【スタディサプリ中学】塾講師おすすめ英語講座の上手な使い方や視聴方法は?

 

ちゃちゃ丸
スタディサプリ中学英語の授業の上手な見方について知りたいニャー

 

と思っている中学生のみなさん!

今回は「【スタディサプリ中学】塾講師おすすめ英語講座の上手な使い方や視聴方法は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「スタディサプリ中学の英語講座のおすすめな見方」について知りたい中学生向けの記事です。

 

✓対象となる人

スタディサプリを使って中学英語の定期テストの勉強や高校入試対策をしたい中学生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

スポンサーリンク

スタディサプリとは何か?

 

ちゃちゃ丸
スタディサプリについていろいろ知りたいニャー
モモ先生
最初にスタディサプリの基本情報についてみていきましょう。

 

 

「スタディサプリ」とは、リクルート社が提供するWEB上で有名講師の授業を動画で見ることができるサービスです。

小学生から中学生、高校生、社会人と幅広い人を対象にさまざまな授業を見ることができます。

 

また、スタディサプリのメリットは、

①いつでもどこでも有名講師の授業を見ることができる
②映像授業なので分からないところを繰り返し見ることができる
③塾や予備校に比べて授業料が安い(月額2,000円台から視聴可能)

といったことにあります。

 

そして、スタディサプリは大きく「ベーシックコース」「合格特訓コース」の2つがあります。

この2つのコースの違いはざっくりと言えば、

・ベーシックコース 映像授業のみ
・個別指導コース 映像授業+質問対応+担当コーチによる個別指導+理解度チェックテストの採点・指導

となっています。

「ベーシックコース」だけでも効果は出てきますが、様々なフォローを受けることができる「個別指導コース」を受講することをおすすめします。

 

ちゃちゃ丸
塾に比べるとずいぶんとお得なんだニャー

 

 

関連記事

  ちゃちゃ丸スタディサプリの使い方とおすすめ講座について知りたいニャー と思っている中学生のみなさん!今回は「【スタディサプリ】塾講師おすすめの中学[…]

 

 

塾講師がおすすめ!スタディサプリ


中学講座

 

 

スタディサプリ中学英語の授業は何がある?

 

ちゃちゃ丸
スタディサプリの中学生向けの英語の授業について知りたいニャー
モモ先生
大きく定期テスト対策用の動画と高校受験用の動画がありますよ。

 

 

スタディサプリの中学英語のコースは大きく「定期テスト対策」用の動画と「高校受験対策」用の動画に分かれます。

また、それぞれを詳しく見ると、

①定期テスト対策 NEW HORIZONなど教科書に対応した講座(文法の解説が中心)、定期テスト対策講座、リスニング
②高校受験対策 都道府県ごとの過去問解説、文法・長文読解・英作文・リスニングの対策講座

となっています。

 

教科書の内容に対応していたり、都道府県ごとの入試問題に対応していたりと、非常に充実した動画授業がたくさんあるためおすすめです。

 

モモ先生
みなさんの実力に合った動画授業はきっと見つかりますよ。

 

 

 

塾講師がおすすめ!スタディサプリ


中学講座

 

 

スポンサーリンク

スタディサプリ中学英語の授業の上手な使い方は?<定期テスト対策>

 

ちゃちゃ丸
スタディサプリの英語授業の上手な使い方や視聴方法について知りたいニャー
モモ先生
文法の内容を理解するのがメインになってきますよ。

 

 

ア スタディサプリ中学英語の授業でどこまで対応できる?

→文法問題や英作文の問題に強い

 

定期テストの英語は、文法や英作文、リスニング、教科書の内容、長文読解といった問題が出てきます。

そのうち、スタディサプリで対応できる内容は以下の通りです。

 

①英単語・英熟語の意味を問う問題や書く問題 〇
②文法問題(穴埋め問題や並び替え問題) ◎
③英作文(和文英訳、自由英作文) 〇
④リスニング 〇
⑤教科書の内容 △
⑥実力問題(長文読解) △

*◎はほぼ対応可能、〇、△は一部対応可能です。

 

こうみると、文法問題や英作文問題の動画授業が充実していることがわかります。

ただ、一般的な学習塾でも文法を中心とした授業を行っているため、それほど内容に差がないと思います。(むしろスタディサプリの場合は分からないところを何回も繰り返し見ることができるためおすすめです。)

 

ちゃちゃ丸
文法の内容を理解したい場合におすすめなんだニャー

 

 

イ スタディサプリ中学英語の授業をどうやって見るべきか?

→動画の数が多いためテンポよく見るようにしたい

 

スタディサプリの中学英語の定期テスト対策用の授業は、

①英単語の意味の確認
②文法の説明<動画授業で解説>
③例題の解説<動画授業で解説>
④確認テストの解説

で構成されています。

まずは、学校の授業の予習をしたい場合は、①→②→③→④の順番で解いていけばいいでしょう。

一つの授業は5分前後で終わりますが、他の教科の分も合わせると見るべき動画の数が結構多くなるので効率よく進めていきたいです。

 

モモ先生
予習として動画授業を見ておくことで、学校の授業が分かりやすくなりますよ。

 

また、定期テスト対策としてスタディサプリを活用したい場合は、

 

A 英単語

 

英単語の意味を4択で選ぶ形式です。

また、英単語の発音も音声で流れるようになっています。

全問正解できるまで繰り返し行いましょう。

 

 

B 文法・英作文

 

文法や英作文は該当する英単語を選ぶ形式となっています。(文法が分からないとできないようになっています。)

ここでおすすめなのが、動画授業を見る前に先に例題や確認テストを解くことです。

そこでスラスラと解けるのであれば動画授業を特に見る必要はありません。

一方で、問題を解いて分からなかった場合は動画授業を見るようにしましょう。

できなかった問題やよく分からなかった問題だけ動画を見ることで時間を短縮することができます。

 

ちゃちゃ丸
先に問題を解くことでメリハリのついた勉強ができそうだニャー

 

 

C リスニング

 

教科書には対応していませんが、スタディサプリには学年ごとにリスニングの問題があります。

「内容理解問題」「写真説明問題」など様々なパターンの問題があり、問題を解くことでリスニングの力をつけることができます。

そして、ボタンをクリックすると英文と日本語訳が表示されるようになっています。

そのため聞き取れなかった英文はここで確認することもできます。

ただ問題数が足りないので、リスニングの対策ができる市販のワークなどを使って解いていくのもいいでしょう。

 

モモ先生
市販の問題集と組み合わせてスタディサプリを使っていくといいですよ。

 

 

 

 

ウ 市販の問題集をどう使っていくか?

→教科書の内容は「教科書ガイド」、定期テスト対策には「教科書ワーク」がおすすめ

 

スタディサプリだけでは定期テストの全ての内容をカバーできませんので、市販の問題集を使っていく必要があります。

おすすめな教材としては、

・教科書の内容 「教科書ガイド」
・リスニング・自由英作文 「教科書ワーク」

などがあります。

これらの教材を使っていくことで、全ての単元の対策をすることができます。

 

ちゃちゃ丸
スタディサプリと市販の問題集をうまく組み合わせて使っていくようにしたいニャー

 

 

塾講師がおすすめ!スタディサプリ


中学講座

 

 

スタディサプリ中学英語の授業の上手な使い方は?<高校入試対策>

 

ちゃちゃ丸
高校入試対策としてスタディサプリをどう使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
まずは文法の復習をし、その後に単元ごとに攻略していくといいですよ。

 

 

ア スタディサプリ中学英語の授業でどこまで対応できる?

→一通りの問題形式に対応できる

 

高校入試の英語は、文法や英作文、リスニング、長文読解といった問題が出てきます。

そのうち、スタディサプリで対応できる内容は以下の通りです。

 

①文法問題(穴埋め問題や並び替え問題) ◎
②英作文(和文英訳、自由英作文) ◎
③リスニング ◎
④実力問題(長文読解) ◎

*◎はほぼ対応可能、〇、△は一部対応可能です。

 

こうみると、全ての単元で動画授業が充実していることがわかります。

さらにスタディサプリでは都道府県別に対策講義があり、さらに過去問の解説もあるので、スタディサプリだけでも入試対策は十分にできると思います。

 

ちゃちゃ丸
家にいながら高校入試対策ができるんだニャー

 

 

イ スタディサプリ中学英語の授業をどうやって見るべきか?

→動画の数が多いためテンポよく見るようにしたい

 

スタディサプリの中学英語の高校入試対策用の授業は、

①文法の復習
②英文法・語彙
③長文読解
④英作文
⑤リスニング
⑥入試問題の解説

で構成されています。(①だけは「高校受験」ではなく、各学年の英語のカテゴリーにあります。)

 

 

A 英単語の暗記

 

最初に英単語の暗記から進めていきましょう。

それは英単語の意味を知らないと、長文読解やリスニングの勉強をするときに理解できないところが出てくるからです。

ただ、英単語の暗記はスタディサプリではなく、市販の英単語帳を使って暗記をしていくことになります。

「キクタン中学英単語」などを使って、英単語の意味を覚えるようにしましょう。

本格的に受験勉強を始める夏休み前までには完成させるようにしましょう。

 

 

 

B 文法の復習

 

次に、文法の復習です。(文法は「高校講座」ではなく、各学年の中にある文法の授業を見ることになります。)

文法は動画授業の数が多いため全ての動画を見ようとすると結構な時間がかかってしまいます。

ですので、みなさんが苦手だと思う単元を集中的に見るようにして下さい。

そうすることで、効率よく進めることができます。

そして、中3の夏~秋くらいまでには一通りの内容を完成させるつもりで進めていきましょう。(多くの学習塾でも夏期講習・秋期講習は文法の復習がメインです。)

 

モモ先生
見るべき動画授業をしぼって取り組むようにしましょう。。

 

 

 

 

C 単元別攻略(長文読解・リスニングなど)

 

英単語や英文法の基礎を固めた後は、本格的に高校入試の対策に入っていきます。

「高校受験」の講座は、

①英文法・語彙
②長文読解
③英作文
④リスニング

で構成されています。

 

そして、見る順番としては「①英文法・語彙→②長文読解→④リスニング→③英作文」がおすすめです。

それは、

・英文法・語彙は比較的易しめの問題が多い
・長文読解は配点が高いため早めに取り組みたい
・英作文は入試問題の難易度が高いため優先度は低い

といったことがあるからです。

これらの単元の内容を一通り見て、問題の読み方や解き方を学ぶようにしましょう。

中3の秋~冬の間には終えるようにしましょう。(多くの学習塾では秋期・冬期講習で実践的な内容を行います。)

 

ちゃちゃ丸
問題の解き方などをしっかりと学びたいニャー

 

 

D 過去問演習

 

単元別の内容を終えたら最後に過去問演習に入っていきます。

どの都道府県も過去3年間分の問題とその解説動画があります。

まずは、時間を計って問題を解き、その後は解説授業を見るようにしましょう。

年明けから過去問が解ける状態に持っていけるようにしましょう。

 

 

 

 

ウ 市販の問題集をどう使っていくか?

→過去問題集や予想問題集を使って練習をしていこう

 

スタディサプリは高校入試の過去問の解説をしています。

しかし、2017・2018・2019年の3年分しかなく、最新版の過去問は自力で解く必要があります。(2022年現在)

そのために必要な教材は、

・過去問題集
・予想問題集

などです。

これらの問題集を使い、最新の出題傾向を把握するようにしましょう。

 

また、スタディサプリでは全国の都道府県の問題および過去問解説を見ることができます。

そのため、他の都道府県の問題にチャレンジするというのもありです。

様々なパターンの問題を解くことで、入試本番で問題傾向が変わったとしても対応することができます。

 

ちゃちゃ丸
スタディサプリと市販の問題集をうまく組み合わせて使っていくようにしたいニャー

 

 

塾講師がおすすめ!スタディサプリ


中学講座