共通テスト生物問題集「共通テストスマート対策生物」の使い方と口コミは?【181授業目】

 

 

共通テスト生物問題集「共通テストスマート対策生物」の使い方と口コミは?です。共通テスト生物のおすすめ問題集「共通テストスマート対策生物」の使い方と口コミについて豊橋の学習塾の教室長の西井が紹介していきます。

 

 

「共通テスト勉強法」はこちら

 

 

「共通テストスマート対策生物
①対象者 共通テストレベルの問題を単元別に学びたい受験生
②特徴 センター試験や試行調査の過去問が数多く載っている

 

 

①「共通テストスマート対策生物」はどのような共通テスト対策問題集か?

【動画】夏からの生物勉強法【京大理系女子が教えるよっ!】

 

 

 

ちゃちゃ丸
「共通テストスマート対策生物」とはどんな問題集なのかニャー?
モモ先生
共通テスト、試行調査、センター試験の問題が単元ごとに分かれて載っていますよ。

 

 

ア「共通テストスマート対策生物」とはどんな生物の問題集か?

→共通テストや試行調査、センター試験の問題が満遍なく載っている問題集

 

「共通テストスマート対策生物」とは、教学社から出版されている共通テスト生物の対策問題集です。

この本は、共通テストやプレテスト、センター試験の問題を抜粋してできた問題集で、よく出る問題が単元ごとにまとまっているため、苦手な単元から解くことができます。

他の本の場合は第1回の共通テスト以前(2020年)に発売されて、その後改訂されていない教材もありますが、この本は今回の共通テストの内容も踏まえているため、より最新の内容で学習をすることができます。

ただ、試行調査自体、難易度が結構高いため、他の問題集で基礎を固めた後に取り組むとよいでしょう。

 

 

 

 

イ「共通テストスマート対策生物」を使うべき人は?

→共通テストの問題形式に慣れたい人向け

 

「共通テストスマート対策生物」を使うべき人は、共通テストの問題形式に慣れたいです。

共通テストの生物は文章量が多かったり、図やグラフなどを読み取る問題が増えたため、難易度が増しました。

ですので、いきなり共通テストの過去問をやろうとすると、受験生によっては難しすぎて手が出ないということにもなりかねません。

ですので、基本的な問題集(「リードLightノート生物」など)と過去問の間に一冊、「共通テストスマート対策生物」のような共通テスト対策問題集をやっておくとスムーズに過去問に取り組むことができるようになります。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

②共通テスト生物のおすすめ問題集は「共通テストスマート対策生物」で決まり!

 

ちゃちゃ丸
「共通テストスマート対策生物」はどういう点がいいのかニャー
モモ先生
最新の傾向を踏まえて問題集が作られている点がおすすめですよ。

 

 

ア「共通テストスマート対策生物」が共通テスト生物のおすすめ問題集である理由①(図やグラフの読み取り問題が多い)

→共通テストの問題に対応することができる

 

「共通テストスマート対策生物」が共通テスト生物のおすすめ問題集である理由の一つ目は、「図やグラフの読み取り問題が多い」からです。

共通テストの生物の問題は、センター試験以上に表やグラフを読み取る問題が多く出題されます。

そのため、表やグラフを読み取る力がないと高得点を取ることができません。

この本は、図やグラフ、資料などがたくさん載っています。(ほとんどの問題が過去のセンター試験や試行調査、共通テストの問題です。)

ですので、この本で表やグラフの読み取り方をつかんでいけば、共通テストの過去問や予備校の予想問題集もスムーズに解けるようになりますので、しっかりと取り組むようにしましょう。

 

 

イ「共通テストスマート対策生物」が共通テスト生物のおすすめ問題集である理由②(最新の問題傾向に対応している)

→2021年の共通テストの内容も反映されている

 

「共通テストスマート対策生物」が共通テスト生物のおすすめ問題集である理由の二つ目は、「最新の問題傾向に対応している」からです。

この本は初版が2019年ですが、その後2回改訂されています。

そして2回目の改訂は共通テスト後にされているため、最新の内容が反映されています。

試行調査に比べると共通テストの問題は易しめでした。

ですので、それを反映して作られている問題集を使うと本番の入試に近いレベルの問題を解くことができます。

受験生のみなさんは問題集を買う際には、「いつ出版されたのか?」を必ず確認するようにしましょう。(2021年の4月以降に出版されているものであれば、共通テストの内容はほぼ反映されていると思います。)

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

 

 

 

③共通テスト生物おすすめ問題集「共通テストスマート対策生物」の使い方は?

 

ちゃちゃ丸
「共通テストスマート対策生物はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
まずは問題を解き、できなかった問題は解説をしっかりと読むようにしましょう。

 

 

ア「共通テストスマート対策」の使い方は?

→まずは問題を解き、できなかった問題は解説をしっかりと読むようにしよう

 

この本の進め方は、

①「演習問題」を解く
②答え合わせをし、できなかった問題は解説を読む
③知識があいまいな部分はノートにまとめて覚える

となっています。

できなかった問題は必ず解答解説をしっかりと読むようにして下さい。

また、この本は図やグラフの読み取り問題が結構あります。

そのため、一見難しそうな問題でもすぐに解くのをあきらめるのではなく、図やグラフからヒントとなる部分を見つけ解くようにしましょう。

生物は他の教科に比べて図やグラフの問題の割合が多いので、読解力がないと安定した点数を取ることができません。

そのため、数多くの問題を解いて、図やグラフを読み取る力をつけていきましょう。

また、できなかった問題はノートにまとめて復習するようにして下さい。

例えば、「筋原線維」と「筋繊維」の区別がつかなかったときは、

・( 筋原線維 )が束になって( 筋繊維 )<筋細胞>となる

という風にノートにまとめます。

そして覚えたい語句を赤字で書くと、赤シートで隠して覚えることができます。

そして、間違えた問題ごとにこのように書いていき、それらを後で覚えると知識が固まっていきます。

これを繰り返すことで、確実にできるようになっていきますので、ぜひノートにまとめていくようにしましょう。

 

愛知県豊橋市の個別指導塾

小・中・高対応「とよはし練成塾」

 

「共通テスト勉強法」はこちら