高校入試社会問題集「中学まとめ上手白地図・資料問題」の使い方と口コミは?【368授業目】

 

 

高校入試社会問題集「中学まとめ上手白地図・資料問題」の使い方と口コミは?についての記事です。高校入試社会問題集「中学まとめ上手白地図・資料問題」の使い方と口コミについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

「高校入試教科別勉強法」はこちら

 

 

「中学まとめ上手白地図・資料問題」
①対象者 高校入試でよく出る白地図や資料をマスターしたい中学生
②特徴 地図や資料でよく出る内容を短時間で整理できる

 

 

①高校入試社会一問一答問題集(白地図・資料問題)のおすすめは?

【動画】【高校受験の社会勉強法と覚え方】地理、歴史、公民の入試問題で、誰でも90点以上取るコツ【元中学校教師道山ケイ】

 

 

 

ちゃちゃ丸
高校入試社会の内容を短時間で復習したいニャー
モモ先生
今回は短時間で復習できる、高校入試用の社会の問題集を紹介していきますよ。

 

 

ア 高校入試社会おすすめの問題集の選び方は?①(短時間で復習できる)

→量が多いため、短時間で復習できるものがおすすめ

 

高校入試社会おすすめの問題集の選び方の一つ目は、「短時間で覚えることができる」問題集を選ぶことです。

高校入試の勉強は社会だけではありません。

英語や数学、国語や理科の勉強もあります。

また、受験勉強に加えて定期テストの勉強もあるため、社会にかける時間はあまり多く取れません。

そのため、白地図や資料問題の勉強はできるだけ短時間で済む教材を選ぶようにして下さい。

白地図用の問題集の中には量が非常に多いものもありますので、選ぶ際には気を付けましょう。

 

 

イ 高校入試社会おすすめの問題集の選び方は?②(出版年度が新しい)

→出版年度が新しいものほど最近の傾向を反映している

 

高校入試社会おすすめの問題集の選び方の二つ目は、「出版年度が新しい」問題集を選ぶことです。

資料問題では、みかんの生産量、お茶の生産量、鉄鉱石の輸入相手国など様々なデータが出ます。

しかし、これらのデータは年によって順位が変わることもあります。

そのため、問題集の出版年度が古いものを選んでしまうと、古いデータで覚えてしまうことになりかねません。

そうならないためにも、白地図・資料問題の問題集は出版年度の新しいものを選ぶようにしましょう。

 

関連記事

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

②高校入試社会おすすめの問題集は「中学まとめ上手白地図・資料問題」で決まり!

 

ちゃちゃ丸
高校入試によく出る白地図や資料問題を復習するには、どんな問題集を使えばいいのかニャー?
モモ先生
「中学まとめ上手白地図・資料問題」がオススメですよ。

 

 

ア「中学まとめ上手白地図・資料問題」が高校入試社会おすすめの問題集である理由①(数が絞られている)

→ページ数が少ないため短時間で仕上げることができる

 

「中学まとめ上手白地図・資料問題」が高校入試社会おすすめの問題集である理由の一つ目は、「覚えるべき数が絞られている」問題集だらです。

この本は、他の白地図問題集と比べると、本のサイズが小さく、またページ数も少なめです。

一方で、入試で出そうなグラフや表はしっかりとおさえているため、短時間で地理の内容を復習することができます。

また、日本地理の地名にはふりがながついていますので、漢字が苦手な生徒でも使える問題集といえます。

 

 

 

 

イ「中学まとめ上手白地図・資料問題」が高校入試社会おすすめの問題集である理由②(入試問題がまとまっている)

→過去に出た入試問題がまとまっているため効率が良い

 

「高校入試入試問題で覚える一問一答社会」が高校入試社会おすすめの問題集である理由の二つ目は、「入試問題がまとまっている」問題集だらです。

この本は、実際の入試問題を集めてできた問題集です。(ただ基本的な問題が多いです。)

そのため、この問題集を解くことで、入試問題のレベルや問題形式などを知ることができます。

加えて、たくさん入試問題を解くことで自信にもつながりますのでおすすめです。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

 

 

 

③高校入試社会おすすめ一問一答問題集「中学まとめ上手白地図・資料問題」の使い方は?

 

ちゃちゃ丸
「中学まとめ上手白地図・資料問題」はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
地図やグラフとリンクしながら用語を覚えていきましょう。

 

 

最後に、高校入試社会おすすめ一問一答問題集である「中学まとめ上手白地図・資料問題」の使い方についてみていきます。

この本は、地図やグラフの中に用語が出てきて、それを覚えるスタイルとなっています。

ここで大事なのは、用語だけを覚えないことです。

例えば、「日本の主な漁港」というページの中に、「焼津(やいづ)」という町が出てきます。

これをただ「焼津」という用語だけを覚えるのではなく、

・焼津がどこにあるのか?
・焼津では何がとれるのか?

といったことを意識して覚えないと、実際の入試問題や定期テストでは対応できません。

そのためにも、地図とリンクしながら用語を覚えるようにしましょう。

 

関連記事

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739