定期テスト日本史Bの勉強法、問題集・参考書のおすすめは?、一夜漬けはNG【70授業目】

 

 

定期テスト日本史Bの勉強法、問題集・参考書のおすすめは?、一夜漬けはNGについての記事です。定期テスト日本史Bの勉強法、問題集・参考書のおすすめ、一夜漬けはNGについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

 

 

①【高校歴史】定期テスト日本史Bでは何が出る?

【動画】【日本史世界史】山川の教科書の進め方&読み方。効率よく覚えるコツとNG勉強法も話します。

 

 

 

ちゃちゃ丸
どうすれば高校の定期テストの日本史Bで高得点を取れるのかニャー?
モモ先生
まずは基本的な用語の意味をしっかりと理解し暗記するようにしましょう。

 

 

高校の定期テストの社会は歴史・地理・公民に分かれています。

その中で歴史は、「歴史総合」「日本史探究」「世界史探究」に分かれています。

日本史探究は文字通り日本史について学ぶ教科で、原始から現代までの歴史を学んでいきます。

日本史は範囲が広いため、定期テストがあるたびにしっかりと勉強していかないと、直前期にやらなければいけないことが増えてしまい、共通テストや二次試験の対策が十分にできなくなってしまいます。

また、根本的な内容を分かっていないとテストで高得点を取ることはできません。

そのため、分かりやすい参考書を使ったり、YouTubeの無料の授業動画を見るなどして理解を深めるところから勉強を始めるようにしてください。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②定期テスト日本史Bのおすすめ勉強法は?

 

ちゃちゃ丸
どうすれば定期テストの日本史Bで高得点を取れるのかニャー?
モモ先生
問題集の内容を完璧にすることが大事になってきますよ。

 

 

ア 定期テストの日本史Bで9割以上取るための勉強法①(教科書を読んで内容を思い出す)

→教科書を読んで習った内容を思い出そう

 

定期テストの日本史Bで9割以上取るための勉強法の一つ目は、「教科書を読んで内容を思い出す」ことです。

最初から一問一答の暗記や問題集を覚えようとすると、歴史の流れが分からないまま勉強を進めることになってしまいます。

そうなると、定期テストではなかなか点数を取ることはできません。

そのため、まずは、教科書やノート、参考書を読み、授業で習った内容を思い出していきましょう。

また、教科書の文章だけでなく、史料や写真、図などもしっかりと目を通しておくといいでしょう。

なお、教科書を読んでも内容が分からない場合は、参考書などを読んで理解を深めるようにして下さい。

 

 

イ 定期テストの日本史Bで9割以上取るための勉強法②(学校の問題集を完璧にする)

→まずは太字の用語を完璧に覚える

 

定期テストの日本史Bで9割以上取るための勉強法の二つ目は、「学校の問題集を完璧にする」ことです。

 

A まずは太字から覚えよう

 

定期テストは学校で使っている問題集やプリントから出題されます。

そのため、まずはそれらの問題集を使って、テスト範囲の内容を完璧にしていきましょう。

ただ、日本史の場合、範囲が結構広いですので、全ての用語を順番に覚えるのは非効率です。(時間に余裕がない場合は最後までいかない場合も出てくるため。)

そのため、メリハリをつけて勉強をすることが大切になってきます。

最初は教科書の太字の用語から覚えていくことをおすすめします。

太字の用語は重要度が高いため、定期テストで出る可能性は非常に高いです。

ですので、まずは太字の用語を完璧に覚えていきましょう。(もちろん漢字で書けるようにして下さい。)

その次に、太字以外の用語を覚えていくようにすると、満遍なくテスト範囲の内容を暗記をすることができます。

 

B 教科書などを見ながら問題集を解かない

 

また、問題集を解く時に大事なことは、「教科書を見ながら解かない」ことです。

教科書を見ながら解くと、なんとなく「できた」気になってしまいます。

ただ、テスト本番では教科書を見ながら解くことはできませんので、思ったほど点数が取れないということになりかねません。

ですので、問題集を解く時には必ず自力で解くようにしましょう。

そしてできなかった問題や覚えていなかった内容はテスト当日までに繰り返し暗記をし、本番までに完璧に覚えるようにしましょう。

また、日本史Bは分量が多いため、一夜漬けでなんとかなる教科ではありません。

そのため、日ごろからコツコツと問題集を解くようにして下さい。

 

C プリントも覚える

 

学校の先生が作った授業プリントがある場合は、それも覚えるようにしましょう。

学校の先生からすれば、自分のプリントからもテストに出したいはずです。

ですので、学校の問題集に加え、ぜひプリントの内容もしっかりと復習するようにして下さい。

 

 

 

 

ウ 定期テストの日本史Bで9割以上取るための勉強法③(テスト前日・当日の勉強法)

→忘れていないかどうか再度確認をしよう

 

高校生が定期テストの日本史Bで9割以上取るための勉強法の三つ目は、「テスト前日・当日に再度復習をする」ことです。

日本史Bは暗記科目であるため、一度できたと思った内容もしばらくすると忘れてしまいます。

そのため、テスト前日や当日も再度見直しをするようにしましょう。

ただ、前日や当日は他の教科の見直しもあるため、日本史Bに関しては、

・1回目でできなかった問題
・知識があいまいな問題

を中心に短時間で見直すといいでしょう。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

③定期テスト日本史Bのおすすめ参考書・問題集は?

 

ちゃちゃ丸
定期テスト向けの日本史Bのおすすめ参考書・問題集を知りたいニャー
モモ先生
ここでは定期テスト日本史Bのおすすめ参考書や問題集について紹介していきます。

 

 

ア 定期テスト日本史Bのおすすめ参考書・問題集①(山川の教科書「詳説日本史B」)

→歴史の流れがつかみやすい参考書

 

定期テスト日本史Bおすすめ参考書・問題集の一つ目は、「山川の歴史教科書(詳説日本史B)」です。

この本がが定期テスト向けの日本史Bの参考書としておすすめな理由は、「歴史の流れがつかみやすい」参考書だからです。

多くの人は歴史の勉強をする時に一問一答の暗記から入ると思います。

確かに、用語の意味を覚えることである程度の点数を取ることはできます。

しかし、用語の暗記は無味乾燥で単調になりがちです。

一方で教科書は歴史の流れが書かれています。

「なぜその出来事が起きたのか?」

「その当時の人々の生活はどうだったのか?」

といったようなことが詳しく書かれているため、教科書を読むと話の流れが分かり、理解が深まるようになります。

 

 

 

 

また、資料集は写真や史料、図などがたくさん載っています。

そのため、「詳説日本史図録」のような資料集をこまめに目を通していくとよいでしょう。

 

 

 

 

イ 定期テスト日本史Bおすすめ参考書・問題集②(学校で使っている問題集)

→定期テストは学校で使っている問題集から出るため完璧にしよう!

 

定期テスト日本史Bおすすめ参考書・問題集の二つ目は、「学校で使っている問題集」です。

日本史Bの問題集は、一問一答問題集など数多く出版されています。

ただ、定期テスト対策の問題集としては、やはり学校で使っている教材を使うのがベストです。

その理由は、

・定期テストは学校の問題集の問題を元に作られる
・テスト当日までに課題として問題集を解かなければならない

からです。

ですので、市販の問題集を使っていると、学校の問題集に加えて市販の問題集もやらなければならず、なかなか繰り返し問題が解けません。

ただ、学校の問題集の場合、解説があっさりしているものが多いです。

その場合は、教科書やノート、参考書に戻って分からない所を解決するようにしましょう。

丸暗記ではテストで通用しないので気を付けてください。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739