愛知県高校入試(2022)社会の勉強法と過去問の解き方は?【227授業目】

 

愛知県高校入試(2022)社会の勉強法と過去問の解き方は?についての記事です。愛知県高校入試(2022)社会の勉強法と過去問の解き方について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

①愛知県高校入試(2022)社会の問題傾向、難易度、平均点は?

【動画】愛知県高校入試社会の勉強法

 

 

 

ちゃちゃ丸
愛知県高校入試の社会はどのような問題が出るのかニャー?
モモ先生
最近は史料やグラフを読み取る問題が増えて、最近は難しくなっていますよ。

 

 

時間割11:20~12:05(3時間目)
問題形式【大問1・2】 歴史的分野

【大問3・4】 地理的分野

【大問5・6】 公民的分野

平均点A日程 12.8点 B日程 12.4点(令和2年度・22点満点)
難易度標準

 

定期テストでは、教科書やワークをしっかりとやっておけば高得点が取れますが、高校入試の場合は、範囲が広いこと(中1~中3の全ての内容)、複数の資料を読み解く問題があり読解力が必要なため、難易度が高めです。

また、授業時間の関係上、公民にあまり復習できないため、(学校の授業が終わるのが入試直前)、特に公民はしっかりと復習をする必要があります。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②愛知県高校入試(2022)社会の勉強法は?

 

ちゃちゃ丸
社会で高得点を取るにはどんな勉強をしたらいいのかニャー?
モモ先生
まずは一問一答で基礎知識を固め、その後は問題演習をたくさんしていきましょう。

 

 

ア 愛知県高校入試(2022)社会の勉強法①(中1・2~中3の夏休み)

→教科書の太字レベルの用語の意味を確実に覚えよう

 

愛知県高校入試(社会)で中1・中2の時期から中3の夏休みまでにすべき勉強法は、「一問一答で教科書レベルの用語を覚える」ことです。

社会の受験勉強を本格的に始めるのは中3の夏からとなります。(中3の1学期までは英語・数学・国語の勉強を中心にやるようにして下さい。)

最初は基礎を固めるところから始めましょう。

特に教科書の太字レベルの用語は確実に覚えるようにしましょう。

 

A 一問一答

 

社会の勉強で最初にやるべきことは、一問一答で用語を暗記することです。

用語の意味を知らないことには、社会の問題ができるようにはなりませんので、夏休みが終わるまでにはしっかりと覚えておきたいものです。

また、特に歴史の用語は漢字が難しいものもありますので、漢字で書けるようにするための練習もしっかりと行ってきましょう。

 

 

B 白地図・資料問題

 

高校入試の問題では、地図や資料がからんだ問題も出てきます。

そして地図や資料を読み解くにはある程度の知識が必要になってきます。

「稲作が盛んな都道府県」「化学工業が盛んな工業地帯・地域」「人口が多い都道府県」など、これらのデータは知っておかないとできませんので、しっかりと覚えるようにしましょう。

 

関連記事

 

 

イ 愛知県高校入試(2022)社会の勉強法②(中3の2学期)

→入試によく出る問題の解き方をマスターすれば得点力はグンと上がる

 

愛知県高校入試(社会)で中3の2学期にやるべき勉強法は、「入試によく出る問題の解き方を学ぶ」ことです。

 

A 応用問題

 

一問一答で用語を覚えた後は応用問題を解いていきます。

愛知県高校入試の社会では資料や図を読み解く問題が多いので、入試問題に近いレベルの問題を解き進めていくことが必要になってきます。

ただ、いきなり過去問では解き方が分からないですので、まずは入試問題の解き方を詳しく説明している問題集を使っていきましょう。

そこで史料やグラフの読み解き方、記述問題の書き方などを学ぶことで力がついていきます。

そして、間違えた問題や知識があいまいな問題はしっかりと復習するようにしましょう。

 

 

B 歴史年号暗記

 

歴史の年号を覚えることで、時代の流れがわかるようになります。

ただ、年号は覚えにくく忘れやすい内容です。

ですので、入試前日までこまめに覚えなおすようにしましょう。

 

関連記事

 

 

 

 

ウ 愛知県高校入試(社会)の勉強法③(中3の冬休み~入試直前)

→本番の試験のつもりで過去問を解こう

 

愛知県高校入試(社会)で中3の冬休みから入試直前にやるべき勉強法は、「過去問演習をする」ことです。

最後に過去問を解いていきます。

最初に愛知県高校入試の過去問を解き、時間に余裕があれば「全国高校入試問題正解」などを解いていきます。

なお、過去問を解く際には、「時間を計って解く」「間違えた問題は解説をしっかり読む」といったことを心がけるようにしましょう。

また、問題演習期と同様、間違えた問題や知識があいまいな問題があれば、その分野をしっかりと復習するようにしましょう。

社会は直前期の勉強で一番伸びる教科です。

知識があいまいな分野は何度も復習し、本番までに完璧な状態になるようにしましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「愛知県高校入試情報」はこちら