桜丘中学校(豊橋)の偏差値・評判・倍率・学費及び入試に合格するための勉強法は?

 

 

たま吉
桜丘中学校に合格したいニャー

 

と思っている小学生や保護者のみなさん!

今回は「桜丘中学校(豊橋)の偏差値・評判・倍率・学費及び入試に合格するための勉強法は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「桜丘中学校に合格するための勉強法」について知りたい小学生や保護者向けの記事です。

 

✓対象となる人

桜丘中学校に合格したい小学生や保護者

 

✓結論 

「桜丘中学校に合格する勉強法は?」→早い時期に国語と算数の基礎を固めること

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

桜丘中学校(豊橋)の偏差値・評判・倍率・学費は?

 

 

たま吉
桜丘中学校の基本情報について知りたいニャー
モモ先生
最初に桜丘中学校の基本情報についてみていきましょう。

 

 

ア 桜丘中学校(豊橋)の偏差値は?

→標準的な難易度

 

桜丘中学校(豊橋)の偏差値は、日本最大級の私立中学校・国公立中高一貫校情報サイト「シリタス」によると52となっています。

また、近隣の私立中学校は

・海陽中等教育学校(蒲郡市)60
・聖隷クリストファー中学校(浜松市)52
・浜松日体中学校(浜松市)52
・浜松学芸中学校(浜松市)51
・西遠女子学園中学校(浜松市)51
・浜松開誠館中学校(浜松市)49
・浜松学院中学校(浜松市)47
・浜松修学舎中学校(浜松市)47

となっています。

なお、倍率は不明でした。

 

 

イ 桜丘中学校(豊橋)の学費や評判は?

→標準的な難易度

 

桜丘中学校(豊橋)の学費は、

・入学金が200,000円
・年間授業料が420,000円
・その他が75,800円

となっており、合計で年間695,800円となっています。

また、桜丘中学校の評判(口コミ)は、

・毎日居残り学習があり、塾がいらない。
・進学校なので大学へ向けての学習をしっかりやっている。わからないところもケアしてもらえる。
・英検や学習の指標になるものは学校から率先して受けさせて貰える為、生徒も周りの状況を鑑みて自律的に学習している感じがある
・図書室は綺麗でエアコンも各教室にあり、売店も食堂もある。

といったものがありました。

「桜丘中学校(豊橋)の評判」はこちら

 

 

桜丘中学校入試に合格するための勉強法は?

 

 

たま吉
桜丘中学校に合格するための勉強法を知りたいニャー
モモ先生
ここでは当塾の生徒に向けた指導法を紹介していきますよ。

 

 

ア 桜丘中学校入試の試験日や試験科目は?

→国語と算数が必須

 

桜丘中学校の試験日は、第Ⅰ期と第Ⅱ期があります。

2022年の時は、第Ⅰ期が2022年1月22日(土)、第Ⅱ期が2022年2月5日(土)でした。

また、試験科目は国語と算数(各45分)が必須で、理科・社会・英会話から1科目(30分)が筆記試験で、併せて保護者同伴の面接試験があります。

 

 

イ 桜丘中学校合格のための勉強法は?①(算数→国語→理科・社会の順で進める)

→最初は算数から進めた方がいい

 

桜丘中学校合格のための勉強法の一つ目は、「算数→国語→理科・社会の順で進める」ことです。

理科や社会に比べると算数や国語は仕上がるのに時間がかかります。

また、算数は一度できるようになると力が維持できるため、早めにやった方がいい科目といえます。(国語は人によってはなかなかできるようにならない可能性もあるためです。)

そのため、桜丘中学校入試の勉強は算数から始め、算数がある程度できるようになったら国語、理科(社会)の順で進めるようにして下さい

 

 

 

 

ウ 桜丘中学校合格のためのおすすめ教材は?

→難しい問題はほとんど出ない

 

桜丘中学校合格のためのおすすめ教材は、参考書は「やさしくまるごと小学シリーズ」、問題集は一冊で全科目が復習できる教材がおすすめです。

「やさしくまるごと小学シリーズ」は全ての単元を動画授業で見ることができるため、非常に使いやすい参考書といえます。

また、桜丘中学校の入試は難しい問題が少ないため、中学受験用の問題集ではなく、小5・小6の内容が一通り復習できる問題集を使っていけば十分です。

問題集を解いてできなかった問題は、「やさしくまるごと小学シリーズ」に戻って復習していくといいでしょう。

 

 

エ 桜丘中学校合格のための当塾での指導法は?

→難しい問題はほとんど出ない

 

当塾では小学校5年生から2年間かけて桜丘中学校合格に向けた指導をしています。

最初に「フォレスタ算数」を使って算数の復習及び予習を行い、一気に6年生の内容までを終わらせます。

また、別の問題集を使い、小学校の内容が定着しているか確認をします。

次に「読解はかせ」で国語の文章読解の練習を、「級別漢字の学習小学校編」で漢字の問題を解いていきます。

「読解はかせ」では生徒に文章を音読させてから問題を解くようにしています。

また、「級別漢字の学習小学校編」では覚えていなかった漢字は3回ノートに書き、その後覚えたかどうかを再テストしています。

 

算数と国語が終わった後は、理科(社会)の対策をします。

理科や社会は知識がないとなかなかできるようにはなりませんので、最初に重要部分を覚えてから問題演習に入るようにしています。

このようなやり方で入試本番を迎えるようにしています。

 

 

<まとめ>桜丘中学校(豊橋)の偏差値・評判・倍率・学費及び入試に合格するための勉強法は?

 

 

今回の記事の「桜丘中学校(豊橋)の偏差値・評判・倍率・学費及び入試に合格するための勉強法は?」の内容のまとめです。

 

①桜丘中学校の入試は国語+算数+理科・社会・英会話
②桜丘中学校の入試は難しい問題は出ないので基礎固めを重視しよう
③桜丘中学校の入試勉強は算数→国語→理科・社会の順で始めよう

 

基本的な問題を中心に仕上げていくようにして下さい。

 

この記事が役に立ったと思った方は、下の「タイトル名」と「URL」をコピーしてブログやSNSに貼り付けて紹介して頂くと幸いです。

愛知県豊橋市の個別指導塾「とよはし練成塾」
タイトル名 「桜丘中学校(豊橋)の偏差値・評判・倍率・学費及び入試に合格するための勉強法は?」
・記事URL https://toyohashi-rensei.com/sakurachu/

 

たま吉
よろしくお願いするんだニャ~