愛知県高校入試(2022・令和4年度)B日程の解答速報・問題解説・難易度は?

 

 

たま吉
愛知県高校入試(2022・令和4年度)B日程の解答速報や問題の解説について知りたいニャー

 

と思っている中学生のみなさん!

今回は「愛知県高校入試(2022・令和4年度)B日程の解答速報・問題解説・難易度は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「愛知県高校入試(2022・令和4年度)B日程の解答速報・問題解説・難易度」について知りたい受験生向けの記事です。

 

✓対象となる人

愛知県高校入試のB日程を受験した中学生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

 

 

目次
スポンサーリンク

愛知県高校入試B日程国語の解答速報(2022年・令和4年度)

 

 

たま吉
愛知県高校入試(2022)B日程の国語はどうだったのかニャー?
モモ先生
解答が公開されてから講評しますよ。

 

 

愛知県高校入試B日程(2022年・令和4年度)の国語の解答速報、分析、難易度についてです。

問題ごとの難易度についてみていきます。なお、難易度は、基本・標準・難の3段階で表示しています。

【基本】 必ず取るべき問題
【標準】 合否を分ける問題
【難】 できなくてもいい問題

★部分は2点、他は1点

 

 

ア 愛知県高校入試(2022)B日程国語解答速報・問題解説(第1問・現代文)

 

*大問1・3は本文が著作権により公開されていないため、解説は省略いたします。

 

(1)<内容説明> 正解は「ア」

 

(2)<適語補充> 正解は「エ」

 

(3)<理由説明> 正解は「イ」

 

★(4)<内容説明> 正解は「オ」

 

★(5)<文章の並び替え問題> 正解は「2番目( オ )、4番目( ウ )」

 

 

イ 愛知県高校入試(2022)B日程国語解答速報・問題解説(第2問・漢字、語句)

 

(1)①<漢字の読み> 正解は「さまた(げる)」【基本】

 

(1)②<漢字の書き> 正解は「収納」【基本】

 

(2)<同音異義語> 正解は「エ」【基本】

 

 

 

 

ウ 愛知県高校入試(2022)B日程国語解答速報・問題解説(第3問・現代文)

 

(1)<内容説明> 正解は「イ」

 

(2)<内容説明> 正解は「ウ」

 

(3)<適語補充> 正解は「A( ア )、B( ウ )」

 

★(4)<記述問題> 正解は「「水のレンガ」は、人間の身体がハンドルしやすい大きさ、重さであるだけでなく、自由に重さを変えることができるため、合理的で気楽な構造システムとなるから。」

 

(5)<心情把握> 正解は「イ」

 

★(6)<内容一致> 正解は「エ」

 

 

エ 愛知県高校入試(2022)B日程国語解答速報・問題解説(第4問・古文)

 

(1)<現代かなづかいに直す問題> 正解は「いにしえ」【基本】
→「へ」を「え」に直すこと。

 

(2)<語句の意味> 正解は「ウ」【基本】
→本文1~2行目「当局の人は闇く、~いひ伝えて」が解答の根拠となる。

 

(3)<現代語訳> 正解は「イ」【基本】
→本文4~6行目「前にいへるごとく、~事多かるべし。」が解答の根拠となる。

 

(4)<内容一致> 正解は「ア」【標準】
→本文4~6行目「前にいへるごとく、~事多かるべし。」が解答の根拠となる。

 

 

【愛知県高校入試B日程解答速報・国語(2022年・令和4年度)】
①佐鳴予備校
②野田塾

 

 

 

 

愛知県高校入試B日程数学の解答速報(2022年・令和4年度)

 

 

たま吉
愛知県高校入試(2022)B日程の数学はどうだったのかニャー?
モモ先生
大問2以降は難しい問題が多いですよ。

 

 

愛知県高校入試B日程(2022年・令和4年度)の数学の解答速報、分析、難易度についてです。

問題ごとの難易度についてみていきます。なお、難易度は、基本・標準・難の3段階で表示しています。

【基本】 必ず取るべき問題
【標準】 合否を分ける問題
【難】 できなくてもいい問題

★部分は2点、他は1点

 

ア 愛知県高校入試(2022)B日程数学解答速報・問題解説(第1問・小問集合)

 

(1)<正負の数> 正解は「4」【基本】

 

(2)<文字と式> 正解は「-y」【基本】

 

(3)<因数分解> 正解は「(x+1)(x-1)」【基本】

 

(4)<平方根> 正解は「4√10」【基本】

 

(5)<二次方程式> 正解は「x=5±√21/2」【基本】

 

(6)<不等式の文章題> 正解は「y>3x」【基本】
→消しゴムが余ったので生徒に配った数よりも多いことが分かる。

 

(7)<確率> 正解は「4/9」【基本】
→6の約数は「1,2,3,6」の4つ。

 

(8)<最小公倍数> 正解は「12枚」【基本】
→8と6の最小公倍数は24となるので、横に3枚、縦に4枚のカードが必要となる。

 

(9)<一次関数> 正解は「y=10」【基本】
→まずは2つの座標から直線の式を求めるとy=3x+1となる。あとはこの式にx=3を代入すればよい。

 

(10)<立体の体積> 正解は「イ」【基本】
→イとウの値が近いので迷うが、π=3.14に直して具体的な値を出して大小関係を求める必要がある。

 

 

イ 愛知県高校入試(2022)B日程数学解答速報・問題解説(第2問・関数、確率など)

 

★(1)<資料の整理>正解は「ウ、オ、キ」【標準】
→ア~カまではすぐに正誤判定ができるが、キ~ケは計算量が多く時間がかかる。

 

★(2)<二次関数>正解は「x=-5」【標準】
→四角形ABCDが平行四辺形であることを利用すると、点Aから点Bまでの距離は右6,上6となる。ここで点Dの座標を(a、-1/4a2)とおくと、点Dから点Cまでの距離は右6、上6となるので、点Cの座標は(a+6、-1/4a2+6)となる。これをy=-1/4×2の式に代入するとaの値が求まる。

 

★(3)<一次関数>① 省略 【難】 
→グラフから荷物A、Bの横の長さ及び荷物AとBの間隔を求める。

①x=30 Aが完全に荷物検査機に入ったため、荷物Aの横の長さが30、面積が600とわかる
②x=60 Bが荷物検査機に入り出す時間。AとBの間隔は30とわかる。
③x=80 Bが荷物検査機に入り切った時間。このときAとBが両方荷物検査機に入っている。また、Bの横の長さは20、面積は300と分かる。

 

これらの情報を元にグラフを描いていくとできるが、情報量が多いため作図をするのは難しい。

 

 

(3)<一次関数>②正解は「4秒間」【標準】
→①の作図ができればそれほど難しくはない。

 

 

 

 

ウ 愛知県高校入試(2022)B日程数学解答速報・問題解説(第3問・図形)

 

(1)<角度> 正解は「57度」【標準】
→正五角形の一つの角度は108度。そのため、∠AEF=51度となる。点Fから線分ADに平行な線を引き、線分IHとの交点をJとすると、錯角より∠EFJ=51度、∠JFG=57度となる。さらにもう一度錯角を使うと∠FGB=57度となる。

 

 

(2)<三平方の定理> ①正解は「7cm」【標準】
→⊿IBJは直角三角形になるので三平方の定理が使える。線分IBは2cm、線分BJは3√5となるので、三平方の定理よりIJ=7cmとなる。

 

 

(2)<立体の体積> ②正解は「48cm2」【標準】
→台形BFEIを底面、線分BCを高さにして求める。

 

 

(3)<相似> ①正解は「1/5倍」【標準】
→条件よりDC=CE、AO=OB=BEとなるので、⊿ECB∽⊿EDOとなる。このときこの2つの三角形の面積比は1:4となる。また、点Dから点Bに線を引くと、⊿DCBと⊿ECBの面積は等しくなる。ここで⊿ECBの面積比を1とすると、⊿DCBの面積比は1,⊿DOBの面積比は2,⊿DOAの面積比は2となる。

 

(3)<相似> ②正解は「2√6cm」【難】 
→⊿DAE∽⊿BCEとなるので(証明は省略。円に内接する四角形の向かい合う角度の和は180度になる性質を使う)CE=xとおくと、DE=2xとなり、12:x=2x:4からx=2√6とおける。またDA:BC=AE:CEとして求めるとAD=2√6になる。

 

 

【総評】A日程と比べると大問1は易しい。ただ、大問2以降は難しい問題が多かった。また、大問2の問題は実用的な問題が何問かあった。これは高校生が受験する共通テストを意識したものであったといえる。

 

【愛知県高校入試B日程解答速報・数学(2022年・令和4年度)】
①佐鳴予備校
②野田塾

 

 

 

 

愛知県高校入試B日程社会の解答速報(2022年・令和4年度)

 

 

たま吉
愛知県高校入試(2022)B日程の社会はどうだったのかニャー?
モモ先生
歴史と地理はA日程に比べると取り組みやすいですよ。

 

 

愛知県高校入試B日程(2022年・令和4年度)の社会の解答速報、分析、難易度についてです。

問題ごとの難易度についてみていきます。なお、難易度は、基本・標準・難の3段階で表示しています。

【基本】 必ず取るべき問題
【標準】 合否を分ける問題
【難】 できなくてもいい問題

★部分は2点、他は1点

 

ア 愛知県高校入試(2022)B日程社会解答速報・問題解説(第1問・歴史)

 

(1)<適語補充> 正解は「イ」【基本】
→Ⅰはリンカン、Ⅱはフビライ・ハン、Ⅲはルター

 

(2)<日本と世界の歴史> 正解は「ウ」【基本】
→Ⅱの出来事は日本の鎌倉時代にあたる

 

(3)<並び替え問題> 正解は「エ」【基本】
→「Ⅱ→Ⅲ→Ⅰ」の順になる

 

 

イ 愛知県高校入試(2022)B日程社会解答速報・問題解説(第2問・歴史)

 

(1)<出来事の前後関係を答える問題> 正解は「オ」【基本】
→千利休は安土桃山時代に活躍した人物。Aは室町時代、Bは江戸時代、Cは平安時代

 

(2)<適語補充> 正解は「ウ」【標準】
→②は選びやすいが、①が歌舞伎か浄瑠璃で迷う問題

 

★(3)<記述問題> 正解は「議会の承認なしに労働力や物資を動員する」【標準】
→「議会」という語句をどう使っていくかが難しかった

 

(4)<適語補充> 正解は「ア」【基本】
→農地改革は自作農を増やす政策であることが分かっているかどうかが問われた。

 

 

 

 

ウ 愛知県高校入試(2022)B日程社会解答速報・問題解説(第3問・日本地理)

 

(1)<場所を選ぶ問題> 正解は「A」【標準】
→Ⅰの表の見方は、Bは海面漁業の漁業従事者数がいないので内陸県の長野県、Eは面積が一番狭いので香川県、Cは都道府県庁所在地の1月の日照時間が少ないため新潟県(雪が降るため)、DはEについで面積が狭いため大阪府、残ったAが福島県となる。

 

(2)<場所を選ぶ問題> 正解は「b( イ )、c( ア )」【基本】
→Ⅱの表の見方は、cは製造品出荷額等が最も多いので佳奈があ件、aは水稲の作付面積が最も多いので北海道、dは逆に水稲の作付面積が最も少ないことや第3次産業就業者の割合が最も多いので沖縄県、残ったbが岩手県となる。

 

(3)<適語補充> 正解は「エ」【基本】
→「ヒートアイランド」「ハザードマップ」の意味が問われた。

 

 

エ 愛知県高校入試(2022)B日程社会解答速報・問題解説(第4問・世界地理)

 

★(1)<適語補充> 正解は「①( アンデス )山脈、②( エ )」【標準】
→②の緯線は赤道が南アメリカ大陸の北部を通っていることと、問題文中にある「Aは北緯49度の緯線」という知識を使って求める

 

(2)<適語補充> 正解は「さとうきび<サトウキビ>」【基本】
→問題文中の「バイオエタノールなどの原料」がヒントとなる。

 

(3)<場所を選ぶ問題> 正解は「位置( w )、グラフ( b )」【基本】
→問題文中の「年間を通して温暖で比較的降水量が少ない」からbの雨温図であることがわかる。

 

 

 

 

オ 愛知県高校入試(2022)B日程社会解答速報・問題解説(第5問・企業、価格)

 

(1)<適語補充> 正解は「イ」【基本】
→グラフを落ち着いて読めばできる問題

 

(2)<グラフを読み取る問題> 正解は「オ【基本】
→グラフを落ち着いて読めばできる問題

 

(3)<適語補充> 正解は「(企業の)社会的責任」【標準】
→語句が思いつきにくい問題であった

 

(4)<正誤問題> 正解は「キ」【標準】
→xは「高い」ではなく「安い」、yは「間接金融」ではなく「直接金融」

 

 

カ 愛知県高校入試(2022)B日程社会解答速報・問題解説(第6問・環境問題)

 

(1)<適語補充> 正解は「ア」【標準】
→公害の内容、場所を問う問題であり正確な知識がないと答えにたどり着かない

 

(2)<適語補充> 正解は「環境基本法」【基本】
→知識問題であり、確実に正解したい

 

(3)<選択問題> 正解は「エ」【標準】
→時事的な問題が問われており、答えが絞りにくかった

 

【総評】A日程に比べると歴史・地理は解きやすい問題が多かったが、公民はやや難しめの問題があった。ただ、全体的にはA日程よりも解きやすかったのではないか。

 

【愛知県高校入試B日程解答速報・社会(2022年・令和4年度)】
①佐鳴予備校
②野田塾

 

 

 

 

愛知県高校入試B日程理科の解答速報(2022年・令和4年度)

 

 

たま吉
愛知県高校入試(2022)B日程の理科はどうだったのかニャー?
モモ先生
難しい問題が多かったですよ。

 

 

愛知県高校入試B日程(2022年・令和4年度)の理科の解答速報、分析、難易度についてです。

問題ごとの難易度についてみていきます。なお、難易度は、基本・標準・難の3段階で表示しています。

【基本】 必ず取るべき問題
【標準】 合否を分ける問題
【難】 できなくてもいい問題

★部分は2点、他は1点

 

ア 愛知県高校入試(2022)B日程理科解答速報・問題解説(第1問・小問集合)

 

(1)<地震の計算> 正解は「午前9時23分51秒」【標準】
→まずはBの初期微動継続時間を求める。80:144=10:xよりx=18となって、Bの初期微動継続時間は18秒となる。あとはBで初期微動が始まった時間に18秒を加えれば求まる。

 

(2)<光の反射> 正解は「Ⅰは( ウ )、Ⅱは( エ )」【標準】
→人がBにいるときの作図を書いてみると分かりやすい。ただし、エ~カの答えが出しにくい。

 

 

イ 愛知県高校入試(2022)B日程理科解答速報・問題解説(第2問・生物)

 

(1)<知識問題> 正解は「部分は( G )、名称は( 師管 )」【基本】
→確実に正解したい問題

 

(2)<実験のやり方に関する問題> 正解は「①の理由は( ア )、②の理由は( オ )」【基本】
→ここも確実に正解したい問題

 

(3)<実験に関する問題> 正解は「ア」【標準】
→AとCは光が当たっているかどうか、AとDは葉緑体があるかどうかの違いがある

 

(4)<実験に関する問題> 正解は「ウ」【標準】
→試験管Ⅱは光合成と呼吸を両方行っている。また試験管Ⅲは呼吸のみを行っている

 

 

 

 

ウ 愛知県高校入試(2022)B日程理科解答速報・問題解説(第3問・化学)

 

(1)<器具の使い方に関する問題> 正解は「イ」【基本】
→よく出る問題であり、確実に正解したい

 

(2)<実験結果に関する問題> 正解は「ク」【基本】
→炭酸水素ナトリウムは加熱すると炭酸ナトリウム、水、二酸化炭素に分かれる。また炭酸ナトリウムはアルカリ性を示す。

 

(3)<実験結果に関する問題> 正解は「ウ」【基本】
→Xは二酸化炭素、Yは酸素

 

★(4)<計算問題> 正解は「キ」【難】
→表から酸化銀の質量から反応後の試験管Cの中にある固体の物質の質量を引くと外に逃げた酸素の質量が求まる。

・酸化銀1.00gのときは酸素は0.07g
・酸化銀3.00gのときは酸素は0.21g
・酸化銀5.00gのときは酸素は0.35g

となるので、酸化銀6.00gのときは本来は酸素は0.42g逃げて質量は5.58gになるはずである。しかし、問題文から酸化銀が5.86gなので一部は還元されず酸化銀のままであると読み取れる。よって、5.86g-5.58g=0.28gが酸化銀の中に含まれている酸素の質量となる。

 

 

エ 愛知県高校入試(2022)B日程理科解答速報・問題解説(第4問・物理)

 

(1)<グラフの読み取り問題> 正解は「8.0cm」【基本】
→図2よりばねばかりを8.0cm引いた直後からおもりは上に上がる。そのため16㎝ー8cmで求まる。

 

(2)<計算問題> 正解は「1.2J」【基本】
→図2よりおもりが上がり始める時の力の大きさは10Nで高さは12cmなので、10N×0.12mで求まる。

 

★(3)<作図の問題> 省略 【標準】
→動滑車を使っているので引く力は半分で済む

 

(4)<適切なグラフを選ぶ問題> 正解は「カ」【標準】
→動滑車を2つ使っているので引く力は1/4で済む。そのため選択肢はウかカに絞られる。一方で実験1に比べて4倍の長さを引かないといけなくなるので答えは選択肢カになる。

 

 

 

 

オ 愛知県高校入試(2022)B日程理科解答速報・問題解説(第5問・地学)

 

(1)<南中した時間を求める問題> 正解は「イ」【標準】
→図4から点P(日の出時間)と点Q(日の入り時間)を求める。そして、その2つの時間を足して2で割った時間が南中時間となる。

 

(2)<南中高度を求める問題> 正解は「エ」【基本】
→南中高度の意味が分かっていれば難しくはない

 

(3)<適語補充> 正解は「カ」【標準】
→問題中に「赤道上で」と書かれているので間違えないこと

 

(4)<実験結果を求める問題> 正解は「冬至の日は( エ )、夏至の日は( イ )」【標準】
→冬至の時は図2のように南よりに点が集中するため、棒の影の先端はその逆になる。また、夏至の時は冬至の時よりも点が北寄りになるため、影の位置も変わってくる。

 

 

カ 愛知県高校入試(2022)B日程理科解答速報・問題解説(第6問・小問集合)

 

(1)<電池> 正解は「カ」【基本】
→金属板AとBは違う金属を、水溶液は電解質であるうすい塩酸を選ぶこと

 

(2)<動物> 正解は「0.3秒」【難】
→問題文をよくよむ必要がある。まずはaとcにかかる時間を求める。比を使うと60:1=1.6:xとなるのでx=2/75秒となる。これを15人分の時間にすると2/15秒となる。4.9秒から2/15秒を引き、15で割ると答えが出る。計算で小数が出てくるため難しい。

 

【総評】A日程に比べると明らかに難易度は高い。大問2と3は比較的取り組みやすいが、それ以外の大問は難しい問題が目立った。

 

【愛知県高校入試B日程解答速報・理科(2022年・令和4年度)】
①佐鳴予備校
②野田塾

 

 

 

 

愛知県高校入試B日程英語の解答速報(2022年・令和4年度)

 

 

たま吉
愛知県高校入試(2022)B日程の英語はどうだったのかニャー?
モモ先生
例年並みの難易度でしたよ。

 

 

愛知県高校入試B日程(2022年・令和4年度)の英語の解答速報、分析、難易度についてです。

問題ごとの難易度についてみていきます。なお、難易度は、基本・標準・難の3段階で表示しています。

【基本】 必ず取るべき問題
【標準】 合否を分ける問題
【難】 できなくてもいい問題

★部分は2点、他は1点

 

ア 愛知県高校入試(2022)B日程英語解答速報・問題解説(リスニング)

 

(1)①正解は「b」【基本】

 

(1)②正解は「a」【基本】

 

(1)③正解は「c」【基本】

 

(2)①正解は「d」【基本】

 

(2)②正解は「c」【基本】

 

 

イ 愛知県高校入試(2022)B日程英語解答速報・問題解説(筆記第1問・自由英作文)

 

正解は

Ⅰ I 【 am cleaning my desk now】.【標準】

Ⅱ Because【 today is the last day for me】.【標準】

→Ⅰはイラスト及び問題文に「あなたはこれまで使用していた机を掃除している」と書いてあるので書きやすい。Ⅱは最後にAが悲しい様子を言っているのでそれに合う文章を答える。

 

 

 

 

ウ 愛知県高校入試(2022)B日程英語解答速報・問題解説(筆記第2問・適語補充)

 

正解は「difficult・by」【標準】
→「difficult」は文脈から判断して答えるが、少し思いつきにくい

 

正解は「help・learn」【標準】
→原形不定詞が絡んだ問題

 

正解は「have・choose」【標準】
→don`t have to~で「~する必要はない」。「choose」は文脈から判断して答えるがこれも少し難しい。

 

 

エ 愛知県高校入試(2022)B日程英語解答速報・問題解説(筆記第3問・長文読解)

 

(1)<適語補充> 正解は「progressing」
→現在進行形であることは分かるが、どの単語を入れればいいかが悩む問題であった。

 

(2)<適語補充> 正解は「イ」
→第3段落全体の内容が分かれば答えは出る

 

(3)<並び替え問題> 正解は「They say that this problem can be solved 【 when people understand the importance of insects 】.」
→単語の数も少なく、複雑な文構造ではないため解きやすい

 

(4)<内容説明> 正解は「ウ」
→第4段落最終文が解答の根拠となる。

 

★(5)<内容一致> 正解は「アとオ」
→選択肢イは「to save some kinds of insects」が、ウは「only」が、エは「not」が、カは「to understand the problems of insects」が異なる。選択肢イとカの正誤判定がやや悩むところであった。

 

 

 

 

オ 愛知県高校入試(2022)B日程英語解答速報・問題解説(筆記第4問・会話文)

 

(1)<適語補充> 正解は「bが( エ )、dが( イ )」【基本】
→aからeに入るのは順に、「ウ→エ→ア→イ→オ」となる。

 

(2)<適語補充> ①正解は「than」【基本】
→すぐ前に「more」とあるので比較の文章だと分かる

 

(2)<適語補充> ②正解は「bad」【基本】
→次のアマンダの会話内容はスマートフォンの悪い点を言っている。

 

(3)<適語補充> 正解は「エ」【標準】
→「make A B」で「AをBにする」

 

(4)<内容把握> 正解は「Xが( share )、Yが( important )【標準】
→Xは5つ目のアマンダの対話文の2行目「Sharing information with classmates and teachers is easy.」が解答の根拠となる。Yは文脈から判断して書く。

 

【総評】A日程同様、英作文と文の並び替え問題は易しくなっている。一方で大問3は長文は読みやすいが答えを出しにくく、大問4は文章量がやや多かった。全体的には例年並みの難易度であった。

 

【愛知県高校入試B日程解答速報・英語(2022年・令和4年度)】
①佐鳴予備校
②野田塾

 

 

 

 

【愛知県高校入試】中1~中3高校入試対策個別指導コース

 

 

当塾では愛知県高校入試対策を中心に指導する「中1~中3高校入試対策個別指導コース」がございます。

このコースの対象となる人は、

・愛知県高校入試対策を早い時期から始めたい人
・推薦入試や特色選抜で合格したい人
・どうやって勉強をしたらいいかが分からない人
・苦手科目を克服したい人

となっています。

 

また、当塾の特徴としては、

①アルバイト講師はなし!塾長自らが全員を指導!
②勉強のしかた、暗記方法などを徹底指導!
③定期テスト、高校入試対策や志望理由書・面接指導などが可能!
④自習室完備でいつでも使用可能!

となっています。

興味のある方は下のボタンからお申し込みください。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

スポンサーリンク