【豊橋の塾】高校生数学の勉強法・学習塾「とよはし練成塾」の指導方針【174授業目】

 

 

【豊橋の学習塾】高校生数学の勉強法・学習塾「とよはし練成塾」の指導方針についての記事です。豊橋の学習塾「とよはし練成塾」の西井が高校生数学の勉強法・指導方針について紹介していきます。

 

豊橋の学習塾「とよはし練成塾」の基本情報

①対象学年 小5~高3
②指導形態 個別指導
③指導講師 教室長が全ての生徒を指導(バイト講師はいません)
④指導教科 小・中・高の全ての教科対応可能
⑤授業時間 1コマ80分×週1~3回

 

 

①高校生の数学勉強法と豊橋の学習塾の指導方針は?

【動画】【受験生必見】数学の効率的な勉強法|学年ビリ2から偏差値80

 

 

 

ちゃちゃ丸
高校生の数学はどうやったらできるようになるのかニャー?
モモ先生
ここでは数学ができるようになるためのステップを順番にみていきましょう。

 

 

ア 高校生の数学勉強法と豊橋の学習塾の指導方針①(中学算数の復習)

→数学が苦手な人は中学算数の復習から始めます

 

ここで紹介する勉強法及び指導方針は、数学が苦手な人向けの内容です。数学が得意な人は「勉強法・指導方針②」からお読みください。

 

高校生で数学が苦手な人は、中学校の数学の内容が十分に分かっていない可能性が高いです。

そこで高校の内容を学ぶ前に、中学の数学を復習していくといいでしょう。

中学校の数学では、

①計算(因数分解・平方根・二次方程式など)
②関数(比例反比例・一次関数・二次関数)
③図形(平面図形・空間図形・証明・相似・円・三平方の定理)
④その他(資料の整理・確率など)

を学びました。

これらの内容は高校数学にもつながる内容ですので、数学に苦手を持っている人は中学生用の問題集を使って復習をしていきましょう。

 

 

・豊橋の学習塾「とよはし練成塾」の高校生数学の指導方針(中学数学の復習)

 

豊橋の学習塾「とよはし練成塾」の高校生数学の指導方針「中学数学の復習」についてです。

当塾では、中学数学の復習は「フォレスタステップ中学数学」という塾教材を使っています。

そして、授業の進め方としては、

①「レベルチェックテスト」を解く
②できた単元は次に進む。できなかった単元は解説を読む。(解説を読んでも分からない場合は講師が説明します。)
③できなかった問題の類似問題を解く
④後日できなかった問題を解き直す

となっています。

できない問題をできるようにすることで、確実に数学ができるようになっていきます。

早ければ一か月で中学数学の復習が終わりますので、そこから高校数学の内容に入っていきます。

 

 

 

 

イ 高校生の数学勉強法と豊橋の学習塾の指導方針②(基本問題の解法暗記)

→定期テストや模試、共通テストに出る基本問題を完璧にします

 

高校の定期テストは中学よりもテスト範囲が広く、また難易度が上がります。

そうなるとみなさんの中には、「問題集に出てくる全ての問題ができないといけないのでは?」と思うかもしれません。

そして、難しい問題を解くのに(理解するのに)時間をかけすぎて結局中途半端な状態でテスト本番に迎えてしまうという人がいます。

ここで大事なのは、「基本問題を完璧にする」ということです。

特に数学が苦手な人は難しい問題は捨て、基本問題(教科書の例題レベル)を何度も繰り返し解いて完璧にできるようにして下さい。

それだけでも平均点以上は取れます。

また、数学が得意な人も難しい問題ばかりに時間をかけるのではなく、基本的な問題の理解度を上げていくようにするといいでしょう。

テスト前は数学だけでなく、他の教科の勉強も必要です。

そのため、できるだけ少ない時間で数学の復習が終わるようにしていきましょう。

 

 

・豊橋の学習塾「とよはし練成塾」の高校生数学の指導方針(基本問題の解法暗記)

 

豊橋の学習塾「とよはし練成塾」の高校生数学の指導方針「基本問題の解法暗記」についてです。

当塾では、基本問題の解法暗記用問題集として「フォレスタ高校数学ⅠAⅡB」という塾教材を使っています。

このテキストは、基本問題を中心に定期テストや模試などでよく出る問題が載っています。

また、単元ごとに問題が分かれているため、テスト前などは苦手な単元に絞って復習することもできます。

なお、授業の進め方ですが、

①事前に家で問題を解いてくる
②できなかった問題は解説を読み、理解する(それでも分からない場合は講師が解説をします)
③その場で再度解き直す
④後日できなかった問題を再度解き直す

です。

できない問題の理解度を深め、繰り返し解くことを行っています。

 

 

 

 

ウ 高校生の数学勉強法と豊橋の学習塾の指導方針③(共通テスト・二次試験対策)

→基本問題の復習から行います

 

共通テストや大学入試では、

①範囲が極めて広い
②基本~発展問題まで幅広く出題される
③過去問などの問題演習が必要

といった特徴があります。

そのため、受験勉強は高3になってからではなく、高1・高2のうちから進めるようにして下さい。

最初は「チャート式」などの参考書で今まで習った内容の復習をします。

そして、その参考書の内容を完璧にしたら、共通テストの過去問や数学の応用問題集、志望校の赤本などを解き、応用力を磨いていきます。

なお、目標としては、文系が高2の終わりまで、理系が高3の夏休みまでに基本的な内容をマスターしていくといいでしょう。

 

 

・豊橋の学習塾「とよはし練成塾」の高校生数学の指導方針(共通テスト・二次試験対策)

 

豊橋の学習塾「とよはし練成塾」の高校生数学の指導方針「共通テスト・二次試験対策」についてです。

当塾では、まずは「フォレスタ高校数学ⅠAⅡB」という塾教材で、今まで習った内容の復習をします。

進め方は先ほどと同じで、

①事前に家で問題を解いてくる
②できなかった問題は解説を読み、理解する(それでも分からない場合は講師が解説をします)
③その場で再度解き直す
④後日できなかった問題を再度解き直す

です。

ここで基本問題を完璧にすれば、模試などでも安定した結果を出すことができます。(数学が苦手な場合、基礎知識が抜けていることが多いです。)

その後は、共通テストの問題や志望校の赤本などを解いて実践力を磨いていきます。

 

豊橋の個別指導塾「とよはし練成塾」

TEL(0532)-74-7739

 

「とよはし練成塾の指導方針」記事一覧はこちら