【中学生】なぜ勉強するのかその答えや名言は?勉強をするメリットは?

 

 

たま吉
勉強なんて面白くないニャー。どうして毎日やらないのいけないのかニャー

 

と思っている中学生のみなさん!

今回は「なぜ勉強する必要があるなのか?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「なぜ勉強しないといけないのか?」と思っている中学生向けの記事です。

 

✓対象となる人

勉強する意味がいまいち分からない中学生

 

✓結論 

「なぜ勉強しないといけないのか?」→将来の選択肢を広げるため

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

 

 

スポンサーリンク

「なぜ勉強をするのか?」と思っている中学生へ

 

 

たま吉
どうして勉強をしなければいけないのかニャー?
モモ先生
社会で生きていくために必要だからですよ。

 

 

「どうして勉強しなければいけないの?」

中学生のみなさんはこのように思ったことがあると思います。

よく言われるのが、将来の役に立つからというのがあります。

 

私もその答えで間違いがないと思っていますが、ただそれではみなさんは納得しないでしょう。

なぜなら、みなさんはまだ働いたことがないため、今苦労してやっていることが本当に役に立つかどうかを実感できないからです。

「まだ働いていないし、本当に役に立つかどうかなんてわからないよ。」

こう思うでしょう。

 

ただ、私の周りの大人はみな、「学生のときもっと勉強しておけばよかった。」と言います。(私もそうです。)

それは、社会に出て働くようになった時に、物事を知らないといけないということに気づいたからです。

ですのでみなさんは今のうちにしっかりと勉強するようにしましょう。

そうしないと大人になってから後悔をしてしまいます。

 

たま吉
将来必ず役に立つときが来るんだニャー

 

 

将来使わないことをなぜ勉強するのか?

 

 

たま吉
数学の因数分解なんて絶対将来使わない気がするニャー
モモ先生
中には必要な人もいるので今から選択肢を狭めないようにしましょう。

 

 

また、「因数分解なんて知っていても将来絶対に使わないじゃん」と言ってくる生徒もいます。

それに対して私はこう返事をします。

「じゃあ、逆に聞くけど世の中に出て使う知識って何?」

こう聞き返すと、たいていの生徒は詰まってしまいます。

 

確かにほとんどの人は大人になってから因数分解を使うことはないでしょう。

ただ、仕事によって必要な知識は変わってきます

 

例えば、

・医者→生物の知識
・小説家→国語の知識+一般常識
・スポーツ選手→体育の知識や技術
・パン屋さん→家庭科の知識

という風に、将来の職業によって今習っている9教科のうち必要な科目は変わってきます。

また、公認会計士や税理士、建築家などは数学の知識が必要な仕事とされています。

 

将来何がしたいかがまだ決まっていない人は、どのような職業につくのかが見えてきません。

そのため、どの分野でも働くことができるように満遍なくいろいろな教科を勉強するようにしましょう。

そうすることで、将来やりたいことの選択肢が広がっていきます

 

モモ先生
幅広く勉強しないと将来きっと後悔しますよ。

 

 

中学生や高校生が勉強するメリットは?

 

 

たま吉
勉強をすると何かメリットがあるのかニャー?
モモ先生
知識だけでなく思考力、実行力などが身につきますよ。

 

 

中学生や高校生が勉強するメリットは結構たくさんあります。

勉強することでもちろん知識が身に付きますが、それ以外にも、

・思考力、文章力
・計画を立てて実行する力
・期限までに物事を仕上げる力
・結果に向き合い反省し改善する力

といった力が養われます。

これらはいずれも社会に出て役に立つものばかりです。

 

勉強をすることで様々な力が養われるため、学生のうちに勉強をした方がいいのです。(これだけ勉強に専念できる期間は今しかありませんよ。)

確かに勉強はつまらなく大変なものですが、その分得られるものも多いです。

ですので、ゲームやスマホに夢中にならず、将来のため、自分の成長のために毎日コツコツと勉強をするようにしましょう。

 

たま吉
これからはゲームをしていた時間を少しずつ勉強に回していきたいニャー

 

 

「なぜ勉強するのか?」に対する偉人たちの名言は?

 

 

たま吉
勉強でやる気が出るための名言を知りたいニャー
モモ先生
最後に偉人たちの名言を紹介しますよ。

 

 

・「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。」(イチロー)
・「学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる、自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。」(アインシュタイン)
・「成功しない人がいたとしたら、それは考えることと、努力すること、この二つをやらないからではないだろうか。」(エジソン)
・「二十歳であろうが八十歳であろうが、学ぶことをやめた者は老人である。学び続ける者はいつまでも若い。人生で一番大切なことは、若い精神を持ち続けることだ」(ヘンリー・フォード)
・「人に魚を与えると1日で食べてしまう。しかし人に「魚の獲り方」を教えれば生涯食べていく事が出来る」(中国のことわざ)

 

どれも心に響く名言ですね。

勉強へのやる気がなくなった場合などには、この名言を思い出すようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク