【中学生】数学の文章題が苦手になる原因とおすすめな勉強法、アプリは?【464授業目】

 

 

【中学生】数学の文章題が苦手になる原因とおすすめな勉強法、アプリは?についての記事です。中学数学の文章題が苦手になる原因とおすすめな勉強法、アプリについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

 

①中学生で数学の文章題が苦手になる原因は?

【動画】【数学】文章題がどんなに苦手でも糸口を見つけ出す4つのステップ【篠原好】

 

 

 

ちゃちゃ丸
数学の文章題がどうしてもできないニャー
モモ先生
まずは数学の文章題が苦手になる原因からみていきましょう。

 

 

ア 中学生で数学の文章題が苦手になる原因①(問題の意図が分かっていない)

→何について求めるべきかが分かっていないと文章題は解けない

 

中学生で数学の文章題が苦手になる原因の一つ目は、「問題の意図が分かっていない」からです。

例えば、中1の方程式の文章題で

「1000円でノート4冊と80円の鉛筆を3本買うと、おつりが280円だった。ノート1冊の値段を求めなさい」という問題があったとします。

この場合、

①求めるものは何か?→今回はノート1冊の値段を求める
②何と何が=(イコール)で結ばれるか?

といったことが分かっていないと、この問題が解けなくなってしまいます。

また、日本語の文章を数式に置き換える能力も必要です。

上の例題であれば、ノート1冊の値段をx円とし、さらに(持っているお金)ー(使ったお金)=(おつり)の関係になることから、

1000-(4x+80×3)=280

という式ができます。

ですので、日本語の文章を読み解く力が必要になるのです。

 

 

イ 中学生で数学の文章題が苦手になる原因②(小学校の内容が分かっていない)

→数学の勉強をする前に算数のおさらいをしておこう

 

中学生で数学の文章題が苦手になる原因の二つ目は、「小学校の内容が分かっていない」からです。

小学生の時から算数の文章題が苦手だった人は、早急に小学校の復習をするようにしましょう。

小学校では、「等式を作る・速さ・割合・比」といった内容を習いました。

そして、これらの内容がよく分かっていないと、中学校以降で習う内容が分からなくなってしまいます。

そのため、小学校の内容が分からない人は、解説が詳しい問題集を使って小学校で習った文章題のおさらいをしていきましょう。

これらの内容が完璧に分かれば、今習っている内容も分かってくるようになります。

 

関連記事

 

 

 

 

ウ 中学生で数学の文章題が苦手になる原因③(よく出る問題を繰り返し解いていない)

→よく出る問題は確実にできるように繰り返し解こう

 

中学生で数学の文章題が苦手になる原因の三つ目は、「よく出る問題を繰り返し解いていない」からです。

実は文章題で出る問題はある程度決まった問題パターンがあります。

例えば、中1の文章題の場合は、「代金・過不足・速さ」の3つのパターンがよく出ます。

ですので、まずはよく出る問題パターンの解き方をマスターしましょう。

これができるようになるだけでも、文章題に対する苦手意識はなくなるはずです。

 

 

エ 中学生で数学の文章題が苦手になる原因④(わかったつもりになってしまっている)

→理解をしていないと問題の形を変えられたときに対応できない

 

中学生で数学の文章題が苦手になる原因の四つ目は、「わかったつもりになってしまっている」からです。

先ほどよく出るパターンの問題を繰り返し解くといいと言いました。

確かに何度も解いていれば、何となくはできるようにはなります。

しかし、テストでは数字を変えたり、聞き方を変えて問題が出ます。

少し変えられただけで問題が解けないということは、実はその問題の解き方をよく理解していないのです。

ですので、文章題を解く際には、理解をした後で解くようにしましょう。

なお、理解を深めるには、

①分かりやすい参考書を使う(「ニューコース中学数学」がおすすめ)
②YouTubeの授業動画を見る(「とある男が授業をしてみた」がおすすめ)

などを活用していくとよいでしょう。

そして、「なぜそうなるのか?」を考えながら理解をしていくと効果的です。

また、理解したかどうかを確認するには、「セルフレクチャー」をするとよいでしょう。

セルフレクチャーとは、自分に説明をすることです。

問題集の解答解説部分を隠し、どうやって解いたらいいのかを声に出して説明していくのです。

その際にスラスラと解き方が言えることができれば問題ありません。

しかし、途中で説明が詰まってしまう場合は、その部分が分かっていない可能性があります。

その場合は、再度解説を読んで理解を深めるようにしましょう。

これを繰り返すことで、理解度が深まり様々な問題に対応することができます。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

 

②中学生で数学の文章題ができるようになる勉強法やおすすめアプリは?

 

ちゃちゃ丸
数学の文章題をできるようにするにはどうしたらいいのかニャー?
モモ先生
算数から戻って復習をしていくといいでしょう。

 

 

数学の文章題が苦手な場合のおすすめ勉強法としては、

①算数に戻って文章題の内容を集中的に復習する
「くもんの高校入試スタートドリルこわくない数学文章題」のような文章題に特化した問題集を使う

といったものがあります。

数学の文章題が苦手な人の多くは、小学校の算数の内容がよく分かっていない場合がありますので、まずは思い切って小学校の算数の内容(割合・速さ・比など)を集中的に勉強しましょう。

そして、それが完璧になったら、中学校の内容を進めていきます。

文章題であっても基本問題であれば、決まったパターンの問題が多いですので、式の意味を理解しながら一つ一つのパターンを身につけるようにして下さい。(ただし何度も繰り返しやらないとできるようにはなりません。)

 

関連記事

 

なお、方程式の文章題が解けるアプリもあります。

問題集やアプリなどを使って文章題ができるように頑張っていきましょう。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「中学生の勉強法」はこちら