【定期テスト】化学基礎で9割取る勉強法とおすすめ問題集・参考書は?【40記事目】

 

定期テストの化学基礎で9割取るための勉強法、おすすめ問題集・参考書について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。(この記事は40記事目です。)

 

 

①定期テスト化学基礎で9割以上取るための勉強法は?

 

ちゃちゃ丸
どうすれば定期テストの化学基礎で高得点を取れるのかニャー?
モモ先生
「なぜそうなるのか?」をしっかりと考えながら問題を解くとよいでしょう。

 

 

ア 定期テストの化学基礎で9割以上取るための勉強法①(用語の意味を完璧に覚える)

→用語の意味が分からないと正答率が下がってしまう

 

定期テストの化学基礎で9割以上取るための勉強法の一つ目は、「用語の意味を完璧に覚える」ことです。

最初にぜひやってほしいことは用語の意味をしっかりと覚えることです。

例えば、「金属が陽イオンになる傾向を何というか?【説明】」という問題には、「イオン化傾向【語句】」と答えることができますが、その逆の場合、「イオン化傾向とは何か?」と聞かれたら、スラスラと答えられる人は多くはないかもしれません。

特に教科書の太字レベルの用語は、「説明→語句」だけでなく、逆の「語句→説明」ができるようにしておくと、内容の理解度が格段に上がっていきます。

 

 

イ 定期テストの化学基礎で9割以上取るための勉強法②(基本問題を完璧にする)

→いきなり応用問題に取り組まないこと

 

定期テストの化学基礎で9割以上取るための勉強法の二つ目は、「基本問題を完璧にする」ことです。

学校で使っている問題集などは、基本的な問題から難しい問題まで幅広いレベルの問題が載っています。

ただ、解く際に気を付けてほしいのは、最初から難しい問題に取り組まないことです。

公式を覚えていないのに、基礎ができていないのに応用問題ができるはずがありません。

そのため、まずは基本問題を完璧にできるようにしましょう。

また、問題集を解く際に気を付けてほしいことは、「教科書や参考書を見ながら解かない」ことです。

教科書や参考書を見ながら解くと、なんとなく「できた」気になってしまいます。

ただ、テスト本番では教科書を見ながら解くことはできませんので、思ったほど点数が取れないということになりかねません。

問題集を解く時には必ず自力で解くようにしましょう。

 

 

 

 

ウ 定期テストの化学基礎で9割以上取るための勉強法③(「なぜそうなるのか?」を理解する)

→丸暗記をせずに原理原則をしっかりと理解しよう

 

定期テストの化学基礎で9割以上取るための勉強法の三つ目は、「なぜそうなるのか?」を理解する」ことです。

化学基礎の後半には計算問題が多く出ます。

そのため、計算問題を解く際には、ただ解ければいいのではなく、「なぜそうなるのか?」ということを常に意識して解くようにしましょう。

「なぜ、この問題でこの公式を使うのか?」

このことを意識しながら問題を解いていくと理解度が高まってきます。

また、化学基礎の計算問題はを使って計算するとうまく理解できることがあります。(溶解度や酸化還元など)

なお、解説等を読んでも分からない場合は、教科書や参考書で調べるか、学校の先生や塾の先生に聞くようにしましょう。

分からないままで放置しておくと、どんどん分からなくなってしまいます。

 

 

エ 定期テストの化学基礎で9割以上取るための勉強法④(テスト前日・当日の勉強法)

→解き方を忘れていないかどうか再度確認をしよう

 

定期テストの化学基礎で9割以上取るための勉強法の四つ目は、「テスト前日・当日に再度復習をする」ことです。

化学基礎は一旦分かりさえすれば解き方を忘れにくい科目です。

ただ、念のためテスト前日や当日も再度見直しをするようにして下さい。

ただ、前日や当日は他の教科の見直しもあるため、化学基礎に関しては、

・1回目でできなかった問題
・解き方があいまいな問題

を中心に短時間で見直すようにしましょう。(ただ、理系で化学発展を選択する人は満点が取れるようにしっかりと勉強してください。)

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

②定期テスト化学基礎で9割以上取るためののおすすめ参考書・問題集は?

 

ちゃちゃ丸
定期テスト向けの化学基礎のおすすめ参考書・問題集を知りたいニャー
モモ先生
ここでは定期テスト化学基礎のおすすめ参考書や問題集について紹介していきます。

 

 

ア 定期テスト化学基礎のおすすめ参考書・問題集①(きめる!共通テスト化学基礎)

→化学基礎の内容がコンパクトにまとまっている本

 

定期テストの化学基礎おすすめ参考書・問題集の一つ目は、「きめる!共通テスト化学基礎」です。

この本は「共通テスト」用の参考書ですが、初学者向けに書かれているため、定期テスト対策としての教材としても使えます。

また、「きめる!共通テスト化学基礎」は、

・全ページフルカラー
・よく出る問題の解き方が詳しく書かれている
・用語の説明がシンプルで分かりやすい

といった特徴があり、非常に読みやすいです。

教科書を読んでいるときや学校の問題集を使っている時に分からない内容があれば、この本を使って調べていくと良いでしょう。

 

 

 

 

関連記事

 

 

イ 定期テスト化学基礎のおすすめ参考書・問題集②(大学入試坂田アキラの化学基礎の解法が面白いほどわかる本)

→基礎~応用レベルの計算問題について幅広く扱っている

 

定期テストの化学基礎おすすめ参考書・問題集の二つ目は、「きめる!共通テスト化学基礎」です。

この本をおすすめする理由は、「計算問題の解説が詳しい」参考書だからです。

化学は理解が必要な科目です。

そのため、ただ問題が解ければいいというのではなく、「なぜそうなるのか?」といったことが分からないと応用問題に対応できなくなってしまいます。(特にmol以降の単元は計算問題が多くなるため、しっかりと解き方を理解する必要があります。)

「大学入試坂田アキラの化学基礎の解法が面白いほどわかる本」は、他の化学基礎の参考書に比べ、多くの計算問題について詳しく解説しています。(物質量(mol)の計算や、溶解度、中和、酸化還元の計算問題を基礎から応用レベルまで扱っている。)

そして、一つ一つの問題について、「なぜそうなるのか?」といったことが詳しく書かれているため、この本をしっかりと読むことで内容を理解できるようになるでしょう。

 

 

 

 

関連記事

 

 

ウ 定期テスト化学基礎おすすめ参考書・問題集③(リードLightノート化学基礎)

→教科書レベルの基本的な問題が多い

 

定期テストの化学基礎おすすめ参考書・問題集の三つ目は、「リードLightノート化学基礎」です。

この本は、大きく

①要項、基礎CHECK(用語の確認)
②基本例題
③Let`s Try
④編末問題(応用問題)

に分かれています。

上の①~③までは教科書レベルの基本問題で問題数が非常に多いのが特徴です。(④の編末問題はあまり問題数はありません。)

難易度の高い問題がないため、初学者でも取り組みやすい問題集といえます。

ここに出てくる問題をしっかりとできるようにすることで、基礎力は確実についてくるでしょう。

 

 

 

関連記事

 

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

「定期テスト勉強法、高1・2受験勉強法」記事一覧はこちら