中部大学(2023)公募制・指定校推薦の倍率、日程、口コミ、合格のための勉強法は?

 

 

たま吉
中部大学に推薦入試で合格するための勉強法について知りたいニャー

 

と思っている高校生のみなさん!

今回は「中部大学(2023)公募制・指定校推薦の倍率、日程、口コミ、合格のための勉強法は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「中部大学の推薦入試に合格するための勉強法」について知りたい高校生向けの記事です。

 

✓対象となる人

中部大学の推薦入試での受験を考えている高校生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

スポンサーリンク

中部大学の偏差値、試験日程、口コミは?

 

 

たま吉
中部大学についていろいろ知りたいニャー
モモ先生
まずは中部大学の基本情報についてみていきましょう。

 

 

ア 中部大学の基本情報

→愛知県春日井市にある総合大学

 

中部大学は愛知県春日井市にキャンパスがある総合大学です。

 

 

また、中部大学にある学部及び定員は以下の通りになっています。

①現代教育学部 計160人
②人文学部 計400人
③国際関係学部 140人
④経営情報学部 300人
⑤工学部 計720人
⑥理工学部 計200人
⑦応用生物学部 360人
⑧生命健康科学学部 360人

 

 

B 中部大学の偏差値

 

蛍雪時代9月号特別付録「駿台予備学校・河合塾合格難易度データ」から中部大学の偏差値を抜粋しました。(なお、偏差値は河合塾のデータを引用しています。)

 

工学部37.5~50.0
経営情報学部37.5~42.5
国際関係学部37.5~40.0
人文学部35.0~47.5
応用生物学部37.5~47.5
生命健康科学学部45.0~55.0
現代教育学部37.5~52.5
理工学部記載なし

 

たま吉
中部大学は理系学部がメインの大学なんだニャー

 

 

イ 中部大学の評判や口コミは?

→オープンキャンパスに参加して大学の様子を感じ取ろう

 

中部大学の評判や口コミについてです。

学部やキャンパスの場所によって口コミの内容が変わりますので、みなさんが志望する学部のものを参考にするといいでしょう。

また、中部大学について詳しく知りたい方は、オープンキャンパスが例年春・夏・秋に行われますので、そこで学校の様子をつかむようにしましょう。

そうすることで面接のときに話しやすくなります。

 

モモ先生
学校に関する内容をいろいろ調べてから受験をするようにしましょう。

 

 

中部大学に推薦入試で合格するための勉強法は?

 

 

たま吉
中部大学に推薦入試で合格するための勉強方法について知りたいニャー
モモ先生
まずは指定校推薦入試が受験できるようにしましょう。

 

 

ア 中部大学推薦入試合格に向けた勉強法①(試験科目と日程)

→例年10~11月に推薦入試がある

 

ここからは中部大学の推薦入試対策についてみていきます。

中部大学の推薦入試は大きく、指定校推薦入試とポートフォリオ試験、一般推薦試験などがあります。(総合型選抜、特別入学試験には当塾は対応しておりません。)

そして、それぞれの試験の試験科目は、

・指定校推薦入試(公開されていないが恐らく志望理由書+面接などがある)
・ポートフォリオ入試(書類審査+講義・実習+面接)
・一般推薦入試(志望理由書+面接+小論文) *専願は内申3.5以上必要

などがあります。(学部によって詳細は異なります。)

一部の学部を除き、他の大学のような英語や国語といった教科の試験はありません。(2024年の入試からは適性検査が導入される予定となっています。)

その代わりに面接や小論文などが入試において重視されています。

 

モモ先生
試験の時期が早いので早めに対策をするようにしましょう。

 

 

イ 中部大学推薦入試合格に向けた勉強法②(高い内申点をキープする)

→まずは指定校推薦で受験ができるようにしよう

 

指定校推薦入試の場合、高校での内申点の出来が非常に大事になってきます。

大学入試の推薦の場合、内申点は、高1の1年間+高2の1年間+高3の1学期の内申点の平均で決まります。

そのため、指定校推薦入試で中部大学を狙う場合は高1からしっかりと勉強をするようにしましょう。

 

そして、高校の内申点はほぼ定期テストの結果で決まります。

そのために、どの教科も満遍なく定期テスト対策をする必要があります。

テスト週間だけでなく、普段からコツコツとテスト勉強をするようにしましょう。

 

指定校推薦の場合は校内推薦が通ればほぼ合格できる入試となりますので、まずは指定校推薦での受験を目指していきましょう。

一方で、高い内申点がキープできそうにない場合や志望する学部での指定校推薦がない場合は、一般推薦入試やポートフォリオ入試、一般入試の対策をするようにしてください。

 

たま吉
推薦入試で受験をするには高1から頑張る必要があるんだニャー

 

 

 

 

 

 

ウ 中部大学推薦入試合格に向けた勉強法③(面接対策)

→志望動機+高校で頑張ったことなどについて問われる!

 

中部大学の指定校推薦入試、ポ-トフォリオ入試、一般推薦入試では面接が必須となっています。

これは面接を行うことで、「大学に入りたい理由」「大学で学びたいこと」かどうかを試験官が判断することができるからです。

そしてよく聞かれる内容は、

志望動機
・高校生活で頑張ったこと
・入学してから頑張りたいこと
・卒業後に何をしたいか?

などです。

 

そしてこの中で一番難しいのが志望動機です。

それは、志望動機は他の大学ではなく中部大学でないといけない理由を話さないといけないからです。

ですので、「機械工学が学べるから」といった理由では他の学校でもいいことになってしまい、志望動機としてはダメなのです。

ですので、いい志望動機を話せるためには、

オープンキャンパスに行き、そこで感じたことを話す
・知り合いに先輩や卒業生がいれば、その人から中部大学についての話を聞く
・高校の進路指導室に行き、中部大学に受かった先輩の体験談などを参考にする

といったことをやるようにして下さい。(アドミッションポリシーの内容を踏まえて話すことも大事です。)

そうすることで、他の学校と差別化した内容が話せるようになります。

そして多くの大学では、事前に志望理由書の提出が課されることがあります。

面接では志望理由書に書かれた内容を元に質問がされますので、時間をかけてじっくりと志望理由書を書くようにしましょう。(特にポートフォリオ入試の場合は出願時の提出書類が多いので、早めの対策が必要になってきます。)

 

また、志望する学部に関する質問が聞かれることもありますので、時事問題に関心を持ったり、小論文の本を読んだりして自分の意見をまとめるようにしましょう。

 

モモ先生
志望動機はどこでも通用する内容を話さないようにしましょう。

 

 

 

 

エ 中部大学推薦入試合格に向けた勉強法④(小論文対策)

→過去問を解いて傾向を把握しよう

 

中部大学一般推薦入試の小論文試験では、学部でよって出題されるテーマが大きく異なります。(過去に出た問題の内容は「過去問題ダウンロード」に詳しく載っています。)

 

そして、小論文が書けるようになるには、まずは過去に出た問題を解くことに加えて、

・志望する学部に関する時事問題に関心を持つ
・志望する学部に関する小論文対策の本を読み知識をつける
小論文の対策(国語の記述問題の対策)をする

といったことが必要になってきます。

 

もちろん、文章を書いた後は、学校の先生などに添削をしてもらうようにしましょう。

 

たま吉
最初に本などを読んで知識をつけることが大切なんだニャー

 

 

 

 

中部大学推薦入試合格個別指導コースについて

 

 

当塾では中部大学を推薦入試で受験予定の高校3年生を対象とした「推薦入試・AO入試対策<志望理由書、小論文>個別指導コース」がございます。

*現在高1・2年生の方は「高1・高2定期テスト・大学入試対策個別指導コース」から始まり、高3時に「推薦入試・AO入試対策<志望理由書、小論文>個別指導コース」に切り替わるようになります。

このコースの対象となる人は、

・指定校推薦および一般推薦、ポートフォリオ入試で中部大学に合格したい人
・定期テスト対策をして内申点を上げたい人
・面接で話す内容や志望理由書の書き方についてのアドバイスが欲しい人
・小論文で書く内容についてアドバイスが欲しい人

です。

なお、中部大学に指定校推薦で合格するためには高い内申点が必要になってきますので、現状内申点が足りていない人は一般推薦ポートフォリオ入試一般入試での受験も検討するようにして下さい。

 

そして、当塾の指導プランとしては

①高1~高3の1学期 定期テスト対策及び英語・国語の大学入試対策
*長期休暇期間中などに随時面接対策もしていきます
②高3の夏休み以降 面接の対策、小論文・志望理由書の添削指導

となっております。(なお、英語での面接・スピーキング対策は当塾では対応しておりませんのでご了承ください。)

中部大学に合格したい方、受験を考えている方に合った指導をさせていきます。

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

 

スポンサーリンク