【高校推薦入試】面接で落ちる人の理由と不合格になる確率は?【340授業目】

 

 

【高校推薦入試】面接で落ちる人の理由と不合格になる確率は?についての記事です。高校推薦入試の面接で落ちる人の理由と不合格になる確率について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

「高校入試教科別勉強法」はこちら

 

 

①高校入試(一般)の面接試験で落ちる理由は?

【面接】【高校受験面接の質問例】自己PR、長所、短所、特技などの模範回答例を紹介【元中学校教師道山ケイ】

 

 

 

ちゃちゃ丸
高校入試(一般)の面接で落ちる人はどういう人かニャー?
モモ先生
身だしなみやマナーが悪い人など面接官への印象が著しく悪い人ですよ。

 

 

まずは高校入試(一般)の面接で落ちる人の特徴からみていきます。

一般入試の場合、面接で落ちることはほとんどありません。(愛知県の場合)

それは、一般入試の場合は内申点と筆記試験の結果が重視されるからです。

ただ、そうはいっても、

・身だしなみが悪い(茶髪、ピアスなど)
・言葉遣いが悪い
・控室で大声で話していた

といった場合は不合格になる可能性もあります。

一般入試の場合は、志望動機や自己PR、高校生活で頑張りたいことなどの定番の質問を中心に、自分の考えや意見がスラスラと言えるようになれば面接で落ちることはほぼないでしょう。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②高校推薦入試の面接試験で落ちる理由や確率は?

 

ちゃちゃ丸
推薦入試の面接で落ちる人はどんな人かニャー?
モモ先生
他の人よりも実績があまりアピールできない場合が多いですよ。

 

 

次に高校推薦入試の面接で落ちる理由をみていきます。

高校推薦入試で重要視されるのは、

・面接
・これまでの実績
・内申点(学力推薦の場合)

です。そのため、一般入試以上に面接の比重が高いのが特徴です。

そして、推薦入試の面接で落ちる理由としては以下のものがあります。

 

 

ア 高校推薦入試の面接で落ちる理由①(志望動機が明確に言えない)

→その高校にしかないことを具体的に話すこと

 

高校推薦入試の面接で落ちる理由の一つ目は、志望動機が明確に言えない」からです。

志望動機とは、志望校に入りたい理由のことです。

そのため、他の高校にでも通用するような一般的な答えでは志望動機とは言えません。

例えば、「私は貴校が進学校であるため志望しました」というのが志望動機だとします。

すると、面接官からすると、「進学校だったら他にもあるよね?」ということを思いがちです。

そうではなく、「貴校は進学校で、〇〇大学対策を行っていたり、短期海外留学に力を入れたりしていることが魅力的であるため志望しました」というように、その高校にしかないことを必ず入れて話すようにしましょう。

また、学校のカリキュラムなど以外にも、「在学している(卒業した)先輩から貴校のよさを聞いたから」「体験入学に行って〇〇が魅力的だった」という切り口で話をするのもいいでしょう。

どこの高校にでも通用するような答えはくれぐれもしないようにしてください。

 

関連記事

 

 

イ 高校推薦入試の面接で落ちる理由②(自己アピールが弱い)

→自信を持ってこれまでの実績をアピールしよう

 

高校推薦入試の面接で落ちる理由の二つ目は、「自己アピールが弱いからです。

推薦入試の場合は、自己PRをする時間が設けられています。

そこでアピール不足だと、不合格になる可能性は高くなります。

日本人は一般的に自分を謙虚に振舞う傾向がありますが、面接ではそのような態度ではいけません。

自己PRとは、自分の実績や魅力を面接官に伝える場です。

「〇〇をやってきた。そして、〇〇を学んだ」というように、今までやってきたことやそこから得られたものを自信を持って話せるようにしましょう。(ここではネガティブな内容はできるだけ話さないようにしましょう。)

 

 

 

ウ 高校推薦入試の面接で落ちる理由③(推薦できるポイントが弱い)

→周りと比べてアピールポイントが弱いと落ちやすい

 

高校推薦入試の面接で落ちる理由の三つ目は、「推薦できるポイントが弱いからです。

実は、志望動機や自己PRで100点満点の答えをしても合格できない場合があります。

それはこれまでの実績で周りと比べてアピールできるものがないときです。

例えば、推薦入試の出願条件が「英検3級以上、部活動で地区大会出場、級長・生徒会活動をしていた」とします。

そうなると英検3級を持っていれば出願はできます。

ただ、周りが英検準2級を持っていたり、県大会で上位入賞したりなどすると、そちらの方の実績があることになってしまいます。

推薦入試は面接の出来だけで決まるのではなく、やはりこれまでの実績も評価の対象となります。

そのため、いくら面接の対策をしても必ず合格できるものではないということを認識しましょう。(受かればラッキーという気持ちで一般入試の対策もきちんとやっていきましょう。)

アピールできるポイントが他の人よりも弱いと、それだけ推薦で合格できる確率は下がってしまうことを知っておきましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

③高校推薦入試の面接で合格するためにすべきことは?

 

ちゃちゃ丸
高校推薦入試で合格できるようにするにはどんなことをしていけばいいのかニャー?
モモ先生
まずは実績を残し、さらに面接の練習を念入りにやるようにしましょう。

 

 

ア 高校推薦入試の面接で合格するためにすべきこと①(実績を残す)

→実績を残した人ほど推薦入試で合格しやすい

 

高校推薦入試の面接で合格するためにすべきことの一つ目は、「実績を残す」ことです。

先ほども書いたように、「部活動で全国大会に出場した」のと、「部活動で地区大会で入賞した」のでは、前者の方が推薦入試で合格できる可能性が高くなります。(「英検2級合格」と「英検3級合格」でも同じです。)

そのため、部活動や英検ではより上位の結果を出せるように日々の練習や勉強をしていきましょう。

実績が周りの人に比べて乏しい場合、いくら面接の出来がよくでも不合格になる可能性がありますので気を付けてください。

 

 

イ 高校推薦入試の面接で合格するためにすべきこと②(面接練習を繰り返し行う)

→面接の練習をすればするほど、ハキハキと話ができるようになる

 

高校推薦入試の面接で合格するためにすべきことの二つ目は、「面接練習を繰り返し行う」ことです。

推薦入試は自分の実績や思いを面接官に伝える場です。

そのため、「なぜ自分はこの高校に行きたいのか?」「高校生活で何をしたいのか?」「中学校生活で頑張ったことは何か?」といったことをハキハキと言うことができる必要があります。

ですので、面接の練習をたくさんして、自分の意見を明確に話せるようにしましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「高校入試教科別勉強法」はこちら