平家物語の現代語訳・品詞分解|定期テスト対策(祇園精舎・扇の的・木曽の最期)

 

 

ちゃちゃ丸
「平家物語」の現代語訳と品詞分解についてニャー

 

と思っている高校生のみなさん!今回は「平家物語の現代語訳・品詞分解|定期テスト対策(祇園精舎・扇の的・木曽の最期)」についてみていきますよ。

 

✓内容

「平家物語の現代語訳や品詞分解」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

「平家物語」が古文の定期テスト範囲になる高校生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

【古文の品詞分解・現代語訳サイト】

 

①「源氏物語」②「枕草子」③「伊勢物語」④「土佐日記」
⑤「竹取物語」⑥「更級日記」⑦「平家物語」⑧「徒然草」
⑨「方丈記」⑩「奥の細道」⑪「大鏡」 

 

 

スポンサーリンク

「平家物語」の内容は?

 

 

ちゃちゃ丸
「平家物語」とはどんな話なのかにゃー?
モモ先生
平氏の繁栄と没落について書かれた軍記物語ですよ。

 

 

ア「平家物語」の内容は?

→平氏の繁栄と没落について書かれた軍記物語

 

平家物語とは、作者不詳の歴史物語で鎌倉時代にできた軍記物語です。

(軍記物語とは、歴史上の合戦を題材とした作品のことです。)

平家物語とは平安時代に台頭した平氏の繁栄と没落について書かれています。

 

あらすじとしては、

・保元の乱、平治の乱で平氏が力をつける
・平氏政権に武士が不満を募る。源頼朝を中心に平氏打倒の動きが進む
・壇の浦の戦いで平氏が滅亡。しかし、この戦いで活躍した源義経が兄・頼朝に恨まれて殺される

となっています。

 

また、平家物語の書き出しは、「祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。」で始まっています。

これは、この世は常に変わりゆくという「諸行無常」と、どんな人も必ず衰えるという「盛者必衰」を表しています。

平安時代~鎌倉時代は時の権力者が次々と変わっていったことが、この考えの背景にあるのです。

 

 

スポンサーリンク

イ 琵琶法師はどんな人物?

→平安時代中期から出てきた琵琶を弾く盲目の僧

 

平家物語を語る上で欠かせないのが、「琵琶法師」です。

琵琶法師とは、人の名前ではなく、琵琶という楽器を街中で弾く目が見えないの僧たちのことを指します。(目が見える僧もいたそうです。)

彼らは平家物語をベースに曲をつけ、琵琶を弾きながら平家物語を話し、伝えていきました。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

「平家物語」のあらすじ・原文・品詞分解・現代語訳は?

 

 

ちゃちゃ丸
「平家物語」の文章の現代語訳や品詞分解を知りたいニャー
モモ先生
ここでは「平家物語」の主な文章の現代語訳や品詞分解を紹介しているサイトを紹介しますよ。

 

 

ここでは高校の古文の教科書によく出てくる「平家物語」の作品のあらすじ・原文・品詞分解・現代語訳についてみていきます。(教科書ガイドには品詞分解・現代語訳・あらすじなどが詳しく書かれていますのでこちらもおすすめです。)

 

 

ア「平家物語」の現代語訳・品詞分解解説サイト一覧【定期テスト対策】

 

①「祇園精舎」の現代語訳・品詞分解【平家物語】

②「木曽殿の最期」の現代語訳・品詞分解【平家物語】

③「忠度の都落ち」の現代語訳・品詞分解【平家物語】

④「能登殿の最期」の現代語訳・品詞分解【平家物語】

 

 

イ「平家物語」の現代語訳・品詞分解解説動画サイト(YouTube)一覧【定期テスト対策】

 

①「祇園精舎」の現代語訳・品詞分解YouTube解説動画【平家物語】

②「木曽殿の最期」の現代語訳・品詞分解YouTube解説動画【平家物語】

③「忠度の都落ち」の現代語訳・品詞分解YouTube解説動画【平家物語】

④「能登殿の最期」の現代語訳・品詞分解YouTube解説動画【平家物語】

 

 

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

この記事が役に立ったと思った方は、下の「タイトル名」と「URL」をコピーしてブログやSNSに貼り付けて紹介して頂くと幸いです。

愛知県豊橋市の個別指導塾「とよはし練成塾」
・タイトル名 「奥の細道の現代語訳・品詞分解|定期テスト対策(序文・平泉・立石寺・大垣)」
・記事URL https://toyohashi-rensei.com/okunohosomichi/

 

ちゃちゃ丸
よろしくお願いするんだニャ~

 

 

効率的に大学入試の勉強や共通テスト対策をしたい方へ

 

 

 

大学入試は高校入試に比べて科目数が増え、一科目あたりの勉強量も増加します。

また、「勉強の内容が分からない」「どんな勉強をしたらいいかが分からない」「家にいるときも予備校の先生の授業を見たい」と思う人もいるでしょう。

そんな皆さんにおすすめする動画授業サービスがあります。

それが「スタディサプリ」です。

スタディサプリは「大学入試対策」及び「共通テスト対策」に関する授業を数多く見ることができます。

また、東大や京大などの旧帝大や早稲田や慶応などの難関大学に特化した対策授業もあります。

そして月額料金も月額2,178円~とお得です。

そのためスタディサプリは、

・近くに塾がない
・独学で勉強をしているが勉強に不安がある
・塾に通っているが分からないところがある
・共通テストや大学入試対策をしたい

といった方におすすめの動画サービスとなっています。

 

関連記事

 ちゃちゃ丸スタディサプリの使い方とおすすめ講座について知りたいニャー と思っている高校生のみなさん!今回は「【スタディサプリ】塾講師おすすめの高校講座や大学受験講座や[…]