサーリンク

【大学受験】世界史のおすすめ勉強法は?<高1・高2>

 

 

たま吉
世界史の勉強はどうやって進めていけばいいのかニャー?
モモ先生
まずは定期テストの勉強をしっかりとやるようにしましょう。

 

 

世界史の勉強は、

①歴史の流れをつかむ
②用語を暗記する(年号を覚える)
③基本問題集を解く
④共通テスト対策をする
⑤応用問題集を解く
⑥論述対策をする
⑦過去問を解く

というのが基本的な流れになります。

 

また、高1・高2のうちは定期テストの勉強をメインに行うようにしましょう。

世界史は量が多いので、普段から定期テスト勉強からコツコツとやっておかないと受験生になったときに苦労します。

そのため、テスト勉強を通じて、

・教科書を読み、歴史の流れを理解する
・一問一答で用語を暗記する
・学校で使っている問題集を完璧にする

などして基礎力をつけるようにしましょう。

 

また、夏休みや冬休みといった長期休暇中や進研模試全統模試などの模試前に苦手な単元を復習しておくと、高3になったときにスムーズに受験勉強をすることができます。(高2の終わりには全統高2共通テスト模試という共通テスト型の模試もあります。)

 

たま吉
高3になったときにスムーズに受験勉強ができるようにしたいニャー

 

 

【定期テスト】世界史のおすすめ勉強法を知りたい人は

【高校生】定期テスト世界史探究の勉強法、テスト前日の復習方法は?

 

 

【大学受験】世界史のおすすめ勉強法は?<高3の1学期>

 

 

たま吉
高3の1学期の間はどんな勉強をすればいいのかニャー?
モモ先生
基礎固めをしっかりとやるようにしましょう。

 

 

高3になってからは本格的に世界史の受験勉強を始めていきます。

とはいえ、現役生の場合はまだ全ての時代を習ってはいません。

そのため、1学期の間は、

・受験勉強で今まで習った内容の復習
・定期テストの勉強を兼ねて近現代史の内容をマスターする

といったことをやっていくようにして下さい。

 

モモ先生
基礎固めを中心にやっていくようにしましょう。

 

 

ア【大学入試】世界史の勉強法①(世界史の流れをつかむ)

→まずはしっかりと理解することが大事!

 

世界史の受験勉強としてまずやるべきことは、世界史の流れをつかむことです。

世界史の勉強というと一問一答の暗記というイメージがありますが、いきなりここからやってしまうのは危険です。

それは、世界史の内容を理解していないのにゴリゴリと暗記をしてもなかなか覚えることができないからです。

そのため、まずは教科書や参考書を読んで世界史の流れをつかむことから始めるようにしましょう。

世界史の流れをつかむためのおすすめの参考書は以下の通りです。

 

一度読んだら絶対に忘れない世界史→最初の1冊としておすすめ。短時間で読み切れる。
詳説世界史B(山川の教科書)→文章だけでなく、写真や絵などにも目を通す

 

 

 

 

最初に「一度読んだら絶対に忘れない世界史」でサラッと世界史の流れをつかみ、その後は詳説世界史Bなどの学校で使っている教科書で細かい内容をおさえていくといいでしょう。

 

たま吉
短時間で読める本から始めるといいんだニャー

 

 

【大学受験】世界史の流れをつかむための勉強法を知りたい人は

【大学受験】世界史の通史(流れ)をざっくりつかむ方法は?おすすめ参考書・問題集は?

 

 

ただ、世界史の場合さまざまな国や地域がバラバラに出てくるため、それぞれの国の歴史の流れがつかみにくくなります。

そのため、「タテから見る世界史」・「ヨコから見る世界史」といった参考書を使って、アメリカやヨーロッパ、中国などの歴史の流れをおさえるようにしましょう。

そうすることで歴史の流れがより分かるようになってきます。

 

 

 

 

たま吉
内容を理解することに時間をかけていきたいニャー

 

 

【大学受験】世界史のタテ・ヨコの流れを知りたい人は

【大学受験】世界史は縦の流れと横の流れが大事!おすすめ参考書や問題集は?

 

 

 

 

イ【大学入試】世界史の勉強法②(一問一答での用語の暗記)

→用語を覚えることで基礎固めができる

 

歴史の流れをつかんだら、次は一問一答の暗記に入っていきます。

ただ、最初から細かい内容の用語を覚えることはせず、教科書の太字で書かれている用語(共通テストレベル)のものから覚えるようにしましょう。

そうすることで短期間で学校で習ったところまでの暗記ができるはずです。

また、1回覚えた内容でしばらくすると忘れてしまいますので、最低3回以上は繰り返しやるようにしましょう。

 

なお、おすすめの問題集としては、

山川世界史一問一答
世界史B一問一答完全版
・教科書の太字部分をチェックペンで塗りつぶし暗記する

などがあります。

 

 

 

 

この中でみなさんが使いやすいものを使うようにして下さい。

また、定期テストの勉強も疎かにすることなく取り組むようにしましょう。

 

モモ先生
繰り返し暗記をして頭の中に入れるようにしましょう。

 

 

【大学受験】世界史の一問一答の勉強法を知りたい人は

【大学入試】世界史一問一答のおすすめは山川?東進?Z会?使い方や暗記方法は?

 

 

【大学受験】世界史のおすすめ勉強法は?<高3の夏休み>

 

 

たま吉
高3の夏休みの間はどんな勉強をすればいいのかニャー?
モモ先生
基本的な問題集に取り組むようにしましょう。

 

 

ウ【大学入試】世界史の勉強法③(世界史の基本的な問題集を解く)

→基本的な問題集を完璧にするようにしよう!

 

一問一答の暗記をした後は問題演習に取り掛かっていきます。

問題集はいろいろありますが、最初は「はじめる世界史」などの易しめのレベルの問題集から始めるようにしましょう。

 

 

 

 

「はじめる世界史」は各テーマのはじめに要点部分があります。

ですので、まずはそこに出てくる重要語句を暗記し、そこから問題に取り組むようにしましょう。

問題に出てくる用語は教科書の太字レベルのものが中心ですので取り組みやすいはずです。

夏休み中にこの問題集を完璧にすることを目標にしてください。

 

モモ先生
易しめの問題を完璧にできるようにしましょう。

 

 

エ【大学入試】世界史の勉強法④(年号を暗記する)

→年号を覚えることで歴史の流れがより分かるようになる

 

また、基本的な内容が固まるこのタイミングで年号の暗記にも取り組むようにしましょう。

それは年号を覚えることで歴史の流れがより分かるようになるからです。

「元祖世界史の年代暗記法」などの問題集を使って、重要なものから覚えるようにしましょう。

年号は覚えにくく忘れやすいものですが、語呂合わせなどを使って繰り返し暗記をしてください。

 

 

 

 

また、夏休みには、河合塾の全統共通テスト模試全統記述模試、東大・京大・名大などの大学別模試などがあります。

ですので、模試に向けて基本的な内容を完璧に仕上げるようにしてください。

なお、旧帝大など論述問題が出る大学を志望する場合は論述対策を、早慶上智などの難関私大を志望する場合はHISTORIA(ヒストリア)などの応用問題集にも取り組むようにしましょう。

 

たま吉
模試に向けて苦手な内容をなくすようにしていきたいニャー

 

 

【大学受験】世界史の年号暗記のやり方を知りたい人は

【大学入試】世界史の年号の覚え方は?語呂合わせがあるおすすめ参考書・問題集は?

 

 

【大学受験】世界史のおすすめ勉強法は?<高3の秋~共通テスト直前>

 

 

たま吉
高3の秋以降はどんな勉強をすればいいのかニャー?
モモ先生
過去問演習と復習をメインに勉強していきましょう。

 

 

オ【大学入試】世界史の勉強法⑤(共通テスト対策をする)

→秋に一度共通テスト対策をしておきたい

 

そして、「はじめる世界史」が終わると共通テストの過去問を解けるレベルに到達します。

ですので、このタイミングで共通テスト対策を一度やっておきましょう。

それは共通テストは二次試験や私大入試に比べると、

思考力を要する問題が多い
・どの分野からも満遍なく出題される(東南アジア・アフリカ・オセアニアなども)

といった特徴があるため、共通テスト専用の対策をしないと点数をとれることができないからです。

また、秋になると全統共通テスト模試駿台ベネッセ共通テスト模試といったような共通テストの模試が立て続けにあります。

そしてここでしっかりと結果を出すと、自信を持って共通テスト本番を受験することができるでしょう。

そのために、共通テストの過去問や予備校の予想問題集を解き、共通テストの問題形式に慣れるようにしましょう。

 

モモ先生
秋に一度共通テスト対策をするといいでしょう。

 

 

【共通テスト】世界史の勉強法のやり方を知りたい人は

共通テスト世界史Bの勉強法と独学におすすめの参考書や問題集は?

 

 

カ【大学入試】世界史の勉強法⑥(二次対策・私大対策をする)

→志望校の過去問分析をして今後の勉強方針を決めていこう

 

はじめる世界史をマスターした後は、志望校によってやるべきことが変わります。

秋には、全統記述模試駿台・ベネッセ模試などの模試が多くありますので、そこに向けてしっかりと仕上げるようにしましょう。

 

A 東大・京大などの旧帝大および論述問題が出る大学を受ける人

 

夏休みに引き続いて論述対策をしていきます。

まずは「判る!解ける!書ける!世界史論述」などの問題集を使って、論述問題の取り組み方や文章の書き方を学んだり、模範解答を暗唱したりします。

 

 

 

 

その後は過去問や「東大の世界史」などの大学別問題集を解いていきましょう。

さらに余裕がある場合は、「全国大学入試問題正解」を解いていくと様々な大学の問題を解くことができます。

難しい問題集を何冊も解くよりも、入試問題をたくさん解いた方が実践感覚が身につきます。

 

 

B 早慶上智・MARCH・関関同立志望者

 

「HISTORIA(ヒストリア)」のような応用レベルの問題が揃った問題集を解いていきます。

 

 

 

 

この本は難易度がかなり高いですが、やりこむことで難関私大に合格できるだけの力がついていきます。

その後は過去問や「早大の世界史」などの問題集を解き、志望校の問題形式に慣れていきましょう。

 

 

C 中堅私大志望者

 

「はじめる世界史」が終わったら過去問演習に入っていきましょう。

 

たま吉
できるだけたくさんの入試問題を解いていくといいんだニャー

 

 

 

スポンサーリンク