【大学受験物理】漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本のレベルや評判、使い方は?

 

 

たま吉
大学受験の物理の参考書の「漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本」について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「【大学受験物理】漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本のレベルや評判、使い方は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本のレベルや使い方」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本を使って大学入試の物理の内容を理解したい高校生及び浪人生

 

✓結論 

「漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本のレベルや使い方は?」→分かりやすいが、その分分厚いためピンポイントで読んでいこう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

大学入試のおすすめ勉強法を知りたい人は

大学入試の教科別勉強法、独学で進める学習スケジュールは?

 

 

大学入試教科別勉強法

①英語②文系数学③理系数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦物理⑧化学
⑨生物⑩日本史⑪世界史

 

 

スポンサーリンク

漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本とは?漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本のレベルや偏差値は?

 

 

たま吉
漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本とはどんな参考書なのかニャー?
モモ先生
物理の内容を分かりやすく説明している参考書ですよ。

 

 

ア「漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本」はどんな物理の参考書か?

→大学受験に必要な物理の内容が分かりやすく書かれている参考書

 

「漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本(力学・熱力学)」「漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本(波動・電子)」「漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本(電磁気)」はKADOKAWAから出ている物理の参考書です。

 

 

 

 

この参考書は「力学・熱力学編」と「波動・原子編」、「電磁気編」に分かれており、どちらも300ページ近くあるため結構なボリュームです。

そのため、全てを読むのではなく、問題集などを解いていてどうしても分からない部分を中心に読んでいくことをおすすめします。

 

また、「漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本」の特徴としては、

・会話口調で書かれており読みやすい
・物理現象のイメージを分かりやすく伝えている
・公式の意味や成り立ち、公式の導き方などが詳しく書かれている
・典型問題の解き方が詳しく書かれている

であり、物理の本質的な内容を理解したい人向けの参考書といえます。

「漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本」は大学入試対策としてはもちろん、定期テスト対策としても使える参考書です。

 

ただし、「中学の理科(物理)の内容から分からない」人や「数学が苦手な人(特に三角比)」は、「宇宙一わかりやすい高校物理」でも理解できない内容が出てきます。

その場合は、中学理科の復習や三角比の復習をしてから取り組むようにしましょう。

 

たま吉
物理の内容について詳しく書かれている参考書なんだニャー

 

 

 

 

イ 漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本の内容は?

→はじめに、ココをおさえよう、説明、問題、確認問題に分かれている

 

「漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本」の基本的な構成としては、

 

①説明:話し言葉で書かれており、かつイラストも多いため非常にわかりやすい
②まとめ:各章の終わりに公式や用語の意味などがまとまっている
③チェック問題:定期テストレベルの問題の解き方が詳しく載っている

 

となっています。

まずは、説明などを読んで物理現象を理解し、その後は問題を解いて「なぜそうなるのか?」を理解することが大切になってきます。

 

モモ先生
物理は基本的な内容をしっかり理解することが非常に大切な科目ですよ。

 

 

 

 

漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本の使い方は?<共通テスト・大学入試編>

 

 

ちゃちゃ丸
共通テストや大学入試に向けて漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
分からないところを調べるための教材として使うようにしましょう。

 

 

ア 漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本の使い方は?(分からないところを調べる用に使う)

→全てを読むのは時間がかかりすぎる

 

漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本のおすすめの使い方は、「分からないところを調べる用に使う」ことです。

この本は3冊で900ページ近くあるため、一から全てを読もうとすると時間がかかりすぎてしまいます。

そのため、基本的にはセミナーやアクセスリードLightノート物理などの問題集を解いていて、その解き方が分からないときに、「漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本」で調べるようにしましょう。

 

ただ、特定の単元が根本的にわかっていない場合には、一から読むことをおすすめします。

例えば、「単振動が全く分からない」「電磁誘導が全く分からない」といった場合は、問題集を解こうとしてもなかなかできない可能性が高いです。

そのような場合は、先に単振動や電磁誘導の単元を最初から読んで内容を深めるようにして下さい。

 

 

【共通テスト対策】物理のおすすめ勉強法を知りたい人は

共通テスト物理の勉強法と参考書や問題集のおすすめは?

 

 

また、どんなにわかりやすい参考書でも、どうしても分からないところが出てきます。

その場合は、YouTubeの授業動画を見ることをおすすめします。

個人的におすすめするサイトは、

です。いろいろな動画を見比べてみて分かりやすいものを視聴するようにしましょう。

 

たま吉
参考書や授業動画などで理解を深めるようにしたいニャー

 

 

 

 

 

スポンサーリンク