部活と勉強はどっちが大事?勉強と部活を両立させるコツやスケジュールは?【506授業目】

 

 

部活と勉強はどっちが大事?勉強と部活を両立させるコツやスケジュールは?についての記事です。部活と勉強はどっちが大事か勉強と部活を両立させるコツやスケジュールについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

「勉強の心構え」はこちら

 

 

①勉強と部活はどちらが大事か?

【動画】部活をやめるな!部活を続けることが合格に直結する理由~本当に受験で勝つために必要な努力の本質【篠原好】

 

 

 

ちゃちゃ丸
部活が大変で勉強ができないニャー
モモ先生
本当に時間がないから勉強ができないのかを一度見つめ直してみましょう。

 

 

「勉強と部活とはどちらが大事ですか?」

こう思う人がいるかもしれません。

しかし、価値観は人それぞれなので、勉強の方が大事だと思えば勉強に力を入れればいいですし、その逆であれば部活に力を入れるべきです。

一番いけないのが、どちらも中途半端にやってしまうことです。

よくあるのが、「部活が大変で勉強ができない」「土日も練習試合があって勉強に時間をとれない」と言ってしまう人です。

このような人は時間がないから勉強しないのではなく、勉強したくないのを部活で忙しいからという理由にすり替えているのです。

ここで、「普段勉強ができない分、もちろんそういった日にはしっかりと勉強をしています。」と答えている人であれば問題ありません。

定期テスト期間中は多くの学校で部活動がストップするはずです。

そこでしっかりと勉強できていれば問題ないですが、そうでない場合はそもそも勉強をする気がないということを自覚しましょう。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②勉強と部活を両立する方法やコツは?

 

ちゃちゃ丸
部活と勉強を両立する方法を知りたいニャー
モモ先生
限られた時間で効率よく勉強するようにしましょう。

 

 

ア 勉強と部活を両立する方法①(睡眠時間をしっかり取る)

→寝る時間は最優先で確保しよう!

 

勉強と部活を両立する方法の一つ目は、「睡眠時間をしっかり取る」ことです。

毎日、学校の授業や部活が続くと、だんだんと体が疲れてきます。

そのような状態で、寝ていない日が続くと疲れをとることができません。

やがて学校の授業中に寝てしまうことにもなり、結果、授業の内容が分からず家で余分に勉強しないといけなくなります。

そうならないためにも、寝る時間はしっかりと確保するようにして下さい。

 

関連記事

 

 

イ 勉強と部活を両立する方法②(スマホやゲームを控える)

→時間がないのにスマホやゲームをやっている場合ではない

 

勉強と部活を両立する方法の二つ目は、「スマホやゲームを控える」ことです。

みなさんは勉強する時間がないといいながら、スマホやゲームに夢中になっていませんか?

部活で忙しい人はただでさえ時間がないわけですので、スマホやゲームなどさらに時間を奪うようなことをできるだけしないようにしましょう。

そうでないと、勉強に時間をかけることができず、結果部活と勉強が両立ができないことになってしまいます。

 

関連記事

 

 

 

 

ウ 勉強と部活を両立する方法③(学校の授業を集中して聞く)

→授業の内容を全て理解するつもりで聞こう

 

勉強と部活を両立する方法の三つ目は、「学校の授業を集中して聞く」ことです。

勉強と部活との両立で悩んでいる人は、多くは「時間が足りない」と思っている人です。

ただ、どんなに忙しい人でも、学校の授業は毎日6~7時間あります。

この授業時間をどう活かすかによって、学習の定着度は大きく変わっていきます。

理想としては、授業中に全ての内容を理解するくらい真剣に聞くことです。

そうすることで、家での勉強時間を減らすことができます。

逆に、授業中考えごとしてしまったり、ぼーっとしてしまったりすると、頭の中に入ってきません。

そうなると、家で余分に勉強をしなければならず、勉強と部活の両立が難しくなってしまいます。

 

関連記事

 

 

エ 勉強と部活を両立する方法④(短時間で集中的に勉強する)

→効率よく集中的に勉強しよう

 

勉強と部活を両立する方法の四つ目は、「短時間で集中的に勉強する」ことです。

勉強をする上で大事なのは、効率よく勉強することです。

例えば、英単語を覚える時には、ダラダラただノートに書いていてもなかなか覚えることができません。

正しいやり方で集中して勉強していくことで、効果的に勉強することができます。

そのためには、本やネットで勉強のやり方を調べたり、学校の先生や塾の先生にどうやって勉強をしたらいいかを聞くようにしましょう。

そして、あれこれと勉強のやり方を試して自分に合う勉強法をみつけていきましょう。

また、勉強部屋にスマホやテレビ、ゲームなどがあるとなかなか集中して勉強ができませんので、そういったものは部屋から離れた所に置くようにしましょう。

 

 

 

 

オ 勉強と部活を両立する方法⑤(すき間時間で勉強する)

→空いている時間を見つけ、そこでしっかりと勉強しよう

 

勉強と部活を両立する方法の五つ目は、「すき間時間で勉強する」ことです。

すき間時間とは、通学中の時間、学校の放課の時間、家でごはんができるのを待つ時間など、ちょっとした時間のことです。

この時間を有効的に使うことで、机に向かう時間を少なくすることができます。

英単語や古文単語、社会の用語などの暗記はできるだけ隙間時間で勉強するとよいでしょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「勉強の心構え」はこちら