【宅建(2022)】独学で合格するためのおすすめテキストや問題集、過去問は?

 


 

 

たま吉
宅建士の試験日や合格率について知りたいニャー

 

と思っているみなさん!

今回は「【宅建(2022)】独学で合格するためのおすすめテキストや問題集、過去問は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「宅建に独学で合格するためのおすすめのテキストや問題集」について知りたい方向けの記事です。

 

✓対象となる人

宅建に独学で合格するためのおすすめテキストや問題集を知りたい人

 

✓結論 

「宅建に独学で合格するためのおすすめテキストは?」→史上最強の宅建士テキスト・問題集がおすすめ

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 宅建試験に合格した元受験生

 

 

宅建士(2022)の試験日、合格発表日、受験会場は?

 

 

たま吉
宅建(2022)合格に向けたおすすめ参考書や問題集を知りたいニャー
モモ先生
テキスト、問題集、過去問題集の3冊があるといいですよ。

 

宅建の試験は難易度がやや高めです。

配点は50点で合格ラインは35~38点程度となっています。

そして、宅建合格に必要な教材は全部で3種類必要です。

それは、

①テキスト(問題がついている参考書がおすすめ)
②問題集
③過去問題集

です。

 

最初にテキストを読んで内容を理解し、次に問題集を解いて知識が定着しているかどうかを確認します。

そして最後に過去問題集を解いて得点力を上げていきます。(余裕のある人は予想問題集も取り組んでみるといいでしょう。)

宅建の試験でしっかりと知識がないと正解の選択肢を選べませんので、まずはしっかりと覚えるところから始めるようにしましょう。

 

たま吉
最初にテキストをよく読んで内容を理解するようにしたいニャー

 

 

宅建試験の日程や試験範囲を知りたい人は

【宅建】試験日・合格率・試験範囲<学科・実技>・申し込みは?

 

 

スキマ時間で手軽に学べる


スタディング 宅建士講座

 

 

宅建試験(2022)合格のためのおすすめテキストは?

 

 

たま吉
宅建試験(2022)に合格するためのおすすめテキストを知りたいニャー
モモ先生
「史上最強の宅建士テキスト」がおすすめですよ。

 

 

最初に宅建試験合格におすすめのテキストからみていきます。

定番のテキストと言えば、

・宅建士合格のトリセツ基本テキスト(LEC)
・わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト(TAC出版)
・出る順宅建士合格テキスト(LEC)
・ユーキャンの宅建士きほんの教科書(U-CAN)

などがあります。

 

その中で私がおすすめするのは、「史上最強の宅建士テキスト」です。

 

 

 

 

この本をおすすめする理由は、

・過去の試験に出たところが一目でわかるようになっている
・チェックペンでマークしやすい紙質になっている
・過去問で集中講義で問題演習ができる
・別冊の「実力判定過去問SELECT50」でも問題演習ができる

です。

 

また、この本の内容をマスターすると97.3%の内容がカバーできるとあるため最短・最速で仕上げることができます。

ただし、単元によっては分かりにくい内容もあるため、その場合は「らくらく宅建塾」を使って内容を理解するといいでしょう。(内容の分かりやすさはこちらのほうが分かりやすいと感じました。)

 

モモ先生
できれば何冊かテキストがあるといいですよ。

 

 

スキマ時間で手軽に学べる


スタディング 宅建士講座

 

 

宅建試験(2022)合格のためのおすすめ問題集や過去問題集は?

 

 

たま吉
問題集はどれを使っていったらいいのかニャー
モモ先生
「史上最強の宅建士問題集」がおすすめですよ。

 

 

ア 宅建試験合格のためのおすすめ問題集や過去問題集①(史上最強の宅建士問題集)

→よく出る問題がどこかが一目でわかるようになっている

 

テキストの次は問題集についてです。

数ある問題集の中で私がおすすめするのは「史上最強の宅建士問題集」です。

 

 

 

 

この問題集は先に紹介した「史上最強の宅建士テキスト」の姉妹書です。

そのため相関性が高いため、ぜひセットで使うことをおすすめします。

また、この問題集の特徴としては、

・1冊をマスターすると約97.3%の問題が解けるようになる
・問題の単元ごとに出題回数が表示されているため、メリハリのついた勉強ができる
・見開きの左ページに問題、右ページに答えと解説が載っている
・解説には覚えるべき語句が赤字で書かれている
・別冊の「頻出TOP90宅建暗記カード」には覚えるべきポイントがまとまっている

といったものがあります。

そのため、時間に余裕のない人は、

①別冊の「頻出TOP90宅建暗記カード」の赤字部分を覚える
②本体の問題の中で★の数が多い単元を優先的にマスターする

だけでも合格ラインに乗せることができます。

覚えるべき数を絞り、できなかった問題を繰り返し復習するようにしましょう。
モモ先生
まずは過去問でよく出る部分を覚えるようにしましょう。

 

 

イ 宅建試験合格のためのおすすめ問題集や過去問題集②(宅建過去問道場)

→過去10年分以上の問題を解くことができる

 

「史上最強の宅建士問題集」の内容をマスターしたら、過去問演習に入っていきます。

そして過去問の場合は問題集ではなく、「宅建過去問道場」というサイトがおすすめです。

このサイトは、過去10年分以上の問題が載っており、

最新の法令に対応している
・難易度や分野を指定できる

といった特徴があります。

 

最初は数年分の過去問を解き、その後は苦手な単元を集中的に解いていくといいでしょう。

時間のある限り過去問道場にある問題を解くと合格ラインに到達することができます。

 

たま吉
たくさん問題を解いて仕上げていきたいニャー

 

 

宅建試験合格のためのおすすめ勉強法を知りたい人は

【宅建】独学で1か月で合格した私の合格体験記

 

 

 

スキマ時間で手軽に学べる


スタディング 宅建士講座

 

 

効率的に宅建士の勉強をしたい方へ

 

 

本屋さんに行くと宅建士試験の本がたくさん並んでいます。

多くの参考書は非常にわかりやすく書かれていますが、しかしそれでも全ての内容が理解できるとは限りません。

また、「●●の意味が分からない」「どんなペースで勉強したらいいかが分からない」「予備校の授業を受けるならできるだけ安い値段で受講したい」と思われる方もいるでしょう。

そんな皆さんにおすすめする動画授業サービスがあります。

それが「スタディング」です。

スタディングは14,960円~という非常にお得な価格で「宅建士に関する授業を数多く見ることができます。

また、マンション管理士、管理業務主任者など他の資格試験の講座も充実しています。

動画による授業はもちろんのこと、問題演習や模試なども充実しています。

そのためスタディングは、

・スキマ時間を使って宅建士の勉強をしたい
・独学で勉強をしているが勉強に不安がある
・できるだけ安い価格で宅建士の対策をしたい
・問題や模試をたくさん解きたい

といった方におすすめの動画サービスとなっています。

 

 

スキマ時間で手軽に学べる


スタディング 宅建士講座