静岡県立大学数学(2023)の入試対策、過去問分析、おすすめ参考書や問題集は?

 

 

たま吉
静岡県立大学の数学のおすすめ勉強法について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「静岡県立大学数学(2023)の入試対策と過去問分析、おすすめ参考書や問題集は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「静岡県立大学数学の傾向と過去問分析、おすすめ勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

静岡県立大学数学の問題傾向やおすすめ勉強法を知りたい高校生や浪人生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

静岡県立大学入試過去問分析・教科別勉強法

①静岡県立大英語②静岡県立大数学③静岡県立大物理④静岡県立大化学

 

 

スポンサーリンク

静岡県立大学の配点、試験科目、合格最低点は?

 

 

たま吉
静岡県立大学の試験科目やボーダーラインを知りたいニャー
モモ先生
河合塾のサイトなどで調べることができますよ。

 

 

河合塾の「Kei‐Net大学検索システム」では、

・定員(募集人員)
・共通テストの科目および配点、ボーダーライン
・二次試験の科目および配点、偏差値(難易度)

などを確認することができます。

静岡県立大学の場合、全体的には二次試験よりも共通テストの方が配点が高めの傾向にあります。

そのため、共通テストの出来が合否を左右する入試といえます。

 

たま吉
まずは共通テストを突破できるようにしたいニャー

 

 

共通テスト対策のおすすめの勉強法は?

共通テスト対策の勉強法とおすすめ学習スケジュールは?

 

 

また、静岡県立大学の各学部の過去2年間の倍率「大学受験パスナビ」で確認することができます。

年度によって倍率が大きく変動する学部・学科もありますので、参考程度に見るようにしましょう。

なお、各学部の合格最低点は同じく「大学受験パスナビ」(上のものとは別のページ)で知ることができます。

 

モモ先生
共通テストでどれだけ稼ぐかがカギになってきますよ。

 

 

静岡県立大学数学(2022)の過去問分析は?

 

 

たま吉
静岡県立大学の数学はどんな問題が出やすいのかニャー?
モモ先生
学部にとって出やすい分野は違っていますよ。

 

 

ア 静岡県立大学数学の問題傾向や解答時間は?

→試験時間は90分

 

静岡県立大学の数学は大問4問で解答時間は90分です。

そして、入試の特徴としては、

場合の数と確率、数列、ベクトル、微積などがよく出る
②基本~標準レベルの問題が中心
③典型問題がよく出る

となっています。

 

そのため、チャート式などの参考書で解法暗記をしたら、できるだけ多くの過去問を解いていくといいでしょう。

そうすることによって思考力が身に付き、静岡県立大の問題に対応できるようになります。

 

モモ先生
早めに解法暗記を終わらせるようにしましょう。

 

 

イ 静岡県立大学数学(2022)の過去問分析は?

→標準的なレベルの問題が中心

 

第1問は確率<数学A>の分野が出題されました。

(1)は表を書いて点Pの座標が0である確率を求めていきます。

 

(2)は表にある確率を2回考えていきます。

また絶対値が6になるということは、点Pの座標が「6」か「ー6」にあればいいことになりますので場合分けして考えていくようにしましょう。

 

(3)は(2)で求めた確率から

・2回目に6の位置にいる→4回目にも6の位置にいる確率
・2回目にー6の位置にいる→4回目にもー6の位置にいる確率

を引くと答えが出ます。

 

第2問は三角関数<数学Ⅱ>の分野が出題されました。

(1)は倍角の公式半角の公式を使って式を変形していきます。

 

(2)はcos(πcosΘ)=bとし、さらにπcosΘ=uと置いて考えます。

b<-1,b>1のとき、b=1のとき、-1<b<1のとき、b=-1のときに場合分けして考えていきましょう。

 

(3)は(1)よりf(Θ)=0となるtの値は、t=0,2aとなります。

そして(2)の結果およびa=0のときとa≠0のときとで場合分けして答えを求めていきます。

 

 

 

 

第3問は数列<数学B>の問題が出題されました。

(1)・(2)は外接円の半径、内接円の半径、正三角形の一辺の長さの半分の長さで三平方の定理が成り立つので、そこからanとbnの関係の式を作っていきます。

 

(3)はan+1=1/2anの関係が成り立つので、そこからan→bn→lnの式を求め、最終的に答えを求めていきます。

 

第4問は微分法・積分法<数学Ⅲ>の問題が出題されました。

(1)はf(x)、g(x)の式にx=0を代入して答えを求めていきます。

 

(2)はg(x)の右辺の式をH(t)と置いてその式を積分すると、g(x)=H(f(x))-H(0)になります。

そしてこの式の両辺を微分して答えを出していきます。

 

(3)は(2)よりg`(x)=1なのでg(x)=x+Cとなります。

また(1)よりg(0)=0だからC=0となるのでg(x)=xとなります。

 

たま吉
問題文にある式や条件をうまく使って解くようにしたいニャー

 

 

 

 

ウ 静岡県立大学数学の入試対策、おすすめ参考書は?

→黄チャートで基礎固め、その後は過去問演習

 

静岡県立大学数学の入試対策の基本的な流れとしては、

①解法暗記 黄チャートの例題を完璧にマスターする(EXERCISEまでは不要)
②過去問演習 赤本を解き、問題傾向をつかむ
③補助教材 全国大学入試問題正解(国公立大編)で同じレベルの大学の過去問や苦手な単元の問題を解く

が基本となります。

 

 

 

 

まずは黄チャートの内容を完璧にしましょう。(新課程版の黄チャート式は全問解説動画が無料で見ることができます。)

そうでないと過去問を解いて解説を読む際にその内容が分からないことが出てきます。

特によく出る微積、ベクトル、数列、確率の内容は優先的に解法暗記をするようにしてください。

高3の夏までには終わらせるようにしましょう。

 

その後は過去問演習に入ります。

まずは赤本の問題を解き、それが終わったら「全国大学入試問題正解国公立大編」を使って他の大学の問題を解いたりするといいでしょう。

問題をたくさん解くことで実践力が身についていきます。

 

モモ先生
解法暗記を早めに終わらせるようにしましょう。

 

 

静岡県立大学合格に向けた勉強法を知りたい人は

静岡県立大学の入試科目、偏差値、口コミ、倍率、おすすめ勉強法は?

 

 

静岡県立大学入試合格個別指導コースについて

 

 

当塾では静岡県立大学の入試を受験予定の高校3年生を対象とした「共通テスト・国公立大学入試対策個別指導コース」がございます。

*現在高1・2年生の方は「高1・高2定期テスト・大学入試対策個別指導コース」から始まり、高3時に「共通テスト・国公立大学入試対策個別指導コース」に切り替わるようになります。

このコースの対象となる人は、

・一般入試で静岡県立大学に合格したい人
・学校推薦型選抜での静岡県立大学の受験も視野に入れている人

です。

 

そして、当塾の指導プランとしては

①高1~高2 英語・数学の基礎固め
②高3 共通テスト対策及び二次対策(英語・数学等)
*学校推薦型選抜を受験予定の方には面接および小論文の対策も致します。

となっております。(当塾では配点の高い共通テストの対策を優先し、合格レベルに達した後で二次試験の対策をいたします。)

静岡県立大学に合格したい方、受験を考えている方に合った指導をさせていきます。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

 

スポンサーリンク