【大学受験世界史】判る!解ける!書ける!世界史論述のレベルとおすすめの使い方は?

 

 

たま吉
世界史Bの論述対策ができる問題集「判る!解ける!書ける!世界史論述」について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「【大学受験世界史】判る!解ける!書ける!世界史論述のレベルとおすすめの使い方は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「判る!解ける!書ける!世界史論述のレベルや使い方」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

判る!解ける!書ける!世界史論述を使って世界史の論述対策をしたい高校生及び浪人生

 

✓結論 

「判る!解ける!書ける!世界史論述のレベルや使い方は?」→まずは模範解答を暗唱するようにしよう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

大学入試のおすすめ勉強法を知りたい人は

大学入試の教科別勉強法、独学で進める学習スケジュールは?

 

 

大学入試教科別勉強法

①英語②文系数学③理系数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦物理⑧化学
⑨生物⑩日本史⑪世界史

 

 

スポンサーリンク

判る!解ける!書ける!世界史論述のレベルは?

 

 

たま吉
判る!解ける!書ける!世界史論述とはどんな問題集なのかニャー?
モモ先生
論述対策ができる問題集ですよ。

 

 

ア 判る!解ける!書ける!世界史論述のレベルは?

→難易度が高めの問題集

 

世界史の勉強は、

①歴史の流れをつかむ
②用語を暗記する(年号を覚える)
③問題を解く
④論述対策をする

というのが基本的な流れになります。

「はじめる世界史要点&演習」や、「HISTORIA(ヒストリア)世界史精選問題集」などの問題集や共通テストの過去問などを解き終えた後は、最後の仕上げとして論述対策をしていきます。

そして論述対策としておすすめな問題集が、河合出版から出ている「判る!解ける!書ける!世界史論述」です。

 

 

 

 

この問題集は論述問題の書き方やメモの取り方などが詳しく書かれている問題集で、全部で75のテーマに分かれています。

そして、テーマごとに問題が並んでいるため、学校で習ったところまでを復習したり、苦手な単元を集中的に克服したりといった使い方をすることができます。

 

また、判る!解ける!書ける!世界史論述の特徴としては、

・問題が全て入試問題でできているため過去問演習にもなる
・練習問題が豊富にあり、多くの問題にトライすることができる
・解説が充実しており、独学でも取り組むことができる

といったものがあり、難関国公立大を受験する生徒には必須の問題集となっています。

 

たま吉
「判る!解ける!書ける!世界史論述」はレベルが高い問題集なんだニャー

 

 

【大学受験】世界史論述の勉強法を知りたい人は

【大学入試】世界史論述の書き方や勉強法とおすすめ参考書や問題集は?

 

 

判る!解ける!書ける!世界史論述の使い方は?<共通テスト・大学入試編>

 

 

たま吉
共通テストや大学入試に向けて判る!解ける!書ける!世界史論述はどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
模範解答を暗記することから始めるようにしましょう。

 

 

ア 判る!解ける!書ける!世界史論述のおすすめな解き方は?①(基本的な問題集を完璧にしてから臨む)

→基礎知識がないとこの本を使いこなせない

 

判る!解ける!書ける!世界史論述のおすすめの解き方の一つ目は、「基本的な問題集を完璧にしてから臨む」ことです。

論述対策をするときは、前提条件としてある程度の基礎知識があることが必要となってきます。

少なくとも共通テストの過去問や模試で8割以上取れる力がないと厳しいでしょう。

そのため、基礎知識が足りない人は「山川世界史一問一答」などの一問一答集や「はじめる世界史」などの問題集を使って基礎固めをするようにしてください。

 

 

 

 

「はじめる世界史」は教科書の太字の用語の意味を問う問題がメインです。

また、各テーマの初めに要点部分があり、そこでは重要語句を覚えることができます。

基本的な問題集で基礎固めをし、さらに共通テストの過去問や模試などで高得点を取れるようになってから論述対策に取り組むようにしましょう。

 

モモ先生
論述対策をする前に易しめの問題集を完璧にするようにしましょう。

 

 

イ 判る!解ける!書ける!世界史論述のおすすめな解き方は?②(模範解答を暗唱する)

→知識がないとそもそも文章が書けない

 

判る!解ける!書ける!世界史論述のおすすめの解き方の二つ目は、「模範解答を暗唱する」ことです。

初学者がいきなり論述問題を解こうとしても、多くの人はほとんど書けません。

それは、

・長い文章を書けるだけの知識がない
・歴史の流れがわかっていない
・どういう文章を書けばいいかが分からない

といったことがあるからです。

 

そのため、初期段階としては模範解答をとにかく覚えていくことが効果的です。(このやり方は社会の論述対策だけでなく、英作文や小論文にも使えます。)

ただ、いきなり文章を覚えるのではなく、

・用語の意味を確認する
・歴史の流れを確認する

といったことをやりながら、模範解答を覚えるようにしましょう。

意味も分からず丸暗記ではなかなかできるようにはなりません。

模範解答を暗記することで書き方も分かるようになってくるので、このやり方はおすすめです。

 

「判る!解ける!書ける!世界史論述」に出てくる模範解答を一通り暗記したら、引き続き別の論述問題集や過去問(赤本)などに出てくる模範解答を暗記するようにしてください。

そして知識が十分についてきたら問題を解き始めていくといいでしょう。

入試本番までにどれだけの模範解答を暗記したかで合否が決まるといっても過言ではありません。

 

たま吉
模範解答を覚えていくことでだんだんと書けるようになってくるんだニャー

 

 

 

 

 

スポンサーリンク