数検5・4・3・準2級(2022年)の日程、レベル、合格点、おすすめ過去問題集は?【467授業目】

 

 

数検5・4・3・準2級(2022年)の日程、レベル、合格点、おすすめ過去問題集は?についての記事です。数検5・4・3・準2級(2022年)の日程、レベル、合格点、おすすめ過去問題集について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

 

①数検5・4・3・準2級の日程(2022年)・時間割は?

【動画】数検の勉強法って?何が出る?二次対策は?合格ラインは?数学検定・算数検定のすべてを徹底解説

 

 

 

ちゃちゃ丸
数学検定の日程やレベルを知りたいニャー
モモ先生
ここでは数学検定の日程や難易度を紹介していきます。

 

 

数検は年3回(4・7・10月)実施されます。

ただ、時期によっては学校の定期テスト週間とかぶることがありますので、定期テストの日程と数検の実施日をあらかじめ確認しておくとよいでしょう。(特に10月)

また数検の難易度(レベル)は、

・5級 中1レベル
・4級 中2レベル
・3級 中3レベル
・準2級 高1レベル

となっています。

中学校を卒業するまでにを合格できるように目標を立てると良いでしょう。

 

 

ア 数検5・4・3・準2級の日程・検定料・受験会場(2022年)

→年3回実施。5級以上は二次試験もあり。

 

2022年の日程(本試験)は以下の通りです。

試験合格発表日
第1回4月10日(日)
締切日 3月1日(火)
4月28日(木)
第2回7月24日(日)
締切日 6月日(火)
8月17日(水)
第3回10月30日(日)
締切日 9月20日(火)
11月17日(木)

*新型コロナウイルスの影響により、上記日程が変更される場合がございます。

 

 

 

イ 数検5・4・3・準2級(2022年)の時間割

→級によって開始時間や試験時間が異なるので注意

 

開始時刻は午後からとなっています。

検定時間
準2級 【1次】50分【2次】90分
3級~5級  【1次】50分【2次】60分

 

 

 

 

ウ 数検5・4・3・準2級(2022)の申し込み方法

→申込締め切り日を確認し、余裕を持って申し込もう

 

数検の申し込みは「個人での申し込み」と「団体での申し込み」があります。

個人での申し込みはさらに、「ネット申込」「LINE申込」「コンビニ申込」「郵送申込」などに分かれます。

特にインターネットで申し込む場合は、入力等に手間取って申し込みができない場合もあるかもしれません。

その場合は日本数学検定協会に電話で問い合わせて見ると良いでしょう。

申し込むのを忘れて気づいたら締切日が過ぎていた・・・ということのないようにしましょう。

また、一度申し込みをするとキャンセル・返金はできませんので気を付けてください。

 

 

 

エ 数検5・4・3・準2級(2022)の結果発表・合格通知は?

→合否を確認するために受験票は大事に保管しよう

 

「解答速報」や「合否結果閲覧」などは数検のHPから確認できます。

なお、解答速報は試験終了後2週間経過してからWEBで見ることができます。

 

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②数検5・4・3・準2級(2022)の出題内容・合格点は?

 

ちゃちゃ丸
数学検定5・4・3・準2級の出題傾向や合格点を知りたいニャー
モモ先生
ここでは数検5・4・3・準2級の出題傾向や合格点についてみていきますよ。

 

ア 数検5・4・3・準2級(2022)の出題内容、解答時間、出題数、目安となる学年

 

ここでは数検5・4・3・準2級(2022)の出題内容、解答時間、出題数、目安となる学年についてみていきます。

 

A 5級(中1レベル)

 

・検定時間 1次(計算技能)60分 2次(数理技能)60分
・問題数  1次(計算技能)30問 2次(数理技能)20問
・合格基準 1次(計算技能)70% 2次(数理技能)60%
・目安となる学年 中1
*中1レベル30%、小6レベル30%、小5レベル30%、その他10%

 

 

 

B 4級(中2レベル)

 

・検定時間 1次(計算技能)60分 2次(数理技能)60分
・問題数  1次(計算技能)30問 2次(数理技能)20問
・合格基準 1次(計算技能)70% 2次(数理技能)60%
・目安となる学年 中2
*中2レベル30%、中1レベル30%、小6レベル30%、その他10%

 

 

 

C 3級(中3レベル)

 

・検定時間 1次(計算技能)60分 2次(数理技能)60分
・問題数  1次(計算技能)30問 2次(数理技能)20問
・合格基準 1次(計算技能)70% 2次(数理技能)60%
・目安となる学年 中3
*中3レベル30%、中2レベル30%、中1レベル30%、その他10%

 

 

 

D 準2級(高1レベル)

 

・検定時間 1次(計算技能)60分 2次(数理技能)90分
・問題数  1次(計算技能)15問 2次(数理技能)10問
・合格基準 1次(計算技能)70% 2次(数理技能)60%
・目安となる学年 高1
*高1レベル50%、中3レベル40%、その他10%

 

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

③数検5・4・3・準2級対策問題集のおすすめは?

 

ちゃちゃ丸
数検5・4・3・準2級対策のおすすめ問題集を知りたいニャー
モモ先生
ここでは数学検定5・4・3・準2級のおすすめ問題集について紹介していきます。

 

 

ア 数検5・4・3・準2級対策おすすめ問題集①(数学検定に面白いほど合格する本)

→解説が詳しいため非常におすすめの問題集

 

「数学検定に面白いほど合格する本」が数学検定対策の問題集としておすすめです。

その最大の理由は「解説が詳しい」からです。

市販の多くの数検対策問題集は解説があっさりとしているため、数学があまり得意ではない人からすると解説を読んでもよく分からないことがありえます。

しかし、「数学検定に面白いほど合格する本」は、

・数検で問題が単元ごとに並んでいる
・問題ごとに難易度が載っている
・1問について解説が2ページ分もあり、非常に詳しい

といった構成であるため、非常にわかりやすく、数学検定でよく出る問題の解き方を理解することができるでしょう。

ただし、この本は問題数はあまり多くないため、問題演習をするには他の問題集を併用していくとよいでしょう。

また、この本は3級と準2級しかないため、5級や4級を受験したい人は、「実用数学技能検定要点整理」を使っていくといいでしょう。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

イ 数検5・4・3・準2級対策おすすめ問題集②(実用数学技能検定(数検)過去問題集数学検定)

→解説が詳しいため非常におすすめの問題集

 

「実用数学技能検定(数検)過去問題集数学検定」が数学検定のおすすめ過去問題集なのは、「4回分の過去問を解くことができる」ことです。

数検対策問題集を解いた後で、この本で過去問演習を重ねることで実践力がついていきます。

ただし、いくつか使いづらい点もあります。

一つ目は問題集のサイズが小さいことです。

そのため、途中式などはノートに書くとよいでしょう。

そして二つ目は、解答用紙を取り外すことができないことです。

問題部分と解答用紙を交互にめくりながら解くと大変なので、解答用紙をコピーして使うことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「中学生の勉強法」はこちら