【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ・回答例ネタ一覧は?

 

 

ちゃちゃ丸
看護系大学や専門学校の小論文でよく出るテーマやネタを知りたいニャー

 

と思っている高校生のみなさん!

今回は「【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ・回答例ネタ一覧は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「看護系大学・専門学校入試の小論文でよく出るテーマやネタ」について知りたい高校生向けの記事です。

 

✓対象となる人

看護系大学や専門学校の小論文でよく出るテーマやネタについて知りたい高校生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマは?

 

 

ちゃちゃ丸
看護医療系の小論文でよく出るテーマについて知りたいニャー
モモ先生
ここではよく出るテーマについて用語の解説とおすすめ動画を紹介していきますよ。

 

ア【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ①(臓器移植)

→他人の臓器を移植することによって治療する方法

 

【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ①(臓器移植)です。

 

【現状】
①臓器の移植方法は、健康な家族などから臓器の提供を受ける生体移植と、脳死の人からの移植である臓器移植がある。
*脳死:人工呼吸器などの生命維持装置で生かされている状態

②臓器移植法の改正によって、家族の同意があれば、本人の意思表示がなくても臓器移植が可能になった。

 

【問題点】
①脳死判定の正確性や安全性に問題が残る

②人体を機械の部品のように扱うことで臓器売買が行われる危険がある

死生観・宗教観などから家族の承諾が得られない場合がある

④外国での臓器移植手術を望む場合は費用面などで負担が大きい

 

 

 

イ【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ②(チーム医療)

→一人の患者に複数の医療スタッフが医療行為に携わること

 

【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ②(チーム医療)です。

 

【背景】
①従来の医療システムは医師が治療行為を決め、その他医療従事者に指示をする、つまり医師を中心とした体制であった。

②医療行為が複雑化・高度化し、医師が一人で総合的に治療や判断をすることが難しくなってきた。

③医療従事者が対等な立場で連携し、業務を分担して患者の治療やケアにあたる、チーム医療が求められるようになってきた。

 

【チーム医療を行う上で大切なこと】
①医療従事者一人一人が専門性を高めること

②各スタッフが医師の指示がなくても自律的に判断できるようにすること

③患者情報の共有などによりスタッフ間の連携をしあうこと

 

 

 

 

 

ウ【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ③(出生前診断)

→出産前の胎児に、染色体異常や先天的疾患がないかどうかを調べること

 

【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ③(出生前診断)です。

 

【賛成の立場】
①障害のある子供を育てることは、精神的・経済的な負担が大きい

 

【反対の立場】
①生まれてくる命に優劣をつけてしまい、生命倫理の面から問題がある

②障害のある人に対する差別につながってしまう

 

 

 

エ【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ④(緩和ケア)

→患者の苦痛を和らげることを目的に行う医療行為

 

【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ④(緩和ケア)です。

 

【背景】
①医療技術の発展により、回復の見込みのない患者でも、人工呼吸器などを使って何日か延命させることが可能になった。(延命治療)

②延命治療を拒否し、自然な死(尊厳死)を迎えたいと考える患者も増えている。

③治療しても見込みのない患者に対しては、QOL(生活の質)の考え方が重要になってきている。つまり、患者の病気を治療するのではなく、体の苦しみや痛み、心の不安を取り除くことが医療従事者には求められる。

④緩和ケアを行うための特別な施設は「ホスピス」と呼ばれる。

 

 

 

 

 

オ【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑤(インフォームド・コンセント)

→医師が患者に病状・治療法を説明し、患者の同意のもとで医療行為が行われること

 

【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑤(インフォームド・コンセント)です。

 

【背景】
①従来は患者に医学的知識がないため、「医者が主、患者が従」という意識が強かった。

②患者の自己決定権が尊重されるようになり、患者にとって納得できる医療行為を受けられることが求められるようになった。

 

【医師が心がけるべきこと】
①患者の不安を取り除くことができるように丁寧な説明をすること。

 

 

 

カ【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑥(再生医療)

→人工的に体の一部を作製し、それを人の体に移植する医療

 

【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑥(再生医療)です。

 

【背景】
①様々な組織や臓器に変化できる細胞として、ES細胞iPS細胞がある。

②ES細胞は受精卵からつくるため、生命を破壊してしまうという倫理上の問題がある。

③iPS細胞は体細胞からつくって、様々な細胞に分化させることができるため、倫理上の問題はない。

 

【問題点・対策】
①クローン人間ができてしまう可能性があるという倫理的な問題がある。

②法整備をして再生医療を使用するのは病気や怪我の治療に限定すべきである。

 

 

 

 

 

キ【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑦(患者への接し方)

→患者の心に寄り添う接し方が大切!

 

【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑦(患者への接し方)です。

 

【患者への接し方】
①患者の苦しみ・痛み・死への恐怖などを理解し、寄り添うことが大切である。

②患者をよく観察し、ちょっとした変化に気づくことが大切である。

患者の最も身近にいる医療者として、医師と患者との間をつなぐ役割も求められる。

 

 

 

ク【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑧(地域医療)

→地域のニーズに合わせた、住民のために提供される日常的な医療活動

 

【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑧(地域医療)です。

 

【背景】
①都市部に医師が集中し、一方、地方では医師不足により病院の経営が行き詰まり、医療格差が生じている

「かかりつけ医」(ホームドクター)と呼ばれる地域の開業医の役割が重要である。治療やケアを行うだけではなく、住民の病気の予防し健康を維持することも地域医療の役割である。

 

【対策】
①医師を一定期間、特定の地域の医療に従事させるシステムを国や自治体が作る。

②入学試験において地域枠を設け、将来一定期間その地域で働くことを条件に、学費が免除されるという仕組みを作る。

 

 

 

 

ケ【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑨(AIと医療)

→AIを導入することのメリット・デメリットを考える

 

【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑨(AIと医療)です。

 

【利用例】
①センサーとタブレット画像による遠隔診療

③他業種とのデータ交換による包括的な医療ケア

 

【メリット】
①医師や看護師、介護士の仕事の一部を肩代わりできる

②医療の地域格差が解消できる

 

【デメリット】
①AIやロボットが判断を間違えた時に誰が責任をとるかという問題がある

②対話を通じて患者とコミュニケーションをし、心のケアをすることはAIにはまだできない

 

 

 

コ【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑩(新型コロナウイルス感染症)

→最も出る可能性が高いテーマ

 

【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ⑩(新型コロナウイルス感染症)です。

2020年から世界中で感染した新型コロナウイルス感染症は看護医療系では最も出るテーマの一つといえます。

サイトをまとめましたので、こちらで知識を深めましょう。

 

 

また、他には、

・認知症
・健康とは
・医療事故
・東日本大震災などの災害
・ホスピタリティ
・看護師としてのマナー、看護において大切なことは何か(看護観)
・患者への思いやり(信頼関係)
・QOL
・リーダーシップ
・高齢化社会
・ボランティア

などが出題される可能性があります。

 

 

 

 

サ 看護医療系の重要キーワード(医療用語)

 

上で紹介したキーワード以外で看護医療系を志望する人が知っておきたい医療用語をまとめました。

安楽死患者を苦痛から解放するために、積極的に死を早めて死なせること
遺伝子治療必要な遺伝子を組み込んだ細胞を患者の体内に入れる治療法
コ・メディカル医師と協力して医療を行う医療従事者
ヒヤリ・ハット事故にはならなかったが、場合によっては事故になっていたかもしれない事柄
ER救急救命室
トリアージ患者の重症度に応じて、治療・搬送の優先度を判定すること
電子カルテ医師などが診療経過などをPC上で記録すること
在宅死住み慣れた自宅で家族に看取られて死を迎えること
代理出産夫婦が妻以外の女性に自分たちの子供を出産してもらうこと
コンビニ受診診療時間外の夜間・休日に安易に救急外来を受診すること
セカンド・オピニオン主治医以外の医師に求められる意見
院内感染医療施設の中で感染症にかかること
PTSD心的外傷後ストレス障害

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

効率的に推薦入試<小論文・面接>の勉強をしたい方へ

 

 

 

多くの学校では推薦入試対策を授業でやることはありません。

そのため、面接や小論文の対策は基本的にはみなさん自身でやる必要があります。

ですので、面接や小論文に対して不安な気持ちになるかもしれません。

そんな皆さんにおすすめする動画授業サービスがあります。

それが「スタディサプリ」です。

スタディサプリは「定期テスト対策」及び「大学入試対策」に関する授業はもちろんのこと、「面接対策」「小論文対策」に関する授業も視聴することができます。

また月額料金も月額2,178円~とお得です。

スタディサプリは、

・近くに塾がない
・独学で勉強をしているが勉強に不安がある
・塾に通っているが分からないところがある
・小論文の書き方や面接の話す内容について知りたい

といった方におすすめの動画サービスとなっています。

 

関連記事

 ちゃちゃ丸スタディサプリの使い方とおすすめ講座について知りたいニャー と思っている高校生のみなさん!今回は「【スタディサプリ】塾講師おすすめの高校講座や大学受験講座や[…]

 

 

この記事が役に立ったと思った方は、下の「タイトル名」と「URL」をコピーしてブログやSNSに貼り付けて紹介して頂くと幸いです。

愛知県豊橋市の個別指導塾「とよはし練成塾」
・タイトル名 「【看護系大学・専門学校入試】小論文の頻出テーマ・回答例ネタ一覧は?」
・記事URL https://toyohashi-rensei.com/syoron-kango/

 

ちゃちゃ丸
よろしくお願いするんだニャ~