【高校生】定期テスト日本史探究の勉強法、テスト前日の復習方法は?

 

 

たま吉
高校の定期テストの日本史探究のおすすめ勉強法を知りたいニャー

 

と思っている高校生のみなさん!

今回は「【高校生】定期テスト日本史探究の勉強法、テスト前日の復習方法は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「高校生の定期テスト日本史探究の勉強法」について知りたい高校生向けの記事です。

 

✓対象となる人

定期テストの日本史探究の勉強法を知りたい高校生

 

✓結論 

「高校生の定期テスト日本史探究の勉強法は?」→用語を完璧に覚えてから問題演習で定着度を確認をしよう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

 

定期テストの日本史探究では何が出る?

 

 

たま吉
定期テストの日本史探究ではどういった問題が出るのかニャー?
モモ先生
穴埋め問題形式で用語が問われたり、正誤問題などが中心に出ますよ。

 

 

日本史探究の学習内容は、古代~近現代の日本の歴史を学んでいきます。

また、問題形式は、

・穴埋め問題で用語を問う問題
・正誤問題、記述問題

などがメインとなっています。

 

モモ先生
まずは穴埋め問題ができるようにしていきましょう。

 

 

定期テスト日本史探究のおすすめ勉強法は?

 

 

たま吉
どうすれば定期テストの日本史探究で高得点を取れるのかニャー?
モモ先生
問題集の内容を完璧にすることが大事になってきますよ。

 

 

ア 定期テストの日本史探究の勉強法①(教科書を読んで内容を思い出す)

→教科書を読んで習った内容を思い出そう

 

定期テストの日本史探究のおすすめ勉強法の一つ目は、「教科書を読んで内容を思い出す」ことです。

最初から一問一答の暗記や問題集を覚えようとすると、歴史の流れが分からないまま勉強を進めることになってしまいます。

そうなると、定期テストではなかなか点数を取ることはできません。

そのため、まずは教科書やノート、参考書を読み、授業で習った内容を思い出していきましょう。

また、教科書を読んでも内容が分からない場合は、参考書などを読んで理解を深めるようにして下さい。

そして、資料集からも問題が出ることがあるので、教科書だけでなく資料集もしっかりと読むようにしましょう。

 

たま吉
最初に一通り読んで歴史の流れを確認していきたいニャー

 

 

 

 

イ 定期テストの日本史探究の勉強法②(学校の問題集を完璧にする)

→まずは太字の用語を完璧に覚える

 

定期テストの日本史探究のおすすめ勉強法の二つ目は、「学校の問題集を完璧にする」ことです。

 

A まずは太字から覚えよう

 

定期テストは学校で使っている問題集やプリントから出題されます。

そのため、まずはそれらの問題集を使って、テスト範囲の内容を完璧にしていきましょう。

ただ、日本史の場合、範囲が結構広いですので、全ての用語を順番に覚えるのは非効率です。(時間に余裕がない場合は最後までいかない場合も出てくるため。)

そのため、メリハリをつけて勉強をすることが大切になってきます。

最初は教科書の太字の用語から覚えていくことをおすすめします。

太字の用語は重要度が高いため、定期テストで出る可能性は非常に高いです。

ですので、まずは太字の用語を完璧に覚えていきましょう。(もちろん漢字で書けるようにして下さい。)

その次に、太字以外の用語を覚えていくようにすると、満遍なくテスト範囲の内容を暗記をすることができます。

 

モモ先生
重要な用語から覚えていくといいですよ。

 

 

B 教科書などを見ながら問題集を解かない

 

また、問題集を解く時に大事なことは、「教科書を見ながら解かない」ことです。

教科書を見ながら解くと、なんとなく「できた」気になってしまいます。

ただ、テスト本番では教科書を見ながら解くことはできませんので、思ったほど点数が取れないということになりかねません。

ですので、問題集を解く時には必ず自力で解くようにしましょう。

そしてできなかった問題や覚えていなかった内容はテスト当日までに繰り返し暗記をし、本番までに完璧に覚えるようにしましょう。

また、日本史探究は分量が多いため、一夜漬けでなんとかなる教科ではありません。

そのため、日ごろからコツコツと問題集を解くようにして下さい。

 

たま吉
毎日少しずつ覚えることが大切なんだニャー

 

 

C 場所を確認する

 

日本史の問題は地図が絡んだ問題が出てきます。

具体的には、

・日清戦争の講和条約は下関で結ばれた
・日米和親条約で下田・函館の2港が開港された

というような問題が出てきたときにその場所が分かっていないと点に結びつきません。

また、日本史の場合は旧国名(摂津・山城など)で出るときもあります。

そのため、旧国名の場所もしっかりと覚えるようにしましょう。

 

モモ先生
場所がどこにあるのかを意識して勉強するようにしましょう。

 

 

D 年号は覚えるべきか?

 

歴史の勉強で欠かせないのが年号暗記です。

ただ、年号は覚えにくく忘れやすいです。

そのためみなさんの中には年号を覚えるのが嫌だ、面倒くさいという人もいるでしょう。

 

しかし、年号を覚えることで時代の流れが分かるようになりますし、並び替え問題にも強くなります。

そのため、語呂合わせなどを使って年号もしっかりと覚えるようにしましょう。

 

モモ先生
年号暗記までできると日本史の勉強はほぼ仕上がったとみていいでしょう。。

 

 

 

 

ウ 定期テストの日本史探究の勉強法③(テスト前日・当日の勉強法)

→忘れていないかどうか再度確認をしよう

 

高校生が定期テストの日本史探究で9割以上取るための勉強法の三つ目は、「テスト前日・当日に再度復習をする」ことです。

日本史探究は暗記科目であるため、一度できたと思った内容もしばらくすると忘れてしまいます。

そのため、テスト前日や当日も再度見直しをするようにしましょう。

 

ただ、前日や当日は他の教科の見直しもあるため、日本史Bに関しては、

・1回目でできなかった問題
・知識があいまいな問題

を中心に短時間で見直すといいでしょう。

 

たま吉
テスト当日までに何度も復習していきたいニャー

 

 

 

 

高1・高2定期テスト、大学入試対策個別指導コース

 

 

当塾では高校1・2年生を対象とした「高1・高2定期テスト、大学入試対策個別指導コース」がございます。

このコースの対象となる人は、

・早い時期から大学入試対策をしたい人
・推薦入試で合格したい人
・どうやって勉強をしたらいいかが分からない人
・中学までは成績がよかったが、高校生になって成績が落ち始めた人

となっています。

 

また、当塾の特徴としては、

①アルバイト講師はなし!塾長自らが全員を指導!
②勉強のしかた、暗記方法などを徹底指導!
③定期テスト、共通テスト、大学入試対策や小論文・志望理由書・面接指導などが可能!
④自習室完備でいつでも使用可能!

となっています。

興味のある方は下のボタンからお申し込みください。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00