【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツは?【476授業目】

 

 

【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツは?についての記事です。【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

「中学生の勉強法」はこちら

 

 

①【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツは?

【動画】【国語勉強法】99%やっていない国語の読解力を上げる4つの必勝勉強法

 

 

 

ちゃちゃ丸
定期テストの国語で高得点を取るためにはどんな勉強をしたらいいのかニャー?
モモ先生
国語の教科書本文を読み返し、どんな内容が書かれていたかを確認しましょう。

 

 

ア【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツは?①(まずは教科書を一通り読む)

→問題集を解く前にもう一度教科書を読み返そう

 

【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツの一つ目は、「まずは教科書を一通り読む」ことです。

テスト週間が始まって、いきなり学校のワークやプリントを解きだす人がいます。

ただ、文章によっては数か月前に学校で習ったものもあり、ほとんどの人はどんな話だったかを忘れてしまっているかもしれません。

そういう状況ですので、いきなり学校のワークやプリントを解き始めるのではなく、問題を解く前にもう一度教科書を読み返していくことをおすすめします。

そうすることで、「この文章はこういう話の流れだったなあ」ということが分かるようになり、スムーズに問題演習を行うことができます。

 

 

イ【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツは?②(分からない語句の意味は辞書で調べる)

→分からない意味の言葉は必ず辞書で調べよう

 

【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツの二つ目は、「分からない語句の意味は辞書で調べる」ことです。

教科書の文章を音読していく中で、「この言葉の意味が分からない」というところに出くわします。

その場合は、その言葉に線を引いておき、あとで辞書に意味を調べるようにしましょう。

一つの言葉の意味が分からなければ、文章全体の意味も分かりづらくなってしまいます。

ですので、意味が分からない言葉があれば、辞書で必ず調べるようにして下さい。

 

 

 

 

ウ【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツは?③(ノートを見返す)

→ノートを見返すことでテストに出るポイントが分かる

 

【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツの三つ目は、「学校のノートを見返す」ことです。

ノートを見ることで、教科書の文章の内容がより分かるようになります。

また、どの点がテストに出やすいかもわかるため、しっかりとノートを見返すようにしましょう。

ただ、ノートだけでは心もとない人は、「教科書ガイド」などを使っていくといいかもしれません。

 

 

エ【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツは?④(解答の根拠となる部分を教科書で探しながら問題集を解く)

→勘で解いていたのではいつまでたってもできるようにはならない

 

【中学国語】長文読解の勉強法、文章読解の読み方・解き方のコツの四つ目は、「解答の根拠となる部分を教科書で探しながら問題集を解く」ことです。

学校のワークをプリントを解く際には何となく解くのではなく、必ず解答の根拠となる部分が本文中のどこにあるのかを探しながら解くようにして下さい。

国語の答えは基本的には本文中にあります。

ですので、答えを出す時は、本文の中で根拠となる部分を探し、「●行目に××と書かれているからこの問題の答えは▲▲になる」という感じで答えられるようにしましょう。

そうではなく、何となく適当に解いてしまっているといつまでたってもできるようにはならないの気を付けてください。

また、記述問題を解かない人がいます。

その理由として、

・解くのが面倒くさい
・書いてもどうせできないから初めから解くのをあきらめている

といったものがあります。

しかし、定期テストでは記述問題の割合も結構多いため、しっかりと記述を書く練習をしないと本番でできるようにはなりません。

そのため、国語のワークやプリントにある記述問題には積極的に取り組むようにしましょう。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「中学生の勉強法」はこちら