高校の普通科・専門学科・総合学科の違いやメリットは?【375授業目】

 

高校の普通科・専門学科・総合学科の違いやメリットは?についての記事です。高校の普通科・専門学科・総合学科の違いやメリットについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

「高校入試への心構え」はこちら

 

 

①高校の普通科を選ぶメリット・デメリットは?

【動画】【志望校選択】中3生必見!自分に合った公立高校の選び方!人生の大きな分岐点!慎重に選択しよう!

 

 

 

ちゃちゃ丸
高校の普通科に通うメリット・デメリットを知りたいニャー
モモ先生
最初に高校の普通科のメリット・デメリットについてみていきます。

 

 

高校には大きく、

①普通科
②専門学科(工業・商業・生活文化など)
③総合学科

の3つに分かれます。

最初にそれぞれの科の特徴についてみていきましょう。

 

 

ア 高校の普通科で学ぶ内容は?

→普通科は進学を目指す人の科

 

高校の普通科は、大学や短大などの進学をめざす人向けのカリキュラムです。

教科としては国語・数学・理科・社会・英語など中学校の内容を発展した内容を学んでいきます。

そして、高2からは文系か理系に分かれてより専門的な内容を学びます。

また2022年からは普通科は、「普通科」「学際総合学科」「地域探求学科」の3つに分かれます。

「学際総合学科」は、教科の枠組みを超えた学びに取り組む学科のことを指し、

・「貧困」や「環境問題」といった地球や現在社会がもっている課題解決方法を学ぶ
・大学や国際機関との連携体制

といったことを学びます。

また、「地域探究学科」は、地域社会の課題解決を目指す学科で、

・地域の課題を学ぶ
・地域や企業と共同する「産学連携」をする

といった内容を学びます。

 

 

イ 高校の普通科を選ぶメリット・デメリットは?

→幅広い進路を選べる反面、勉強量は多い

 

高校の普通科を選ぶメリットは、

・幅広い進路を選ぶことができる
・大学に進学しやすい
・普通科に通う生徒が多く安心できる

といったものがあります。

専門学科だと進路先や就職先がどうしても限られてしまいますが、普通科の場合は文系理系に関わらず自分の行きたい進路を選ぶことができます。(ただし高1の秋くらいまでに文系か理系かは決めないといけません。)

一方で、普通科のデメリットは、

・就職する時の学校の支援が少ない
・高校在学中に資格を取ることができない(取りたい場合は自分で試験を申し込む必要がある)
大学入試に向けた勉強が大変

といったものがあります。

高校入試の勉強に比べて大学入試の勉強は圧倒的に量が多く難しいです。

そのため、大学に通いたい場合は勉強漬けの毎日になることを覚悟しましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②高校の専門学科を選ぶメリット・デメリットは?

 

ちゃちゃ丸
高校の専門学科を選ぶメリット・デメリットを知りたいニャー
モモ先生
ここでは高校の専門学科に通うメリット・デメリットについてみていきますよ。

 

 

ア 高校の専門学科で学ぶ内容は?

→専門学科は進学を目指す人の科

 

高校の専門学科は、工業・商業・生活文化・看護・農業・漁業などの専門的な知識を学ぶ学科です。

教科としては、専門科目に加えて、国語・数学・理科・社会・英語の普通科で習う内容も学んでいきます。(ただし、普通科に比べると国語などの時間は少なめです。)

主な学科と学ぶ内容についてみていくと、

工業科機械・ロボット・電気・建築・土木などを学びます
商業科簿記・原価計算・流通ビジネスなどを学びます
生活文化科食物・ファッション・保育福祉などを学びます
農業科農業・畜産・林業・園芸・食品加工などを学びます
看護科看護に関する内容を学びます

といった感じになります。

他にも英語科(国際教養科)、水産科、福祉科、情報科、音楽科、美術科といったような科もあります。

 

 

イ 高校の専門学科を選ぶメリット・デメリットは?

→職業教育が充実している反面、進路の幅は狭くなりがち

 

高校の専門学科を選ぶメリットは、

・職業教育が充実している
・資格検定のサポートが充実している
・科に関連した大学・就職先に強い(例 工業科なら工学部の大学や工業系の会社に就職しやすい)

といったものがあります。

専門学科の場合、実習や検定試験対策などがあり、高校在学中に知識や技術を得ることができます。また、就職へのサポートも厚く、地元企業へ就職しやすいといったメリットもあります。

一方で、専門学科のデメリットは、

・進路の変更が難しい
・大学の一般入試を受験しにくい(高校では受験に必要な科目を十分に指導しないため)
・高卒で就職すると給料や待遇面で不利になりやすい

といったものがあります。

一度、その科に入ると進路変更が難しくなります。

ですので安易な気持ちで入らず、じっくりと進路を検討するようにしましょう。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②高校の総合学科を選ぶメリット・デメリットは?

 

ちゃちゃ丸
高校の総合学科を選ぶメリット・デメリットを知りたいニャー
モモ先生
ここでは高校の総合学科に通うメリット・デメリットについてみていきますよ。

 

 

ア 高校の総合学科で学ぶ内容は?

→総合学科は普通科+専門学科の中間の内容を学ぶ

 

高校の総合学科は、国語や英語などの普通科で学ぶ内容と工業や商業などの専門学科で学ぶ内容を両方学ぶ学科です。

また、総合学科の最大の特徴は、「単位制」であることです。

普通科や専門学科では一部の科目は選択できますが、大部分の科目は必修となっています。

一方で総合学科の場合は、自分で学びたい科目を選択できるようになっています。

一般的には、「人間文化系列(文系)」・「自然科学系列(理系)」・「国際文化系列(外国語)」・「会計ビジネス系列(商業)」・「情報ビジネス系列(商業)」・「健康スポーツ系列(体育)」といったような系列を一つ選び、その中でさらに自分が学びたい科目を学ぶスタイルとなっています。

 

 

イ 高校の総合学科を選ぶメリット・デメリットは?

→自由に授業を選べるのが最大の強み

 

高校の総合学科を選ぶメリットは、「自分の好きな科目を選ぶことができる」ということです。

一方でデメリットは、「志望者が少ない場合はその授業が受けられない」「大学進学に必要な科目を取り損ねる可能性がある」ということです。

これらのメリット・デメリットを踏まえた上で、みなさんにあう高校を選ぶようにしましょう。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「高校入試への心構え」はこちら