【中学生・高校受験】漢字を早く覚える方法とノートの書き方、おすすめ問題集、アプリは?

 

 

たま吉
漢字をスラスラ覚えられる勉強法を知りたいニャー

 

と思っている中学生のみなさん!

今回は「【中学生・高校受験】漢字を早く覚える方法とノートの書き方、おすすめ問題集、アプリは?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「効率よく漢字が覚えられる勉強法」について知りたい中学生向けの記事です。

 

✓対象となる人

漢字の暗記方法を知りたい中学生

 

✓結論 

「漢字がスラスラと覚えられる暗記方法は?」→書けない漢字を「覚える」つもりで書く

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

 

 

【中学生】漢字がなかなか覚えられない原因は?

 

 

たま吉
漢字がなかなか覚えられないニャー
モモ先生
最初に漢字がなかなか覚えられない原因から見ていきましょう。

 

 

 

中学生の定期テストでは漢字の問題が10~20点程度出ます。

ここで点数が取れないと国語で高得点を取ることができませんので、漢字の勉強はしっかりと行うようにしてください。

 

ただ、みなさんの中には漢字をなかなか覚えられない人もいるかもしれません。

漢字が覚えられない主な原因は、

①書いて覚えていない
②覚えようとして書いていない(漢字ノートに字を埋めることだけしか意識がない)
③何度も復習をしていない

といったことが挙げられます。

そのため「覚えながら」書くということを意識して漢字の勉強をすると、漢字が覚えやすくなります。

 

たま吉
これからは覚えるつもりで漢字を書くようにしたいニャー

 

 

 

 

【中学生】漢字の暗記方法のコツやおすすめ問題集、アプリは?

 

 

たま吉
漢字を覚える時の注意点はあるのかニャー?
モモ先生
書くことが作業的にならないようにしましょう。

 

 

ア 漢字の暗記方法のコツは?①(漢字の読みから始める)

→最初は漢字の「読み」の勉強から始めよう

 

漢字の暗記方法のコツの一つ目は漢字の読みから勉強を始めることです。

それは、漢字の書きよりも読みの方が短い時間で仕上がることができるからです。

また、読めない漢字はなかなか書けるようにはならないというのもあります。

そのため、最初に「漢字の読み」の勉強をし、それができるようになったら「漢字の書き」の勉強をするようにしましょう。

なお、漢字の「読み」を覚える際に、意味も同時に覚えていくと読解力の強化にもつながっていきます。(意味の分からない漢字は国語辞典などで調べる習慣をつけましょう。)

 

モモ先生
先に漢字の「読み」から覚えていくようにしましょう。

 

 

イ 漢字の暗記方法のコツは?②(書けなかった漢字だけ繰り返し練習する)

→最初は全ての問題を解くこと!

 

漢字の暗記方法のコツの二つ目は書けなかった漢字だけ繰り返し練習することです。

 

 

A 書けるかどうかをチェックする

 

漢字の「読み」ができるようになったら、「書き」の練習をしていきます。

最初に全ての漢字を書けるかどうかをテストしましょう。

また、答えが出ないときは飛ばして次の問題に取り組むようにしましょう。(知識がないのに考えても時間の無駄です。)

1~2ページ解き終わるたびごとに丸つけをするようにして下さい。

そしてできなかった問題には問題集にバツ印を書き込んでいきましょう。

 

たま吉
最初にできる問題とそうでない問題を分けていくんだニャー

 

 

 

 

B 覚えていない漢字をノートに書いて覚える

 

次に間違えた漢字を覚えていきます。

これをやらないといつまでたってもできるようにはならないので、しっかりと暗記するようにしましょう。

「漢字の読み」の問題は声に出して暗記をしていけばよいですが、「漢字の書き」の問題はノートに書いて覚えるようにしましょう。

ただ、その際に何となく書いているだけだと頭の中に入りません。(学校の宿題で漢字ノートにひたすら書いているだけの人は気を付けましょう。「覚えよう」として書かないと漢字は書けるようにはなりませんよ。)

 

そこでおすすめなのが、最初の2回は見て書き、3回目は何も見ずに書くことをやってみて下さい。

例えば、「献身(けんしん)」という漢字が書けなかったとします。その際に最初の2回は答えを見ながら、「献身、献身」と書き、最後の3回目は答えや書いたノートをなどを見ずに「献身」が書けるかどうかをやってみるというやり方です。

これにより、最初の2回で「きちんと覚えよう」という意識が高まり、記憶力がついていきます。

一通り書き終えたら、間違えた漢字だけ再度書けるかどうかをチェックします。

 

モモ先生
何となく書くのではなく、覚えるつもりで書くようにしましょう。

 

 

C 次の日に覚えているかどうかを確認する

 

一度覚えた漢字は放っておくと忘れてしまいます。

そのため、一度覚えた漢字は次の日の朝に復習するようにしましょう。

それは、寝ている間に脳は情報を整理するため、起きてすぐに再度復習をすると記憶として残りやすくなるからです。

そこで覚えていたら、バツ印を消しましょう。

一方で覚えていなかった場合は再度3回書いて覚えましょう。

これを繰り返して最終的に全ての漢字が書けるようになればOKです。

 

たま吉
最初に書けなかった漢字は繰り返し復習をして覚えていきたいニャー

 

 

 

 

ウ 漢字の対策ができるおすすめ問題集は?

→目的によって問題集を使い分けよう

 

漢字の対策ができるおすすめの問題集について紹介します。

①定期テスト対策 学校で使っている漢字の問題集
②高校入試対策 高校入試 漢字・語句3000 
③漢検対策 史上最強の漢検マスター3級問題集

 

 

 

エ 漢字が暗記できるおすすめアプリは?

→アプリを使って楽しく漢字を覚えよう

 

漢字を覚えるには、漢字ノートに書いて覚える方法もありますが、アプリを使って暗記する方法もあります。

 

 

このサイトでは中学生が漢字の勉強ができるアプリを紹介しています。

気になったアプリを使って積極的に漢字を覚えるようにしましょう。

 

 

 

 

中1~中3高校入試対策個別指導コース

 

 

当塾では愛知県高校入試対策を中心に指導する「中1~中3高校入試対策個別指導コース」がございます。

このコースの対象となる人は、

・愛知県高校入試対策を早い時期から始めたい人
・推薦入試や特色選抜で合格したい人
・どうやって勉強をしたらいいかが分からない人
・定期テストで高得点を取りたい人

となっています。

 

また、当塾の特徴としては、

①アルバイト講師はなし!塾長自らが全員を指導!
②勉強のしかた、暗記方法などを徹底指導!
③定期テスト、高校入試対策や志望理由書・面接指導などが可能!
④自習室完備でいつでも使用可能!

となっています。

興味のある方は下のボタンからお申し込みください。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00