大鏡の現代語訳・品詞分解|定期テスト対策(雲林院の菩提講・弓争い・花山院の出家)

 

 

たま吉
「大鏡」の現代語訳と品詞分解についてニャー

 

と思っている高校生のみなさん!

今回は「大鏡の現代語訳・品詞分解|定期テスト対策(雲林院の菩提講・弓争い・花山院の出家)」についてみていきますよ。

 

✓内容

「大鏡の現代語訳や品詞分解」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

「大鏡」が古文の定期テスト範囲になる高校生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

 

 

スポンサーリンク

「大鏡」の内容は?

 

 

たま吉
大鏡とはどんな内容なのかにゃー?
モモ先生
藤原道長のすぐれた人物像と、藤原道長の実績についてが中心に書かれていますよ。

 

 

ア「大鏡」の内容は?

→平安時代の180年間の歴史について書かれている本

 

大鏡とは、作者不詳の歴史物語で平安時代にできた作品です。

文徳天皇から後一条天皇の14代、約180年間の歴史を語っています。

190歳ほどの大宅世継と180歳ほどの夏山繁樹という老人が登場し、対話形式で話が進んできます。(大鏡は紀伝体という個人の伝記を連ねて歴史を記述する書き方で書かれています。)

藤原道長のすぐれた人物像と、藤原道長の実績についてが中心に書かれています。

 

 

イ 藤原道長はどんな人物?

→師匠の下で俳諧を学び、その後全国各地に旅をした人物

 

次に「大鏡」に出てくる中心人物である、藤原道長がどんな人物かについてみていきます。

藤原道長は関白藤原兼家の五男として生まれました。

兄たちが次々と病死したため、やがて道長に権力が集中します。

また、兄道隆の息子である伊周との権力争いに勝ち、左大臣の位を手に入れます。

その後は娘たちを次々に天皇の后にし、絶頂期を迎えます。

しかし、糖尿病と思われる病気にかかり政界を引退。

その後は出家して法成寺を建立し病気の療養に努めました。

 

 

「大鏡」のあらすじ・原文・品詞分解・現代語訳は?

 

 

たま吉
「大鏡」の文章の現代語訳や品詞分解を知りたいニャー
モモ先生
ここでは「大鏡」の主な文章の現代語訳や品詞分解を紹介しているサイトを紹介しますよ。

 

 

次に高校の古文の教科書によく出てくる「大鏡」の作品のあらすじ・原文・品詞分解・現代語訳についてみていきます。(教科書ガイドには品詞分解・現代語訳・あらすじなどが詳しく書かれていますのでこちらもおすすめです。)

 

なお、古文の定期テストで高得点を取るには、

古文単語を覚える
古典文法をマスターする
・下で紹介する解説サイトや教科書ガイドなどで話のあらすじをつかむ

といったことをしていくことが必要になってきます。

 

モモ先生
古文単語や古典文法などの知識をしっかりと固めるようにしましょう。

 

 

ア「大鏡」の現代語訳・品詞分解解説サイト一覧【定期テスト対策】

 

①「雲林院の菩提講」

②「道真の左遷」

③「花山天皇の出家」

④「道長、伊周の競射」

⑤「三船の才」

⑥「道長の豪胆(肝試し)」

⑦「鶯宿梅」

⑧「時平と道真」

⑨「兼通と兼家の不和」

⑩「道隆と福足君」

⑪「道長と隆家」

 

 

イ「大鏡」の現代語訳・品詞分解解説動画サイト(YouTube)一覧【定期テスト対策】

 

①「雲林院の菩提講」

②「道真の左遷」

③「花山天皇の出家」

④「道長、伊周の競射」

⑤「三船の才」

⑥「道長の豪胆(肝試し)」

⑦「鶯宿梅」

⑧「時平と道真」

⑨「道長と隆家」

 

 

 

スポンサーリンク