共通テスト日本史Bの2023年出題予想、過去問分析(2022)、難易度は?【83授業目】

 

 

 

共通テスト日本史Bの2023年出題予想、過去問分析(2022年)、難易度は?についての記事です。共通テスト日本史Bの2023年出題予想、過去問分析(2022年)、難易度について豊橋の学習塾の教室長の西井が紹介していきます。

*赤本などの共通テストの問題を見ながらこの記事を見ていくことをおすすめします。

 

 

「共通テスト勉強法」はこちら

 

 

【2022年大学入学共通テスト教科別過去問分析】

①リーディング②リスニング③数学ⅠA④数学ⅡB
⑤国語⑥物理⑦化学⑧生物
⑨化学基礎⑩生物基礎⑪物理基礎⑫地学基礎
⑬世界史B⑭日本史B⑮地理B⑯倫理・政経
⑰政治・経済⑱倫理⑲現代社会

 

①共通テスト日本史Bの過去問分析、難易度は?(2022年)

【動画】最速!!【2022年共通テスト日本史】完全解説動画

 

 

 

ちゃちゃ丸
2022年の共通テストの日本史Bはどんな感じだったのかニャー?
モモ先生
組合せ問題が増加して解くのに時間がかかる試験でした。

 

 

関連記事

 

 

ア 共通テスト日本史B(2022年)の難易度・平均点は?

→2021年よりもやや難化した

 

2022年共通テスト日本史Bの問題は、

・資料の読み取り問題が多く、正確に読み取る必要があった
・会話文やリード文にヒントが隠されていることがあるため、文章をきちんと読む必要がある
・外交史が増加し、政治史や文化史が減少した

といった特徴がありました。

また、大問数・設問数に変化はなく、難易度は昨年並み~やや難です。

初見の資料をどうやって読み解いていくかがカギとなっていきます。

 

 

イ 2023年の共通テスト日本史Bはどうなる?

→ほぼ同じ難易度が続く

 

来年度2023年の共通テスト日本史Bは今年とほぼ同じ難易度と予想します。

センター試験に比べて資料を読み解く問題が増えました。

そのため、まずは一問一答などで知識をつけ、その後は共通テストの過去問や予想問題集を使ってできるだけ多くの問題を解くようにしましょう。

やや細かい知識も出るので、問題を解きながら知識を補強していくことをおすすめします。

 

 

 

 

ウ 共通テスト日本史B(2022年)の過去問分析①(第1問・やや難)

→判断に迷う問題が多かった

 

共通テスト日本史B(2022年)の第1問は(18点)「人名から見た日本の歴史」(テーマ史)が出題されました。

問1はメモ及び大輝と陽菜のやりとりから答えが出ます。

問2はXは源義仲、Yは足利持氏となります。

問3は選択肢Ⅰの近松門左衛門、Ⅱの江川太郎左衛門、Ⅲのウィリアム=アダムズがキーワードとなります。

問4は選択肢aとbの判断が難しかったかもしれません。

問5はXは1941年~1945年を、Yは「昭和」から判断できます。

問6は選択肢aとbの判断が難しかったかもしれません。

 

 

エ 共通テスト日本史B(2022年)の過去問分析②(第2問・標準)

→難しい問題が多かった

 

共通テスト日本史B(2021年)の第2問は(16点)「古代の法整備の歴史と遣隋使・遣唐使」(原始・古代)が出題されました。

問1は選択肢②は曇徴が、③は冠位十二階・憲法十七条が、④は新しい律令がヒントとなります。

問2は選択肢aは平安初期、bは平安中期の出来事なので異なります。

問3は資料の計帳をよく読めばできる問題です。

問4はⅡの「国造」で判断しやすいですが、ⅠとⅢは判断が悩む問題でした。

問5は消去法で答えを出したいところです。

 

 

 

 

オ 共通テスト日本史B(2022年)の過去問分析③(第3問・標準)

→易しめの問題が多かった

 

共通テスト日本史B(2022年)の第3問は(16点)「中世の海と人々の関わりの歴史」が出題されました。

問1は選択肢①~③は会話文を読めば正誤判定をすることができます。

問2は選択肢Ⅰは毛利輝元、Ⅱは重源、Ⅲは平忠盛がキーワードになります。

問3はXは徳政、Yは近江国の大津や坂本がヒントになります。

問4は全体的に資料を読まないと選択肢cを選んでしまうので気を付けましょう。

問5はXは和人が、Yはてつはうがヒントになります。

 

 

カ 共通テスト日本史B(2022年)の過去問分析④(第4問・標準)

→第1問と同様、答えに迷う問題が多かった

 

共通テスト日本史B(2022年)の第4問は(16点)「近世の身分と社会」が出題されました。

問1は選択肢③・④で判断が迷う問題でした。

問2は選択肢Ⅰは東洲斎写楽が、Ⅱは出雲阿国が、Ⅲが市川団十郎がキーワードになります。

問3は史料1・2の「天保」「天明」がヒントになります。

問4は選択肢a・bで迷いますが、よく読めばできる問題です。

問5は選択肢①は旗本・御家人の知識があればできる問題でした。

 

 

 

 

キ 共通テスト日本史B(2022年)の過去問分析⑤(第5問・やや難)

→細かい内容が多く難しかった

 

共通テスト日本史B(2022年)の第5問は(12点)「日本とハワイとの関係史」が出題されました。

問1はXは海軍伝習が、Yは和英辞典がヒントになります。

問2は選択肢a・bは史料を読めばできますが、選択肢c・dの判定は知識が必要です。

問3はⅢの防穀令がやや細かい内容でした。

問4はXは技術を伝えたのではなく、学びにいったので誤りです。

 

 

ク 共通テスト日本史B(2022年)の過去問分析⑥(第6問・やや難)

→1980年代の内容が出題された

 

共通テスト日本史B(2021年)の第6問は(22点)「日本における鉄道の歴史とその役割」が出題されました。

問1は「明治初期」の話ですので、アは生糸、イは石炭になります。

問2は時刻表は「9月10日」、証書は「11月9日」なので時系列に注意です。

問3は選択肢①の「官営事業の払下げを受けた」が誤りです。

問4はⅠは張作霖、Ⅱは南満州鉄道株式会社、Ⅲは段祺瑞がキーワードになります。

問5は写真Xは見慣れた写真ですので答えやすいですが、写真Yは「松川」駅がヒントになります。

問6は東京オリンピック(1964年)、第一次石油危機(1973年)の年号を知っているかどうかがポイントになりました。

問7はYは中曽根内閣で行われた内容です。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②共通テスト日本史Bの2023年度の出題予想は?

 

ちゃちゃ丸
2023年の共通テストの日本史Bはどんな問題が出そうかニャー?
モモ先生
ここでは、2023年の共通テスト日本史Bで出題が予想されそうな問題について紹介していきますよ。

 

 

ア 共通テスト日本史B(2023年)の出題予想は?

 

2023年の共通テスト日本史Bの出題予想は直前期に公開いたします。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

【2022年大学入学共通テスト教科別過去問分析】

①リーディング②リスニング③数学ⅠA④数学ⅡB
⑤国語⑥物理⑦化学⑧生物
⑨化学基礎⑩生物基礎⑪物理基礎⑫地学基礎
⑬世界史B⑭日本史B⑮地理B⑯倫理・政経
⑰政治・経済⑱倫理⑲現代社会