この記事を書いた人


西井佑一(にしい ゆういち)
愛知県豊橋市の「とよはし練成塾」の教室長。一人で中学生・高校生の全ての教科(英数理社国)を指導している。塾講師歴13年でこれまで集団塾・個別指導塾で指導経験あり。これまで多くの生徒を第1志望に合格させた経験を踏まえて勉強法や入試情報をお伝えします。

高校生の勉強法(5教科編)

【定期テスト】化学基礎の勉強法・対策とおすすめ問題集・参考書は?【40記事目】

 

高校生の勉強法

大学受験や各教科の勉強法などが満載!

 

豊橋市の個別指導塾「とよはし練成塾」が書く40記事目の記事です。今回は、「【定期テスト】化学基礎の勉強法・対策とおすすめ問題集・参考書は?」についてみていきます。

短期間で仕上がる化学基礎の定期テスト対策についてみていきます。

 

 

①化学基礎ではいつ、何を学ぶのか?

【動画】【高校化学】化学基礎の全体像と効果的学習法

 

最初に化学基礎の基本的な情報についてみていきます。

 

ア 「化学基礎」とは?「化学」とは?

→「化学」の中の基本的な部分について学ぶ!

 

最初に化学基礎とはどのような科目であるかについてみていきましょう。

そもそも化学とは、中学校の範囲で言えば、

・気体の性質
・溶解度、濃度、密度
・化合、酸化、還元、分解
・質量保存の法則
・化学反応式
・電池
・イオン
・中和

といった分野のことです。これらを高校でさらに詳しく学んでいきます。

高校で習う化学は、「理論化学」「無機化学」「有機化学」の3つに分かれます。理系の生徒はこの3分野を全て学びますが、文系の場合は、「理論化学」の一部だけを学びます。

ここで化学と化学基礎の違いについてまとめると、

・化学(理系):理論+無機+有機
・化学基礎(全員):理論化学の一部

という感じになります。

イ 化学基礎・化学はいつ学ぶのか?

→化学基礎は1~2年、化学は2年から学ぶ

 

次に化学基礎(化学)をいつ学んでいくのかにみていきます。

まず、化学基礎ですが、これは学校によって異なります。一般的には、高1で「生物基礎+物理基礎」を学び、2年で「化学基礎」を学んでいきます。(中には1年で「化学基礎+生物基礎」を学び、2年で「物理基礎」を学ぶ学校もあります。)

また、化学は2年生~3年生にかけて学んでいくのが一般的です。

まとめると、

文系A文系B理系A理系B
高1生物基礎

物理基礎
生物基礎

化学基礎
生物基礎

物理基礎
生物基礎

化学基礎
高2化学基礎

他の科目の演習
物理基礎

他の科目の演習
化学基礎

化学

物理(生物)
物理基礎

化学

物理(生物)
高3演習演習化学

物理(生物)
化学

物理(生物)

 

 

ウ 化学基礎の内容は?

→前半は暗記、後半は計算

 

最後に化学基礎の授業の中身についてみていきます。

化学基礎は、「物質の構成」と「物質の変化」の2つの単元からなっています。

【物質の構成】暗記分野
・単体と化合物、混合物の分離、物質の三態、原子の構造、周期表、化学結合、極性など

【物質の変化】計算分野
・物質量(mol)、濃度、溶解度、化学反応式、酸・塩基、水素イオン濃度、中和反応、酸化と還元、電池など

 

前半の暗記分野は定義をしっかりと覚えていくことが大切になります。例えば、「イオン化エネルギー」であれば、

・原子から電子1個を取り去って1価の陽イオンにするのに必要なエネルギー

・イオン化エネルギーが小さいほど陽イオンになりやすい

といったことを完璧に覚えなければいけないということです。そうでないと、どうしても問題を解く際に間違えてしまう可能性が高くなります。

また、後半の計算は得意不得意が分かれる内容です。特にmolの計算あたりから苦手な人が続出してきます。

計算をする際には、「単位に注目する」「を使って計算する」と案外うまくいくものです。

 

無料体験授業お問い合わせ

化学の対策は「とよはし練成塾」

豊橋市の小中高対象個別指導塾

 

②化学基礎のおすすめ参考書・問題集は?

次に化学基礎のおすすめの参考書・問題集を紹介していきます。なお、今回は定期テスト対策向けとなっています。(そのまま共通テスト対策につながるものもあります。)

 

ア 坂田アキラの化学基礎の解法が面白いほどわかる本

→計算の仕方がとにかく詳しい参考書

【動画】【神教材紹介!】坂田アキラさんの「面白いほどわかるシリーズ」を使うべし!【苦手克服に最強】

 

「坂田アキラ」シリーズは化学のみならず、数学・物理にも同様の参考書が出版されています。そしてこれらの本の共通点は、「計算が詳しく書かれている」ということです。

多くの参考書では、途中式が省略されていることが多く、「なぜこの式になったのだろう?」と考えてしまうことも出てきます。そして、それが続くと苦手意識が高まり、最後にはやる気をなくしてしまうということにも成りかねません。

しかし、この本では、本当に細かく式が書かれているため、多くの人がつまづきやすい「mol」「中和」「酸化還元」といった単元も理解しながら計算できるようになります。

・特徴

①計算が詳しく書かれている
②かわいらしいキャラクターがたくさん出てくる
③最初の1冊としておすすめ!

 

 

 

イ 学校で使っている問題集(セミナー・アクセスなど)

→定期テストは学校で使っている問題集から出るため完璧にしよう!

【動画】【理科】『セミナー物理・化学・生物』の効果的な使い方~京大模試全国一位の勉強法【篠原好】

 

 

セミナーやアクセスといった問題集は多くの学校で使われていることでしょう。そして、定期テスト対策の問題集としては、やはり学校で使わっている教材を使うのがベストです。

その理由は、

・定期テストは学校の問題集の問題を元に作られる
・テスト当日までに課題として問題集を解かなければならない

からです。ですので、市販の問題集を使っていると、学校の問題集に加えて市販の問題集もやらなければならず、なかなか繰り返し問題が解けません。

ただ、学校によっては別冊の解答が配布されない場合もあります。その場合は、次に紹介する問題集を使っていけばよいでしょう。

 

・特徴

①問題数が多く、ほぼ全ての問題に対応できるようになる
②基本→発展と段階を踏んで問題を解くことができる

 

 

 

ウ リードLightノート 化学基礎

→基礎レベルの確認ができる問題集

 

【動画】リードLightノート 化学基礎 & 化学|武田塾厳選! 今日の一冊

 

数研出版から出ている化学基礎の問題集です。化学基礎の問題集としては問題量が多く、また各単元の最初には穴埋め形式で基本的な用語を知っているかどうかを確認できるため、使いやすい問題集です。

問題を解き、解説を見てもわからない場合は、上で紹介した「坂田アキラの化学基礎の解法が面白いほどわかる本」を使って、計算の仕方などを確認しましょう。

なお、文系の生徒が共通テスト対策をする上でのおすすめ問題集にもなります。

 

・特徴

①穴埋め形式の問題で基本的な用語の意味を確認できる
②問題数が多く、いろいろなパターンの問題に対応できる

 

 

 

無料体験授業お問い合わせ

化学の対策は「とよはし練成塾」

豊橋市の小中高対象個別指導塾

 

③化学基礎の勉強法は?

【動画】センター化学基礎の勉強法【阪大合格者が4分で解説】

 

最後に定期テストで高得点を取るための勉強法についてみていきます。

 

ア 用語の意味を完璧に覚える

→「用語→意味」が言えるように暗記をしよう!

 

化学基礎には「同素体」「同位体」「電気陰性度」「水素イオン濃度」といった重要な用語がたくさん出てきます。

まず、みなさんにやってほしいことは、これらの用語の意味を覚えることです。

それは、「同素体=同じ元素からできていて、互いに性質の異なる単体どうし」、「同位体=原子番号が同じで質量数が異なる原子どうし」といったように定義をしっかりと覚えていくことです。

これをやることで、自信をもって問題に答えられるようになります。ですので、「意味→用語」だけでなく、「用語→意味」が言えるように暗記をしていきましょう。

 

イ まず基本例題だけを繰り返す

→最初に例題を完璧にする

 

セミナー(アクセス)、リードLightノートはいずれも問題数が多いです。そのため、最初から全ての問題を解こうとすると、どうしても消化不良で終わってしまう可能性があります。

そうならないためにも、最初は解く問題を絞って取り組むようにしましょう。リードLightノートで例に挙げると、最初は「例題」のみ解いていくとよいでしょう。

例題だけであれば、数問~数十問しかないため、短時間で仕上げることができます。その後、基本問題、発展問題と少しずつ幅を広げていけばいいでしょう。

 

ウ 「なぜそうなるのか?」を意識して解く

→計算問題の解き方を丸暗記してはいけない!

 

計算問題ができなかった時に、解説を読んでなんとなくわかって終わりという人がいます。しかし、「なんとなく」ではいつまでたってもできません。

大事なのは、なぜこの計算式になるのかを考えることです。セミナーやアクセス、リードLightノートは問題によっては計算過程が省略されているものもあります。ですので、人によってはどうしてそうなるのかが分からないこともあるでしょう。

その場合は、「人に聞く」「参考書を読んで解決する」などして、理解度を高めるようにしましょう。

 

無料体験授業お問い合わせ

化学の対策は「とよはし練成塾」

豊橋市の小中高対象個別指導塾