愛知県高校入試で内申点はいつから?計算方法は?【267授業目】

 

愛知県高校入試で内申点はいつから?計算方法は?についての記事です。愛知県高校入試で内申点はいつからの分が評価されるのか、また内申点の計算方法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

「愛知県高校入試情報」はこちら

 

 

①愛知県高校入試で内申点はいつから評価されるか?

【動画】【2021年愛知県公立高校受験】何点取れば受かる?合格決定方法は合計点?当日点?内申点?

 

 

 

ちゃちゃ丸
愛知県高校入試では内申点はいつから評価されるのかニャー?
モモ先生
中3の一年間の評定で決まりますよ。

 

 

愛知県公立高校入試は、「内申点+当日点」の合計で合否が決まります。

そして、この内申点は中3の1年間の評定が考慮されます。

つまり、中1・中2の時の内申点は考慮されず、中3の1年間(3学期)の結果が高校入試では関わってくるのです。

そうなると、「中3から勉強を頑張ればいいや」と思う人がいるかもしれません。

しかし、中1・中2で勉強習慣のなかった人が、中3になって急に勉強はできるものではありません。

ですので、中1・中2のうちからコツコツとテスト勉強などに取り組むようにしましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②愛知県高校入試で内申点の計算方法は?

 

ちゃちゃ丸
愛知県高校入試の内申点の計算方法がよく分からないニャー
モモ先生
ここでは愛知県高校入試の内申点の計算方法についてみていきますよ。

 

 

先ほども言ったように、愛知県公立高校入試は、「内申点+当日点」の合計で合否が決まります。

そして基本的には、配点は内申点(45点×2)+当日点(各教科22点満点×5教科)の合計200点満点となります。

ただ、高校によって内申点の倍率を上げたり、逆に当日点の点数を加算したりしているため、校内順位の決定方法は大きく異なります。

従来は、

Ⅰ 均等型(「内申点(45点×2倍)+当日点(110点)」)
Ⅱ 内申重視型(「内申点(45点×2倍×1.5倍)+当日点(110点)」)
Ⅲ 実力重視型(「内申点(45点×2倍)+当日点(110点×1.5)」)

の3通りの方式から、各高校があらかじめ選ぶことになっていました。

それが、令和5年度(2023)からは、これに加えて、

Ⅳ 内申超重視型(「内申点(45点×2倍×2倍)+当日点(110点)」)
Ⅴ 実力超重視型(「内申点(45点×2倍)+当日点(110点×2倍)」)

の2つが加わります。

一般的には、進学校は実力を重視する型(上のⅢ型かⅤ型)が多いです。(専門学科はⅠ型が中心です。)

ですが、高校によって型が異なるため、まずはみなさんが受けたい高校がどの方式で合否判定をしているのかを調べてください。(愛知県の教育委員会HPで確認することができます。)

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

③愛知県高校入試で内申点を上げるには?

 

ちゃちゃ丸
愛知県高校入試の内申点を上げるにはどうしたらいいのかニャー?
モモ先生
定期テストはもちろん、授業態度などもよくするようにしましょう。

 

 

最後に、愛知県高校入試に向けて内申点を上げるための方法についてみていきます。

内申点は、

①定期テストの結果
②計算コンクールなどの小テストの結果
③授業態度
④レポート・ワークなどの取り組み具合

など、総合的に決まります。

そのため、定期テストに向けて頑張ることはもちろんですが、授業態度やレポートなどを丁寧にやることなど、日々の学校生活においてもしっかりと過ごせるようにして下さい。

内申点が志望校にボーダーに届いていないと、入試前に過度の不安やプレッシャーを感じてしまいがちです。

そうならないように、内申点は一つでも上げていけるように日々努力していきましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「愛知県高校入試情報」はこちら