テストの解き直しのやり方、テスト直しノートの作り方は?【418授業目】

 

 

テストの解き直しのやり方、テスト直しノートの作り方は?についての記事です。テストの解き直しのやり方、テスト直しノートの作り方について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

 

①定期テスト後に解き直しをする意味は?

【動画】効果200%超え!誰もしていない【解き直し方法】

 

 

 

ちゃちゃ丸
テストが返ってきたら復習をした方がいいのかニャー?
モモ先生
復習をすることで苦手分野を克服できるようになりますよ。

 

 

ア 定期テスト後に解き直しをする意味は?①(自分がどこで間違えたかを見つけるため)

→見直しをすることで、自分がどこで点を落としたかが分かる

 

定期テスト後に解き直しをする意味の一つ目は、「自分がどこで間違えたかを見つけるため」です。

テストに自分の答えを見つめなおすことは、多くの人にとってはなはずです。

それは、テストの結果がよければいいのですが、そうでない場合、出来の悪い自分のテストをじっくりと見ることはしたくないからです。

しかし、それではいつまでたっても進歩しません。

テスト後に、自分ができなかった分野などを見つめることで、次に同じ失敗をするのを防ぐことができます。

そのために、テスト後に自分の解答用紙を見直す癖をつけるようにしましょう。

また、見直す際に特に意識をしてほしいポイントは以下の通りです。

・ケアレスミスはないか?(スペルミス・問題の読み間違いはないか?)
・ケアレスミスをした原因は何か?
・テスト範囲のポイントに書かれている内容をしっかりと勉強することができたか?
・点数が取れなかった分野や単元はなかったか?
・時間配分は適切だったか?

これらのことに気を付けながら見直しをするようにしましょう。

 

 

イ 定期テスト後に解き直しをする意味は?②(今後の勉強の方針を決めるため)

→見直しをすることで、次のテストに向けて何をしたらいいかがはっきりする!

 

定期テスト後に解き直しをする意味の二つ目は、「今後の勉強の方針を決めるため」です。

また、テストの解答用紙を見直すことで、次のテストに向けてやるべきことが分かります。

例えば、英語が取れて、数学があまり点数が取れなかった場合は、次のテストは数学を中心に勉強をすればいいことになります。

また、点数が取れた英語の中でも、英作文があまりできなかった場合は、英作文の勉強を中心にやっていけばいいことになります。

このように、テスト後に見直しをすることで、次のテストに向けてどんな勉強をすればいいかが分かるようになってきます。

逆に言えば、見直しをしないと、結局は同じ勉強をすることになりがちです。

そうなると、前回と同じように英語の勉強ばかりして、数学はあまり手つかずに終わってしまう可能性が高く、結局今回と同じような出来になってしまいます。

そうならないように、見直しをして、次にどんなことをやっていけばいいか、つまり課題を見つけるようにしましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②定期テストの解き直しのおすすめのやり方は?

 

ちゃちゃ丸
テスト直しはどうやってやればいいのかニャー?
モモ先生
ここではテスト後の見直しの復習方法についてみていきますよ。

 

 

ア 定期テストの解き直しのおすすめのやり方は?①(ミスをした原因を考える)

→ミスをした原因に気づかないと同じ間違いをしがち

 

定期テストの解き直しのおすすめのやり方の一つ目は、「ミスをした原因を考える」ことです。

5教科のテストを見直してみると、点が取れなかった問題の中にはミスをして落とした問題があると思います。

そのミスを、「次のテストで気をつければいいや」で放っておくと、間違いなく次のテストで同じようなミスをします。

どのようなミスが多いのかを自分で見つけることで、意識が高まり、次のテストの時に気を付けて問題を解くようになるでしょう。

一般的にミスをする内容としては、

・英単語のスペルミス、漢字のミス
・コンマやピリオドの付け忘れ
・問題の読み間違え
・答え方を間違えた
・計算ミス

といったことがあります。

自分はどのようなミスが多いのかを分析し、次に同じ間違いをしないようにしていきましょう。

 

 

イ 定期テストの解き直しのおすすめのやり方は?②(勉強のやり方を振り返る)

→定期テストは勉強すれば点数が取れるようになっている!

 

定期テストの解き直しのおすすめのやり方の二つ目は、「勉強のやり方を振り返る」ことです。

次に勉強のやり方があっていたかどうかを反省していきましょう。

その際に特に意識したいポイントは、以下の通りです。

・テスト週間中に十分にワークやプリントの見直しができたか?
・問題集で間違えた問題は解き直しをしたか?
・苦手な教科もしっかりと勉強をしたか?
・生活習慣が整っていたか?(夜更かし、スマホの時間が多すぎということはなかったか?)

これらのことを見つめ直していきましょう。

そして、あまりできなかったことは、次のテストに向けて改善していくようにしましょう。

 

 

 

 

ウ 定期テストの解き直しのおすすめのやり方は?③(できなかった問題を解き直す)

→できなかった問題をできるようにしよう

 

定期テストの解き直しのおすすめのやり方の三つ目は、「できなかった問題を解き直す」ことです。

テスト問題を解き直す際には、できなかった問題を解くようにしましょう。(できた問題を再度解き直す必要はありません。)

また、問題を解く時には、解説、問題集・教科書を使って、最初は調べながら解くようにしましょう。

そして、解き方を理解した後は、今度は何も見ずに自力で解くようにしましょう。

これを行うことで力がついてきますので、必ず5教科全ての教科でやるようにしてください。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

③定期テストのテスト直しノートの作り方は?

 

ちゃちゃ丸
テスト直しノートの作り方を知りたいニャー
モモ先生
テストでできなかった問題を徹底的に復習することで苦手分野が克服できますよ。

 

 

定期テストでできなかった問題は、「解き直しノート」でまとめていくといいでしょう。

その際に注意すべきポイントは、

①間違えた問題を重点的にやる
②間違えた問題はなぜ間違えたのかをよく考える(同時に次にどうすれば間違えないのかを考える)
③知識が身についていない内容は問題集を使って復習をする

ということです。

テスト問題をコピーしてノートに貼り付け、間違えた問題を再度解いていくようにしましょう。

また、テストが終わってからすぐ解かないと内容を忘れてしまいますので、テスト問題返却後一週間以内には解くようにしましょう。

 

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「中学生の勉強法」はこちら