【高校受験面接】志望理由の例文は?志望動機がない人向けの回答例は?【342授業目】

 

【高校受験面接】志望理由の例文は?志望動機がない人向けの回答例は?についての記事です。高校受験面接で志望理由の例文や志望動機がない人向けの回答例について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

「高校入試教科別勉強法」はこちら

 

 

①高校入試面接の志望動機の書き方や例文は?

【動画】【高校受験面接の質問例】自己PR、長所、短所、特技などの模範回答例を紹介【元中学校教師道山ケイ】

 

 

 

ちゃちゃ丸
志望動機がなかなか思いつかないニャー
モモ先生
ここでは志望動機が簡単に書ける方法についてみていきます。

 

 

ア 高校受験面接の志望動機の書き方は?

→最初に行きたい理由を簡単に話し、次にその内容を具体的に話すこと

 

多くの人にとってやっかいなのが、「志望動機が思いつかない」といったことではないでしょうか?

そろそろ面接の準備をしなきゃ・・・、でも何を話したらいいかが分からないという悩みを持っている人も多いでしょう。

高校入試面接の志望動機の基本的な流れは、「結論→理由」の順で書くことです。

最初に高校に志望する理由を一言でまとめ、その後その理由を話していきます。

また理由や具体例を話すことは、「過去→未来→現在」の順に話していくと、相手に伝わりやすくなります。

 

 

イ 高校受験面接の志望動機の回答例は?

→結論を最初に言うことで相手に自分の考えが伝わりやすくなる

 

高校受験面接での志望動機の具体的な流れ(書き出し)は以下のようになります。

 

(結論)「私は貴校を志望する理由は●●です」と結論から簡潔に話す

(理由・具体例)
【過去】「私が貴校に興味を持ったのは●●がきっかけでした」
→志望する高校に興味を持った理由やエピソードを話す

【未来】「私が貴校に入学したら、●●を学びたいです。また将来は●●になりたいです。」
→高校に入ったら勉強したいことや将来なりたい姿を話す

【現在】「そのために今現在●●をしています」
→現在頑張っていること、取り組んでいることを話す

(結論)「よって私は貴校を志望します」

 

このような感じで話していくと筋の通った分かりやすい話が自然とできていきます。

 

 

 

 

ウ 高校受験面接の志望動機を話す際の注意点は?

→結論を最初に言うことで相手に自分の考えが伝わりやすくなる

 

また、高校入試の面接で志望動機を話す際にはいくつか注意点があります。

①手短に話す(長々と話さない)
②パンフレットやHPに書いてある内容をそのままを話さない
③自分オリジナルの言葉で話す

これらのことに気を付けて話すようにしましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②高校入試面接に備えて体験入学は積極的に参加しよう

 

ちゃちゃ丸
高校の体験入学には参加した方がいいのかニャー?
モモ先生
体験入学に参加することでHPでは分からない高校の雰囲気が感じ取れますよ。

 

 

例年夏~秋になると各高校で体験入学が実施されます。

ここでは、「体験学習」「オリエンテーション」「校内見学」「部活動見学」「学校紹介ビデオ」「在校生との交流」といったことを経験することができます。

体験入学に参加することで、志望校へのイメージがより高まり、勉強へのモチベーションが上がります。

また、面接での志望動機を話す際にも体験入学で学んだことや感じたことを取り入れることで話しやすく(書きやすく)なります。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

③将来の夢がない!?どう志望動機を書けばいい?

 

ちゃちゃ丸
将来の夢が思いつかないニャー
モモ先生
今興味や関心のあることを話していけばいいでしょう。

 

 

 

志望動機では将来の夢とからめて話すことがあります。その際に、

「将来は看護師になりたい」

「将来は教師か公務員になりたい」

このように明確に将来の夢が決まっていればいいですが、なかには「まだ中学生だし、将来のことなんか考えたことがない。」という人もいるでしょう。

その場合には将来の夢についてはどう書いていけばいいでしょうか?

一つの解答例としては、

「まだ決まっていませんが、僕は●●をすることが好きなので、そのようなことができる仕事をしたいと思っています。そして、高校生活や先の生活でしっかりと将来について向き合っていくつもりです。」

といった感じで、「今関心を持っている」ことと「これから積極的に進路について考えていく」ことをアピールするようにしましょう。

そうすることで志望動機もより具体的に話せるようになるでしょう。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「高校入試教科別勉強法」はこちら