三重大学物理(2023)の入試対策、過去問分析、おすすめ参考書や問題集は?

 

 

たま吉
三重大学の物理のおすすめ勉強法について知りたいニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「三重大学物理(2023)の入試対策と過去問分析、おすすめ参考書や問題集は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「三重大学の傾向と過去問分析、おすすめ勉強法」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

三重大学国語の問題傾向やおすすめ勉強法を知りたい高校生や浪人生

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

三重大学入試過去問分析・教科別勉強法

①三重大英語②三重大数学③三重大国語④三重大物理
⑤三重大化学

 

 

スポンサーリンク

三重大学の配点、試験科目、合格最低点は?

 

 

たま吉
三重大学の試験科目やボーダーラインを知りたいニャー
モモ先生
河合塾のサイトなどで調べることができますよ。

 

 

河合塾の「Kei‐Net大学検索システム」では、

・定員(募集人員)
・共通テストの科目および配点、ボーダーライン
・二次試験の科目および配点、偏差値(難易度)

などを確認することができます。

三重大学の場合、全体的には二次試験よりも共通テストの方が配点が高めの傾向にあります。

そのため、共通テストの出来が合否を左右する入試といえます。

 

たま吉
まずは共通テストを突破できるようにしたいニャー

 

 

共通テスト対策のおすすめの勉強法は?

共通テスト対策の勉強法とおすすめ学習スケジュールは?

 

 

また、三重大学の各学部の過去2年間の倍率「大学受験パスナビ」で確認することができます。

年度によって倍率が大きく変動する学部・学科もありますので、参考程度に見るようにしましょう。

なお、各学部の合格最低点は同じく「大学受験パスナビ」(上のものとは別のページ)で知ることができます。

 

モモ先生
共通テストでどれだけ稼ぐかがカギになってきますよ。

 

 

三重大学物理(2022)の難易度、問題形式、解答時間は?

 

 

たま吉
三重大学物理はどんな問題が出やすいのかニャー?
モモ先生
力学・波動・電磁気・熱力学の単元で構成されていますよ。

 

 

三重大学の物理は全部で5問が出題され、試験時間が90分です。(医学部医学科は理科2科目で150分です。)

また、入試の特徴としては、

力学・波動・電磁気・熱力学の4つの分野で出題されている(年によっては原子も出題される)
②計算問題が中心だが、公式を導出させる問題も出る
④さん基本レベルの問題が中心

となっています。

そのため、物理のエッセンスや良問の風で解法暗記をしたら、できるだけ多くの過去問を解いていくといいでしょう。

そうすることによって思考力が身に付き、三重大の問題に対応できるようになります。

 

モモ先生
早めに基本問題のマスターをするようにしましょう。

 

 

 

 

三重大学物理(2022)の過去問分析は?

 

 

たま吉
三重大学の物理の問題について知りたいニャー
モモ先生
基本的な問題が中心に出ていますよ。

 

 

ア 2022年三重大学物理(第1問・力学)

→易しめの問題が多かった

 

第1問は力学の分野から出題されました。

問1の(ア)はすべりはじめる限界のとき、mgsinΘ=最大摩擦力の関係になります。

(イ) 摩擦力が質点にした仕事は力学的エネルギーの変化量となります。

(ウ) 仕事=力×移動距離よりそこから動摩擦力を求めることができます。

(エ) 鉛直方向の速さはvsinΘで、そこから鉛直投げ下げ運動の式に代入して考えていきます。

 

問2の(オ)は反発係数の式に代入して求めていきます。

(カ) 速度の水平方向の成分が変化しないのでv1cosΘ1=v2cosΘ2となります。

 

 

たま吉
ここは完答できるようにしたいニャー

 

 

 

 

イ 2022年三重大学物理(第2問・波動)

→ドップラー効果について問われた

 

第2問は波動の分野から出題されました。

問1は時間=距離÷速さで求めることができます。

 

問2は音源は観測者に対してvscosΘsの速さで近づいていますので、それに注意してドップラー効果の式に代入します。

 

問3の(ⅲ)では観測者がfoの音を聞くのは、点Cで発した音が届くときです。

また、(ⅳ)では速さ×時間(=2L/V)で求めることができます。

 

問4は観測者は音源に対してvocosΘoの速さで近づいていますので、それに注意してドップラー効果の式に代入します。

 

問5の(ⅵ)では時刻T‘のときに聞いている音が6f0/5となるので、(ⅴ)で求めた式と等しくなり、そこからcosΘ0→tanΘ0の値を求めることができます。

また(ⅶ)では観測者と点Bの距離が2L-3L/4=5L/4となることからT’の値を求めることができます。

最後の(ⅷ)ではV(T‘-T)=5/4Lの式に代入していきましょう。

 

モモ先生
たくさん問題を解いて得点源になるようにしましょう。

 

 

 

 

ウ 2022年三重大学物理(第3問・熱力学)

→定積・定圧・等温・断熱変化をうまく使い分けよう

 

第3問は熱力学の分野から出題されました。

問1は気体の状態方程式に代入して求めていきます。

 

問2はA→Bは定圧変化よりW=PA(VB-VA)で求めることができます。

 

問3はB→Cは定積変化より気体のした仕事は0Jです。

よって熱力学第一法則よりQ=ΔU+WよりQ=ΔUとなります。

 

問4は曲線と直線で囲まれた部分の面積は仕事にあたります。

 

問5はC→Aは断熱変化より熱量は0Jになります。

よってQ=ΔU+WよりΔU=Wとなります

 

たま吉
公式をうまく使いながら解くといいニャー

 

 

 

 

エ 2022年三重大学物理(第4問・電磁気)

→どの公式を使うかを見分ける力が必要

 

第4問は電磁気の分野から出題されました。

問1の(あ)では誘電体を挿入した部分とそうでない部分の並列とみなし、合成した電気容量を考えていきます。

また、(い)ではQ=CVに、(う)ではU=1/2CV2に代入をして求めていきます。

 

問2の(え)・(お)・(か)は(あ)~(う)のx0→x0+Δxに置き換えて計算をしていきます。

(き)は(お)ー(い)で求めることができます。

(く)は(き)×Vで求めることができます。

(け)は電池のした仕事+外力のした仕事=静電エネルギーの増加量の式に代入して求めていきましょう。

(こ)・(さ)は仕事=力×距離から求めることができます。

また、誘電体と極版には引力が働きますので、誘電体をゆっくりと右に挿入する場合は左向きに力が働くことになります。

 

モモ先生
典型問題を確実にできるようにしましょう。

 

 

 

 

オ 2022年三重大学物理(第5問・原子)

→易しめの問題が多かった

 

第5問は原子の分野から出題されました。

問1の①は結合エネルギー(E=mc2)に関する問題です。

質量欠損の計算をし、それをエネルギーに置き換えて計算をしましょう。

また②は原子核Yおよびα粒子の運動エネルギーを求めていきましょう。

 

問2では半減期の式に代入して求めていきます。

 

問3はα崩壊では質量数が4、原子番号が2減ります。

 

問4は最初に質量数を見ると、223→207に減っているのでα崩壊が4回起こっていることがわかります。

次に原子番号を見ると、88→82になっているのでα崩壊が4回+β崩壊が2回起こっていることが分かります。

 

モモ先生
原子の分野もしっかりと勉強をするようにしましょう。

 

 

 

 

三重大学物理の入試対策、おすすめ参考書は?

 

 

たま吉
三重大学の物理で高得点を取るためのおすすめ勉強法を知りたいニャー
モモ先生
夏休みからは問題演習をメインの勉強ができるようにしましょう。

 

 

三重大学物理の入試対策の基本的な流れとしては以下の通りです。

 

 

ア 高3の1学期まで

→今まで習った内容の復習+定期テストの勉強をしていこう

 

高3の1学期から本格的に物理の受験勉強を始めていきます。(高1・2の間は定期テストの勉強だけでOKです。)

とはいえ、現役生の場合はまだ全ての単元を習ってはいません。

そのため、1学期の間は、

・受験勉強で力学・熱・波動の復習
・定期テストの勉強を兼ねて電磁気・原子の内容をマスターする

といったことをやっていくようにして下さい。

 

モモ先生
基礎固めを中心にやっていくようにしましょう。

 

また具体的な勉強方法は、

①物理の内容を理解する:「宇宙一わかりやすい高校物理」「漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本」を読んで今まで習った内容を確認する
②基本的なレベルの問題集を解く:「リードLightノート物理」「セミナー物理・アクセス物理」で基本問題をマスターする

などになります。

 

 

 

 

物理は基本問題の解き方を完璧に理解していないと応用問題を解くことができません。

そのため、一学期のうちは「リードLightノート物理」などを使って、典型問題を完璧にできるようにしましょう。

そうすることで夏休み以降に「物理のエッセンス」などの難しい問題に取り組むことができます。

 

たま吉
まずは基本的な問題を完璧にすることをやっていきたいニャー

 

 

イ 夏休み

→解く問題のレベルを上げていこう

 

夏休みからは解く問題のレベルを上げていきます。

高3の夏休みにやってほしいことは、

物理のエッセンスの力学・熱・波動(+電磁気)までをマスターする
・電磁気の内容を復習する

です。

 

 

 

 

物理のエッセンスは大学受験でよく出る典型問題が一通り載っています。

エッセンスのレベルは共通テストレベルですので、この問題集をマスターするとかなりの力がつきます。

エッセンスは問題量が多いですが、時間のある夏休みの間に何とかマスターするようにしましょう。

同時に1学期で習った電磁気の内容もしっかりと復習するようにして下さい。

 

夏休みには、河合塾の全統共通テスト模試全統記述模試などの模試などがあります。

ですので、そこに向けて基本的な内容を完璧に仕上げるようにしてください。

 

モモ先生
夏休みの間にエッセンスを仕上げるようにしましょう。

 

 

ウ 秋~入試直前

→できるだけ多くの問題を解いて実践力をつけていこう

 

秋以降は問題演習がメインとなります。

まずは共通テストの過去問を解き、共通テスト模試に備えていきます。

その後は応用レベルの問題集を解いたり、過去問題集を解いたりして実践力をつけていきましょう。

 

まず問題演習用の教材としては、良問の風物理がおすすめです。

 

 

 

 

三重大の物理は標準的なレベルの問題が多いですので、下手に難しい問題集を解く必要はありません。

また、良問の風物理の場合は、

・物理のエッセンスと同じ著者が書いているため取り組みやすい
・YouTubeで解説動画があるため内容を理解しやすい

といったメリットがあります。

そのため、良問の風を繰り返し解いて解き方をマスターするようにしましょう。

 

一方で、良問の風がどうしてもわからない場合は、エッセンスやリードLightノートなどに戻ってわからない内容をしっかりと復習するようにしましょう。

 

そして最後の仕上げに過去問演習に入ります。

まずは三重大学の問題を解き、それが終わったら他の大学の過去問を解くといいでしょう。

問題をたくさん解くことで実践力が身についていきます。

 

モモ先生
できるだけ多くの問題を解くと力がつきますよ。

 

 

三重大学合格に向けた勉強法を知りたい人は

三重大学の入試科目、偏差値、口コミ、倍率、おすすめ勉強法は?

 

 

三重大学入試合格個別指導コースについて

 

 

当塾では三重大学の入試を受験予定の高校3年生を対象とした「共通テスト・国公立大学入試対策個別指導コース」がございます。

*現在高1・2年生の方は「高1・高2定期テスト・大学入試対策個別指導コース」から始まり、高3時に「共通テスト・国公立大学入試対策個別指導コース」に切り替わるようになります。

このコースの対象となる人は、

・一般入試で三重大学に合格したい人
・学校推薦型選抜での三重大学の受験も視野に入れている人

です。

 

そして、当塾の指導プランとしては

①高1~高2 英語・数学の基礎固め
②高3 共通テスト対策及び二次対策(英語・数学等)
*学校推薦型選抜を受験予定の方には面接および小論文の対策も致します。

となっております。(当塾では英語・数学の指導を優先し、合格レベルに達した後で他の教科の対策をいたします。)

三重大学に合格したい方、受験を考えている方に合った指導をさせていきます。

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00

 

 

 

スポンサーリンク