【宅建士(2022)】日程・試験会場・合格率・申し込み方法は?

 


 

 

たま吉
宅建士の試験日や合格率について知りたいニャー

 

と思っているみなさん!

今回は「【宅建士(2022)】日程・試験会場・合格率・申し込み方法は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「宅建士の試験日や合格率、申し込み方法」について知りたい方向けの記事です。

 

✓対象となる人

宅建士の試験日や合格率を知りたい受験生の方

 

✓結論 

「宅建士(2022)の試験日や合格率、試験範囲は?」→試験日は10月中旬、合格率は15%前後

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 宅建士に合格した元受験生

 

 

宅建士(2022)の試験日、合格発表日、受験会場は?

 

 

たま吉
宅建士(2022)の試験日を知りたいニャー
モモ先生
年1回10月中旬に試験がありますよ。

 

 

宅建士の試験年1回(10月中旬)だけあり、2022年は10月16日(日)に実施されます。(ただ近年は新型コロナウイルス感染予防のため、試験を10月と12月の2回に分けて実施されています。)

また、試験前後の流れとしては、

①受験申込み 7月1日(金)~7月29日(金)
②試験日 10月16日(日)13:00~15:00
③合格発表 11月22日(火)

となっています。

試験申込日の時期が早いですので申し込み忘れがないようにしましょう。

 

たま吉
年1回しかチャンスがないからしっかりと勉強していきたいニャー

 

 

スキマ時間で手軽に学べる


スタディング 宅建士講座

 

 

宅建士の試験内容、出題数は?(2022年)

 

 

たま吉
宅建士(2022)の試験内容について知りたいニャー
モモ先生
試験時間は120分で全部で50問ありますよ。

 

 

宅建士の試験情報です。

①受験料 8,200円

②試験時間 120分

③受験資格 誰でも受験可能

④試験範囲と配点 全50問・マークシート方式(四肢択一式)

(1) 権利関係(民法など)14問
(2) 宅建業法 20問
(3) 法令上の制限 8問
(4) その他の分野(税法2問、その他6問) 8問

*登録講習修了者は「その他の分野」のうち5問が免除されます。

 

モモ先生
試験範囲が広いので早い時期から対策をするようにしましょう。

 

 

宅建士に合格するためのおすすめテキストや問題集を知りたい人は

【宅建士】独学で合格するためのおすすめテキストや問題集、過去問は?

 

 

スキマ時間で手軽に学べる


スタディング 宅建士講座

 

 

宅建士の難易度や合格率は?

 

 

たま吉
宅建士試験の合格率を知りたいニャー
モモ先生
合格率は15%前後とやや難しめですよ。

 

ア 宅建士の難易度や合格率は?

→合格率は15%前後と低め

 

宅建士の合格率は15%前後とやや難しめです。(近年の合格ラインは50点中35~38点です。)

昨年度(2021年)の試験では、

・10月試験 168,989人受験して29,728人合格(合格率17.6%)
・12月試験 35,261人受験して4,610人合格(合格率は13.1%)

でした。

この試験に合格するには、約300時間ほどの勉強時間が必要とされています。

社会人の方は勉強時間を確保するのが大変ですが、試験に合格すると就職や転職で有利になるのでおすすめです。

 

モモ先生
甘く見ていると合格は難しいですよ。

 

 

イ 宅建士の受験者層は?

→社会人や主婦など幅広い

 

宅建士は受験資格がないため、幅広い層が受験しています。

宅建士試験の受験者層は、

・仕事のスキルアップを図る社会人
・副業や独立を考えている人
・大学生

がメインとなっています。

また職業別でみると、不動産業、金融関係、建設関係の方が多く受験されている傾向にあります。

 

たま吉
幅広い年齢の人が受験しているんだニャー

 

宅建士合格のためのおすすめ勉強法を知りたい人は

【宅建】独学で1か月で合格した私の合格体験記

 

 

スキマ時間で手軽に学べる


スタディング 宅建士講座

 

 

効率的に宅建士の勉強をしたい方へ

 

 

本屋さんに行くと宅建士試験の本がたくさん並んでいます。

多くの参考書は非常にわかりやすく書かれていますが、しかしそれでも全ての内容が理解できるとは限りません。

また、「●●の意味が分からない」「どんなペースで勉強したらいいかが分からない」「予備校の授業を受けるならできるだけ安い値段で受講したい」と思われる方もいるでしょう。

そんな皆さんにおすすめする動画授業サービスがあります。

それが「スタディング」です。

スタディングは14,960円~という非常にお得な価格で「宅建士に関する授業を数多く見ることができます。

また、マンション管理士、管理業務主任者など他の資格試験の講座も充実しています。

動画による授業はもちろんのこと、問題演習や模試なども充実しています。

そのためスタディングは、

・スキマ時間を使って宅建士の勉強をしたい
・独学で勉強をしているが勉強に不安がある
・できるだけ安い価格で宅建士の対策をしたい
・問題や模試をたくさん解きたい

といった方におすすめの動画サービスとなっています。

 

 

スキマ時間で手軽に学べる


スタディング 宅建士講座