理系の共通テスト社会の選択科目は?地理、現社、倫理・政経、日本史、世界史のどれがいい?【2授業目】

 

 

理系の共通テスト社会の選択科目は?地理、現社、倫理・政経、日本史、世界史のどれがいい?についての記事です。理系の共通テスト社会の選択科目は地理、現社、倫理・政経、日本史、世界史のどれがいいかについて豊橋市の学習塾「とよはし練成塾」の西井が紹介していきます。

 

 

「共通テスト勉強法」はこちら

 

 

①理系受験生は共通テストの社会でどれを選べばいい?

【動画】理系高校生の共通テスト社会の受験選択科目の選び方?地理、現社、倫理・政経、日本史、世界史のどれがいい?

 

 

 

ちゃちゃ丸
共通テストの社会でどれを選んでいいのか悩むニャー
モモ先生
一番のおすすめは地理Bですよ。

 

 

ア 理系の生徒は共通テスト社会で何を選べばいいか?

→地理Bがおすすめ

 

理系の生徒で共通テストを受験する場合、社会は避けて通ることができません。

一般的な配点で言えば、国語200点、数学200点、英語200点、理科200点、社会100点、合計900点であり、全体の9分の1が社会の配点となります。

もっと言えば、物理や化学と社会は同じ配点であるため、決して手を抜くことはできません。

また、受験生が選択できる社会系科目としては、

①日本史B・世界史B
②地理B
③倫理・政経、現代社会、倫理、政治経済

などがあります。

その中で私がおすすめする科目は地理Bです。

その理由を今からお話ししていきます。

 

 

イ 理系受験生が共通テスト社会で地理Bを選んだ方がいい理由①(学校で授業があるから)

→授業がある地理Bがおすすめ

 

理系受験生が共通テスト社会で地理Bを選んだ方がいい理由の一つ目は、「学校で授業がある」からです。

多くの学校では、理系クラスでは高2・高3で地理Bを習います。

学校で共通テスト対策をわざわざやってくれるわけですから、きちんと定期テストの勉強をしていれば地理の内容が仕上がっていくはずです。

一方で他の科目を選択する場合、受験時には地理の定期テストの勉強に加え、選択した科目の勉強をしなければならず手間がかかってしまいます。

勉強の負担を抑えるという意味では地理Bを選択するのがいいでしょう。

 

 

 

 

ウ 理系受験生が共通テスト社会で地理Bを選んだ方がいい理由②(多くの受験生が選択するから)

→多数派にいることで安心感が生まれる

 

理系受験生が共通テスト社会で地理Bを選んだ方がいい理由の二つ目は、「多くの受験生が選択するから」からです。

理系の生徒の多くは共通テストで地理Bを選択します。

ですので、多数派にいることである意味安心して受験することができます。

ここで私の失敗談を挙げると、私は現役時代文系でした。

そしてセンター試験の理科は「化学ⅠB」で受験しました。(当時は文系は理科1科目で受験できた)

多くの人は「生物ⅠB」受験をしましたが、私は「化学の方が点が取れそう」という理由で化学にしたのです。

しかし、直前期になると他の人と違うことをやっているという不安感に襲われ、結局は理科で高得点を取ることができませんでした。(今では素直に生物ⅠBを選択していればよかったと後悔しています。)

そのため、個人的には多くの人が受験する地理Bを受けた方がいいのではないかと思います。

 

 

エ 理系受験生が共通テスト社会で地理Bを選んだ方がいい理由③(理系との相性がいい)

→地理は分析力が求められる教科

 

理系受験生が共通テスト社会で地理Bを選んだ方がいい理由の三つ目は、「地理は理系の人との相性がいい」からです。

日本史や世界史の場合、どうしても大量の用語を覚えないといけません。

それが苦でない場合はいいのですが、みなさんの中には、「どうしてこの用語を覚えないといけないの?」と思う人も出てくるでしょう。

一方で、地理の場合は、歴史系科目に比べると覚えるべき用語は少なめです。

そして、図やグラフを読み取る問題がメインであるため、理系の人に向いている科目であるといえます。

 

 

オ 理系受験生が共通テスト社会で地理Bを選んだ方がいい理由④(平均点が高め)

→実は日本史や世界史は点が取りにくい

 

理系受験生が共通テスト社会で地理Bを選んだ方がいい理由の四つ目は、「平均点が高め」からです。

2021年度の共通テストの平均点は、地理Bが63.4点、日本史Bが62.9点、世界史Bが65.0点でした。

点数だけ見ると、「地理と日本史、世界史ではそんなに点数が変わらないのでは?」と思う人がいるかもしれません。

しかし、受験者の層を見ると、地理を選択する人はほぼ理系の人であるのに対し、世界史や日本史を受験する人はバリバリの文系の人がメインです。

理系の人は地理にあまり時間をかけることができません。

それでも60点近くはとれています。

一方で、文系の人は社会に時間をかけることができます。(特に私立文系の人は相当の時間をかけることができるでしょう。)

勉強量だけで見れば、日本史や世界史の点数が地理を上回っていないといけないはずです。

ですが、平均点を見ると日本史と世界史と地理はほぼ同じ点数です。

これはつまり日本史や世界史の難易度が高いということがいえます。

ですので、地理Bを選んだ方が短い時間で仕上げることができます。

ここまで私は地理Bを推しましたが、結局は個人の相性によって社会の選択科目は決まると思います。

どの科目を選べばいいかについては、一度共通テストの過去問を解いてみて、「これはできそうだ」と思う教科にしていけばいいでしょう。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「共通テスト勉強法」はこちら