【大学入試古文】ステップアップノート30古典文法基礎ドリルのレベルとおすすめな使い方は?

 

 

たま吉
古典文法の問題集はどれを使えばいいかが悩むニャー

 

と思っている高校生や浪人生のみなさん!

今回は「【大学入試古文】ステップアップノート30古典文法基礎ドリルのレベルとおすすめな使い方は?」についてみていきますよ。

 

✓内容

「ステップアップノート30古典文法基礎ドリルの使い方」について知りたい高校生や浪人生向けの記事です。

 

✓対象となる人

古典文法の問題集はどれを使ったらいいかで迷っている高校生及び浪人生

 

✓結論 

「ステップアップノート30古典文法基礎ドリルの使い方は?」→最初にチェック問題を完璧にし、その後練習問題に取り組もう

 

✓記事を書いた人 

西井佑一(にしいゆういち) 愛知県豊橋市の個別指導塾で10年以上指導してきた教室長

 

 

大学入試のおすすめ勉強法を知りたい人は

大学入試の教科別勉強法、独学で進める学習スケジュールは?

 

 

ステップアップノート30古典文法基礎ドリルとは?ステップアップノート30古典文法基礎ドリルのレベルは?

 

 

たま吉
ステップアップノート30古典文法基礎ドリルとはどんな問題集なのかニャー?
モモ先生
ややレベルが高めの古典文法の問題集ですよ。

 

 

ア ステップアップノート30古典文法基礎ドリルとは?ステップアップノート30古典文法基礎ドリルのレベルは?

→基礎~難関国公立大・私大まで対応している問題集

 

「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」は河合出版から出ている古典文法の問題集です。

 

 

 

 

この問題集のレベルは高校基礎~共通テスト・難関大学レベルで、全部で30章からなっています。

また、ステップアップノート30古典文法基礎ドリルの特徴としては、

・定番の古典文法の問題集であり使っている受験生が多い
・練習問題の量が多く、さまざまなパターンの問題を解くことができる
・解説がややあっさりしているため初学者が使うのは不向き

といったものがあり、どちらかといえば上級者向けの問題集といえます。

 

たま吉
「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」は多くの受験生が使っているんだニャー

 

 

イ ステップアップノート30古典文法基礎ドリルの内容は?

→説明と基礎ドリル、練習ドリルから構成されている問題集

 

ステップアップノート30古典文法基礎ドリルは全部で30章あり、それぞれが

・文法の解説(よく読んでから取り組むこと)
・基礎ドリル(活用・意味などの問題)
・練習ドリル

から構成されています。

 

この本は「基礎からのジャンプアップノート古典文法演習ドリル」に比べると、

 

 

 

 

・問題の例文が意味がつかみづらい(古文単語を相当知っていないと文の意味が分かりにくい)
・解説がややあっさりしているため初学者には使いづらい

といった特徴があります。

そのため、みんなが使っている問題集だからといって無理に「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル古文」を使わないようにしましょう。

 

モモ先生
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル古文はレベルが高めの問題集ですよ。

 

 

関連記事

  たま吉大学入試古文の古典文法の勉強方法について知りたいニャー と思っている高校生や浪人生のみなさん!今回は「古典文法の勉強法、助動詞の覚え方とおすすめ参考[…]

 

 

ステップアップノート30古典文法基礎ドリルの使い方は?<共通テスト・大学入試編>

 

 

たま吉
共通テストや大学入試に向けてステップアップノート30古典文法基礎ドリルはどうやって使っていけばいいのかニャー?
モモ先生
まずは基礎ドリルを完璧にするところから始めましょう。

 

 

ア ステップアップノート30古典文法基礎ドリルのおすすめな使い方は?①(ポイントをしっかり読む)

→ポイントを読み内容を理解する

 

ステップアップノート30古典文法基礎ドリルのおすすめの使い方の一つ目は、「ポイントをしっかり読む」ことです。

最初にポイントを読み、文法問題の解き方を理解します。(解説を読んでも分からない場合は、「富井の古典文法をはじめからていねいに」などの参考書を活用していくことをおすすめします。)

また、活用や意味を知らないと問題が解けませんので、解説を読んだ後はそれらを暗記することをしていきましょう。

 

たま吉
ただ読んで終わりではなく、その都度活用や意味を覚えていくことが大事なんだニャー

 

 

イ ステップアップノート30古典文法基礎ドリルのおすすめな使い方は?②(基礎ドリルの内容を完璧にする)

→ここで活用と意味は完璧にしていきたい

 

ステップアップノート30古典文法基礎ドリルのおすすめの使い方の二つ目は、「基礎ドリルの内容を完璧にする」ことです。

上のポイントを読み、活用や意味などを覚えたら、下にある基礎ドリルを解いていきます。

ただし、基礎ドリルは覚えているかどうかを確認するための問題ですので、決して上のポイントを見ながら解かないようにしましょう。

基礎ドリルができないと練習ドリルができませんので、ここでつまづいている人はもう一度暗記をするようにしてください。

また、「1章の基礎ドリル→1章の練習ドリル→2章の基礎ドリル→2章の練習ドリル→3章の基礎ドリル・・・」と基礎ドリルと練習ドリルを交互にやるのではなく、「1章の基礎ドリル→2章の基礎ドリル→・・・→30章の基礎ドリル」と先に基礎ドリルを完璧にしてから練習ドリルに取り組むようにしましょう。

 

モモ先生
まずは活用表をしっかりと覚えるようにしましょう。

 

 

関連記事

 たま吉共通テスト古文におすすめの参考書や問題集を知りたいニャー と思っている高校生や浪人生のみなさん!今回は「共通テスト国語古文(2023)の勉強法と独学におすすめの参考書や[…]

 

 

 

 

ウ ステップアップノート30古典文法基礎ドリルのおすすめな使い方は?③(練習ドリルを解く)

→どうやって解くのかまで理解できるようにすること

 

ステップアップノート30古典文法基礎ドリルのおすすめの使い方の三つ目は、「練習ドリルを解く」ことです。

基礎ドリルの内容ができるようになったら次に練習ドリルの問題を解いていきます。

なお、練習問題を解くには古文単語を知らないとできませんので、古文単語をしっかりと覚えていない人はもう一度覚え直すようにして下さい。(特にステップアップノート30古典文法基礎ドリルは相当の古文単語の知識がないと例文の意味が分からず、問題をスラスラと解くことができないので気を付けてください。)

 

そしてここで大事なのは、ただ解いて終わりではなく、どうやって解くのか?なぜその答えになるのか?を確認することです。

例えば、

①今し、羽根といふ所に来
②うち解け遊びぐさ

 

という二つの文があったとき、みなさんは「ぬ」の違いが分かるでしょうか?

最終的にはこの2つの「ぬ」の違いが説明できるレベルにまで理解度を高める必要があります。(なお、①の「ぬ」は完了の「ぬ」の終止形、②の「ぬ」は打消の「ず」の連体形となります。)

ですので、問題をただ解いて終わりではなく、どうやって考えるのか?といったところまで踏み込んで勉強をするようにしましょう。

 

たま吉
理解をしっかりとすることが大切なんだニャー

 

 

エ ステップアップノート30古典文法基礎ドリルのおすすめな使い方は?④(いつまでに仕上げるか?)

→高3の1学期のうちに完成させたい

 

ステップアップノート30古典文法基礎ドリルをいつまでに完成させたらいいかというと、高3の1学期までに一通り終わらせることが目標になります。

また、漢文句法は古典文法の知識が必要になりますので、そういう意味でも早めに仕上げておきたいものです。

高3の1学期までに古典文法が完璧になれば、夏休みには古文読解の練習をすることができます。

そのため、古文単語古典文法古文常識は1学期中に基礎を固めるようにしましょう。

 

モモ先生
1学期中に古文の基礎をマスターするようにしましょう。

 

 

関連記事

  たま吉古文の大学受験に向けた勉強法を知りたいニャー と思っている高校生や浪人生のみなさん!今回は「【大学受験国語】古文の勉強法とおすすめ参考書・問題集は?[…]

 

 

共通テスト・国公立大学入試対策個別指導コース

 

 

当塾では高校3年生・既卒生を対象とした「共通テスト・国公立大学入試対策個別指導コース」がございます。

このコースの対象となる人は、

・共通テストで高得点を取りたい人
・国公立大学を受験予定の人
・勉強のやり方や成績の上げ方が分からない人
・苦手な科目を集中的に勉強したい人

です。

 

また、当塾の特徴としては、

①アルバイト講師はなし!塾長自らが全員を指導!
②勉強のしかた、暗記方法などを徹底指導!
③定期テスト、共通テスト、大学入試対策や小論文・志望理由書・面接指導などが可能!
④自習室完備でいつでも使用可能!

となっています。

興味のある方は下のボタンからお申し込みください。

 

 

TEL 0532-74-7739

月~金 14:30~22:00