1対1対応の演習のレベルと使い方、青チャートやプラチカとの関係は?

 

 

ちゃちゃ丸
数学の問題集の「1対1対応の演習」について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「1対1対応の演習のレベルと使い方、青チャートやプラチカとの関係は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「1対1対応の演習のレベルや使い方」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

1対1対応の演習を使って大学入試の勉強をしたい高校生及び浪人生

 

✓結論 

「1対1対応の演習のレベルや使い方は?」→青チャートの内容が定着しているかどうかを確認するために使う問題集

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

スポンサーリンク

1対1対応の演習とは?1対1対応の演習のレベルは?

 

 

ちゃちゃ丸
1対1対応の演習とはどんな問題集なのかニャー?
モモ先生
入試問題を集めたレベルが高い問題集ですよ。

 

 

ア 1対1対応の演習とは?1対1対応の演習の問題数やレベルは?

→難易度はどれも高め。黄・青チャートをマスターした人がやるべき問題集

 

高校生定番の数学の参考書といえば、「1対1対応の演習」です。

 

 

 

この問題集は東京出版が発行している問題集で、

の計6冊あります。(これら以外にも比較的易しめの問題を集めた「プレ」版もあります。)

 

1対1対応の演習は国公立大学や難関私立大学の過去の問題を中心に集めた問題集です。

そのため、難易度はかなり高めです。

少なくとも黄チャートや青チャートなどの参考書をマスターした後にやらないと、解説の内容が理解できない可能性は高くなります。

 

また、1対1対応の演習の問題数(例題)は、

・数学Ⅰ 53問
・数学A 54問
・数学Ⅱ 83問
・数学B 59問
・数学Ⅲ 計111問

であり、6冊の合計は360問となっています。(ⅠAⅡBのみだと249問です。)

チャート式などに比べると問題数はかなり少ないですが、それでも量は多いので早い時期から取り組めるようにしましょう。

 

ちゃちゃ丸
青チャートを先に完成させてからやるようにしたいニャー

 

 

スポンサーリンク

イ 1対1対応の演習の構成は?

→入試問題が単元ごとに並んでいる

 

1対1対応の演習は、旧帝大難関私立大学などの過去問が単元ごとに並んでいます。

そのため問題の難易度はかなり高いですが、その分解説がとても丁寧にされています。

一般的に1対1対応の演習レベルの問題集となると、解説があまりないものが多いです。

ですので、人によっては分からないところがあるとそこで理解をするのに何時間も時間がかかってしまうことにもなりかねません。

 

一方で1対1対応の演習は、

・各単元の初めに「要点の整理」があり、公式などはここで確認することができる
・チャートのように問題の下にポイントが載っているため、どうやって解けばいいかの方針が分かる

といった特徴があり、独学で勉強をする人にも使いやすい教材といえます。

ただし、いくら解説が詳しいといっても最低限黄・青チャートレベルの知識がないと解きこなせないので、1対1対応の演習の問題が難しいと思う人はチャートの復習をやるようにしましょう。

 

モモ先生
1対1対応の演習に入る前にチャート式を完璧にやるようにしましょう。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

1対1対応の演習の使い方は?

 

 

 

ちゃちゃ丸
大学入試に向けて1対1対応の演習はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
苦手な単元を中心に繰り返し解くようにしましょう。

 

 

ア 1対1対応の演習のおすすめな使い方は?①(いきなり答えを見て解法を暗記する)

→できない問題を考えても時間のムダ

 

1対1対応の演習のおすすめな使い方の一つ目は、「いきなり答えを見る」ことです。

よく数学の先生が「できない問題でも10分は考えなさい」と言われますが、私はそのやり方には反対です。

 

その理由は受験勉強は数学だけに時間を充てることができないからです。

例えば1対1対応の演習は全部で360題あります。

仮に全ての問題が分からないとしたら、一問あたり

・考える時間10分
・解説を見て理解する時間5分
・解き直す時間5分

と合計約20分かかります。

そうなるとトータルで1問20分×360問=7,200分(120時間)かかることになってしまいます。(実際はスラスラと解ける問題もあるのでもう少しかかる時間は短くなるでしょう。)

さらにできなかった問題は何回も復習しないと頭の中に定着しないため、これに復習の時間も加わります。

特に国公立大学を志望する場合は、数学以外にも英語・国語・理科・社会・情報と様々な科目を勉強しないといけません。
そのため数学だけに時間をかけることはできないのです。
受験勉強のポイントは、いかに短い時間で一つの科目の勉強を終えるかということです。

そこを意識して日々勉強をするようにしましょう。

 

ちゃちゃ丸
特定の科目に時間をかけすぎてはいけないんだニャー

 

そこでおすすめなのが、いきなり答えを見ることです。

答えを見て解法を暗記し、その後は身についたかどうかを確かめるために自力で解いていきましょう。

こうすることで圧倒的に速い時間で問題を解き進めることができますし、何よりも頭の中に解き方が入っていきます。

他の教科とのバランスを考えて効率よく解くようにしましょう。

 

ちゃちゃ丸
他の教科とのバランスを考えてテンポよく解けるようにしたいニャー

 

 

 

 

イ 1対1対応の演習のおすすめな使い方は?②(後日解き直す)

→2周目以降は答えを見ずに自力で解くようにしよう

 

1対1対応の演習のおすすめな使い方の二つ目は、「後日解き直す」ことです。

一周目で解法暗記をしたら、二周目からは最初から自力で解いていきます。(ここではしっかりと考えるようにしましょう。)

そこでできた問題はいいですが、そうでない問題は再度解説を見て理解をします。

また、ただ解説を見るだけでなく、グラフや図形、式などを書いていくと頭の中に残りやすくなります。

解き方を理解したらその場で解き直しをし、できたかどうかを確認します。

これを繰り返し全ての問題ができるようになったらOKです。

 

モモ先生
分からない問題は解説を読むだけでなく式などを書くと理解しやすくなりますよ。

 

 

 

 

ウ 1対1対応の演習のおすすめな使い方は?③(プラチカとどっちを使ったらいいか?)

→個人的には「理系プラチカⅠAⅡB」+「1対1対応数学Ⅲ2冊」がおすすめ

 

A プラチカとはどのような問題集か?

 

1対1対応の演習と同じ位置づけの問題集(数学の応用問題集)として、「文系・理系数学の良問プラチカ」があります。

 

 

 

この問題集は河合出版が発行している問題集で、

の3冊があります。

 

そして難易度は「理系数学Ⅲ>文系数学ⅠAⅡB>理系数学ⅠAⅡB」となっています。(特に理系数学Ⅲは相当難しい問題集です。)

 

 

B プラチカと1対1対応の演習はどれを使ったらいいか?

 

プラチカと1対1対応の演習はどちらも使いやすい問題集ですが、ではどちらの問題集を使っていくのがいいのでしょうか?

個人的には、「理系プラチカ数学ⅠAⅡB+1対1対応の演習数学Ⅲ(2冊)」がおすすめです。

その理由は、

・この組み合わせが一番レベルが易しく挫折しにくい
・取り組む問題数も少なくてすむ

からです。

 

下手に難しい問題集をやって、途中で挫折してしまうとそこまでの時間に無駄になってしまいます。(入試までの時間は限られています。)

そのため、確実にできそうな問題集をやり、さらに難しい内容の問題をやりたい場合は、プラチカや1対1の問題がスラスラできるようになったら取り組むようにしましょう。

 

ちゃちゃ丸
難しい問題集は下手に手を出さないようにしたいニャー

 

 

 

 

エ 1対1対応の演習のおすすめな使い方は?④(いつまでに仕上げるか?)

→高3の夏~秋に完成させたい

 

1対1対応の演習をいつまでに完成させたらいいかというと、高3の夏~秋までに終わらせることが目標になります。

12月からは共通テスト対策を始めるため、11月には一度過去問を解く必要があります。

そうなると遅くとも10月末までには完成させたいところです。

なお、時間に余裕のある人は1対1対応の演習の後に「やさしい理系数学」をやっていくといいでしょう。

 

モモ先生
11月から過去問演習ができるようにしていきましょう。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

効率的に大学入試の勉強や共通テスト対策をしたい方へ

 

 

 

大学入試は高校入試に比べて科目数が増え、一科目あたりの勉強量も増加します。

また、「勉強の内容が分からない」「どんな勉強をしたらいいかが分からない」「家にいるときも予備校の先生の授業を見たい」と思う人もいるでしょう。

そんな皆さんにおすすめする動画授業サービスがあります。

それが「スタディサプリ」です。

スタディサプリは「大学入試対策」及び「共通テスト対策」に関する授業を数多く見ることができます。

また、東大や京大などの旧帝大や早稲田や慶応などの難関大学に特化した対策授業もあります。

そして月額料金も月額2,178円~とお得です。

そのためスタディサプリは、

・近くに塾がない
・独学で勉強をしているが勉強に不安がある
・塾に通っているが分からないところがある
・共通テストや大学入試対策をしたい

といった方におすすめの動画サービスとなっています。

 

関連記事

 ちゃちゃ丸スタディサプリの使い方とおすすめ講座について知りたいニャー と思っている高校生のみなさん!今回は「【スタディサプリ】塾講師おすすめの高校講座や大学受験講座や[…]

 

 

<まとめ>1対1対応の演習のレベルと使い方、青チャートやプラチカとの関係は?

 

 

今回の記事の「1対1対応の演習のレベルと使い方、青チャートやプラチカとの関係は?」の内容のまとめです。

 

①1対1対応の演習は計6冊あり、難易度は高め
②解説は詳しいがチャートレベルの知識がないと使いこなせない
③一回目は答えを見て解き方を理解するようにしよう

 

1対1対応の演習をマスターしたら過去問演習に入るようにしよう!

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

この記事が役に立ったと思った方は、下の「タイトル名」と「URL」をコピーしてブログやSNSに貼り付けて紹介して頂くと幸いです。

愛知県豊橋市の個別指導塾「とよはし練成塾」
・タイトル名 「1対1対応の演習のレベルと使い方、青チャートやプラチカとの関係は?」
・記事URL https://toyohashi-rensei.com/ittaiichi/

 

ちゃちゃ丸
よろしくお願いするんだニャ~