【高校入試国語】文法問題集「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」の使い方と口コミは?【334授業目】

 

 

【高校入試国語】文法問題集「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」の使い方と口コミは?についての記事です。高校入試国語文法問題集「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」の使い方と口コミについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

「高校入試教科別勉強法」はこちら

 

 

「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」
①対象者 高校入試の国語の文法の対策をしたい中学生
②特徴 文法の全ての問題について解くためのヒントがついているため解きやすい

 

 

①高校入試(国語)文法問題集のおすすめは?

【動画】【簡単】国語文法の勉強法!中学生向けの覚え方【元教師道山ケイ】

 

 

 

ちゃちゃ丸
国語の文法問題がよく分からないニャー
モモ先生
今回は国語の文法を理解できる問題集を紹介していきますよ。

 

 

ア 高校入試国語おすすめ文法問題集の選び方①(ヒントがついている)

→国語の文法問題が解説が詳しくないと理解できない場合がある

 

高校入試国語おすすめ文法問題集の選び方の一つ目は、「ヒントがついている」問題集を選ぶことです。

国語の文法問題は、「なぜそうなるのか?」「どうやって解くのか?」が分かっていないと解くことができません。(そういう意味では数学に近いです。)

ただ、解説が少ない問題集を選んでしまうと、家で勉強する時に解き方が分からず、そこで手が止まってしまいがちです。

そうならないためにも、ヒントがついている、解説が詳しい問題集を選ぶようにしましょう。

 

 

イ 高校入試国語おすすめ文法問題集の選び方②(学年ごとに取り組むことができる)

→問題に学年の表示があると中1からでも解くことができる

 

高校入試国語おすすめ文法問題集の選び方の二つ目は、「学年ごとに取り組むことができる」問題集を選ぶことです。

国語の文法問題は中1の定期テストから出題されます。

ただ、市販の文法問題集は中1~中3の内容がまとまっています。

そうなると、「形容動詞の活用(中2)」「尊敬語の種類(中3)」といった学年の表記がないと、何をどのタイミングで勉強すればいいかが分かりません。

そのため、いつ習うのかといった学年の表示がある問題集を選ぶと良いでしょう。

その問題集を選ぶことで、中3生が高校入試対策として使うのはもちろん、中1・中2の定期テスト対策用の問題集としても使えます。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②高校入試国語おすすめ文法問題集は「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」で決まり!

 

ちゃちゃ丸
中学国語の英文法の勉強をするには、どんな問題集を使えばいいのかニャー
モモ先生
「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」がオススメですよ。

 

 

ア「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」が高校入試国語文法問題集としておすすめな理由①(ヒントが詳しい)

→全ての問題にヒントがついている画期的な問題集

 

「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」が高校入試国語文法問題集としておすすめな理由の一つ目は、「ヒントが詳しい」問題集だらです。

先ほども書いたように、国語の文法問題は解き方を理解していないとできるようにはなりません。

例えば、助動詞「ない」の識別問題であれば、

①渋滞で車が動か「ない」
②何も用事が「ない」

上の①と②でどちらが助動詞「ない」なのかを識別する際には、「ない」→「ぬ」に置き換えることができる方が正解となります。(よって正解は①)

こういったテクニックを知っていないと文法問題ができるようにはなりません。

ただ、「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」は全ての問題に解き方のヒントがついているため、どうやって解けばいいかが分かる問題集となっています。

そのため、文法問題が苦手な人でも非常に使いやすい問題集といえます。

また、Amazonの評価も4.5と高く(2021年11月現在)、

・内容はとてもわかりやすいですが、シンプルな内容なので2日も集中すれば終わります。とにかく早く復習したい人には勧めます。
・国語の文法について、基礎が一からまるっと詳しく載っていて復習できます。まとめテストがいくつか間に挟まっているので、インプットしたあとアウトプットもできます。

といった口コミ(評価)がありました。

 

 

 

 

イ「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」が高校入試国語文法問題集としておすすめな理由②(ページごとにまとめがついている)

→ページごとにまとめがついているため知識の整理ができる

 

「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」が高校入試国語文法問題集としておすすめな理由の二つ目は、「ページごとにまとめがついている」問題集だらです。

この本は一つの単元が1ページでまとまっていますが、ページの右上にまとめ(要点)があります。

ですので、まとめ部分を見ることで、「副詞とは何か?」「助詞『の』はどういったものがあるのか?」といったことが確認できるようになっています。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

③高校入試国語おすすめ文法問題集「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」の使い方は?

 

ちゃちゃ丸
「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
まずは自力で文法問題を解いていきましょう。

 

 

最後に、高校入試国語おすすめ文法問題集である「全問ヒントつきでニガテでも解ける中学国語文法」の使い方についてみていきます。

この本は基本的には問題集ですので、まずは普通に解いていきます。

解く際のポイントとしては、「まとめ」や「ヒント」を見ないことです。

最初は自力で解くようにし、どうしても解けない場合は「まとめ」や「ヒント」を見て解くようにしましょう。

また、解けなかった問題はどうやって解けばいいのかを確認し、時間を空けて再度解くようにして下さい。

これを繰り返し、全ての問題が完璧になるまで解いていきましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「高校入試教科別勉強法」はこちら