豊丘・国府高校合格のための高校入試勉強法は?内申点を上げるには?【204授業目】

 

豊丘・国府高校合格のための高校入試勉強法は?内申点を上げるには?についての記事です。豊丘・国府高校合格のための高校入試勉強法や内申点を上げる方法について豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

「東三河の高校別情報」はこちら

 

 

【東三河地区の高校入試情報】

①時習館②豊橋東③豊丘④国府
⑤豊橋南⑥小坂井⑦成章⑧蒲郡東
⑨御津⑩福江
⑪豊丘(生文)⑫豊橋南(生デ)⑬成章(生文)⑭豊橋商業
⑮国府(総ビ)⑯成章(総ビ)⑰豊橋工科⑱豊川工科
⑲豊橋西(総合)⑳蒲郡(総合)㉑御津(国際教養)㉒新城有教館(文理)
㉓新城有教館(専門)㉔渥美農業㉕三谷水産㉖宝陵

 

 

① 豊丘・国府高校の基本情報(必要内申点・ボーダーライン)

【動画】【愛知県高校入試2022】豊丘・国府高校合格のための勉強法は?【豊橋の学習塾】

 

 

 

ちゃちゃ丸
豊丘・国府高校の必要内申点やボーダーラインを知りたいニャー
モモ先生
どちらも内申点は35、当日のボーダーラインは70点ですよ。

 

豊丘・国府高校(普通科)の基本情報です。

【偏差値】60

【グループ・型】Aグループ・Ⅲ型(当日点重視型)

【定員】200名

【入試倍率(令和2年度)】豊丘3.02倍、国府2.28倍

【内申点】35(45点中)

【ボーダーライン】70(110点中)

・内申点41点×2倍+当日点90点×1.5倍=合計217点

・ボーダーラインは年によって大きく変動します。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②豊丘・国府高校合格に必要な内申点の取り方は?

 

ちゃちゃ丸
豊丘・国府高校合格に必要な内申点が35だけど、どうやって近づいていけばいいのかニャー
モモ先生
3つのタイプを下に紹介していますよ。

 

 

豊丘・国府高校に合格するためには内申点が35以上必要です。

内申点が35になるには、以下の3タイプがあります。

 

 

ア 一般的な場合

 

国語数学理科社会英語保体技家音楽美術

5教科でしっかりと取れているため、高校入試でも高得点を取れる可能性が高いです。

あとは、実技教科で「5」になる教科を1つでも増やしていくと、入試当日がさらに楽になります。

 

 

イ 実技科目が取れていない場合

 

国語数学理科社会英語保体技家音楽美術

男子に多いタイプです。

5教科に力を入れているのはいいですが、内申点でいえば実技教科も同じ価値があるため、実技教科にも力を入れるようにしましょう。

上の場合で言うと、「3」の教科を一つでも多く「4(5)」にしたいものです。

 

 

ウ 理系科目が苦手な場合

 

国語数学理科社会英語保体技家音楽美術

女子に多いタイプです。数学が苦手で、他の教科でカバーしています。

高校の授業や大学入試でも数学が必要になってきますので、受験勉強を通して数学の苦手意識をなくすようにしましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

③豊丘・国府高校合格ボーダーラインに到達するための点数は?

 

ちゃちゃ丸
豊丘・国府高校合格に必要なボーダーラインが70点だけど、どうやって近づいていけばいいのかニャー
モモ先生
国語・社会で高得点が取れるような目標点を設定していきましょう。

 

 

豊丘・国府高校に合格するには当日点で70点以上は必要です。(安全圏は75点以上です。)

そうなると、1教科辺り14点以上取る必要があります。

バランスの取れた点数の取り方ですと、

国語数学社会理科英語合計
141414141470

ですが、実際はみなさんの得意・不得意科目、各科目の難易度等ありますので、教科ごとに微調整をする必要があります。

そこで各科目の難易度を考慮した場合の目標点で考え直すと、

国語数学社会理科英語合計
161416121270

となります。

愛知県の高校入試では、「国語・社会」が易しめで「理科・英語」が難しめです。

そのため、国語と社会を得点源の科目になるようにしましょう。

また、数学も基本問題ができれば14点前後はとれるはずです。

そのためには計算問題や小問集合などで落とさないようにしましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

④豊丘・国府高校に合格するための勉強法は?

 

ちゃちゃ丸
豊丘・国府高校に合格するにはどんな勉強をしていけばいいのかニャー?
モモ先生
それぞれの教科を基礎を完璧にする勉強をするようにしていきましょう。

 

 

ア 豊丘・国府高校に合格するための勉強法①(中1・中2~中3の1学期)

→英語・数学・国語の基礎固めをしよう!

 

豊丘・国府高校合格の学習計画として、中1・中2から中3の1学期までの時期は、英語・数学・国語の基礎固めをしていくようにしましょう。

 

A 英語

 

英語でやっておきたいことは、

①英単語・英熟語の暗記
②英文法の復習
③英検の勉強(3級もしくは4級合格が目標)

などです。これらの勉強をしていき、基礎力を身につけていきます。

 

 

B 数学

 

数学は「ニューコース中学数学」などを使って、これまで習った内容を復習していきます。

最低でも★(基礎)と★★(標準)レベルの問題まではマスターしましょう。

 

 

C 国語

 

国語でやっておきたいことは、

①漢字の読み書き(漢検を受験するのもあり)
②説明文に出る重要語句の意味を覚える
③国文法の復習
④説明文でよく出るテーマのあらすじをつかむ

などです。これらの勉強をしていき、基礎力を身につけていきます。

 

D 生活習慣

 

この時期はまだ多くの人が部活動を行っているはずです。

そのため、限られた時間の中で受験勉強をする必要があります。

豊丘・国府高校に合格するためには、一日でも早く入試問題を解く必要がありますので、夏休みに入る前に基礎を固められるようにしましょう。

 

関連記事

 

 

イ 豊丘・国府高校に合格するための勉強法②(中3の夏休み)

→理科・社会を中心とした5教科の基礎固めをしよう!

 

豊丘・国府高校合格の学習計画として、中3の夏休みの時期は、5教科の基礎固め(理社中心)をしていくようにしましょう。

 

A 英語・数学・国語

 

上で紹介した英語・数学・国語の勉強内容が終わっていれば順調に勉強が進んでいるといえます。

一方、勉強があまり進んでいない人は夏休み中に基礎が終わるように復習しましょう。

苦手な科目は仕上がるまでに時間がかかりますが、一つずつの分野をしっかりと復習しできるようにしていきましょう。

 

 

B 理科・社会

 

夏休みは理科と社会の基礎固めがメインとなります。

まずは理科・社会ともに一問一答式問題集で用語を覚えていきましょう。

それが終わったら、社会は、「白地図・資料問題対策」「歴史年号の暗記」「教科書を読み返す」を、理科は、「基本問題の解き方の復習」を行っていきましょう。

 

 

C 受験生としての心構え

 

中3の夏休みにやっておきたいことや心構えは以下の通りです。

①高校の体験入学に参加する
②塾の夏期講習を受けただけで満足しない

 

2学期からは応用問題が解けるように、夏休みのうちに基礎を完璧にするようにしましょう。

 

関連記事

 

 

 

 

ウ 豊丘・国府高校に合格するための勉強法③(中3の2学期以降)

→過去問を解いて実践力をつけよう

 

豊丘・国府高校合格の学習計画として、中3の2学期以降は、「過去問や応用問題を解いていく」ようにしましょう。

中3の2学期(秋)は高校入試でよく出る応用問題を集めた問題集を解いていきます。

難しい問題とはいえ、高校入試ではよく出る問題がありますので、その解き方をおさえれば応用問題もできるようになります。

また、中3の冬休みからは過去問を解くようにしましょう。

過去問を解くことで入試問題の難しさや問題傾向、今後の課題が分かるようになります。

後は過去問演習と問題集や参考書の復習を繰り返し行い、入試本番までに弱点分野がないようにしましょう。

 

関連記事

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「東三河の高校別情報」はこちら

 

 

【東三河地区の高校入試情報】

①時習館②豊橋東③豊丘④国府
⑤豊橋南⑥小坂井⑦成章⑧蒲郡東
⑨御津⑩福江
⑪豊丘(生文)⑫豊橋南(生デ)⑬成章(生文)⑭豊橋商業
⑮国府(総ビ)⑯成章(総ビ)⑰豊橋工科⑱豊川工科
⑲豊橋西(総合)⑳蒲郡(総合)㉑御津(国際教養)㉒新城有教館(文理)
㉓新城有教館(専門)㉔渥美農業㉕三谷水産㉖宝陵