【定期テスト】現代社会で9割取るための勉強法、おすすめ問題集・参考書は?【48記事目】

 

【定期テスト】現代社会で9割取るための勉強法、おすすめ問題集・参考書です。定期テストの現代社会で9割取るための勉強法、おすすめ問題集・参考書について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は48記事目です。)

 

 

①定期テスト現代社会で9割以上取るための勉強法は?

 

ちゃちゃ丸
どうすれば定期テストの現代社会で高得点を取れるのかニャー?
モモ先生
問題集の内容を完璧にすることが大事になってきますよ。

 

 

ア 定期テストの現代社会で9割以上取るための勉強法①(教科書を読んで内容を思い出す)

→教科書を読んで習った内容を思い出そう!

 

定期テストの現代社会で9割以上取るための勉強法の一つ目は、「教科書を読んで内容を思い出す」ことです。

最初から語句を覚えようとすると、正答率が低い可能性があり、それが続くと勉強へのやる気を失いかねません。

そのため、まずは、教科書やノート、参考書を読み、授業で習った内容を思い出していきましょう。

 

 

イ 定期テストの現代社会で9割以上取るための勉強法②(問題集の内容を完璧にする)

→丸暗記をしない!何度も繰り返す!

 

定期テストの現代社会で9割以上取るための勉強法の二つ目は、「問題集の内容を完璧にする」ことです。

問題集を解く時に大事なことは、「教科書を見ながら解かない」ことです。

教科書を見ながら解くと、なんとなく「できた」気になってしまいます。

ただ、テスト本番では教科書を見ながら解くことはできませんので、思ったほど点数が取れないということになりかねません。

問題集を解く時には必ず自力で解くようにしましょう。

そしてできなかった問題や覚えていなかった内容はテスト当日までに繰り返し暗記をし、本番までに完璧に覚えるようにしましょう。

また、現代社会は分量が多いため、一夜漬けでなんとかなる教科ではありません。

そのため、日ごろからコツコツと勉強するようにしましょう。

 

 

 

ウ 定期テストの現代社会で9割以上取るための勉強法③(時事問題対策)

→日ごろからニュースに関心を持つことが大切!

 

定期テストの現代社会で9割以上取るための勉強法の三つ目は、「時事問題対策」をすることです。

現代社会では10点程度時事問題が出題されることがあります。

理想としては毎日のニュース(政治・経済など)に関心を持つことです。テレビや新聞、インターネットなどで日本や世界の動きを見ておきましょう。

ただ、人によっては見ている時間がない、興味がなくてなかなか見ようとしないという場合もあるでしょう。

その場合は、「高校生 時事問題」と検索すれば、時事問題について扱っているサイトがありますので、そういったものを活用すると短時間で内容が頭の中に入ります。

 

 

エ 定期テストの現代社会で9割以上取るための勉強法④(テスト前日・当日の勉強法)

→忘れていないかどうか再度確認をしよう

 

定期テストの現代社会で9割以上取るための勉強法の四つ目は、「テスト前日・当日に再度復習をする」ことです。

現代社会は暗記科目であるため、一度できたと思った内容もしばらくすると忘れてしまいます。

そのため、テスト前日や当日も再度見直しをするようにしましょう。

ただ、前日や当日は他の教科の見直しもあるため、現社に関しては、

・1回目でできなかった問題
・知識があいまいな問題

を中心に短時間で見直すようにしましょう。

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

 

 

②定期テスト現代社会で9割以上取るためのおすすめ参考書・問題集は?

 

 

ちゃちゃ丸
定期テスト向けの現代社会のおすすめ参考書・問題集を知りたいニャー
モモ先生
ここでは定期テスト現代社会のおすすめ参考書や問題集について紹介していきます。

 

 

ア 定期テスト現代社会のおすすめ参考書・問題集①(蔭山の共通テスト現代社会)

→現社の内容がコンパクトにまとまっている本

 

 

定期テスト現代社会おすすめ参考書・問題集の一つ目は、「蔭山の共通テスト現代社会」です。

数少ない現代社会の参考書の中で最も見やすく、分かりやすい教材といえます。

その理由としては、

・講義調で書かれている
・ポイントが箇条書きでまとまっている
・図表やイラストが豊富で見やすい

といった所があるからです。

学校の問題集を使っている時に分からない内容があれば、この本を使って調べていくと良いでしょう。

 

 

 

 

関連記事

 

 

イ 定期テスト現代社会おすすめ参考書・問題集②(学校で使っている問題集)

→定期テストは学校で使っている問題集から出るため完璧にしよう!

 

定期テスト現代社会おすすめ参考書・問題集の二つ目は、「学校で使っている問題集」です。

現代社会用の問題集は数多く出版されています。

ただ、定期テスト対策の問題集としては、やはり学校で使っている教材を使うのがベストです。

その理由は、

・定期テストは学校の問題集の問題を元に作られる
・テスト当日までに課題として問題集を解かなければならない

からです。

ですので、市販の問題集を使っていると、学校の問題集に加えて市販の問題集もやらなければならず、なかなか繰り返し問題が解けません。

ただ、学校の問題集の場合、解説があっさりしているものが多いです。

その場合は、教科書やノート、参考書に戻って分からない所を解決するようにしましょう。

丸暗記ではテストで通用しません。

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

 

ウ 定期テスト現代社会おすすめ参考書・問題集③(池上彰監修ライブ!現代社会2021)

→定期テストは学校で使っている問題集から出るため完璧にしよう!

 

定期テスト現代社会おすすめ参考書・問題集の三つ目は、「池上彰監修ライブ!現代社会2021」です。

この本も「蔭山の共通テスト現代社会」と同様、教科書を読んでいるときや学校の問題集を解いているときに、言葉の意味が分からない語句が出てきたらこの本を使って調べていくとよいでしょう。(「池上彰監修ライブ!現代社会2021」は単なる資料集ではなく、言葉の意味も分かりやすく書かれているため非常に使いやすいです。)

また、この本には図やグラフ、写真がたくさん載っていますので、その部分もしっかり目を通しておくとイメージしやすくなり、頭の中に記憶として残りやすくなります。

さらに、時事問題も詳しく載っていますので、時間に余裕があるときに読んでおくと小論文や面接対策にもなります。

 

 

 

 

関連記事

 

TEL(0532)-74-7739 

営業時間 月~土 14:30~22:00

 

 

「定期テスト勉強法、高1・2受験勉強法」記事一覧はこちら