中部大化学(2024)の入試難易度、過去問の傾向や対策は?

 

 

たま吉
中部大学の化学のおすすめ勉強法について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「中部大化学(2024)の入試難易度、過去問の傾向や対策は?」についてみていきますよ。

 

 

中部大学化学おすすめ勉強法

 

 

✓内容

「中部大学の化学の傾向と過去問分析、おすすめ勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

中部大学の化学の問題傾向やおすすめ勉強法を知りたい高校生や浪人生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

スポンサーリンク

中部大学化学(2023)の問題傾向・難易度・解答速報は?

 

 

たま吉
中部大学の化学の問題について知りたいニャー
モモ先生
標準レベルの問題が中心に出ますよ。

 

 

なお、下で解説している問題は前期A・B方式工学部(2023)の問題となっています。

A 全体の講評

 

2023年の中部大の化学(A・B方式)は大問が4問で構成されていました。

そして、その内訳は、理論化学3問、有機化学1問でした。

中部大の場合、理論化学と有機化学(高分子化合物を含む)がよく出ますが、そうかといって無機化学が全く出ないということではありません。

そのため、捨て分野を作るのではなく、どの分野もしっかりと復習をするようにしましょう。

そのため、リードLightノート化学、化学重要問題集で解法暗記をしたら、できるだけ多くの過去問を解いていくといいでしょう。

そうすることによって思考力が身に付き、中部大の問題に対応できるようになります。

 

「中部大学入試問題(化学)解答速報」はこちら(2023年)

 

たま吉
どの分野も満遍なく勉強するようにしたいニャー

 

 

B 第1問(小問集合)

 

第1問は理論化学で化学基礎・化学の内容が幅広く問われました。

問1は融点や電気伝導性、結晶の種類などから該当する物質を選ぶ問題です。。

問2は共有電子対と非共有電子対の数を答える問題です。

問3は酸化還元に関する計算問題です。

まずはヨウ素と二酸化硫黄のそれぞれの半反応式を作れるかどうかがポイントになってきます。

【問題講評】標準レベルの問題が多い。化学重要問題集のA問題レベルまで解くのが望ましい。

 

 

C 第2問(理論化学)

 

第2問は理論化学で金属のイオン化傾向に関する問題です。

(1)

問1はイオン化傾向が大きい順に選ぶ問題、問2は金属A、E、Fを答える問題です。

典型問題ですので確実に正解できるようにしましょう。

問3は水酸化ナトリウムの濃度と水素の体積に関する問題です。

問題文に書かれている金属B(ナトリウム)の質量から水酸化ナトリウムの質量を求めることがカギになってきます。

(2)

問4、5は電池に関する正誤問題です。電池の細かい内容について問われました。

【問題講評】基本レベルの問題が多い、取りこぼしをしないこと。

 

 

 

 

D 第3問(理論化学)

 

第3問は理論化学の問題です。(一部無機化学に関する問題もあります。)

17番はアンモニアの製法に関する問題です。オストワルト法、ハーバー・ボッシュ法などを区別できるようにしましょう。

18、19番はルシャトリエの原子に関する問題です。

20~23番は化学平衡に関する問題です。

23番はやや計算量の多い問題でした。

24番は熱化学方程式に関する問題です。アンモニアを1molとして考える必要があります。

【問題講評】基本レベルの問題が中心。典型的な計算問題は確実にできるようにすること。

 

 

E 第4問(有機化学)

 

第4問は有機化学の問題です。

問1はアセチレンの性質に関する問題です。

問2は付加反応に関する計算問題です。化学反応式を書いて考えるようにしましょう。

問3は構造決定に関する問題です。第1~3級アルコールの性質について問われました。

問4も構造決定に関する問題です。選択肢が多く、正誤判定に時間がかかる問題でした。

問5はベンゼンに関する正誤問題です。

問6は生成物(芳香族化合物)の組み合わせに関する問題です。この辺りの内容も正確に覚えるようにしましょう。

問7は重合度に関する計算問題です。比を使って計算するようにしましょう。

問8はタンパク質の呈色反応に関する問題です。

ビウレット反応、キサントプロテイン反応、ニンヒドリン反応などはしっかりと暗記するようにしましょう。

【問題講評】4つの大問の中では一番難しい。構造決定の問題をたくさん解いておくこと。

 

モモ先生
基本・標準レベルの問題を完璧に仕上げるようにしましょう。

 

 

中部大学化学(2024)の入試対策、おすすめ参考書は?

 

 

たま吉
中部大学の化学で高得点を取るためのおすすめ勉強法を知りたいニャー
モモ先生
夏休みからは問題演習をメインの勉強ができるようにしましょう。

 

 

中部大学化学の入試対策の基本的な流れとしては以下の通りです。

 

 

A 高1・2

 

①定期テストに向けて勉強をして、化学の基礎固めをする

ここでしっかりと勉強をしておかないと、高3になってからが大変になってきます。テストで最低でも80点以上は取れるように学校教材の内容を完璧に仕上げるようにしましょう。

 

 

 

②分からない内容は「大学入試坂田アキラの化学基礎・化学の解法が面白いほどわかる本などの参考書を読んで理解を深める

 

③夏休みなどの長期休暇や模試前などに今まで習った内容の復習をする

定期テスト勉強以外にも定期的に復習をすることで、解き方などを覚えておくことができます。高2の秋以降の模試では理科や社会も試験範囲となりますので、そこまでにはある程度仕上げておくようにしましょう。

 

 

B 高3(基礎固め期)

 

「大学入試坂田アキラの化学基礎・化学の解法が面白いほどわかる本などの参考書を読んで理解を深める(+練習問題も解く)

化学のより深い内容を知りたい人は、「宇宙一わかりやすい高校化学」がおすすめです。

 

「基礎からのジャンプアップノート無機・有機化学暗記ドリル」で無機・有機化学の基本的な内容をマスターする

有機・無機の分野はこの問題集を使って、まず知識を頭に入れることから始めましょう。

 

③「リードLightノート化学基礎・化学」の問題が完璧に解けるようにする

化学は基礎が大事ですので、まずは易しめの問題集をしっかりとこなすことから始めましょう。

 

 

 

 

 

C 高3(問題演習期)

 

「化学重要問題集」のA問題を解いて入試レベルの問題に慣れる

 

【大学入試化学】化学重要問題集のおすすめの使い方を知りたい人は

化学重要問題集のレベルと問題数、おすすめの使い方は?

 

 

「ここで差がつく 有機化合物の構造決定問題の要点・演習」で有機化学の構造決定問題に慣れる

有機の配点が高い場合や、化学の勉強に時間をかけられる人はこの問題集までやることをおすすめします。

 

③共通テストの過去問、予想問題集を解く(共通テスト利用入試を受験する場合)

 

④中部大学の過去問を解く(最新版の赤本は毎年7月に発売されます。)

 

 

 

 

 

【まとめ】中部大化学の難易度や問題傾向、勉強法のポイントとアドバイス

 

今回の「中部大化学(2024)の入試難易度、過去問の傾向や対策は?」についてのまとめです。

 

【中部大化学の問題傾向や難易度、おすすめ勉強法は?】
・まずは「リードLightノート化学」などの基本レベルの問題集をマスターするようにしよう
・無機化学と有機化学は最初に物質の性質などをしっかりと覚えるようにしよう
・最終的には「化学重要問題集」のA問題をマスターしよう

 

中部大の化学は標準レベルの問題が中心です。

そのため、一つの問題集を繰り返し解くようにして理解度を上げるようにしよう。

 

モモ先生
基本~標準レベルの問題を完璧にできるようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク