【2024年版】法・政治・経済・経営学部の小論文の書き方と定番テーマの例文は?

 

 

たま吉
社会科学系の小論文でよく出るテーマやネタを知りたいニャー

 

と思っている高校生のみなさん!

今回は「【2024年版】法・政治・経済・経営学部の小論文の書き方と定番テーマの例文は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「法・政治・経済・経営・商学部の小論文でよく出るテーマやネタ」について知りたい高校生向けの記事です。

 

✓対象となる人

社会科学系の小論文でよく出るテーマやネタについて知りたい高校生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

 

 

目次
スポンサーリンク

【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ・ネタの回答例は?

 

 

たま吉
法学部や政治学部の小論文でよく出るテーマを知りたいにゃー
モモ先生
ここではよく出るテーマの解説について例文形式でまとめていますよ。

 

 

学校推薦型選抜・総合型選抜入試や二次試験で小論文がある場合には、まずは頻出テーマの背景や内容を知ることが大切になってきます。

 

 

推薦入試に合格するための勉強方法を知りたい人は

学校推薦型選抜・総合型選抜入試に受かるには?合格するための勉強法は?

 

 

ア【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文①(死刑制度)

 

①死刑制度とは、重大犯罪を犯した者に対し、法律に基づき死刑を科す制度のことです。しかし、その実施にはさまざまな問題があります。【定義】

②まず、死刑制度の背景として、犯罪被害者やその家族の感情や社会的要求、犯罪者に対する威嚇効果や社会の安全性確保が挙げられます。しかし、死刑によって無実の人が処刑されることがあること、人権侵害であること、殺人による社会的解決があるか疑問であることが問題点として指摘されています。【背景】

③さらに、死刑制度には対策が必要です。一つ目は、冤罪や差別的な死刑執行を防ぐための司法制度の改善です。二つ目は、被害者や家族の支援体制を整備することで、彼らの感情を尊重し、被害者の立場に立った判断ができるようにすることが必要です。そして、三つ目は、犯罪を未然に防ぐために、社会的な教育や福祉政策の充実が必要です。【対策】

④以上が死刑制度の背景、問題点、対策についての簡単な説明です。死刑制度は、社会的な問題であり、今後もさまざまな意見が出されることが予想されます。我々ができることは、正しい知識を身につけ、建設的な議論を進めることです。【まとめ】

 

たま吉
死刑制度の賛成意見・反対意見を両方おさえておくといいニャー

 

 

イ【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文②(裁判員制度)

 

①裁判員制度は、2009年に施行された新しい裁判制度の一つです。この制度は、裁判所に審判を行うために一般市民を参加させることを目的としています。裁判員制度は、適切な判決を下すために専門的な知識を持つ裁判官と、一般市民の常識や感覚を反映することが期待されています。【定義】

②裁判員制度の導入には、裁判所の公正性と透明性を高め、裁判所と市民との距離を縮めることが期待されています。しかし、裁判員制度にはいくつかの問題があります。【目的】

③まず、裁判員の選任方法について問題があります。裁判員の選任には、抽選による選出が行われますが、抽選には完全なランダム性が必要です。しかし、現在の抽選方法には、ランダム性に欠ける点が指摘されています。そのため、公正性が担保されているとは言い難いとされています。【問題点】

④また、裁判員制度は、裁判官との役割分担によって裁判を進めることが前提とされていますが、裁判員の裁判に参加するためには、多大な時間と労力が必要となります。そのため、裁判員制度に参加することによって、社会的地位や経済的状況によって不公平な負担が生じることが懸念されています。【問題点】

⑤これらの問題に対する対策としては、まず、裁判員の選任方法をより透明性の高いものにすることが必要です。また、裁判員にかかる負担を軽減するため、報酬制度の見直しが求められています。さらに、裁判員の選任や役割分担に関する情報を、一般市民に分かりやすく伝えることが重要です。【対策】

⑥裁判員制度は、裁判所の公正性や透明性を高めることが期待されています。しかし、制度の運用には問題があります。これらの問題を解決するためには、裁判員制度の運用の見直しが必要とされています。【まとめ】

 

モモ先生
裁判員制度の問題点を一つずつ克服してほしいですね。

 

 

 

 

ウ【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文③(夫婦別姓制度)

 

①夫婦別姓制度とは、結婚後も別々の姓を使えるようにする制度のことです。この制度については、賛否両論があります。【定義】

②まず、背景についてですが、これまで日本では、結婚後に夫婦が同じ姓を名乗ることが一般的でした。しかし、これは男女の役割分担や家族観念が根強い日本社会において、女性が夫の姓を名乗ることが自然とされてきたためです。しかし、最近では、女性の社会進出が進んできており、夫婦が別々の姓を名乗りたいという声が高まっています。【背景】

③問題点としては、まずは手続きの煩雑さがあります。現在の日本では、戸籍制度が夫婦の同姓を前提としているため、夫婦が別々の姓を名乗る場合、戸籍などの手続きが複雑化することが予想されます。また、親族や会社などとの関係で問題が生じる可能性もあります。【問題点】

④対策としてはまずは法律の改正が必要です。現在の日本では、戸籍法や民法が夫婦の同姓を前提としているため、法律の改正が必要です。また、夫婦別姓を導入することで生じる手続きの煩雑さについても、システムの整備や手続きの簡素化が必要です。さらに、夫婦別姓制度によって、多様な家族形態が認められることになるため、社会的な認知度の向上や、教育の充実が求められるでしょう。【対策】

⑤以上のように、夫婦別姓制度には問題点があるものの、法律の改正やシステムの整備によって対策が取られることで、より多様な家族形態が認められ、男女の平等や多様性の尊重が推進されることになるでしょう。【まとめ】

 

たま吉
法律を変えることなど夫婦別姓の道は遠いんだニャー

 

エ【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文④(憲法9条改正)

 

①憲法9条とは戦争放棄平和主義を定めた条文です。最近では、憲法9条を改正し、自衛隊の存在や活動範囲を明確化する動きがあります。この改正案には賛成派と反対派がいます。【定義】

②まず、憲法9条を改正する賛成意見についてです。賛成派は現行の憲法9条では自衛隊が適切に機能していないと主張します。また、国際情勢が変化している現代においては、安全保障上必要な場合があるため、自衛隊の活動範囲を明確化する必要があると考えています。改正することで、日本が国際社会で自衛隊としてより貢献できるようになるとの期待があります。【賛成意見】

③一方、憲法9条改正に反対する意見もあります。反対派は憲法9条が日本の平和と安全保障に重要な役割を果たしてきたと主張します。また、自衛隊の活動が拡大することで、日本が戦争に巻き込まれるリスクが高まると懸念しています。さらに、改正が行われることで、周辺国から日本に対する不信感や反発が生じ、国際情勢が悪化する可能性も指摘されています。【反対意見】

④憲法9条の改正については、賛成派と反対派で意見が分かれていますが、憲法は国民の安心と幸福を守る最高法規であることを忘れてはなりません。憲法9条が保障する平和と安全を守りながら、自衛隊の活動範囲を明確化する方法があるかどうか、よく考える必要があります。政府や国会議員、そして私たち国民自身が、慎重かつ正確な判断を行うことが求められています。【まとめ】

 

モモ先生
賛成か反対かどちらかの立場で書くようにしましょう。

 

 

 

 

オ【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文⑤(安楽死)

 

①安楽死賛成派の主な意見として、まず患者の自己決定権が挙げられます。自分の人生や死に関する選択権を自分で持つことは、個人の尊厳を尊重することであり、これは法律で保護されるべきと考える人がいます。【賛成意見】

②また、安楽死賛成派の中には、末期がん患者などが抱える苦痛を緩和するために必要だと考える人がいます。医療技術が進歩した現代では、患者の命を長く延ばすことができますが、治療の副作用などによって苦しむことがあります。そのような状況下で、安楽死を認めることは、患者の苦痛を軽減するためにも必要だと主張する人がいます。【賛成意見】

③一方で、安楽死に反対する意見も存在します。安楽死反対派の主な意見として、まずは、安楽死が医療現場の劣化を招くという考え方があります。医療従事者は、患者の健康を回復させることが主な役割であるべきだとする考え方です。安楽死を認めることで、治療に対する積極的な姿勢が薄れ、患者が医師の判断によって殺されることになると考える人がいます。【反対意見】

④また、安楽死反対派の中には、宗教的な理由から反対する人もいます。多くの宗教では、人の命は神の意志によって支配されており、自らの命を決めることは許されないとされます。そのため、安楽死を認めることは、宗教的な信念に反すると考える人がいます。【反対意見】

⑤以上のように、安楽死に対する賛成派と反対派の意見は分かれています。この問題については、医療現場の適切なガイドラインを設けることが必要であると考えられます。また、倫理的な観点からも、この問題について議論が必要です。【まとめ】

 

たま吉
賛成・反対どちらかの意見で書いていくといいニャー

 

 

カ【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文⑥(民主主義)

 

①民主主義は、市民が自らの意思を直接的または間接的に表明し、政治的意思決定に参加する政治制度です。その起源は古代ギリシャにまでさかのぼりますが、近代に入ってから本格的に発展しました。【定義】

②民主主義の最大の特徴は、政治的な決定が市民によって行われることです。市民が投票によって議員や指導者を選出し、彼らに政治的権力を委任することで、政治を行うことができます。また、市民が憲法や法律を制定し、それを守ることができることも民主主義の特徴のひとつです。【特徴】

③しかし、民主主義には問題点もあります。例えば、民主主義は多数決原理に基づいていますが、多数決が必ずしも正しいとは限りません。また、政治的な意思決定に参加できる市民は限られており、政治に興味がない人や、政治に参加する機会がない人もいます。【問題点】

④これらの問題に対する対策として教育が挙げられます。市民に対して、政治的な知識や技能を身につけさせることで、参加意識を高め、政治に積極的に関わることができるようになります。また、市民の意見を直接的に反映する仕組みとして、直接民主制や住民投票制度なども導入されています。【対策】

⑤さらに、民主主義を実現するためには、政治家や指導者の資質が重要です。市民に対して正確な情報を提供し、公正かつ透明な政治を行うことが求められます。政治家や指導者が市民の利益を最優先に考え、市民の声に耳を傾けることができれば、民主主義の発展につながるでしょう。【対策】

⑥民主主義は市民が参加することで、より公正かつ平等な社会を実現することができます。しかし、そのためには市民の意識の向上や政治家の資質向上など、多くの課題を克服する必要があります。私たち一人一人が、民主主義を実現するために、積極的に取り組んでいくことが求められます。【まとめ】

 

モモ先生
民主主義とは何か?というところからしっかりと考えるようにしましょう。

 

 

 

 

キ【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文⑦(18歳成人)

 

①18歳成人になることとは法的に成人となることを意味します。日本では、これまで20歳以上であれば成人とされてきましたが、2022年4月からは18歳以上が成人となります。この変更には賛否両論があります。【定義】

②まず、背景についてですが、18歳成人制度は、若年層の社会参加の促進や、若者の権利意識の向上を目的として導入されることが決定されました。また、現在の法制度では、18歳以上でも未成年者として扱われるため、犯罪を犯した場合にも刑罰が重くなることがあります。そこで、18歳以上の若者がより社会的責任を持てるようになることが期待されています。【背景】

③一方、問題点としては、18歳成人になることで、若年層が政治に参加する機会が増える一方で、未熟な判断力や情報収集力によって、誤った判断をしてしまう可能性があることが指摘されています。また、未成年者が自立することによって家庭内のトラブルが生じる可能性もあります。【問題点】

④対策としては、まずは若者の権利意識の向上が必要です。若者に対して、18歳成人に伴う権利や義務について、十分な教育を行うことが必要です。また、社会参加においては、適切な情報収集判断力の向上が求められます。そして、政治においても、若者の声をより反映させるために、若者が参加しやすい環境づくりが必要です。【対策】

⑤以上のように、18歳成人になることには賛否両論があります。しかし、若年層の社会参加を促進する一方で、適切な教育や環境整備が必要であることは明らかです。18歳成人制度が実施されるにあたり、若者自身も自己啓発に努め、社会に貢献できるようにすべきだと考えます。【まとめ】

 

たま吉
高校生のみんなは大人になるという意識を持ってほしいニャー

 

ク【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文⑧(一票の格差)

 

①「一票の格差」とは、選挙において、一人の投票価値が他の人よりも高くなってしまう状況を指します。つまり、選挙区の人口差が大きくなると、その選挙区に住んでいるの人の一票の価値が低下し、投票行為が不平等になることを言います。【定義】

②まず、一票の格差の背景には、人口の都市集中が挙げられます。都市部に住む人口が増え、それに比べて地方の人口が減る傾向にあります。このため、都市部と地方で選挙区の人口差が生じ、一票の格差が生じます。【背景】

③次に、一票の格差の問題点には、平等性の欠如が挙げられます。一票の格差が生じると、投票する人の一票の価値が異なってしまい、選挙結果が実際の人気と異なってしまうことがあります。また、一票の格差が大きい選挙区では、有権者が投票する意欲が低下することがあります。【問題点】

④最後に、一票の格差の対策には、選挙区割りの見直しが必要です。選挙区割りとは、選挙区をどのように分割するかを定めるものであり、人口に基づいた均等な割り方を行うことが求められます。また、選挙区の大きさを変更したり、選挙制度を変更することも考えられます。これらの対策が実施されることで、一票の格差を解消し、選挙がより公平に行われることが期待されます。【対策】

⑤一票の格差は、選挙制度上の問題点であり、公正な選挙を行う上で重要な問題です。対策が必要であるため、今後も選挙制度の見直しや改善が進められることが望まれます。【まとめ】

 

モモ先生
どの人の投票も平等になってほしいですね。

 

 

 

 

ケ【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文⑨(若者の投票率の低下)

 

①若者の投票率の低下には様々な背景があります。一つの原因は、若者が政治に関心を持たないことです。これは、若者が政治に対して無関心であるというイメージが一般的に広まっているためかもしれません。また、若者が政治について知識が不十分であることや、政治の話題が難しく感じられることも一因として挙げられます。【原因】

②さらに、若者が社会や政治に対して不信感を持っていることも低い投票率につながっています。政治家の汚職や政治の腐敗が報道されることが多いため、若者は政治に対して不信感を抱いていることがあります。【原因】

③低い投票率には問題点も存在します。政治に無関心な若者が増えると、政治家たちは若者の意見を無視しやすくなってしまいます。若者が政治に参加することで、自分たちの意見を政治に反映させることができるようになります。また、政治に関心を持つことで、社会の問題についてより深く考えることができるようになります。【問題点】

④若者の投票率を上げるための対策として、政治に関心を持つようになるための教育が重要です。学校で政治についての教育を受けることで、若者が政治に関心を持つようになることが期待できます。また、政治についての情報をより身近に感じるために、投票日当日に選挙に行くことを推奨するなど、投票を促すキャンペーンも有効な手段です。【問題点】

⑤さらに、若者が政治に参加する機会を増やすことも大切です。政治について話し合う場を設けたり、若者が政治について発言しやすい環境を作ることで、若者が政治に参加しやすくなるでしょう。【対策】

⑥若者の投票率を上げることで、若者の意見が政治に反映されるようになります。そして、よりよい社会を築いていくために、若者たちが積極的に政治に参加することが必要です。【まとめ】

 

たま吉
若者が政治に参加しやすい環境制度を作ることが大事なんだニャー

 

 

コ【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文⑩(ワーク・ライフ・バランス)

 

①ワーク・ライフ・バランスとは、仕事とプライベートの時間を適切にバランスをとることを指します。ここ数十年で、働く環境が大きく変化したことにより、ワーク・ライフ・バランスが問題になっています。【定義】

②背景としては、昔は仕事が優先されることが一般的で、労働時間が長くなっていました。しかし、近年では、働き方改革などにより、働き方が多様化してきています。一方で、仕事とプライベートの両立が難しく、ストレスや過労による健康被害や家族との関係悪化などが起きることがあります。【背景】

③問題点としては、仕事に時間を割きすぎることにより、ストレスや過労、メンタルヘルスの問題が増えることが挙げられます。また、仕事とプライベートのバランスがとれていないことにより、家族との時間が減少し、家族との関係が悪化することがあります。また、女性の場合、家庭や育児との両立が難しく、男女間の格差が生まれることも問題視されています。【問題点】

④対策としては、企業がワーク・ライフ・バランスを重視し、労働時間の短縮やフレックスタイム制度の導入、育児休業制度の拡充などが挙げられます。また、個人レベルでも、自分自身でライフスタイルを見直すことが大切です。例えば、適度な運動や趣味、家族との時間を確保することが重要です。家族とのコミュニケーションを増やすことも大切です。【対策】

⑤ワーク・ライフ・バランスは、個人の幸福感や健康に影響する重要な問題です。企業や個人が、ワーク・ライフ・バランスを意識し、適切な対策を取ることが求められます。【まとめ】

 

モモ先生
会社だけでなく個人もいろいろなことに取り組む必要がありますね。

 

 

 

 

サ【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文⑪(格差社会)

 

①格差社会とは、社会の中で生じる所得や財産、教育や健康などの格差が大きい社会のことを指します。【定義】

②その背景には、グローバル化技術革新などがあり、経済や社会の構造が変化したことが挙げられます。【背景】

③格差社会の問題点としては、貧困格差拡大があります。所得や教育水準が低い人々が不利な状況に置かれ、社会的地位が低下するため、社会における不平等感が強まることが問題視されています。また、社会的弱者の支援が不十分であることにより、貧困や格差が解消されず、社会の不安定化につながることも指摘されています。【問題点】

④対策としては、教育の重視や格差是正のための政策が挙げられます。まず、教育を通じて子供たちに平等な機会を提供することが重要です。また、所得や財産による格差の解消のためには、社会保障制度や税制の改革が必要です。さらに、企業においても、ワーク・ライフ・バランスの確保や賃金の公平性などに注力することで、労働者の待遇改善につながります。【対策】

⑤これらの対策を実行することで、社会的弱者の支援や所得や財産、教育の格差の解消につながり、社会全体の安定化につながることが期待されます。【まとめ】

 

たま吉
格差が広がらないように手を打つ必要があるんだニャー

 

 

シ【法学部・政治学部】小論文の頻出テーマ、例文⑫(女性の社会進出)

 

①近年、女性の社会進出が進んでいます。その背景には、女性が働くことが当たり前になり、女性が活躍することが求められるようになったことがあります。また、労働力人口の減少や少子高齢化など、社会的な問題も背景にあります。【背景】

②しかし、女性が社会進出するには、まだまだ問題があります。女性のキャリアアップが難しいことや、男女間の賃金格差があること、女性が妊娠・出産などで職場復帰が困難な場合があることなどが挙げられます。【問題点】

③そのため、女性の社会進出に向けては、いくつかの対策が必要です。まず、女性が働きやすい職場環境を整えることが重要です。例えば、育児休業や育児休暇などの制度を整備することで、女性が安心して働ける環境を整えることができます。また、男女間の賃金格差を是正することも大切です。【対策】

④また、女性がキャリアアップできるように教育環境の整備も必要です。女性が技術や知識を身につけることができる教育機会を増やすことで、女性の社会進出が促進されることが期待されます。【対策】

⑤女性が社会進出することで、社会全体の活力が向上することが期待されます。今後も、女性が働きやすい社会を実現するために、様々な対策が必要となります。【まとめ】

 

モモ先生
女性が働きやすい環境整備を早急に整えてほしいですね。

 

 

【経済学部・経営学部】小論文の頻出テーマ・ネタの回答例は?

 

 

たま吉
経済学部や経営学部の小論文でよく出るテーマを知りたいにゃー
モモ先生
ここではよく出るテーマの解説について例文形式でまとめていますよ。

 

 

ア【経済学部・経営学部】小論文の頻出テーマ、例文①(インバウンド)

 

①インバウンドとは、日本に観光やビジネス目的で訪れる外国人観光客を指します。日本政府は、近年、インバウンドの増加を促進しており、観光業界や関連産業にとって、大きな経済効果が期待されています。しかし、インバウンドにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。【定義】

②まず、インバウンドのメリットについて考えてみましょう。日本の文化や観光地、商品などが世界中から注目されることで、日本の魅力が広く知られるようになり、国際社会との交流が深まります。また、外国人観光客の増加に伴い、観光業や関連産業に雇用の機会が生まれ、地域経済の活性化につながるとされています。【メリット】

③一方で、インバウンドにはデメリットもあります。まず、外国人観光客が増えることで、交通渋滞や混雑が起こり、地元の生活に支障をきたすことがあります。また、インバウンドによって、観光地や地域の風習が変わってしまう可能性もあります。さらに、外国人観光客が増えることで、環境問題治安の問題が生じることがあります。【デメリット】

④こうしたデメリットに対して対策が求められます。例えば、交通渋滞や混雑を軽減するためには、公共交通機関の整備や、観光客の分散化が必要です。また、地元の文化や風習を守るためには、外国人観光客に対するマナーやルールの啓発が必要です。さらに、環境問題や治安の問題に対しても、適切な対策を講じる必要があります。【対策】

⑤以上のように、インバウンドにはメリットとデメリットがあることがわかります。そのため、インバウンドを推進する上で、慎重かつ適切な対策を講じることが求められます。【まとめ】

 

たま吉
コロナが落ち着いてきたからインバウンドが増えそうだニャー

 

 

イ【経済学部・経営学部】小論文の頻出テーマ、例文②(地方創生)

 

①地方創生とは、地方の経済活性化や人口減少対策など、地方自治体が自己責任で地域の課題を解決し、豊かな地域社会をつくるための取り組みです。【定義】

②背景として、日本の人口は減少傾向にあり、都市部に人口が集中する一方で、地方では人口が減少し、高齢化が進んでいます。これにより地方の経済活力が低下し、地域の課題が顕在化しています。【背景】

③地方創生の問題点としては、地方自治体の財政難人材不足、企業誘致の難しさなどが挙げられます。また、地域によって課題が異なるため、一律に解決策を提供することが難しいという課題もあります。【問題点】

④対策として、地方自治体は自己責任で地域の魅力を発信するためのPRや、地域に合わせた産業振興のための支援など、様々な取り組みを行っています。また、国も地方創生のための支援策を打ち出しており、地域の特性に応じた支援や交流促進のための施策などが進められています。【対策】

⑤地方創生を進めるためには、地域の課題を正確に把握し、その課題に対応した施策を立案することが重要です。また、住民参加型の取り組みや、都市との協調・連携も大切です。地方創生を通じて、豊かで魅力的な地域社会をつくり上げていくことが求められています。【まとめ】

 

モモ先生
地方創生のためには限られた資源をどう使うかが大事になってきますね。

 

 

 

 

ウ【経済学部・経営学部】小論文の頻出テーマ、例文③(グローバリゼーション)

 

①グローバリゼーションとは、世界の人々や国々が経済、文化、情報などを自由に交流し、相互に影響しあう現象のことを指します。【定義】

②グローバリゼーションの背景には、情報通信技術の発展自由化政策の進展、世界市場の拡大などがあります。【背景】

③グローバリゼーションのメリットとしては、国境を越えて商品やサービスが自由に流通することで、多様な品揃えや安価な価格で商品が手に入ることが挙げられます。また、国境を越えた人々や企業の交流により、新たなビジネスチャンスや文化交流が生まれることもあります。【メリット】

④一方、グローバリゼーションには問題点もあります。先進国と途上国の格差が拡大し、途上国での人権侵害や環境問題などの悪影響が懸念されます。また、自由化政策の過度な進展により、国内産業が衰退する恐れもあります。【問題点】

⑤グローバリゼーションの対策としては、国際ルールの整備や途上国の支援、地域の特性に合った産業育成などが挙げられます。国際ルールの整備により、競争原理に基づいた公正な取引が行われるようになり、途上国の発展にもつながるとされています。また、途上国の支援により、人権や環境問題の改善に取り組むことができます。さらに、地域の特性に合わせた産業育成により、地方創生や地域経済の活性化が期待されます。【対策】

⑥グローバリゼーションは、世界中の人々や国々が相互に影響し合う現象であり、メリットとデメリットが存在します。しかし、適切な対策を講じることで、グローバリゼーションのメリットを最大限に活かし、デメリットを最小限に抑えることができます。【まとめ】

 

たま吉
日本と世界がどんどん近づいているんだニャー

 

 

エ【経済学部・経営学部】小論文の頻出テーマ、例文④(ベーシックインカム)

 

①近年、ベーシックインカムという制度が注目されています。ベーシックインカムとは、国民全員に一定額のお金を給付する制度のことです。この制度が注目されるようになった背景には、様々な問題があることが挙げられます。【定義】

②まず、現代社会においては、貧困層が存在しています。貧困層とは、生活に必要な最低限の費用を稼ぐことができない人々のことです。このような人々は、住まいや食料、医療などの基本的な生活必需品にも困窮しています。ベーシックインカムは、このような人々に一定額のお金を給付することによって、生活の改善を支援することができます。【背景】

③しかしながら、ベーシックインカムには問題点もあります。まず、財源が問題となります。ベーシックインカムを導入するには、膨大な財源が必要となります。そのため、税金の増税などの財源確保策が必要となる場合があります。【問題点】

④また、ベーシックインカムが導入されることによって、収入の保証があるため、働く意欲が低下する可能性があります。これによって、労働力不足が生じることが懸念されます。【問題点】

⑤しかし、これらの問題に対しては、様々な対策が考えられています。例えば、ベーシックインカムを導入する際には、財源の確保や、支給額の設定が重要となります。また、働く意欲を刺激するためには、就労支援や教育支援などの制度が必要となります。【対策】

⑥また、ベーシックインカムの導入によって、社会的な安定や経済成長が促進される可能性もあります。貧困層の減少や、消費活動の活発化によって、経済成長が促進される可能性があります。【対策】

⑦以上のように、ベーシックインカムは、貧困対策や社会的な安定、経済成長の促進など、多くのメリットがある一方、問題点も存在しています。そのため、慎重な検討や研究が必要とされています。【まとめ】

 

モモ先生
地方創生のためには限られた資源をどう使うかが大事になってきますね。

 

 

 

 

オ【経済学部・経営学部】小論文の頻出テーマ、例文⑤(食品ロス)

 

①食品ロスとは、生産から消費までの過程で食品が廃棄される現象のことを言います。世界的に見て、毎年約13億トンの食品がロスとして廃棄されています。一方で、世界中には食料不足に苦しむ人々が多くいるという現実もあります。【定義】

②食品ロスが発生する背景には様々な要因があります。農作物の出荷規格が厳しく、形や色が標準に合わないものは販売されず、廃棄されることが多いためです。また、加工品や弁当など、消費期限が短い食品は、余った場合には廃棄せざるを得なくなります。さらに、消費者自身が過剰な食品を購入し、食べきれずに廃棄することも大きな問題です。【背景】

③食品ロスの問題点としては、まず環境問題が挙げられます。廃棄された食品は、不必要に廃棄された資源であるだけでなく、発酵や腐敗によってメタンガスを放出し、地球温暖化の原因となっています。また、廃棄された食品のうち、まだ食べられるものが多数存在しているため、食料不足に苦しむ人々にとっては大きな問題となっています。【問題点】

④食品ロスの対策としては、まず生産段階での規格緩和在庫管理の改善が挙げられます。また、消費者自身が適切な量の食品を購入し、食品の消費期限に注意することも大切です。スーパーマーケットなども、食品ロスを減らすために、販売期限の近い商品を値下げする「賞味期限間近品」の販売や、余った食品をフードバンクなどに寄贈する活動を行っています。【対策】

⑤また、農家と消費者を直接つなぐ「地産地消」や、販売期限の近い商品をリサイクルする「スーパーマーケット型リサイクルショップ」など、社会的な取り組みもあります。さらに、食品ロスを減らすための技術開発も進んでおり、食品ロスを発生させる原因を解決するための取り組みも進んでいます。【対策】

⑥食品ロスは、環境問題や社会問題にも関わる大きな問題です。そのため、農家やスーパーマーケットなどが協力し、消費者自身も適切な食品の管理に注意することが大切です。また、技術開発や社会的な取り組みも進んでいるため、今後も食品ロス削減のための取り組みが進んでいくことが期待されています。【まとめ】

 

たま吉
食べる以上の物をできるだけ買わないようにしたいニャー

 

 

 

スポンサーリンク