【大学受験日本史】流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのレベルとおすすめの使い方は?

 

 

たま吉
日本史Bの問題集である「流れがわかる日本史Bテーマ史ノート」について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「【大学受験日本史】流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのレベルとおすすめの使い方は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのレベルや使い方」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

「流れがわかる日本史Bテーマ史ノート」を使って日本史の基本問題を解きたい高校生及び浪人生

 

✓結論 

「流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのレベルや使い方は?」→一冊マスターすることで日本史の力がつく

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

大学入試のおすすめ勉強法を知りたい人は

大学入試の教科別勉強法、独学で進める学習スケジュールは?

 

 

大学入試教科別勉強法

①英語②文系数学③理系数学④現代文
⑤古文⑥漢文⑦物理⑧化学
⑨生物⑩日本史⑪世界史

 

 

スポンサーリンク

流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのレベルは?

 

 

たま吉
流れがわかる日本史Bテーマ史ノートとはどんな問題集なのかニャー?
モモ先生
テーマ史の勉強ができる書き込み式の問題集ですよ。

 

 

ア 流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのレベルは?

→基礎~標準レベルの用語の確認ができる問題集

 

共通テストや大学入試ではテーマ史が出題されることが多いです。

テーマ史とは、政治史、文化史、外交史、経済史といったようにあるテーマについての歴史のことです。

 

一般的に教科書では、

・奈良時代の政治史、経済史、外交史、文化史
・平安時代の政治史、経済史、外交史、文化史

といったように、一つの時代を学ぶ中で政治史や文化史などがバラバラに出てきます。

 

しかし、共通テストや大学入試では、

・奈良時代の外交史→平安時代の外交史→鎌倉時代の外交史・・・

といったように一つのテーマに関する問題がよく出ます。

そのため、政治史や文化史などのテーマごとの歴史も知っておく必要があります。

 

そして、テーマごとの歴史をつかむためにおすすめの問題集が、「流れがわかる日本史Bテーマ史ノート」です。

 

 

 

 

この問題集は、

・政治史、内閣史、制度史、法制史、
・日中外交史、日欧米外交史、北方史、琉球史
・土地制度・税制史、農業史、貨幣制度・金融・流通史
・仏教史、学問・思想史、文学史、美術史

といったように様々なテーマの歴史の流れを書き込み方式で学ぶことができるものです。

 

また、流れがわかる日本史Bテーマ史ノートの特徴としては、

・基本~標準レベルの用語が中心
・テーマごとの歴史をつかみやすい
・教科書「詳説日本史」に準拠して作られているため使いやすい

といったものがあり、テーマごとの歴史の流れを把握したい生徒には必須の問題集となっています。

 

たま吉
「流れがわかる日本史Bテーマ史ノート」で歴史の流れがより分かるようになりそうだニャー

 

 

流れがわかる日本史Bテーマ史ノートの使い方は?<共通テスト・大学入試編>

 

 

たま吉
共通テストや大学入試に向けて流れがわかる日本史Bテーマ史ノートはどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
先に赤ペンで書きこんで、その後は何度も覚えるようにしましょう。

 

 

ア 流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのおすすめな解き方は?①(一問一答問題集を完璧にしてから臨む)

→一問一答問題集をマスターしないと消化不良で終わってしまう

 

流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのおすすめの解き方の一つ目は、「一問一答問題集を完璧にしてから臨む」ことです。

流れがわかる日本史Bテーマ史ノートに出てくる用語はそこまで細かいものはありませんが、それでも基礎基本が身についていないとスムーズに進めることができません。

そのため、「山川日本史一問一答」「日本史B一問一答完全版」などの一問一答の問題集をマスターしてから問題集に臨むようにしましょう。

ただし、これらの一問一答問題集は重要度の低い(細かい)用語も載っています。

ですが、今の段階ではそこまでやる必要はなく、共通テストレベルの用語のみをまずは完璧にマスターするようにしましょう。

そこから「流れがわかる日本史Bテーマ史ノート」に入るとスムーズに問題を解くことができます。

 

モモ先生
流れがわかる日本史Bテーマ史ノートの前に一問一答問題集をマスターするようにしましょう。

 

 

イ 流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのおすすめな解き方は?②(空欄部分を赤ペンで書き込む)

→先に全部答えを書いてしまおう

 

流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのおすすめの解き方の二つ目は、「空欄部分を赤ペンで書き込む」ことです。

この問題集は書き込み式の問題集です。

そのため、先に全部の空欄部分を赤ペンで書きこんでしまいましょう。

そうすることで後で繰り返し暗記をすることができます。

 

また、書き込みをしていく中で意味の分からない用語や地名などが出てきたときは、用語集や地図帳で調べたり、参考書や教科書を読んだりして理解を深めるようにしましょう。

分からないところを丸暗記しようとしてもなかなか頭に入れることはできません。

 

たま吉
よく分かっていないところはしっかりと調べるようにしたいニャー

 

 

 

 

ウ 流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのおすすめな解き方は?③(繰り返し暗記する)

→その日のうちに一度完璧にすること

 

流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのおすすめの解き方の三つ目は、「繰り返し暗記する」ことです。

書き込みをした後は赤い下敷きで書いた部分を隠して、覚えているかどうかをチェックするようにしましょう。

そのときに覚えていなかった用語は完璧に言えるようになるまで繰り返し覚えるようにしてください。

ここで中途半端な状態で終わってしまうとなかなか覚えることができません。

そのため、その日のうちに覚えるべき用語は完璧に覚えるようにしましょう。

 

そして、ここでの注意点は「用語と説明をリンクしながら覚える」ことです。

例えば、「幕府は1842年異国船打払令を緩和して、いわゆる( 天保の薪水給与令 )を出し、漂着した外国船には薪や水・食料を与えることにした」という文章があったとします。

このときに、天保の薪水給与令の説明にあたる語句は、「異国船打払令を緩和」「漂着した外国船に薪や水・食料を与えることにした」にあたりますので、「幕府は1842年異国船打払令を緩和して、いわゆる( 天保の薪水給与令 )を出し、漂着した外国船には薪や水・食料を与えることにした」という風に、太字の天保の薪水給与令だけでなく、それに関連する語句も覚えるようにしましょう。

なんとなく「できる」のではなく、用語と説明部分をリンクしていくことが大切です。

そうすることでより覚えやすくなっていきます。

 

モモ先生
語句の周りの言葉も大切ですよ。

 

 

エ 流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのおすすめな解き方は?④(次の日に復習をする)

→一度覚えても時間が経つと忘れてしまう

 

流れがわかる日本史Bテーマ史ノートのおすすめの解き方の四つ目は、「次の日に復習をする」ことです。

その日に一度完璧にできるようになったとしても、しばらくするとそのほとんどを忘れてしまいます。

そのため、問題の復習は定期的に行う必要があります。

 

問題集に載っている内容が知識として定着するには最低3回以上復習をする必要があります。

特に暗記をした次の日に復習をすると知識が残りやすくなりますので、必ず翌日に復習をするようにして下さい。

その後もこまめに復習をしていきましょう。

 

たま吉
繰り返し覚えることが大切なんだニャー

 

 

 

 

 

スポンサーリンク