三重大学医学部看護学科(2023)の入試科目、偏差値、口コミ、倍率、おすすめ勉強法は?

 

 

たま吉
三重大学医学部看護学科の入試にむけたおすすめ勉強法について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「三重大学医学部看護学科(2023)の入試科目、偏差値、口コミ、倍率、おすすめ勉強法は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「三重大学医学部看護学科入試の傾向と過去問分析、おすすめ勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

三重大学医学部看護学科の問題傾向やおすすめ勉強法を知りたい高校生や浪人生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

三重大学入試過去問分析・教科別勉強法

①三重大英語②三重大数学③三重大国語④三重大物理
⑤三重大化学

 

 

 

 

スポンサーリンク

三重大学の定員、口コミ、オープンキャンパスは?

 

 

たま吉
三重大学はどのような大学なのかニャー
モモ先生
教育学部、地域科学部、医学部、工学部などがある大学ですよ。

 

 

ア 三重大学の基本情報

→三重県津市にある総合大学

 

三重大学は三重県津市にキャンパスがある総合大学です。

 

 

また、三重大学にある学部及び定員は以下の通りになっています。

 

 

A 三重大学の学部・定員

 

①人文学部 167人
②教育学部 160人
③医学部 計127人
④工学部 222人
⑤生物資源学部 133人
*上記の人数は前期日程の募集人員となります

 

 

B 三重大学の偏差値

 

河合塾の「入試難易予想ランキング表」から三重大学の偏差値を抜粋しました。

 

共通テストボーダー二次ランク
人文学部61~62%52.5~55.0
教育学部47~62%47.5~52.5
工学部61~66%50.0~55.0
生物資源学部56~59%47.5~50.0
医学部(医学科)77%65.0
医学部(看護学科)65%

 

たま吉
三重大学はいろいろな学部がある大学なんだニャー

 

 

イ 三重大学の評判や口コミは?

→オープンキャンパスに参加して大学の様子を感じ取ろう

 

三重大学の評判や口コミについてです。

学部によって口コミの内容が変わりますので、みなさんが志望する学部のものを参考にするといいでしょう。

また、三重大学について詳しく知りたい方は、オープンキャンパスが例年行われますので、そこで学校の様子をつかむようにしましょう。

そうすることで三重大学へのイメージがよりしやすくなります。

 

モモ先生
学校に関する内容をいろいろ調べてから受験をするようにしましょう。

 

 

三重大学入試の試験科目、配点、倍率は?

 

 

たま吉
三重大学入試の傾向を知りたいニャー
モモ先生
共通テストの点数が重視されていますよ。

 

 

ア 試験科目と配点(2023)

→共通テスト重視の学部が多い

 

三重大学入試の配点は、医学部医学科以外は二次試験よりも共通テストの方が配点が高いです。(学部・学科ごとの配点はKei-Net大学検索システムで確認してください。)

そのため、まずは共通テスト対策に力を入れ、ボーダーラインを上回る点数を取るようにしましょう。

 

たま吉
まずは共通テストを突破できるようにしたいニャー

 

 

イ 倍率(2022)

→学部によって倍率が大きく変化した

 

2022年度の志願倍率(一般選抜の合計)は、

・人文学部が2.4倍と増加
・教育学部は2.6倍と大幅に減少
・医学部医学科は5.1倍と微減
・医学部看護学科は1.4倍と減少
・工学部は2.7倍と微減
・生物資源学部は1.8倍と減少

となっています。

 

なお、合格者最低点などはこちらで確認することができます。

 

モモ先生
定員が少ないため倍率は年によって大きく変化しやすいですよ。

 

 

三重大学入試(2023)の合格に向けたおすすめ勉強法は?

 

 

たま吉
三重大学入試に合格するためのおすすめ勉強法を知りたいニャー
モモ先生
まずは共通テストで高得点を取ることに力を入れましょう。

 

 

ア 定期テスト対策

→高い内申点を取ると学校推薦型選抜の受験資格が得られる

 

三重大学医学部看護学科の入試では、大きく一般入試と学校推薦型選抜があります。

一般入試は共通テストと二次試験の合計で決まりますが、学校推薦型選抜は、共通テストの結果+内申点+面接で決まります。

 

そして、学校推薦型選抜は、

・受験できるチャンスが増える(推薦と一般の2回)
・一般入試より前に合否が出るため、早く受験勉強から解放される

といったメリットがあるため、ぜひ学校推薦型選抜を受験するようにしましょう。

また、三重大学の学校推薦型選抜の受験資格は学部によって出願条件や試験内容が異なりますので、事前に内容を確認するようにしましょう。

 

なお、高校の内申点は基本的には定期テストの結果でほぼ決まります。

そのため、高1の最初の定期テストから気を抜くことなく、テスト勉強をするようにしましょう。

たとえ、ある科目で評定「3」があったとしても、他の科目で「5」を取ればトータルの成績は上がりますので、どの科目も気を抜くことなく取り組むようにして下さい。

 

モモ先生
高1から大学入試を意識した勉強をするようにしましょう。

 

 

 

 

イ 共通テスト対策

→配点の高い教科で高得点が取れるようにしよう

 

三重大学入試の共通テストの配点は、工学部の機械工学科を例に挙げると、

国語社会数学理科英語R英語L合計
15015015015010050750

となっており、ボーダーラインは59となっています。

そのため、目標点は62%の465点とします。

 

そして、465点を取るためには、

国語社会数学理科英語R英語L合計
10010075907030465

といったような目標点数にするのがおすすめです。

 

ここでのポイントは、

・社会・理科は高得点を取りやすいので特に力を入れて勉強をする
・二次試験でもある科目は高得点が取れるようにする
・共通テストのみの科目も疎かにしない

といったことです。

これらのことを意識して、後はみなさんの得意不得意に応じて目標点数を決めるようにしましょう。

 

たま吉
取れる教科でしっかりと点数が取れるようにしたいニャー

 

 

共通テストに向けたおすすめ勉強法は?

共通テスト対策の勉強法とおすすめ学習スケジュールは?

 

 

 

 

ウ 三重大学の一般入試対策<英語>

→問題によっては求められる単語レベルが高い文章もある

 

三重大学の英語は大問が5題あり、長文読解問題が4問、自由英作文の問題が1問となっています。

 

また、それぞれの問題の難易度は、

・読解 一つ一つの文章は短めだが、多くの文章が出てくる
・英作文 語数は少ないため、比較的書きやすい

となっています。(読解問題は医療・環境・科学技術などの分野がよく出ます。)

そして、読解問題で高得点を取るには、早い時期から「システム英単語」などの英単語帳を使って英単語の意味を覚えていくことと、「速読速聴・英単語」シリーズや英検準1級の問題集を使って英文を多読し、慣れていく必要があります。

また、自由英作文も出題がされるため、高3の秋以降は時間をかけてじっくりと対策をするようにしましょう。

 

たま吉
普段から英文を書く習慣をつけるようにしたいニャー

 

 

 

 

 

 

エ 三重大学の一般入試対策<国語>

→現代文・古文・漢文で合計4題出題される

 

三重大学の国語は人文学部と教育学部、医学部(看護)と問題は違いますが、問題数は同じで現代文が2題、古文が1題、漢文が1題と合計4題が出題され、解答時間は人文学部が120分、教育学部、医学部(看護)が100分となっています。

また、よく出るジャンルとしては、

・現代文 評論(文化・社会、哲学、歴史、言語)及び随筆
・古文 中古・中世の説話や物語
・漢文 なじみのない作品から出ることが多い

となっています。

上のジャンルの文章を中心に読んでおくと、スムーズに解くことができます。

 

たま吉
入試本番までにできるだけ多くの文章を読んでおくといいニャー

 

 

 

 

 

 

オ 三重大学の一般入試対策<数学>

→試験時間は80分か120分

 

三重大学の数学は大問3問で解答時間は90分です。

また、試験範囲は、

・生物資源学部 数学Ⅲまでが数学ⅡBまでかを選択
・医学部、工学部 数学Ⅲまで
*問題は学部ごとに分かれているが、共通問題が多い

となっています。

 

そして、入試の特徴としては、

微積、複素数平面、ベクトル、数列、三角関数、2次関数、対数関数などがよく出る
②標準レベルの問題が中心
③計算量・記述力が多い問題がよく出る

となっています。

 

そのため、チャート式などの参考書で解法暗記をしたら、できるだけ多くの過去問を解いていくといいでしょう。

そうすることによって思考力が身に付き、三重大の問題に対応できるようになります。

 

モモ先生
早めに解法暗記を終わらせるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

カ 三重大学医学部看護学科の学校推薦型選抜対策<面接>

→面接の対策は早い時期から始めていこう

 

三重大学医学部看護学科の一般選抜および学校推薦型選抜では面接が試験科目にあります。

ただ、この面接の対策をするのに結構時間がかかります。

そのため、これらの対策は、高2の終わりくらいから少しずつ始めていくことをおすすめします。

 

そして面接でよく聞かれる内容は、

志望動機
・高校生活で頑張ったこと
・入学してから頑張りたいこと
・大学についてどこまで知っているか(アドミッション・ポリシーなど)
・なぜ看護師になりたいのか?
・理想とする看護師像は?
・その他看護師や医療分野に関する質問(臓器移植など)

などです。

 

そしてこの中で一番難しいのが志望動機です。

それは、志望動機は他の大学ではなく三重大学医学部看護学科でないといけない理由を話さないといけないからです。

ですので、「看護の内容について学べるから」といった理由では他の学校でもいいことになってしまい、志望動機としてはダメなのです。

ですので、いい志望動機を話せるためには、

オープンキャンパスに行き、そこで感じたことを話す
・知り合いに先輩や卒業生がいれば、その人から三重大学についての話を聞く
・高校の進路指導室に行き、三重大学に受かった先輩の体験談などを参考にする

といったことをやるようにして下さい。(アドミッションポリシーの内容を踏まえて話すことも大事です。)

そうすることで、他の学校と差別化した内容が話せるようになります。

また、志望する学部に関する質問が聞かれることもありますので、時事問題に関心を持ったり、小論文の本を読んだりして自分の意見をまとめるようにしましょう。

 

モモ先生
志望動機はどこでも通用する内容を話さないようにしましょう。

 

 

 

 

三重大学医学部看護学科入試合格個別指導コースについて

 

 

当塾では三重大学医学部看護学科の入試を受験予定の高校3年生を対象とした「看護医療系学校合格個別指導コース」がございます。

*現在高1・2年生の方は「高1・高2定期テスト・大学入試対策個別指導コース」から始まり、高3時に「看護医療系学校合格個別指導コース」に切り替わるようになります。

このコースの対象となる人は、

・一般入試で三重大学医学部看護学科に合格したい人
・学校推薦型選抜での三重大学医学部看護学科の受験も視野に入れている人

です。

 

そして、当塾の指導プランとしては

①高1~高2 英語・数学の基礎固め
②高3 共通テスト対策及び二次対策(英語・数学・国語・面接)
*学校推薦型選抜を受験予定の方には面接の対策も致します。

となっております。(当塾では配点の高い共通テストの対策を優先し、合格レベルに達した後で二次試験の対策をいたします。)

三重大学医学部看護学科に合格したい方、受験を考えている方に合った指導をさせていきます。

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

 

スポンサーリンク